翻訳Translation

 ご近所情報
ご近所リンクTop 
ツツミTop 
 名古屋の文化
 検索付きMAP
仲田夏祭り 
 身近な行楽地Top
商品販売 
市民の敬老特典 
近くの日帰り温泉
 愛知万博Top
 もし宣告された
 
Art&趣味情報 
 Artの入口
日本人の美意識
テニスライフ
楽しい水彩画Top
一眼写真紀行
水墨画
郡上の鮎釣り
中部の海釣り
学びすと
Video動画劇場
俳句
エッセイ 
ホームページ作り
 効果音
 趣味の陶芸Top
アニマルゾーンTop
 Meb書籍Top
 特選Gallery
 4大SportsT
私の美意識 
懐かしの映画
水彩画とHPにはまった経緯
人と社会関連 
礼節
モラル崩壊
他者愛と自己愛
独り言の館
なんとかしろ!
宗教Top
政界
日本人の礼節Top
懺悔の鐘付き堂
その他
アマゾン商店
Google衛星の入手
生物多様性の日Top
 猫じゃらし
 一発検索



独り言 200810月〜2010年4月

10.4.13 脱走猿に感謝
 東山動物園で先日日本猿がサル山から脱走した騒動があり、塀をかさ上げして13日がリニューアルオープンでした。

 また植物園には全国から100種類の桜を集めた「桜の回廊があり、ソメイヨシノは葉桜になりましたが、遅く咲く種類もあって二週続けて花見をと13日に動植物園に出かけました。

  サル山にはテレビ局が取材に来ていて、一般カメラマンに混じり飼育係りも様子を眺めていました。現場を眺めると素人でも鉄柱から跳躍しやすく感じました。
 今回は新しく塀をかさ上げした上で鉄柱の頭に跳躍できないような突起をつけましたが、設計の段階で気がつかないことが気がかりです。

 当園は今後もさまざまな改修が計画されて市民には楽しみですが、改修に先立って動物の能力をみくびっていた人間の浅知恵を、脱走猿は知らせてくれた訳で幸いなことでした。(^−^; 脱走したのがご先祖さまでいかった!。

 写真1=改修した塀 写真2=向かって右が人間に一泡吹かせて反省を教えた感謝すべき名猿です。

 桜の写真は水彩画の「富士と桜館」に編入してUPしました。
http://www.geocities.jp/oiroy61okeus/newpage103.ht..

  10.3.24 ラストステージ
 孫悟空のモデルと言われるキンシコウは、中国から東山動物園が借りて飼育している日本ではここだけで見られる珍しい猿ですが、3月22日をもって中国に返されます。当日は当店の休日でテニスはないししかも好天!♪〜。行くぞ〜!、とカメラ準備をしていたら
娘から電話「大曽根の鈴蘭南座のチケットはあるから行こう」
妻も「猿なんかいつでも見れる!」
 私は未練たらしくネットで動物園のキンシコウを見たら、「ただ今輸出検疫期間ですので室内のみで見られます」、、、室内は写真が撮りにくく声もきこえないな、、( ゚ω゚;)

結局は家族と誘った友人とを乗せるアッシーとなり、途中で持ち込みOKのお昼食を買って出かけました。

名古屋には大須の「大須演芸場」が有名ですが、大曽根の南座は知りませんでした。昼は1.00夜は6.30開演の二部制で無料Pあり「5〜6台」
私は昭和の匂いがするような古い建物が好きで写真に撮りますが、ここの内部は子供の頃に祖母に連れられて行った記憶があるまさに「ザ、昭和!」です。
 観客は祖母に似た人が多くて、カーペットの上に座椅子を借りて「100円」て座ります。一部ソフアがありますが正面でなくサイドに横向きになっているところが面白い。隅にはおでんと缶ビールが売られています。駅前のミットランドシアターもいいが、観客と出演者が一体となる空間もまた良かれです。
 祖母らしき観客たちの視線はうっとりと妖しく輝き、貢ぎものを出すひともいたので追っかけフアンもいるのでしょうね。「若い女性と男性客は全体の2割りぐらい」

 出し物は演劇、寸劇、踊りですが、演劇はすすり泣く声が聞こえて面白かった。

キンシコウのラストステージは見られなかったが、”女性”のラストステージを菓子を食べながら楽しむ人々を懐かしく味わったひと日でした。
3月の写真2010.3.22.鈴蘭南座で
 
2010.3.9 2010も子供の虐待死が報じられている
 2003年に書いたエッセイ

 児童虐待のシグナルを大人がキャッチしながらまたもや悲劇は繰り替えされた。過去に母子家庭=愛人=児童の生傷=虐待の可能性大という認識は関係者になかったのだろうか。
 その上暴力はダイナミズムをもちエスカレートする。加害者が暴力1を使った場合に相手に大して変わりが無がなければ2に進み、2で変わりがなければ3に進み、破滅するまで止められなくなる真理です。
 戦前に日本が戦争に傾いていったあのパワーのある
奔流と同類のものが、人の心を支配して人間を鬼にしてしまう。
 家庭や学校内暴力の加害者は、限界とか理性、自制心を失わせる危険な精神状態であることを、まわりの冷静な大人たち、特に給料をもらって生業としている関係者は、いい加減に学ばなければいけない。
 若い二人の罪人を作ってしまったことも含めて教訓が生かされない現実に暗澹とします。
 
05,12,9「五歳児虐待で母逮捕」「中日新聞」
 「愛知県で付近の住民からたびたび児童相談所に通報があったにもかかわらず夫の連れ子を足で踏みつけ肺や肝臓が破裂して失血死させた母が逮捕される。」

 県や児相の職員は陳謝していたが、何回でも陳謝すればそれで許されるのだろうか?。いい加減に人間の性や暴力の定義をプロとしてしっかりと学ぶことと、地域の大人が子どもを守れない不徳の責任の所在を明確にすべきだ!。
-------------------------------------------------------
 昔はホームレスは男性だけだった。そのうち夫婦連れが現れて2010年の春には小さな子連の家族がテレビで報じられた。
 これだけでも「なんという日本になったのだろう」と感じる事態なのに、住民や撮影していたTV局が虐待を把握しながら幼い犠牲者がでてしまう、、、。

 マイホームページに「動物は人が考えているほど馬鹿ではないし、人は人が考えているほど利口ではない」の一節がありますが、
自宅近くに子連れの野良猫がいました。子猫が小さいころは親猫は子供を先にエサを食べさしてから自分が食べていた。
 
生活保護制度を悪用して金儲けしたり、片や弱者が見捨てられる体たらくな日本になりました。体たらくな政治家と体たらくな政治家を担いできた国民の、自分さえよければの因果応報です。

長閑な田園には子殺しなどは無いように思い、春はまだ先ですが暖かな春が恋しくて桜の風景画を描きました。
3月の作品  富士山と桜の水彩画
   
左は郡上の「古今伝授の里公園」右はその近くの田園
キャンソンF6
 10,2,12 母べい 
 先日民放テレビで放送された吉永さゆり主演の「母べい」をみました。
私が生まれた前後の物語ですが、当時は国から「オイ、コラ、キサマ!」と国民が呼び捨てられていたんですね。
戦争に反する国民は投獄されて近所や親戚からも冷たい目線で見られる、そんな内容でしたが、現在は人権や主権が守られていてその点だけは幸せを感じます。

 話は飛びますが現在の日本では小沢問題が自由に議論されています。私も自由に参加して意見を述べます。

 政治家は国民の代表ですが代表の意味をよく考えると、国民が豊かで公正平等に暮らせる社会秩序をつくる代表と言えます。
 そのために選ばれている、また選んでいるという原則を国民と政治家は忘れてはいけない。
 
 今回の小沢さん問題を原則に沿って考えてみると三点のことに留意すべきです。
、第一には、政治家には国の舵取りを任せるために特別な権限を与えられいる。第二には与えられた特別な権限を利用した金に関わる不祥事が過去に絶え間なく続いた事実。第三は権力に媚びる集団に担がれた権力者の傲慢さの三っつです。
 一とニについて言い換えると、政界とは国民から委ねられた特別な権限を利用して、個人的な利益をもくろむ恥ずべき偽善者が後を絶たない世界と言えます。
 第三を換言すると、この偽善者たちが私欲を遂げるために権力にべったり寄り添い、持ち上げて担いでいる邪悪な集団の存在です。
 担がれる方は「上から目線」になり、不遜な天皇発言などにみられるように、国家の中枢が集団ダイナミズムという強権的エネルギーにより、反論させないできない「ブレーキの効かない」集団になっていく不安、不信を国民は感じます。

 多くの血を流した悲惨な戦争はまだ60数年前に終わったばかりですが、この時期の日本は集団ダイナミズムの大きな暴走の流れに国民の主権が押しつぶされた苦い教訓がありました。
 先日の世論調査では72%の国民が、小沢さんの説明が足りないと否定しましたが、ことの真偽より偽善者に担がれる権力集団に不信をもった数字だったのでは推察します。

 従って国の中枢に関わる特別な権限をもつ政治家は「疑惑をもたれない」ことを第一の責任として掲げるべきで、疑惑を招いた場合には国家の中枢にいる者としての潔さをポリシーとすべきです。
 またわれわれ国民も二度と主権が弾圧されることがないよう、党や地域エゴで政治家を担いできた過去の反省が必要です。
 
 映画母べいは権力者に擦り寄る偽善者と、その偽善者を担ぐ地元民と同じだったことを伝えています。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

HPの「富士山と桜の水彩画」リニューアルしました。
http://www.geocities.jp/oiroy61okeus/newpage103.ht..
「富士山と桜の水彩画」
 
10.1.30 写生や写真撮りはヤバイ場所だった。
 昨年の暮れに名古屋市内を流れる堀川沿いの景観に惹かれて自転車で写真撮りをしました。
 そのなかの一枚ですが堀川を背にした日差しのコントラストと銀杏がおもしろくて撮りましたが、、描き始めてすぐに写生や写真撮りはしにくい場所だったと気がつきました。

 左側から一台の車が出てきましたが、一方通行通ですので目を合わせるところでした。
( ̄□ ̄;)! !

