-

u

                         




国旗翻訳空権
 
                  カウンター
                      
        下のAmazonサーチ窓で商品を検索してしてGO!


                
  9か国語に対応 
 QLINKアクセス月間ランキン
カウンター累計2.242.952
2016,11.1現在
パソコン購入2002.12,16, HP開設日2003.7.16 .HPB6.5でサイトUP.現在HPB20,
200万超
同アクセス年間ランキング
  QLINKの全国の仲間一覧
趣味人「HP作っています」メンバー一覧
  
-----------------------
今日は  です

人生+美意識粋 風流 ロマン.


当HPは管理人の趣味の発表の場など、地域のつながり
を生業とする一店主のライフスタイルが主な内容でしたが、
サイトUPして10年以上が経過して、この間のHP更新は文
章で言う推敲になり、新しい世界「
いにしえの文化」に到達
してTopページの構成を変更しました

日本の美しい自然と古来からの他人を敬う文化などの
感慨は、目から鱗の明るい未来が開けてきます。特にいにし
えの粋、風流を尊ぶ生き方は、他人と共有できる「遊びこ
ころ、学びこころ」を目的にしており、他者との争いを避ける
先人の豊かな感性と知恵が伝わって来ます。

  以前のTopページの趣味的コンテンツはこちらに移動しました。趣味は道楽とか遊びごととも言いますが、いにしえ関連サイトは管理人の遊びこころの産物です。
Viva Earth!  E-Mail
 著作権法上の「私的使用」や、「引用」の範囲を超えて、当サイト内の画像、
記述物を使用するには、著作権者の使用許諾が必要です。
Copyright(c)2009理容人生 All Rights Reserved
著作権

Spice to your life
カテゴリーKATEGORIE
いにしえ関連コアサイト
 日本仏教13宗派 エッセイEssay 
 ヘアサロンツツミ Hair salon
 日本人の美意識
 学びすと  江戸文化
Edo culture
苔むす器 侘び寂
Ceramics
開花した異文化の花見の宴 小さな人間の勧め 礼節manne 禅と水墨画
もののあわれ
京都観光の人気 おもてなし  郡上の鮎釣り自然の一員 俳句Haiku 「粋と風流」な浮世
絵80」 
遊び心
 水彩画教室7
r浮世絵
テニスクラブのポリシー 他者愛と自己愛  郡上盆踊り&観光
 愛するものを描く文化
楽しい水彩画
私の美意識
MySense of beauty
 いにしえの礼節
他人を敬う
尾張名古屋の文化
 
外部link
   江戸時代   松下政経塾   気になるart.com

 いにしえの先人と価値観を共有できる感動の旅をしよう
  BIGLOBE  じゃらん   Booking   旅比較ネット
 仏で脱貧困運動 文化がこころに栄養をくれた 
2013.2.7付け中日新聞朝刊
 
 貧しさが原因で社会から孤立する市民はどこの国にも存在する。15年前にフランスの俳優ロジェ・アンナ氏が思いついた「劇場の空席をなんとか社会に役立たせたい」というアイデアが、大きな運動となり孤立した人々を社会に呼び戻している。

呼び戻せるのは金でも食料でもない、フランスの文化や芸術だとする考えであった。

 パリなどの数百もある劇場や映画館、文化施設の協力でチケットが配られて、オペラやシャンソンに接する機会が増えた路上生活者たちは、心に感動という栄養を与えられて、外出が増えたり同じ環境の人と励まし合ったりできる外の世界に関心が向いて、定職につける人も増えた。
その数は延べ数で200万人に達して、協力施設は国立近代美術館や凱旋門、モンサンミッシェルなどの観光地までが参加するようになった。

「社会復帰はまず外にでること、その切っ掛けになるのは芸術文化である」と事務局は述べているが、さすがフランスらしいボンサンス(bon sens)な言葉で十分なシェアができる。このような「人として成り立つのは食料やお金ではない」という視界の広い豊かな発想、美意識が、文化的な関わりのある一俳優さんから生み出されて大きく成長したことに文化芸術の意味がある。

外にも出よ触るるばかりに春の月    中村汀女
外には時々息をのむ感動がある


 開花した異文化の花見の宴  「粋と風流」な浮世絵80」
    
 
名古屋城建て替え問題 2016.5 

翻訳Translation
 欲しいものをAmazonで検索


 
最新ニュース

the latest news
PageRiny
uuaru
 YouTube投稿の仕方
 テニスの予定表 
Video動画劇場増加中,,,,
 水彩画教室7
Classroom更新 watercolo 
YouYube投稿一覧
部屋の追加
New pageUp
自分でつくれる百歳長寿の健康体
 あなたの絵ごころを判定
宿なしで徹夜踊りを楽しむ方法
 
