鮎釣り 鮎釣り 鮎釣り    
Top理容人生
contents項目top
郡上の鮎釣りTop
Welcome to a fishing life

 
翻訳Translation
郡上の鮎釣り

スマホ 
澄んだ流れと小動物が集う水辺、そこに郡上の人々は
鮎やあまご釣りの文化をつくり暮らしてきた。
カウンター
 
鮎の世界 
私はここで小さな人間になった
 07熱き郡上鮎釣り編
鮎釣りの釣果
小さな人間の勧め
鮎つりの定石
清流吉田川
鮎釣り場の写真
琵琶湖の小鮎釣り 鮎釣りで検索 
tAmazonアソシエイトieAmazon商店
長良川中央の釣り場の紹介
動画郡上八幡周辺の鮎釣り人気スポット
動画鮎の増水時の引っ掛け 
動画吉田川の鮎釣り場&ナイスキャッチ
 郡上八幡観光
動画 郡上八幡盆おどりの踊り方
  宿なしで徹夜踊りを楽しむ方法
 外部link
ようこそ郡上八幡  
郡上漁業協同組合 

    郡上漁業組合

○ 全期間を通じ禁止する漁法
1. 水中銃(ヤスにゴム紐をつけたものを含む)
2. ずずいかり(がり、ころがし)
3. アクアラングを使用しての漁法及び舟・ゴムボート等を使用しての漁法

○ 期間を定めて禁止する漁法
1. いかり、もり、ひし、やす、つんつん 「引っ掛け」1月1日〜8月15日まで
2. あゆの毛針釣り 1月1日〜7月14日まで

○リールを使用した友釣り及びルアーを用いた友釣りは禁止とします。
○ 友釣のかけ針の数は、イカリ4本以内、チラシ3本以内とします。
○ たも網の直径は40cm以内とします。

魚 種
禁止期間
体長制限
あまご、しらめ、
いわな、ます類
10月1日〜翌年2月14日まで
15cm以下
こ い
な し
20cm以下
うなぎ
な し
30cm以下
うぐい
4月1日〜5月31日まで
10cm以下
あ ゆ
組合が定めて公告する解禁日以前
な し

雄大な山河、悠久な流れ。霧や朝もやがでるとまさに水墨画の世界。その中では人間は小さくて儚き存在です。自然のなかの一員であることと、生命、健康、愛という人間の本質的価値観に目覚める世界

    菅笠に 雨の滴や 香魚釣り   順風

 そんな世界にビニール袋、発泡スチロール、空き缶、そしてビール瓶までが捨て置かれている釣り人のマナーの悪さ、そんな人間の行為を対岸の一羽の白鷺が眺めていた。私は恥ずかしさと同時にその鷺の純白の羽根が痛々しいまでに美しく感じられ、その感慨を他人に分かってほしい、また感動を共有したいと水墨、陶芸、俳句、エッセイに記してきた。   
  
釣り人の 跡を汚して 鷺白し


 
 アユ、鮎、香魚、年魚、安由、王魚、細鱗魚など多くの名前を持つ清流魚。それだけ日本人が古来より親しんできた魚と言うことでしようか。芳しく繊細で且つ荒荒しくロマンを感じます。

鮎は水墨画、陶芸、俳句、エッセイの趣味にいずれも第一番に登場したほど強い影響を受け、私をこれらの趣味に導いてくれた師匠と言えます。
私のホームグランドは郡上鮎で知られる清流長良川上流。美しい山河とともに自然と調和した人々の生活など、私の人生観に影響を与え自然や社会との連帯感や侘びと寂び、もののあはれの心、生命の輝きを教えられた地です。
この環境を次世代の子供たちに保全して残すのは私たちの役目です。




 