 こうした場所もコタツ描きのメリットで懐かしい昭和を思いだしながら、じっくりと描くことができました。(笑い)

 都会の裏通りのそれらしい暗い雰囲気を表現できたかな。?
水彩都会的な絵
2010,1,21 権力者と権力を担ぐ集団とどちらが悪質か?。
 民主党の支持率がとうとう不支持率を割りました。数ヶ月前の劇的なチェンジに多くの国民は希望を抱きましたが、予定通りと言うには余りにも悲しく情けない結果です。
 この原因の大半は権力の傲慢にあるのではと思います。「権力をもつ強い人間ほど(家庭では父親、会社は社長、社会のなかでは政治家と官僚、政党内ではボスなど)謙虚になるべきだ」という格言がありますが、政界だけはそんな人物はいないことが断言できますね!。

 栄枯盛衰の諺は傲慢さの末路を現していますが、世界中のOO帝国や権力者の興亡は、実に人間全体の愚かさの歴史です。
 歴史は傲慢に物言わかった(なかには擦り寄る)自己愛的集団の愚かさを現していると言わざるを得ません。

 いまの民主党は庶民から眺めると異常な姿に写りますが、天皇家への発言や検察批判する傲慢な権力者に、国民の代表がものを言わないばかりか媚びる面々の姿がテレビに映しだされることに異常を感じるのです。
 黙っているだけなら可愛いが、暴走しがちな権力者を国民の前で屁理屈で擁護する人たちは、「国民の代表」を偽装する偽善者であり、自己保身だけがポリシーの自己愛者たちなのです。

 権力願望を持つ人が現れるのは、権力に擦り寄る偽善者たちの集まり「政界」だからであって、一番悪意性の高いのは権力者を担ぐ権力の中枢で離合集散する、権力の風見鳥集団の存在ではないだろうか?。
 ある意味では権力者はこうした集団より純粋です。
 
 そしてその偽善者を地域エゴをもつ自己愛的庶民が選んでいる。
1月の作品 美しい秩序を絵画に求めて水彩山里の絵2
2010.1.12 生物多様性COP10の新館オープン
今年は名古屋で生物多様性条約会議「COP10」が開催されます。

 私のサイトには人間を含む生きものに関連するコンテンツが多数あり、「水墨画、動物写真、動物水彩画、風景画、東山動植物園、自然を詠む俳句、Artの入り口、動物陶器、ビオトープ、動物の鳴き声、愛地球博等々」、これをサブコンテンツとしてピラミット型の構成をなした新館「生物多様性」をオープンしました。

 COP10は人間を含む全生物の連帯がコンセプトになり、私のサイトでも一つのコンセプトで恥ずかしいながらHPを通して草の根で訴えてきました。

 今まではHPの間口を広げすぎたかなと思いつつ、その面の更新してきたことが今回役立った訳です。すでに地元財界や事務局からイベントの予定が報じられており、自然を詠む俳句の公募興展などに興味をもっています。

 お暇がありましたら覗いてください。
 
http://www.geocities.jp/oiroy61okeus/newpage217.ht..
2010.1.5 年賀と一句
皆さま明けましておめでとうございます。

 「禁酒日を 言う妻酌す お屠蘇かな」

お屠蘇とは中国から伝えられた言葉で、元旦に一年の健康を願って飲む薬酒=百薬の酒だそうです。

 順風流に解釈すれば飲み方さえ誤らなければすべての酒は薬酒です。
日ごろ禁酒日をつくれとやかましい妻が元旦だけはお酌
をしてくれました。
 酒は気分で頂くもので格別に美味しく感じられた〜!。

 また届いた年賀状を拝見していると、以前にテニス仲間だった先輩で、テニスもお店も廃業された方からの「ご夫婦で仕事ができテニスができてうらやましいです」の便りが身につまされます。

私たちもいつかは「行く道」ですが今を大切に今年も分相応の足元をよく見て歩んでいこうと思います。
 現在はまっているのは「水彩の風景画」と「HPの充実」です。
----------------------------------------------------------

 私のサイトで訪問者の数がトップページを越えるコンテンツが現れました。
「プロが教える美しい眉毛の整え方」で、
8月2700人、9月3320人、10月4329人、11月5.093人の右肩上がりで増え、一ヶ月単位ではTopを超えました。

 リンク元を見ると98%が不明ですので検索窓からの直接の訪問者だと推定します。
 皆さんから眺めればたわいのない数字でしょうが、拙い我がサイトの記録として考えれば素直に喜べます。

またこのページを戦略的に捉える楽しみも湧いてきます。
そんな気持でリニューアルしました。 http://www.geocities.jp/oiroy61okeus/newpage13.htm
新年の描き初め水彩山里の絵2
09.12.23 これぞボクシング 長谷川穂積
先日のプロボクシング長谷川穂積チャンピオンの試合は見られましたか。
 挑戦者は南米選手特有の長いリーチとどこから飛んでくるか分からない変則的な選手で、初めはやりにくそうな戦いぶりでした。
 チャンピオンのあのスリップダウンも微妙な判定でしたね。
挑戦者は4回に入りボデイが効いたのか足が止まり、開始早々チャンピオンの良いパンチが入った。そして数十秒後二発目が顔面を捉えて、次はフィニッシュのパンチでしとめ、思わずテレビの前で拍手して妻に笑われました。

 まさにこれぞボクシング!。押し相撲のような肉弾戦ではなく長谷川のArtなボクシングでした。

 彼の素晴らしいところは勝ったあとのコメントにもありましたが、「ラフな相手に合わせてしまい、大振りパンチは当たっても効かずまだまだ自分は未熟です」

 この冷静な自身への観察眼と謙虚な姿勢が、彼の優れた今日までの戦跡を表すている。ゲーム運びも相手に合わせて微調整して戦略的に組み立てができて堪能しました。

 彼の弟分である高校六冠を成し遂げた逸材粟生のVTRが、この後に放映されましたが、プロになってから伸び悩んでいます。
 攻め方が単調で前進はするがスタミナの配分や、チャンスに鋭く畳み掛ける余力がないのが気になります。
 期待されてのプロ入りで知らず知らず相手を倒そうとする気持が強くなり、大振りになって以前のようにパンチに切れがない。

 またチャンスに一気にフィニッシュにもっていくためには余力が必要です。毎回前進して多くのパンチを打ち浪費を重ねるより、八分ぐらいで戦いカウンター狙いや休憩するラウンド、また後退して誘うような戦略も必要ではないだろうか?。少なくとも心に「余力」を持って欲しい。

 これは彼のコーチ陣の指導にもよりますが、彼には期待しているだけにスタッフの一考を望みます。

当サイトの「ボクシング」です。
http://www.geocities.jp/oiroy61okeus/newpage302.ht..
名チャリとは移動のみに利用
名チャリは、名古屋市内の放置自転車を活用したコミュニティサイクルシステムです。コミュニティサイクルとは複数設置されているステーション(専用の貸出・返却場所)であればどこでも自転車を貸出・返却できる新たな交通システムです。ただし移動のみに使用することが原則で、観光や食事、買い物には利用できない。
09.12.10 ゴミだめのなかの宝石
 先日知人が「感動なんて言葉を最近感じたことがない」とつぶやき驚きました。
 美術展や映画を鑑賞して、スポーツを観戦して感動のない勝ち方、感動のある負け方もあり、他人の善行を知って、自宅近くで野良猫の子猫をまもる母性を見て、古都奈良の遺跡ややきものの散歩道で独特の文化に触れたり、ド−ムの「やきもの展」や松坂屋の「モンゴル展」など、至るところに感動の泉はあります。
 大多数の人は私と同じ感覚だと思っていたのが、そうではなかったことに驚いた訳です。