 


  現在 名古屋市は名古屋城の天守閣を木造にするべきかコンクリートで補強するべきかで意見は二つに分かれている。
,東京五輪が決まった時に「おもてなしの日本」のフレーズが世界に発信されました。このフレーズはいにしえからの日本の文化で、他者を敬う礼儀深い国民性を表しています。
京都が人気世界観光都市に二年連続で選ばれたが ,景観や構造物ではなく、こうした情感的文化に惹かれるのではと考えます。
日本人の国民性は島国で春夏秋冬の豊かな四季があった環境の影響が大きい。自分以外の他者や自然界を尊ぶ捉え方で、他者が豊かに生を営める環境こそが、自らにも最も良い環境になるという、当たり前のことですがヒトは常に利害に拘る争いの歴史を刻んできた。
, 「もののあわれ、侘び寂」は、英訳し難い日本人独特の感性、美意識ですが、この意識は文献によると「粋や風流」という価値をもたらし、現代に伝わる各地のお祭り「京都の祭りの備品に風流の文字がが冠せられている。(風流槍)など」や盆踊り茶道、日本庭園、日本料理、花見の宴、等々は、まさに遊び心で他人と睦みあい風流を楽しむ文化です。
つまり、いにしえ人は俗世にありながらお金や物に拘ることなく、「粋や風流」を共有する価値観を求めたのです。 そのうえ近年は過酷な地球環境で生物は生きてきたことも判明して、儚く小さな生物同士が争うことの虚しさは先人の教え通りですね。
こうした優れた他者愛文化を後世に継承することは現代人の義務だけでなく、争いや対立の絶えないパワーゲームが台頭してきた2016年現在の世界では特別和敬文化であり、その価値はお金では計れません。
過去、現代、未来とつながる歴史のなかで、現代の日本人は戦争により名古屋城を含む多くの大切なものを焼失させましたが、 建築費を惜しんで偽ものを子孫に遺そうとすることは、戦争への反省もけじめも付けられないだけでなく、いにしえ人がもっとも恥とした、自分(現代人)さえ良ければ良いという利己主義者の姿であり、日本人の精神遺産まで消失させようとする議論に感じてしまう。

 名古屋の文化
 
 住所&施設名で現地まで一っ跳びできる検索窓付MAPはです。S.ビューは全てOK    当サイトのアクセスNO52016.9
 ストリートビューの操作と楽しみ方     @知多半島釣り場マップ462.797
   @詳細な市営テニスコート案内   Aプロが教える眉毛220.051
   A海釣り場とエサ屋のマップ    B中部の海釣り 157223
   B長良中央の鮎釣り場を探す    C他者愛と自己愛155.599
  C八幡観光と全踊り会場案内  Dテニスコートの案内86,252
   D検索機能つき高性能MAP   F近郷の日帰り温泉一覧  
  E地域ご近所役立つリンク    Gストリートビューで訪問するブラジル  
 
 

オバマ大統領のヒロシマ訪問に、あらためて戦争や沖縄、原爆投下につ
いて調べた。
2016.5.15

1941月12月8日=この日の未明に日本海軍は真珠湾奇襲攻撃=日米開戦 (管理人はこの年の4月生まれで疎開先でB29の編隊飛行を見た)
●1944年7月7日サイパン島陥落。
●1944年10月10日=沖縄大空襲、空と海からの鉄の暴風と言われる無差別攻撃。
1944年末〜=制空権を奪われて日本本土への空爆が始まる(戦略爆撃でも軍施設だけでなく、都会も戦略的に捉えるので多くの民間人が死亡)
1944年月11月11日11時にサイパン陥落と本土空襲が始まったことにより、本土決戦を覚悟して大本営や皇室を秘密裡に長野県の「象山地下壕」に移設すべき建設が始まる。しかし8割は建設が進んでいたが完成を待たず敗戦。
 外部ilink  松代象山地下壕のご案内   松代大本営跡