いにしえ関連コアサイト  z自分でつくれる100歳健康体センテナリアン
centenarian 
エッセイEssay 
文は人なり簡潔明瞭
 ヘアサロンツツミ Hair salon信頼
 日本人の美意識
japanese aesthetic sense
 学びすと 右に習え
Learn people
江戸文化いにしえ
Edo culture
苔むす器 侘び寂
Ceramics
開花した異文化の花見の宴 Peace of Japanese cherry blossom viewing 小さな人間の勧め Recommendationof a smallhuman 礼節manne分別 禅と水墨画
Sumi-e paintingもののあわれ
京都観光の人気
Kyototourism おもてなし
 郡上の鮎釣りTop ayu fishing自然の一員 俳句Haiku余情 「粋と風流」な浮世
絵80」 
遊び心
 水彩画教室7
Classroom watercolor浮世絵
テニスクラブのポリシー 他者愛と自己愛Cthers love  郡上盆踊り&観光
Gujo Hachiman Bon dance
 愛するものを描く文化
楽しい水彩画
 日本仏教13宗派  いにしえの礼節
他人を敬う
尾張名古屋の文化
Cilture Of OwariNagoya
 エッセイもののあはれ    
 

  雨脚が激しくなったので私は釣りを中断して岸辺の林のな かへ雨宿りに入った。
渓谷は山が迫っていて日暮れが早く、まだ四時なのに辺りは谷間は消入りそうに
薄暗い。林の梢から落ちる雨粒が私の菅笠を音をたてて打つ。
雨具を着ていたが背中が破れ雨が滲みて背筋が寒い。 下半身も水の中に立ち込ん
でいたからずぶ濡れで、私は濡れネズミのようにみじめな姿である。

茂みのなかで腰を下ろすと、むきだしの木の根が蛇のように這い、シダが 垂れて
不気味だ。こうして無人の川辺で寒さに震えていると、無性に人恋しくて温かな食卓
や家庭のぬくもり、人の和などが貴重に え、逆に争いや欲望、贅沢がつまらな
く感じて健康や愛 生命など人間の本質的な価値観に目覚める。

雄大な大自然のなかの孤独な釣り師は、人間のはかなさ、小ささがしみじみと身に
迫り何が大切かを教えてくれる。対照的客観の 「もの」と、感情的主観の「あはれ」
が一致して生じる調和 的情趣の世界である。

 寂しさとみじめさで無限の豊かさが あることを知った。 私の足元には同じように
雨宿りする一匹の虫がいた。この心寂しい時に出会う一匹の虫、一輪の花は命の仲間
として私に強い感動を与えた。悠久な自然と私が連帯し同化した 瞬間で、静かに
辺りを見回すと私の周りは私の仲間 たちで一杯であった。

     万緑の なかの一なる 釣り師かな    順風


エッセイ 小さな人間   

 
雄大な自然という言葉は一般的によく聞きますが、これは小さな人間「儚くて弱い
存在」と対照させることにより大自然の雄大な感慨が深まる表裏一体の意味が存
在します。
若いころは「小さな人間」は理解できませんが、歳を重ねて挫折、悔恨、反省、老化等
を経験すると人の儚さがよく理解できるようになります。
 しかし世の中には強者の自分を信じて疑わない人もおられるようですが、「自分の弱
点を知らない獅子より弱点を知るネズミのほうが強い」という言葉があるように、「小さく
弱い存在」を知ることはつかの間の生命や健康を尊びて大切にすることですから、そ
の価値を知らない人は知っている人よりお気の毒で弱い理屈になります。

 自然を破壊したり社会の頂点に立とうという強者の論理ではなく「人は自然や社会
の中の一員」という意識、他人や自然が在って自分が在る自然観、他人や社会
、自然を活かして自分も生きられる和の精神です。ジグゾーパズルの小さな一片
「スモールピース」にすぎないのですが、しかしそれは全体に融合一体した大きな存在
になることで、悠久な自然や宇宙と連帯感、一体感を持つに至ります。この考え方は
如として日本文化の根幹を成しているように思います。
 若いころは頑なに自分の周りに築いてきた「自我」という柵や塀を取り払
ったら逆に
解放された大きな自分を感じる。マッターホルンの山も揚子江の大河も我が庭の内に
ある。仏教にも「一如」という言葉がありますが永遠不変の真理です。
 私は家の仏を守っているだけで信仰者ではありませんが、このような生命を尊べる
人生観、自然観は芸術上だけでなく生きる大切な思想、人生観になります。
 若い人の自殺、犯罪の多い社会、戦争などに心を痛める多くの人々のなかの一員とし
て、当サイトは生あるものを愛しむ句をひねり絵画を描いてHPの更新をし
ています。2005,11,4