 やきものの散歩道の二枚目三枚目の作品を描きましたが、これも他では見られない常滑の風景と文化への感慨が筆を持たせています。
 しかし私は世の中をばら色だと考えている訳ではなく、感動の反対軸にある社会の不条理などの負の部分、人間の邪悪な性などが悲しくて、感動に逃避したり鬱積した心のもやもやを絵画で吐しゃする感覚のように思います。
 考えてみると世界中の画家たちは社会の負の部分を過剰に受け止めて、反対軸の自然や社会の一員意識が強くなり、そこから芸術創作に転化したのではと感じました。少なくとも大多数の芸術家は平穏な一生ではなかったと思います。
 逆に言えば社会への不条理や邪悪さのなかにのみ、感動や善意、芸術の源があると言えるのではないでしょうか。
 善と悪、愛と憎しみ、自己愛と他者愛などが表裏一帯にある人間社会の不条理です。
 従って社会に不条理お矛盾も感じない幸せな人?かもしれません。
 
左の画像はいまは使われない煙突、右は散歩コースの商店で、二枚ともキャンソンF6です。
 最近はキャンソン紙で混色と下地に留意することが定まり、風景画を描くことが楽しみになりました。
12月の作品 常滑 やきものの散歩道NO2Gallery
09.11.26 見よ!この少女の歌唱力を!
09.11.18 テニス雨天中止の管理人のこころ
17日(火曜)の午前のテニス例会は雨で中止になりました。 テニスサークルの管理人は雨がどの程度降るか、はっきり中止になるまでは数日前から天気予報を眺めて気を揉みます。
 日曜日にサークルのメンバーから、火曜日の雨予報を気にかけて「いまネットで調べたら月曜に吹上が2面空いている」という電話を頂いたから尚さらです。

 月曜日は晴天予報ですが火曜のキャンセルは効きませんので、なんとか午前中持たないかと期待するのみでした。その期待は外れて朝から雨。
 私は知人の作品展(伏見の日動画廊)と松坂屋の(モンゴル展)、栄の市民ギャラリーで鑑賞し、書籍の丸善へいき本を買い、地下街の「島本画材」でスケッチブックを買い、帰宅後絵を描いて有意義な雨の一日でしたが、理容店の月火曜連休の場合の火曜テニスは予定すべきではないと反省しました。

 月曜に予定を組んでいれば、雨が降れば火曜にスムースに順延できますが、今回のような例会の前日にするかしないかを判断は難しい。
 @まず天気予報では100%の降雨確率が表示されていても、24時間以内に僅かでも降る確率が100%という意味で、当日24時間にわたって100%降続くという予報ではない。
A土日は役所が休みなので月曜の予約は当日の朝9時に鶴舞センターか管轄土木事務所へ行かなければならない。そのときにどちらかに同じ思いの先客がいたりすると取れない場合も有りうる。

B仮に取れたと考えても常に午前「8.30~12.00」のテニス例会なので16名のメンバー全員に早急に知らせることが必要になり、これも出先では厄介である。

Cこうしてバタバタとテニスが出来たとして、あくる日の火曜日テニスは、「昨日プレーできたから」とか「雨が降るかもわからないから」と休む人が出ることは充分に想定できますが、ボールを預かっている管理人だけは、いつものように8.30に「二番煎じのような」 (苦笑)コートに行かなければならないことになる。

 以上管理人としては自然には逆らわず晴耕雨読なテニスライフを楽しむことと、反省として連休の場合は月曜日にコート予約をすることにした。「ただし月曜が祝日の場合はコート予約の抽選が厳しいので火曜日になる」、、、。

 いや〜!。誰か管理人を交代してくれ〜!。( ̄ω ̄);

追伸 もの思う秋の夜長に考えた。まず自分と家族の健康に感謝して、人のお世話のできる環境にいることを良しとすべきである。
 また趣味人倶楽部では「楽しい水彩画」と「HPをつくっています」の管理人をしていますが、Q&A等において管理人として恥ずかしくないよう常に学ぶ姿勢が、結果的にマイHPのコンテンツを充実させると同時に、自身のスキルUPにも役立っている。
 テニス倶楽部の管理人も、人づきあいなどで同じことが言えるかもしれません
09.11の水彩画2 Gallery Gallery4
09.11.2 百歳の長寿社会で人は幸せになれるだろうか。
 ハード面のアンチエイジング医学の進歩は百歳の長寿を可能にするが、進歩性のない脆弱性を持つソフト面の人のこころは、現代をどのように対応すべきかについて考えざるを得ません。
 現代の高層ビルなど構造物は巨大で、個人の住いも重いドアと頑丈な鍵をこしらえ、また柵や塀でしきり屋内もプライバシーとかで個室が多くて、まるで外部と対立しているようです。このように社会や科学が大きくなるほど脆弱さを持つ人間は阻害されたような孤独と不安を抱え、犯罪は異常さと低年齢化を招きさらに世相を暗くして悪循環となります。

 未開の奥地に住む原住民の生活をテレビで見たことがありますが、彼らは雨がしのげるだけの小屋に住み家財も少なく粗末な生活をしているが表情は意外と明るい。原始的な社会ほど個人の生活は地域や自然と関わりは深く、素朴な信仰や行事のなかで生き、個人の喜びや悲しみは地域とか全体で分かち合っている。
 まさに自然の一員というつつましい姿で、科学の恩恵は受けられなくとも心は健全であり、少なくとも親殺し子殺し、うつ病の自分殺しはありません。
 

 長寿を含めた物質的豊かさのなかの孤独な国民より、貧しくとも豊かな文化を共有できる国民であるべきで、そのファクターとなるのは「健全な社会の潤滑油」と言われる文化です。地域の文化を通した人々との連帯感や価値観の共有、家族愛、信頼関係を重んじることが、健全な精神を育む人間社会の原点であろうかと考えます。

 この点について日本には先人が残してくれた世界に誇れる自己と他者との『和』の文化が残されています。いまは廃れましたが日本人の礼儀深さや勤勉さ自然を凝縮した生け花、俳句、和敬静寂の茶道、枯れ山水の盆栽、苔蒸す社寺の浄土の庭園と思索の小道、悟りの禅と筆を惜しむ水墨画、幽玄な侘び寂びともののあわれの世界など、他人を意識して尊ぶ日本人の美意識であり文化です。
 またお祭りや盆踊りなどの地域に伝わる行事もしかりで、このような文化を尊べる人は社会や他人を尊べる人であり、自己愛を超越した他者愛者として健全な精神、無欲な愛の連帯感をもたらすと定義できるのではないでしょうか。
 他人と価値観を共有できたり気持を通じ合える、信頼しあえることは万国共通の幸福認識ではないかと思いますが、物質文明社会の現代は信頼を構築することはハードルが高くて簡単ではなく、より”文化”が求められているのではと思います。

Meb書籍、日本人の礼儀
  

万博に 列なす民の 日永かな 
11月の作品 Gallery Gallery4

左はキャンソンF6. 飛鳥寺横の風景、中はワトソンF4.知多「さかな広場」の裏口、右はキャンソンF6.知多の秋の冨具崎港。
09.10.26 アンチエイジング
近年anti aging医学(アンチエイジング)=(反加齢医学)が進み、老化のメカニズムが少しづつ分かり、サプリメントなどのビジネスが拡大しつつあります。
 やがて百歳の平均寿命も夢ではなく、科学の発達は留まることを知りません。
 また悪化しつつある地球環境も科学により、石油から大きくエコに舵を切られようとしています。世界中の科学者技術者が老化した地球年齢の若返りの先陣「ビックチャンス」をきろうと凌ぎをけづっていて地球のアンチエンジングです。
 このように科学技術は一方的に進化しますが、人間のこころは進歩性がなく、むしろ科学が巨大化するほど個々の人間は小さく脆弱になることが想定できます。

 例えば ジャングルの奥地に住む住民は、物質的な貧しさのなかで自然や社会に連帯した豊かな精神を共有し、子供が死ぬと地域全体で泣き悲しんで送ります。「親殺し、子殺し、自殺、孤独」という都会人の不健康さはありません。一方的に巨大化する科学に対して個々の人間は進歩性がなく、相対的に脆弱になり孤独やうつ病、自殺で科学の恩恵を受けられない不幸を抱えます。
 身体的なアンチエイジングは=冷凍人間や首のすげ替えなど生命の倫理の問題が、科学というハードな内に派生することと、百歳までいかに健全な精神で生きられるかの心の重要さが逆に増してきます。
 その上ソフトの弱くて不安定な心は科学では解決できません。どのようにアンチできるか。
 長寿を含めた物質的豊かさのなかの孤独な国民より、貧しくとも豊かな文化を共有できる国民であるべきで、「文化は健全な社会の潤滑油」
という格言がキーワードになります。