●1945年3月7日=硫黄島玉砕
●1945年3月10日の空襲=東京大空襲=(下町空襲で死者10万人)
●1945年4月1日=沖縄本島に米国が上陸し、日本初の地上戦で民間人が13万人死亡。また民間
人収容所では栄養失調やマラリヤで6423人も亡くなる
●1945年5月14日=空襲により焼夷弾直撃で名古屋城焼失
「1945年6月23日」に沖縄司令官が自決した日をもって、沖縄における組織的な戦争は終わったとされる。
●1945年7月16日=アメリカが初の核実験を成功。
●1945年8月6日8時15分=広島への原爆投下=。市民14万人が死亡。
●1645年8月8日ソ連対日宣戦布告
●1945年8月9日11時2=長崎への原爆投下=市民が7.4万人死亡。
●1945年8月15日= 終戦。
2016年8月12日=終戦後71年が経過したこの日の中日新聞に「戦争の放棄をうたった憲法9条は当時の幣原(しではら)喜重郎首相がGHQに提案した」という学説を補強する新たな史料「マッカーサーの書簡」を堀尾輝久、東大名誉教授が見つけた、という記事が載る。
 71年が経過した日本の社会は自民党を主にした「戦勝国が短期間で押し付けてきた日本の憲法を日本人が改める」という改憲勢力が選挙で2/3を占めるに至るが、報道が事実だとすると政府の国民に対する態度は、戦前も戦後も変わらず野暮で無粋に思えるが?、、、。
 この時代は毎年夏になると戦争体験者等の生々しい発言が新聞等で報じられて、戦争を知らない世代でも悲惨さを感じ取ることができるが、何百年も先には体験談のような深い悲しさを訴えることはできなくなる。
 現代人は何百年も前のいにしえの平和文化を汲み取ることはできたが、自分たちの子孫が戦争の愚かさや、いにしえの重みのある文化の大切さを自覚できるかどうかは、ひとえに豊かな文化的社会の継続が前提になる。
2016.11月 世界はアラブの分裂、ISの台頭、アメリカトランプ大統領と国家の分断やパワーゲーム等で新たな対立の時代に突入。

 
沖縄県民10万+広島14万人+長崎7.5万人=315000人。残りの
48万人は硫黄島玉砕以前の1944年に、すでに制空権を奪われて
本土はサンドバックのように爆撃を受けて民間人が死亡したことになる。
この負け戦の戦況で犠牲者をいたずらに増やしてきたが、もっと早く白旗を上げるべきだったのでは?の疑念が払拭できない。
戦争を始めたのはそれなりの大義があったのだろうが、無防備な市民が日々殺されていた焦土の現状にけじめを付けられない政府には、大義名分は無いと言わざるを得ない。
その上戦況の深刻さは国民に知らされることもなく、最後の一人まで戦うことを美化して、秘密裏に大本営や政府、皇族が山中の堅牢な大地下壕に身を潜めんとする行動は、ぞっとする日本壊滅の愚行ではないか。

終戦のチャンスはは「6月23日」沖縄陥落だったが、原爆もソ連の参戦も防げたことを考えると、責任を逃れんとするだけのおぞましい集団にしか思えない。
これらの数字の推移をみれば原爆投下について相手を非難することは恥ではないだろうか。
http://okinawasen.nomaki.jp/ アメリカから見た太平洋戦争
--------------------------------------------------------
5月23日の中日新聞の世論調査で、オバマ氏に謝罪を求めない人が被爆者で78%を超えたことは日本人の人間性をよく表している。他人を敬ういにしえの文化は自分を省みることも自然にできる。またアメリカ国内にも投下を反人道的だと発言する知識人も多くいるなかで、お互いが過去を非難しあうことは争いごとを増やすだけで前進はない。
日時の経緯を眺めると権力者の責任の重さと、翻弄され続ける弱い庶民の悲しい姿があり、さらに戦争というブレーキの効かない集団的ダイナミズムの暴走の恐ろしさ(日本軍の中国での虐殺、略奪、反戦を口にすれば国賊と呼ばれる等々)は、日本国の歴史上最大の悲しみだと言わざるをえない。
民間人の死者=80万人
武士道の「仁」=「敵に憐みを持つ 」=  いにしえの礼節

100歳長寿の健康体は自分でつくれる。 2016.10 NHKスペシャルru
  自分でつくれる百歳長寿の健康体

 2016.10月にNスペで放送された長寿の驚くべき発見をページUPしたが、当サイト「理容人生」の今までの内容の多くが、100歳長寿の健康体づくりに共有できるものであることに気づいた。
サイト内容は管理人の生き方、信条の発露であり、長年の更新の労力が無駄ではなかったわけで、例えばコンテンツの「他者愛と自己愛」「いにしえの文化」運動とコミュニティの「テニス」「その他の趣味の多さ」「学びすと」美しい自然と他者を愛する表現の「水彩画」「ホームページ」「俳句」「エッセイ」等々です。
その他「花見」「仲田夏まつり」「郡上徹夜踊り」「名古屋港花火大会」の遊び心も、他人と共有できる重要なコンセプトで、自分の生き方や労力を肯定できるのではと感じています。
 