「一如」世間における一切の事物・現象には実相(真実の姿)があり、
普遍的に不二同一であることをいう。平たく読めば「一つの如
し」となる。一でありつつそれは異なるが、異なりつつもそれ
はそれは一であるという意味。


  エッセイ 小さなこと 1993.10  
 一つのことをいい加減に済ますと全てがいい加減になりやすく、結局その人はいい
加減な人間になってしまう。例えば待ち合わせに5分ぐらいの遅れはたいしたことでは
ないと考えている人は、5分にとどまらず10分、15分と遅れる人である。
逆に言えば5分ぐらいのわずかな時間はどうにでも都合のつけられるわずかな時間で
あり百円や二百円ぐらい、一度や二度ぐらいの感覚は三度四度につながって
知らず知らずに自分をダメにする。



 
自分を大切にすることは自分に厳しく生きることで、自分の家族や友人に対しても
大切に接していることに他ならない。

例えば友人がずるい行動をしたとき@何も感じないA不快を感じるが傍観するB友人を
いさめる。の三つのうち友人を粗末に扱っているのは不正を傍観する罪を背負う
Aであり、真に友人、地域、社会を大切に思い真摯な付き合いを望んでいるのは
Bである。@は欠陥人間として論外。
堅実に暮らしてきた人がある日に突然殺人者に変貌することは稀で、大部
分は日頃の”いい加減さ”が、例えば会社の金をくすめて少しずつ膨れ上がり、返済の
ためにサラ金で借りたり競馬で元をとろうとさらに墓穴を掘り、追いつめられて銀行
強盗をしたり、豪邸に押し入り家人に見つかり、慌てて殺人を犯していまう。
 また日常的なイジメや暴力も、始めは小さくても次第にエスカレートしてレベル
二になり、それで変化がなければ三が死になる過程を踏む。そのダイナイズムを押さ
えることは加害者には無理で、それが集団となればオウムのようにモンスターのような
暴走を生む。まさに人格崩壊、自分で意識できない転落の構図をたどる。
  人間は小さくて弱い愚かな存在であることを自覚できれば、五分とか百円という
どうにでもなる小さなことを大切に考えます。それは決して小さなことではなく簡単にでき
て大きな結果を生むことと言えるでしょう。
天才イチローの言葉「小さなことの積み重ねが結果を生む」
われわれ凡人はなお更です。      
 
 
   
エッセイ食べられる役
   
   順風                
 


自然への愛情だの優しさだのと言いながら釣りで殺生を続けている私に矛盾
を感じない人はいないだろう。 この点に関しては若いころは『自然界は食べたり食べ
られたりする生態系で成り立っている』と、頂点に立つ人間として気 にはしなかった。
だがある時期からの釣りは私にとって 大きな意味をもつものになった。ちょうど
人類の祖先が生きるために狩をしたように、私は原始の狩猟本能を身体の奥底か
らかき出して獲物を求めにでかけた。
 本能に赴くまま のこの期間は自然界の悠久な営みと摂理がどれほど人間の儚さを
慰めたか知れない。 そのうち私は自分を含めた人類が今日まで一方的に自然を破壊
して自然からの恵みを享受するだけで 『食べられる』を果たしてこなかったことに
気がついた。

そのうちに何も< 返せない自分が苦痛になり、その後自然の美しさを他人
に知ってほしい、感慨を共に分かち合いたいと文画に描き とめて、いつの日に
か文画展を開いて自然の一員として の役割を果たしたいと考えるようになった。2003、3、

インターネットに加入してそれまで押入れに入っていた 作品をとりだして、 釣りによる
殺生の償いや山河で遊ん だショバ代、自然を師として教えられた御礼など、受けた
ものに見合うものを返すべく私の集大成として、また鎮魂歌としてホームページを
作っている。

   
   吾が背丈 野花に合はす 花むしろ   順風                
 


---------------------------------------------
郡上八幡周辺の鮎釣り人気スポット