 文化の根底には「人間は自然(社会)の一員」という連帯する考え方があります。ジグゾーパズルの小さな一片のように、人間は自然の前に極めて儚い存在であるという自覚と謙虚さが、「物質的欲望だけの貧しい心」を脱却した「自然や社会は自分自身」という連帯した大きな「豊かな」心につながるからです。
09.10.18 奈良文化の重み
 奈良と名古屋間は車で2時間ですが、自宅へ帰ってたときに二時間前まで居た法隆寺とのタイムスリップしたようなカルチャーギャップを感じました。印象の余韻がいつまでも脳裏に残り、この余韻は撮ってきた写真からも水彩画を描くエネルギーになり、未だに「10月18日」水彩画で奈良を追いかけています。

 感動の余韻でいつまでも絵画を描かせる奈良とは「何ぞや?」と考えるにつけ、先人の遺した国宝や長年に育まれた文化の尊さは、国民の真の宝物だと実感できます。
 
UPした風景画はどこにでもある田舎の景色ですが、石舞台近くの風景だと説明するといにしえのロマンが湧いてきませんか?。ロマンボケの私の独りよがりかも知れませんが、歴史や大自然への畏敬の念は絵画を描くときのエネルギーになります。
 
 中の写真中央の四足のある箱は何だと思われますか?。中に入っているものの見分けはでませんが、この辺り「明日香」の独特なものなら明日香の風景だと分かります。
 
10月の作品 左大仏殿の広目天、中石舞台あたり、右古塀
09.10.8.石川 遼と亀田大毅
期待は抱かなかったが昨夜のプロボクシング亀田選手を見た。ドローの判定もあったから「よくやった」と言うべきかも知れないが多くの疑問が残った。
 ガードを固めて若さとスタミナで前進はするが、押相撲のようでパンチは一発狙いで単調、クリンチが多くて肉弾戦のような試合だった。
 書きたいのは試合内容ではなく放送していたアナウンサーとゲストの低次元な対応にです。
 「この調子だったらkoもあります。」「効いた効いた!」と絶叫しているが、なぜ「挑戦者がガードを固めるだけではいけないこと」「リードが少ない」とかの専門的な指摘がなかったか。
 以前はテレビ局と亀田家の仕組まれた関係が問題になったが、まだその関係が続いているのか?と思うような、スポーツの純粋さを無視した話は大いに疑問ががあります。

 加えて今朝ゴルフ好きな客人が来店されて、先日の遼君の勝利に話が弾んだ。
「あそこはよく行くコースで、あの場面であの距離であのスーパーショットは考えられない。あとから5回ビデオでも見たが見るたびに感動がある。」と興奮して話された。

 私は聞いていて昨夜のボクシングと比較した。スポーツとはアグレッシブルな挑戦のなかに感動があり勝ち負けの問題ではないところに真髄がある。つまり「感動のない勝ち方や負けても感動できるものがある」のがスポーツの良さで、多くのフアンはそれを知っていることをボクシング関係者と解説者は知る必要があるのでは?。
 
 
 昔は「ホームタウンテジション」的判定があり、日本のボクシング熱は冷えてしまったが、前進とスタミナに勝るだけでチャンピオンになっても嬉しいとは思えない。
 罪のない選手を周りの大人が目先だけのダーテイな金への欲望で演出して利用してはいないか。そんなイメージがついて回る。

 ボクシングが好きだからこそ、攻守のバランスのとれた「ボクシングは芸術だ」と称されるような名選手を輩出する、そのような方向に向いた業界であることを望むし、マスメデアも文化を、ただ勝てば良いなどと低俗にするような放送が情けない。
 

マイHPのボクシング
http://www.geocities.jp/oiroy61okeus/newpage302.ht..
09.9.20.HPの管理人
 いままで何気なくHPビルダーから選んで使っていた書体を、先日「書体一覧表」をつくりそこから選べるようにしました。

 そのフォント一覧表を元にしてさらにアイデアを練り、「ロゴ看板」「ロゴ素材一覧」「HPづくり」の3ページをリンクさせUPして、「HPづくり」をTopコンテンツに加えました。
 

 初めはどこかのページ内に”間借り”させていた「書体一覧表」ですが、管理者として愚行だと気がついたのです。なるべく思いついたアイデアは独立させてさらに飛躍させる、充実させることが肝要だと思ったのです。

 こうして合計4ページが増えたことはアドセンスも4ページ増えたことになります。

 4ページの代表の「HPづくり」は、技術的な解説はネットに溢れていますしたいした知識はありませんので、何を載せるかのテーマを内容にしました。

http://www.geocities.jp/oiroy61okeus/newpage286.ht..
09.9.18 自民党の総裁候補
 今回民主党が勝ったのは自民党の派閥主導「数は正義」⇒「権力志向」⇒「国民への裏切り」の政治に国民が嫌気がさしたからです。

 その自民党の総裁候補が本日3人揃いました。例によって派閥主導で選ばれた谷垣氏と、こうした老人が主導する自民党の世代交代を訴える河野太郎氏、そして3人目があまり知られていない若い西村氏です。
 夜の民放テレビの河野氏は、「ある派閥がで若い世代の分裂を図った!」と怒りのコメントを発していました。

 名の知られていない西村氏が20名?の推薦人を集められたことに意外に感じていましたが、その後ろに森氏がついていたのです。若手、中堅の分断を図り河野を潰すという訳です。

 谷垣氏は当然支持者「老人」が飛びぬけて多い。「寄らば大樹の陰」谷垣氏も「自民党を変える」と言っていますが、他人に逆らわない、はっきり物を言わない性格だから、思惑を持つ利己主義者たちに担がれたのだ。一般の社会人なら温厚さは大切なことですが、日本のリーダーはニコニコ笑っていて務まらない。
 西村氏もテレビで支持者と決起集会を開いて「自民党を変える」と世間向けなパホーマンスを演じています。

 派閥の親分の封建的で傲慢な行動は呆れると同時に腹がたちます。民主国家が邪悪な権力に歪められていて国のためにはならない。
 国を憂いてはっきり行動出来る人を応援すると同時に、私たちは権力に媚びる自己愛者の顔をよく見ておくべきです。

09.9.10 HPの作り方
 HPをつくるにはタグ打ちかHPビルダーか?という質疑応答に、
趣味人で「HPをつくっています」の管理人をしている私は次のように答えた。
 プログラマーはタグ打ちでされるでしょから極めればタグ打ちが勝ると思います。
しかし全くPCに縁のない年配の方がHPを作ろうとした場合は、素人でも作れるように開発された、全世界で名が通り実績のあるHPビルダーが簡単ではないでしょうか。

 何事も「知っている人できる人にとっては簡単」ですから、できない人知識のない人に教える場合は「簡単に分かる」という感覚で教えてしまします。

 しかし相手がどれくらい知識をお持ちか、全く知識のない人にレベル3の方法を教えてあげても、入り口部分のレベル1から伝えないと理解できないことがあります。私はビルダーで作りましたがIT関係に知識ゼロで、質問の回答への理解に苦しんだ経験が多々ありました。つまり間口が広くて奥の深いIT世界は、間口の広い平均的な知識が必要です。
 また当コミュには”タグ打ち師”が多数いらっしゃいますが、この回答欄にもあるようにビルダーがない時代か、何らかのIT関係に従事されていた専門的な方が多いのでは想定します。
 従ってこれからHPを作ろうとされる方の知識が、管理人のようにまったくゼロの場合は、ビルダーは幅広く解説されていますのでそちらをお勧めします。
 TABLEなどの応用はビルダーよりタグが上ですので、HPのUP後にHPのレベルUPを望まれたら必要に迫られて覚えられます。
追伸 技術もさることながら内容、方向も車の両輪のように大切です。

 マイHPのロゴや小技集デッサンのコツのページをUPしました。
 
09.8.31 選挙大敗「大勝」を検証する
 昨日の第45回衆議院選挙は風が吹いたというより地殻変動が起きたような歴史的結果になった。民主308[+193]自民公明[-191]で与党は地滑り的大敗で自民党は16年ぶりに下野して新政権が誕生する。
この結果を検証すると、長年の政権与党である自民党は派閥政治「数の力の政治」を行うことで次第に権力志向「国民を裏切る行動」になり、初心を忘れ国民心理に無知になり権力者の傲慢さが現れていて大敗の要因になったと思われる。
 権力志向を持つ派閥とは、有権者を裏切り自分たちだけが美味い汁を吸うだけの派閥「強者」のことで、苦労している国民「弱者」と強者弱者の格差をつけることに他なりません。

 つまり弱者「国民」を思いやる心を持たない政党は、国民の負託を裏切るとんでもない論外の権力集団でしかないことになります。
 
 民と乖離した傲慢を感じる近年の事例。

1、社保庁を初めととする数々の不祥事を起こした上に未解決なのに今回の選挙のキャッチフレーズを自民党だけが守れる「責任力」とした感覚。
2、政権を投げ出すような政治家を派閥の思惑だけで2度も選んだ感覚。つまり派閥は自分の保身や権力に動くだけで目線は国民に向いていない。
3、その点や日本の今日の現状「格差や保険制度の破綻」を招いたことを与党として詫びることもせずに、党首二人は民主の悪口を言うことで自己を正当化しようと、拳を振り上げる壇上の姿はもっとも恥ずべき国民との乖離であつた。
4、従って彼らがテレビに映されるほど、彼らの声を聞かされるほど不快を感じて支持率が落ちるのに。最後の日まで 壇上に立ち品格を落とした感覚。
5、「反省をしてお詫びをしますからもう一度チャンスを下さい」と頭を下げることから選挙演説はスタートすべきだったが、相手の悪口を言い拳を振り上げる演説がいかに国民から乖離した傲慢さと愚行かを知るべきでことごとく国民感覚とズレている。
6、こうした反省のない傲慢な政府に、国民は裏切られて虐げられていることで、弱者である国民は鬱積した不満があった。

 31日の中日新聞朝刊で、具体的な要因を問われた麻生さんは「有権者 に聞いてみないとよくわかりません」と答えていた。
奈良の絵 奈良3,4
09.8.20 奈良の旅
 当店の盆休みに奈良の世界遺産を見にいきました。若草山近くで宿がとれ、チェックイン前に宿に車を駐車させてもらい、その周辺を感動しながら観光して、宿に帰ってから下手な麻雀をする。

 二日目の早朝はカメラを持ち自分だけで若草山周辺を早朝散歩。撮り帰ってから車で全員で明日香へGo!。この辺りは15年前と変わらず大和絵のような風景。
 石舞台、飛鳥寺、高松塚古墳、酒船石と新たに発見された酒船遺跡。、鬼の雪隠、橘寺など見学。
帰宅してからまた麻雀で鴨になる。勝負事はどうも集中が欠ける。

 三日目も早朝に自分だけ薬師寺の朝焼けを写生に行く。大池からの薬師寺はよく見る定番のロケーションでウシガエルの声を聞きながら40分ほどで描く。
帰って皆と朝食を済ませてからまたチェックアウトまで下手な麻雀。勝負事は向いてないのかまた鴨。10時にチェックアウトして見残した興福寺、薬師寺、法隆寺などの遺産を堪能。入館料「拝観料」も多く支払ったが、国民の宝物の保全に協力する広い気持で”コイン”を切った!。

 高齢者のドライブ旅行の基本1、「明るいうちに帰る」を実行して15時ごろに法隆寺近くの西名阪ICから高速に乗ると約二時間で名古屋着。帰宅してからつい先ほどまで国宝を眺めていた奈良と、自宅とがタイムスリップしたようにギャップを感じて信じられないくらい環境が違った。
 
 下はいづれも「早朝」の作品です。
8月の作品 奈良1,2
09.8.11「犬山花火」でアクセス新記録
日本列島でさまざまな災害が発生していますが、みなさんお変わりないでしょうか。

 このようななかで夏のイベント花火大会も各地で開催されていますが、毎年8月10日に行われる国宝犬山城で知られる犬山花火大会は昨夜中止されて11日に順延されました。
 当サイトに「犬山花火大会」の項目がありますが、このページへの9日の単独アクセスが3421。アドセンスのクリック数198という、桁違いの数字が現れて驚きました。
 毎年7〜8月はアクセスの増える時期ですが、この数字でようやく増えた原因がつかめた次第です。
(お粗末( ̄ω ̄);)
 
 名古屋市に「鶴舞公園」がありますが、友人のHPはこの公園の四季の花や歴史を紹介していて、HPの名前は違うものの検索で「鶴舞公園」がヒットして、最近アクセス20万件を超えたと喜んでいました。

 名前の知れた場所を特集することで検索にヒットして、リンクを通してサイト全体のアクセスUPにつながることを学んで、本日は猛暑ですが少し涼しさを感じます\(◎o◎)/ ! 」
8月の作品 山里の詩2

左は名古屋港花火。右はコスモスを写生してあとは空想で「秋の気配」
09.8.6 責任力
 自民党が「責任力」を選挙のキャッチフレーズにして麻生さんが「自民党だけが責任をとれる」と訴えています。
自民党の支持率下落は国民の任せられないという不信感の現われですが、
「民主党では国政の責任が取れない」と選挙前に名指しをして、まるで自民党なら責任を取れると言わんばかりで、そうした国民の気持や空気にまったくノー天気な行動です。

 まず自民党のこれまでの不祥事、一時は83%の不支持な不徳を詫びることが責任ある行動ですが、演説を聴いているとそんな気配はまったくありません。
「国民の皆様には大変な不信感を与えたことを与党として深く反省していますので、今一度自民党にチャンスを与えてください。」と頭をさげるのが筋であり、筋を通せば信頼につながります。

 そうした民意や国民感情を無視して、民主党を悪者にこき下ろすことで自民党の信頼を回復できると考えているとするなら、いかにも有権者を馬鹿にした態度です。民主党の責任は今後与党になったときに問われることですが、選挙前に責任をを摩り替えるような姑息さは呆れるばかりで、過去に自民党を支持された方々は政治家の演技に騙されないようにしてください。

 またお互いの不祥事を攻撃しあっていますが、それでも尚不祥事が露呈した民主党に国民の風が吹いている現実に自民党は謙虚に恥るべきではないとでしょうか。
09.7.29.なごや港花火大会

 20日に行われた名古屋港100周年メモリアル花火大会にでかけました。友人とポートピアあたりの混雑を避けて対岸になる船見町へ駐車と撮影場所を探しながらうろうろして良い場所を発見!。
メモリアルの特別4.300発を望遠ズームで撮り、さらに現場でドンドンの花火音も収録してBGMの選択ボタンを設置。潮の香は匂いませんが音と50枚の写真UPですがご笑覧ください。

http://www.geocities.jp/oiroy61okeus/newpage233.ht..

8月10日「月」の当店の休日にも犬山花火大会が当たっています。今までは木曽川の左岸に陣取り撮影しましたが、今年は右岸から国宝犬山城をバックに花火を撮ろうかかと、庶民の文化にロマンを感じている一人です。

 名古屋からは断然電車をお勧め!、山河のなかで夕風に吹かれて一献を傾けられ、しばし日本人の感性である風流や雅を楽しめます。

04年の犬山花火
http://www.geocities.jp/oiroy61okeus/newpage134.ht..

09.7.18 加齢なテニス肘
 華麗?なるテニスライフにフォームが悪いと陥る「テニス肘」になってしまった。この恥ずべき原因と治療のてん末はテニス肘への対応へ。
09.7月の作品 山里の詩2
09.7.2.風景画を描く動機と意欲づくり
最近水彩の風景画だけを描く自分の行動について考えてみた。
以前は風景画が苦手であまり描かなかったのに、現在は暇さえあれば風景画を描いている自己心理についての考察です。

 @まず描こうとする対象の風景のなかに融けこんで「自然の一員」が体感できる楽しい時間帯になる。
A描き終われば一つの達成感があり僅かだが至福を味わえる。
至福につながる「自然の一員」という私の信条はこちらのエッセイから。

http://www.geocities.jp/oiroy61okeus/newpage15.htm
 ページの下方にエッセイ。

 絵画に限らずArtや文化の源は自然にあり、風景画を描く行動は自然派人間に合うことで喜びになる。


B至福は世の中の視界が広がったような明るいイメージがあり、その明るいイメージをさらに高めて表現したい、または表現ができるのではという希望につながる。

C逆に言えば自分の作品の物足りなさ、未熟さが常に自覚できることで、自覚できれば修正もできるという希望ができて描きたい衝動につながる。

D水彩風景画は色の鮮やかさがポイントで、その鮮やかさは一水加減、二画用紙に左右され、水貼りの必要なこと及びウエットアンドウエットなども知識を得た。
E風景画を店に掲げておくと稀に作品を所望されることがあり、これも励みになります。

以上漠然としていた行動を文章で推敲をしながら明確にすることができればさらに創作意欲につながります。
自己流に風景画を描く動機づけとイマジネーションづくり、意欲づくりをしてみました。
水貼りと剥がし方
09.6.27 御かげさまでカウンター153.503。
当サイトTop「理容人生」のカウンターは今日現在46.500ですが、直接検索エンジンからコンテンツごとに訪問される人もいて、すべてを合計するカウンターは153.503になりました。。
 2003年7月に開設以来ご訪問いただいた方に厚く御礼申しあげます。引き続き見栄えの悪いサイトにお付き合いください。( ̄ω ̄);
09.6.18 国民の83%が政治に不満。
14日の中日新聞全国世論調査によると「政治に不満」を持つ人が83%もいることが分かった。また行政を担う官僚への不信感が78%に達し、政治不信に加えて官僚も信じられない日本の現状があらわになった。
 これは与野党にかかわらず、現在の日本の政治そのものに国民がうんざりしているとを表していますが、その原因を想定すると。
 今日までの日本の政治は多数派という民主的手法を、表向きには「国民のための正義」を装いながら自己中心的権力集団にすり替えてきたことに国民は怒っていると考えます。
 過去の政党政治は常に党と派閥に離合集散が繰り返されてきたが、実は自己保身の権力工作であったのです。小泉さんがそのような「自民党をぶっ壊す」と言うフレーズで国民に喝采を浴びたことも、権力におもねるだけの偽装された政党政治に国民がうんざいりしていたかがわかります。「ぶっこわすも偽装でした」

 また現在の世襲問題もしかりで「親が政治家だったらその子供は議員になれないとしたら、職業の自由を侵す憲法違反と差別」と反論した議員がいましたが、これはもっともらしく聞こえますが問題をすり替えた詭弁です。政治家は常に「自己保身」を最優先に考えて巧妙に問題をすり替えます。
 何故世襲が問題か?
@権力、金力につながる既存のしがらみ後援組織を引き継ぐことは、しがらみが足を引っ張り国民のために行動はとれない!。
 多数派組織を維持するためには資金が必要で、当選してまず第一にすることは国会議員を偽装した国会商人としての金儲け。第二に自分の地元地域のため、第三に大組織の党に阿ね、第四に属する派閥に阿ね、第五に権益をにぎる巨大組織の官僚に阿ね、第六に献金をしてくれる大企業に阿る。つまり組織にへりくだるだけが主な政治活動で国民のための行動は第七番目以降になることは容易に想定できる。
A権力金力に繋がりかねない後援会組織を手放さないこと自体が、候補者の金と権力志向を示している。
 過去にアンフェアだからと組織を袖にして、しがらみも関係もない地区に転居して立候補した二世議員は誰もいない。それを欲する事実が動機として重要なフアクターになる。
B既存の組織を持たない新人は不利であり公正な選挙とは言えない。
C組織を動員する金のかかる選挙も問題で、当選した国会議員の金にまつわる不祥事が跡を絶たないことは周知の事実。
D今日さまざまな偽装問題が噴出していますが、巨大な利権をもつ国の中枢にいる政治家の「我こそは国民のための政治を」を掲げる偽装が、最も性質の悪い社会に悪影響を与える嫌悪すべき偽装であると言わざるを得ません。その弊害は諸悪の根源として官僚や市民にも伝染して、社保庁の不祥事をはじめとした戦後もっとも大きな国民の不幸と不信感を与えて83%の数字になった。
E最近の選挙はピラミット型の後援会による馴れ合い選挙に、地元住民がようやく目が覚めたようですが、まだまだ古い因習から抜けきらない恥ずかしい自己中地区がある。
 心の狭い自分のことだけしか考えない自己愛者が増えたら世の中どうなるか。社会的弱者を思いやれてこそ人間でしょう。
 つまり政治家の多くは権力願望をもつ自己愛者であり、その不遜な願望を隠して国民のため「他者愛者」を演じるパホーマンスの得意な芸人と言ったらいい過ぎでしょうか。
F金のかからない選挙はできないことはない。議員がテレビにでて議論する番組が人気がありますが、議論を通して問題が分かりやすいから人気があるわけで、地区ごとの候補者がテレビでマニフェストを発表してお互いが質疑応答して論戦をはっていただきます。短時間に効率よく論戦をはるため、また放送等は専門家の知恵が必要ですが、一方通行的で迷惑なだけの街頭演説や街選車よりよほどまし。議論は誰がどれほど勉強しているか、感情的か冷静か、人間性はどうかなどが論戦を通じて判断できます。
 その上政界の掃除ができ風通しもよくなるでしょう。
 Gアパートの若い住民でも純粋に情熱と才能をもてる人がテレビ討論や国政に参加できる、そんな活力のある日本を熱望します。

自己愛と他者愛  人を人間にするArtの入り口
09.6月の作品 水彩山里の詩2
09年6月10日 検索ベスト5
 当サイトのなかでお堅いコンテンツ「礼節」に日々アクセスがあり、不思議に思い検索エンジンで調べましたら「YAHOO!JAPAN」で約200万件中のトップページのTOPで表示され納得しました。
では最高の数字はどのコンテンツにヒットするかを調べたら、「総合病院一覧」でYAHOO!JAPANが3.000万件、Googleが1.900万件中のトップページに表示されました。2位「Googleで探す」がGoogleで1.600万件、YAHOO!2.800万件。3位「高画質一覧」Y=2.500万件G=11.000万件4位「ビデオ動画劇場」YAHOO!が800万件中のトップページ内に表示。
09.6.4 ゴーギャンの苦悩
 2日に午前テニスをしたのち名古屋のボストン美術館「ゴーギャン」へいきました。ボストンの姉妹館として10周年記念のイベントで、日本でここでしか見られない「我々はどこから、、、」の秘蔵作品もあり名古屋人として必見ものです。
 ゴーギャンは貧困と挫折、孤独、絶望、自殺未遂などの追いつめられたなかから、自分の安らぎの楽園を求めてタヒチの長閑な自然景観と人々の生活を愛した多くの作品を残しました。
 作風は自己とは対照的な力強さを表現するため人物や背景は単純化平面化して、手足などは誇張して太く描かれ健康的な住民を愛をもって描かれている。
 不朽の名作「我々は、、、」は12人の女性がこうしたタッチで描かれていますが、そのうち2人の女性だけは作者を見つめる魅惑的な瞳で希望を感じるが、あとの10人はゴーギャンの楽園を求める心とは反した方向へ向いていて、衆人のなかの不安と孤独感を漂わせている。「描かれた仏像が作品の不安や苦悩を深めている。」

 見終わって画家とか作家は辛い境遇で生きてきた人が多いことと、余暇に水彩画を楽しみながら描ける自分とを比較し、プロにならなくて良かったとつくづく思いました。

                             
 08.10〜
09.2.24 おくりびと
 22日のテレビ「サンデープレジェクト1.000回」で、今日の日本の現状を憂うテーマ「なにを拠りどころにするか」に対して、 コメンテイターの経済学者中谷巌氏は「日本の美意識」評論家桜井よしこ氏は「他者愛」の発言をされました。内容を聞いていてお二人とも日本の良い文化、 日本人の精神性を活かせ、復活せよと言う意味と理解して、当サイトのコンテンツ内容と同じで驚きました。

 タイミングよく日本映画「おくりびと」がアカデミー賞を受賞して映画館は大盛況ですが、ノーベル賞受賞ともども謙虚に学ぶ姿勢をもつ日本人の特性の結果ではないでしょうか。
 映画はまだ見ていませんので推測ですが、日本の文化「茶道」には招く主と招かれる客人のそれぞれの作法「礼儀」がよく知られていますが、「送る」作法や礼儀も日本人のこころ、 精神性、生死観の表れと言えます。そして他人を尊重して送り出す日本人の美しいこころが外国の人々に理解されたことにも感動します。
 終局「人の死」に礼を尽くすこころとは、結局は生きることの尊さにつながることで、反戦の名画に勝ったのでしょう。
   日本人の美意識 他者愛と自己愛  学びすと  礼節

 ☆学びすとの最新作。複数のBGMボタンをつけて「なばなの里」をUPしました。
09.2.15 政局は波乱模様
 麻生さんの迷走に支持率は下がりっぱなしで、いまや不況に苦しむ国民の矛先は麻生さん一色です。
 しかし麻生さんを選んだ人の責任は誰も問いません。13日の朝のニユースでそのうちの一人である森さんが「うるさい、どけ!どかせろ!うるさい」と手でマイクを振り払い記者に八つ当たりしている姿が放映されました。
 総理を務めたこともある派閥のトップですが、子供たちのいるお茶の間には情けなくも悲しい姿をさらしました。話したくなければ無言で通ればよいものを、まるで国民の 負託を受けた政治家という謙虚さがない。多数派の数を正義にした最大派閥の驕りが、首相選びだけでなく日本の全てをだめにしている。
 権力願望の強い人は他人に取り入ることが上手く、一度その座につけばそれまでの他人に取り入るスタンスを他人に求めることになり、ゴーマイズムが生じて権力は腐敗の工程を辿る。 何人もの資質の欠ける総理が任期なかばで辞めていくが、森さんの八つ当たりは何に対してなのか。
 従って権力者「地位の高い人」ほど内面に邪悪さを隠した二面性をもつ人が多いと知るべきで、表の顔しか見えない国民がこの心理を目覚めない限り日本は変えられない。
09.1.2月の作品 春夏秋冬4作品UP

左から城壁の野草(春)鮎釣り(夏)紅葉の愛宕公園(秋)木曽三川(冬)
高画質水彩画2 山里の詩2
09.2.8 ネットの恩恵
最近迷える水彩画に一つ光を見出せた。水彩画とは文字通り水を利用して描く絵画で、 水の使い方が作品の出来映えを左右する点です。従って水の扱いに手馴れることが重要で、 「水張り」「ウオッシュ」「ウエット・オン・ウエット」の技法が水彩画の向上に欠かせません。
 また西洋では多くの有名な画家が水彩画の魅力にはまり、スケッチの域を超えて水彩画家と称される人もいます。「ワイエス」など。
 そうした絵画の魅力をネットは余すところなく閲覧させてくれます。世界中の美術館、博物館を家庭に所有できると、インターネットの出始めに言われていたことが現実のものになっている。 技術や道具類を解説するサイトも溢れていて、名画を鑑賞しながら学びすとになり少し知識を得ました。

 またpicasaという画像編集ソフトを愛用していますが、マイフォルダに保管した写真フアイルを拡大すると、そのつど「picasaで編集する」ボタンが下部に現れて、クリックすれば起動され「シャドウ」 を濃くして陰影をつけたり、モノクロ画面にしたりして作品のイメージ作りが可能で、 いまや無くてはならない私のツールその過程で水の重要さを知ったのです。
学びすとの基本のきをリニュウアル。
09.1.25 ガイドウエイバスで東谷山フルーツPに行けるだろうか。
ガイドウエイバスで東谷山フルーツPに行けるだろうか。?敬老パスは?」
ツツミの客人の問いかけに、地下鉄や市バス以外の第三セクターが運営するその他の「あおなみ線、リニモ、上飯田連絡線」などが殆ど知られていないことに気がついた。
 高齢者はやがて車に乗れなくなります。そんなときに市内から郊外に延びる交通網や、公的施設の割引などの情報は必要です。市民の恩恵を調べてHPにUPしました。
 東谷山へは高蔵寺行きでいくことができますが、敬老パスは市内部分だけで、そこから以遠は有料。また帰路に竜泉寺下車して「竜泉寺の湯」に入ってくるのも良いでしょう。恩恵を享受して充実した日々をお過ごしください。ご参考までに
HPは
http://www.geocities.jp/oiroy61okeus/newpage71.htm

初筆
09.1.15.離党した渡辺議員の本心
 今年は100ねんに一度の厳しい冬ですが、派遣労働者たちには各方面から暖かい手が差し伸べられています。空きがある社宅や公団を宿に提供されたり、ワークシェアリングの動きが出てきたり、 支援する組織が現れたりして日本人の社会に対する対応能力や人情に少し安堵してきました。
 考えてみるとあの敗戦から奇跡の復興を遂げた日本人は、もともと適応能力に優れた民族ではなかったか。そしてこの状況を試練とか好機として捉えれば、不況の脱出も意外に早いかもしれない。
 ノーベル賞を貰うような人は特別な人ですが、本質を捉えた適応力やバランス感覚は我々一般人でも学習して手が届くような気がします。
 この能力をもっとも期待したいのは政治家ですが、昨日渡辺議員が「麻生政権より日本のための政治」を掲げて離党しました。
 ある日私が「政治家はまず第一には自分のため、次が属する党のため、三番目に属する派閥のため、国民は4番目だ」と当店の客人に話たら「マスターはまだ甘い。四つ目は献金をする大企業のため、 五つ目は権益に関わる省庁、国民は六番目だよ。」と言われて恐れ入りました!。m(__)m;
 さて渡辺議員の本音は何番目でしょうか。世論調査では6割が行動を支持していますが、こうした事象の本質を捉える能力は国民にとりとても重要です。
 それは彼の今後の行動で示されるでしようが、政界は狸が多くてう〜む!腹のなかの本音は難しい!。
09.1.5,年頭に思う
この時期恒例のサッカー、ラクビー、駅伝などのスポーツがテレビ中継されて、毎年爽やかな感動を見せてくれます。特に今年は駅伝で初優勝した東洋大と監督のコメント 「努力したものは報われるべきだ」は、報われない現実のタイムリーな名言でした。
 当サイトの管理人の好きなボクシングの二戦目は日本人が負けましたが、素晴らしい試合で判定も納得した。パワーの小堀「チャンピオン」はすべての回で前進したが、挑戦者はスピードがあり ヒットアンドウエイでポイントを稼いだことが視聴者によく分かった。
  小堀は負けたがアグレッシブな戦いで善戦の感動を与えてくれました。

 こんな歳の初めの新聞の片隅に永田元議員自殺の記事があり哀れさを禁じ得なかった。東大卒で優秀な官僚のまま人生を終えられたのに、妖怪の棲む政界に入り込んで偽メールを掴まされノイローゼで苦しんだあげくに自殺した。
 世界でもパレスチナで地上戦が始まり、現地で罪もない小さな女の子が口をガタガタ震えさせる姿が報道され、恐怖で歯が噛み合わないような体験 はどのような恐ろしいことなのか。しかもその恐ろしい行動を普通の多くの大人が支持している。
 どちらも不条理な社会のなかで翻弄される弱い人間の悲しい現実ですが、 この悲しい現実にArtが少しでも癒しになればと念じています。
-------------------------------------------------------
  「不条理の哲学」を著した「アルベール・カミュ」によると、不条理な社会とは「重い石を何度も山の頂上まで運ぶが、石の重さと山の傾斜で全てふもとまで落ちてしまう」人間社会はこのような世界だと述べています。
 日本でも 「もののあわれ」や「諸行無常」の考え方あり、洋の東西を問わず人間は生き方を模索し、その過程で哲学はArtとスポーツに深く結びついたように考えます。

「スポーツは芸術だ」
http://www.geocities.jp/oiroy61okeus/newpage159.ht..
「私の美学」
http://www.geocities.jp/oiroy61okeus/newpage11.htm
09.1.3.新年おめでとうございます。今年もよろしくお願い致します。
m(__)m;
08.12.29 みなさん良いお歳を!
 光陰矢の如しで一年が早々と過ぎ去りました。一年が早く感じる心理は「これ以上歳をくいたくない」という老いの気持が早く感じさせるのだそうです。
 歳月を待つのは寒さが緩んで桜が咲くまで、桜が散れば一年が終わったようなもの、と若いころ客人の高齢者から聞かされていました。
 だから「新年おめでとう」と書く年賀状が年々億劫になり、今年も押し迫った29日にようやく投函することができました。
 テニスの皆さん、当店のお客さま、拙い当ホ−ムページへご訪問された方にこの場を借りて御礼申しあげます。また来年もよろしくお付き合いのほどお願い申しあげます。
今年最後の水彩画

四季桜の小原村へ走行中に撮った写真に老婆、野焼き、干し柿、洗濯物、鶏を加えて生活感をだした日本の原風景。平和、長閑さ、小さな幸せを表現。
写真紀行四季桜と曽木公園 水彩画山里の詩2
-----------------------------------------------------------------
最近はネットで初詣や鐘つきをする人が増えて神社は危機感を持っているそうです。大晦日
に突く108回の鐘の意味は諸説ありますが、人の煩悩の数が一般的です。
 世間では一回1000円だそうですが当サイトに無料鐘突き堂があり、100年に一度という”未曾有”
の不況と煩悩を吹き飛ばそう。
 よい音がしますよ。(^o^)♪ 何回煩悩を払拭できるでしょうか。

鐘突き堂
08.12.18 100年の不況とガンバ大阪
 今年も残りわずかになりましたが、100年に一度という未曾有の不景気のまま年を越さねばなりません。 ニュースは暗い話題ばかりで解雇された若い人のホームレスも増えそうな状況です。
 昭和の時代はいまよりも生活が不便でしたが、右肩あがりの経済で将来に夢を持てる時代でした。当時と決定的に違う部分は少子化と高齢者社会になったことです。 多人数のリタイヤされた人たちを少ない若い人たちで負担するさまざまな問題がでてきました。加えて官僚や政治家の体たらくで、 ライフラインの年金や健康保険が破綻して、先行きに不安を抱える状況下での不況の襲来で、急激に経済を萎えさせて「100年」になったのです。
 食べられる食品が捨てられたり、空き家が活用されず放置されている状況などをうまく調整して利用するなど、手はいろいろとあるのにじれったい政治です。
 昨夜のサッカー、マンチェスターU対ガンバ大阪の試合は、こうした暗い雰囲気を一掃する感動を与えてくれました。背の高さとスピードなど身体能力の差は歴然としてましたが、 その他は互角で見ごたえがあり、若い観客を熱狂させて改めてスポーツの良さを体感した。
 スポーツ新聞の見出しは「マンU相手に衝撃の3点」このガンバの衝撃で不況を吹き飛ばしてガンバろう!。
師走の木曽三川UP
08.12.7.紅葉の穴場 東山植物園
 12月2日の休日に3週続けて午前テニスした後に美を求めて放浪する。この日は晴天で紅葉加減と夕日の時間の3条件がピッタリ合って、 身近な場所で堪能しました。自宅から20分で「トンネルを抜けると燃えるような紅葉世界だった」に着きます。
 秋の日差しは早く「16時ころ」陰りますので遅くとも14時までに入場し、夕日に輝く一瞬を撮る。
パス券で地下鉄に乗り、高齢者は100円の入場料で市民のオアシスを楽しめて名古屋市と日本の四季に感謝です。東山植物園の紅葉
上記錦秋の写真2
08.11.28 お千代保さん 四季桜&曽木公園
毎年秋になると
「片雲の風にさそはれて漂泊の思ひやまず/奥の細道」
この一節のような思いに駆られて、愛西市から東海大橋周辺の長閑な田園地帯を走りたくなってきます。
 
 特に秋の夕日の風景はフランスの名画を見るような感動を得ることがあり、
今月の17日に出かけて「お千代保さん」で高画質UPして、私の参加するコミニテイ広場でUP報告とこの旨のコメントを発しましたら、地元の知人から
「昔プロのカメラマンをこの地方に案内したら異口同音に同じことを言われた」と返信がきました。
 
 これを先に聞いていれば津屋川辺りまで足を伸ばしたものをと、
再び「片雲の風」が漂ってきましたが、知人が案内してくれるそうなので、
今年中に是非出かけたいと思っています。
 
「お千代保さん」は風景写真は少ないですが門前町を行きかうひとときの庶民を、写真だけでなくバタ臭い俳句、水彩画をつけてUPしました。
 一週間あとの25日にも午前中のテニスを終えてからメンバー3組の夫婦6人で、小原の四季桜と土岐の曽木公園へ走る。「名古屋-曽木間約60Km」
 小原も曽木も村興しのように地元の人々が露店を出して五平餅やぜんざいを売っていた。
曽木のライトUPは5.30分でそれまで隣接するバーデンハウスで入浴して待ち、神秘的な水面の紅葉を撮る。

 「四季桜と曽木公園
上記錦秋の写真
読み間違い定番ベスト20
言葉 正しい読み 謝った読み 意味
脆弱 ぜいじゃく きじゃく もろく弱い「脆弱な基盤」
相殺 そうさい そうさつ 差し引き損得がないこと
言質 げんち げんしつ 証拠となる言葉「証拠となる言質」
遵守 じゅんしゅ そんしゅ 法や秩序を守る
凡例 はんれい ぼんれい 書き方方針、使用法を述べたもの
奇しくも くしくも きしくも 不思議にも
他人事 ひとごと たにんごと 自分に関係のないこと
初産 ういざん はつざん 初めての出産
一矢 いっし いちや 負けずにやり返す「一矢を報いる」
婉曲 えんきょく わんきょく 遠まわしに説明する
忖度 そんたく すんど 他人の立場や気持を推し量る
進捗 しんちょく しんしょう ものごとの進み具合
生蕎麦 きそば なまそば 蕎麦粉以外に混ざり物のないそば
強面 こわもて きょうめん 恐ろしい顔つき
上梓 じょうし じょうさい 出版する
吹聴 ふいちょう すいちょう 言いふらす
稀有 けう けゆう めったにないこと
礼賛 らいさん れいさん 褒めたたえること
所望 しょもう しょぼう 欲しいと望む
凋落 ちょうらく しゅうらく 落ちぶれる
麻生首相の主な間違い「恥ずかしながら○印は管理人の間違い」( ̄□ ̄;)! !
踏襲 とうしゅう ふしゅう ○○の談話を踏襲する
頻繁 ひんぱん はんざつ これだけ頻繁に変わっては
前場 ぜんば まえば 前場の話で
未曾有 みぞう みぞゆう 未曾有の災害
詳細 しょうさい ようさい 詳細を詰める
怪我 けが かいが 怪我の回復
措置 そち しょち 事態に応じて必要な手続きをとること。処置。「万全の―をとる」
低迷 ていめい ていまい 景気がていまいしている。と発言
08.11.16  日本はオバマ嫌い?
 昨日の中日新聞夕刊「紙つぶて」に東京外国語大大学院教授の酒井啓子氏の、表題のようなコメントが掲載されていました。
(抜粋)「世界的熱狂のなかでオバマ上院議員が米国大統領選に勝利したとき、海外の友人からメールが届いた。『日本政府ってオバマ氏が嫌いなの?』なんで?と聞くと 『だってどの国も歓迎ムード一色で、先を競ってお祝いのメッセージを送る映像が溢れているのに、日本の政府の反応が冷たい』
 なるほど欧米の新聞を読み直すと確かにサルコジは『米国はオバマ氏を選んだことで変化と開放性と楽観主義を選んだ』胡濤錦も『これは歴史的瞬間』と称賛し、対立するイラン大統領やハマスなども新政権との対話への期待を表明した。
 日本とおなじ同盟国の英首相は『人種を超えた新政権誕生が、世界に同じ価値観をもたらしますように』それに比べて麻生首相は『どなたが大統領になられても日米関係を維持していく』でした。」
 私は「冷たい」のではなく、人類の争いや対立の歴史に希望のもてる青写真が浮かばない、もともとそのような理念を持っていないのではと悲しくなりました。虐げられてきた弱者に愛と思いやりがあれば、今回の勝利は感動を禁じ得ないはずですが、、、。
 世界に美しい秩序をもたらすためには、また平和の設計図を描くためには、オーケストラの指揮者のような豊かな美的感性と、苦労して育った環境の必要さを感じます。
Googleブログ「ブログ人と動物」UP
08.11.9 アメリカの選挙
 アメリカ全土で何ヶ月も続いていた新大統領選にオバマ氏が勝利しました。「現地時間4日」初の黒人でしかも若さ「変革」を国民は選んだのです。
 その選挙期間の長さと国民の熱意にまず敬服します。そして若さと黒人を選んだ国民の選択に敬意を表します。この変革は国民に大きな刺激と興奮、自信と感動をあたえました。わがアメリカの自由は素晴らしい!。 変革を叶える豊かな文化があり、ダイナミックで柔軟な、男でも女でもない、黒人でも白人でもない懐の深いアメリカ社会がある。
 オバマの勝利より変革を成し遂げた国民の叡智に感動をしているのです。そしてこの感動は全世界の人々のこころの琴線にひびくものです。日本の政治家や国民はアメリカの選挙結果をどのような気持で眺めているのだろうか。恥ずかしさを感じているのだろうか。
 つい先日行われていたあのパポーマンス。数を頼みとする派閥の権力者が、大臣の椅子などの条件をつけてうちうちで首相を決め、国民向けには無駄な金と時間を使い「開かれた政党」 であるかのようなパホーマンスの総裁選を行う。
 振り返って比較すると、このような政治家を長年にわたり選んできた日本の有権者の差といえます。
 多民族国家のさまざまな文化を抱合したダイナイズムは、新のアメリカを希求して旧弊を打破するエネルギーとなった。比べて日本は一国のリーダーを 派閥の思惑だけで選ばれる重苦しい閉塞感を抱えながら、若さも変革の欠けらもない、相変わらずの自己愛者ばかりの悲しい日本の姿でした。
11月の作品 来夏のためにYouTubeで郡上おどりの踊り方」UP
動物水彩画 山里の詩2
08.11.4 日泰寺に客の呼び込み「効果音」を挿入
 先日UPした日泰寺に客の呼び込み「効果音」を挿入。また当サイトの「効果音」から動物の鳴き声だけを集めて 「動物の鳴き声」集を新しくUPしました。子孫の繁栄という本能をまっとうさせるためには、 意思を伝える言葉なくして成就できません。親子間から仲間間まで意思の疎通ができる言葉は、言わば生きものたちのプログラム言語のようなもの。
右の絵は下の迫力のない河馬の絵を少し変えてみました。
08.10.29 覚王山の日泰寺
 近くに住んでいながら覚王山の日泰寺という言葉にはいろいろな歴史的意味が隠されていることを最近知りました。
毎月21日に行われる弘法様の縁日はよく賑わいます。縁日で催される客寄せのための露店市は、名古屋市内ではここ覚王山がもっとも規模が大きく、
 いづれも露天市を「弘法さん」という愛称で呼んでいて庶民に人気が高く、境内参道は多くの善男善女で溢れる。
 日泰寺は19世紀の釈尊の発掘によりタイ国王から寄贈された仏舎利を安置するために創建された。候補地を巡り意見が分かれが名古屋市の
誘致運動が功を奏し新寺院の建立が決まり、10万坪の土地を用意して明治37年釈尊を表す覚王を山号とし、覚王山日泰寺が誕生しました。
この寺院は成立の性格上日本仏教徒全体の寺院であり、いずれの宗派にも属さない超宗派であり、
その運営は現在19宗派の管長が3年交代で住職をつとめている。日本で唯一の全仏教寺院として特異な存在である。「覚王」とは、釈迦の別名。また「日泰」とは、日本とタイ王国を表している。

先日の21日に好天のなか写真を撮りに出かけて40枚のスライドショーをUPしました。
http://www.geocities.jp/oiroy61okeus/newpage290.ht..

庶民の平和なひとときと詩情を感じていただければ幸いです。
マップは当サイトの「ご近所GoogleMAP」で調べられます。
http://www.geocities.jp/oiroy61okeus/newpage252.ht..
10月の作品 山里の詩2UP

左と中は山里の詩2、右は動物高画質
08.3〜08.10月の独り言は別館へ「このページの右」

Top理容人生  ご近所リンクTop  一眼写真紀行To  ご近所さんの一覧  名古屋の名所と文化