 いにしえの水彩画 愛するものを描く楽しい水彩画
最後に表示される「いにしえの名古屋城」は管理人の理想郷
全画面で見てね

 
管理人の「他人を敬う」いにしえ文化の捉え方 
 他者を敬える人
他人を意識する言葉「礼儀、信義、謙虚さ、自戒、節度、分別,和平」を認識できる。認識できれば=自分を戒め省みられる人なり=、他者と睦みあう祭りや花見を楽しみ、”人並に”という思いから習い事に興じて、粋や風流を楽しみ、浮世絵に見るような庶民文化の花が
咲いて、他人と共有できる文化を目指す、
社会のコミュニティでは理想的な仕組みと言える。


  他人より自分を尊ぶ人
上から自惚れの目線他者は蔑視して批判的人並に習い事をする気はなく目先の損得に拘り、=社会の一員としての義務、人としての分別、節度の意識がない従って自由平等であっても自戒できなく、文化的に貧しくて対立や争いが絶えないことになる。

 
 自由平等や多数決は民主的で響きの良い言葉ですが、脆弱性を有する人間にとっては不完全です。例えば「誰でも自由平等に意見が言える」と解釈されると、自由勝手や言いたい放題で争いが生じ、多数決も主導する多数派は、ボスが君臨する自分たちだけに都合のよい決定をする権力集団になりかねない。等々。
 他人と共存共栄する社会には、社会の一員としての義務や人としての節度があって社会秩序となります。その点を自覚するためには50:50[ヒフティヒフティ]ではなく、60[他人]:40[自分]=「自分より他人を尊重する。」が他人とつながる社会ではベストな考え方と言える。
 日本のいにしえの人たちは粋や風流を楽しむ生き方をしていました。俗世にありながら物や金に拘らない、視野を広く自然や他人を尊び睦みあう遊び心を共有することに他なりません。それは世界に類のない平和文化です。

 テニスクラブのポリシー
 
  『果てしなく美しい日本と私』ドナルド・キーン 3
東日本大震災の原発損傷で多くの外国人が危険な日本を離れるなかで、悲しみを共有し大好きな日本を元気づけよう、日本を信じていることを示すために日本の国籍を取得されたドナルドキーンさんの行動に感動しましたね。
ご高齢でありながら遠くの異国を終の棲家にすることは、よほどの覚悟と愛がなければできなことですが、動画からいにしえの日本文化を愛する心が伝わってきます。


ドナルドさんが日本の文学に目覚めたのはアーサーウェリー訳の
「源氏物語」に接したことが始まり。翻訳は原文に忠実に訳す、と自分の感覚で訳すの二通りがあるが、アーサーウェリーは
後者であると言われているので、この源氏物語に出会わなかったら日本文学者
はなかったからも知れない。


  ドナルド・ローレンス・キーン
(Donald Lawrence Keene)鬼怒鳴門
ドナルド.キーン.センター柏崎
 
 
 趣味は他人を敬うことから始まる 
 他人の優れた作品に接し、自分もそうありたい、人並に肩を
並べたいと他者を意識した共有行動で、江戸時代は庶民文化
の花が咲いた。


管理人の”習い事”は
水墨画 陶器 俳句 水彩画 エッセイ 
テニス 写真 ホームページ 釣りなどで、先生に師事したのは赤色、その他は独学で現在手ごたえを感じているのは水彩画(水彩画教室)、テニス(サークル運営)、ホームページ(アクセス200万超)と更新を重ねることで(いにしえの文化)に目覚めた。
以上の三点と家業のヘァサロンツツミの計四点に共通することは、社会や地域で他者とつながるコミュニティであり、歳を経てその尊さを知り、つながりを享受しています。
またツツミは経営者夫婦と客人との長年の信頼関係があり、近年は利益を得る商いよりコミュティのお付き合い、信頼が高齢者夫婦の働くエネルギーであり、その他のコミュニティも含めて健康的で有りがたい生活環境と言え、この充実した環境は管理人の”習い事や遊び心”の結果と言えます。
趣味の中身は大したことはないが、敬う気持ち(趣味)の数の多
さだけはある


また水墨画には「筆を惜しむ」という格言があり。俳句には「言い
過ぎ」を戒め、エッセイは原稿用紙2枚以内の簡潔明瞭を教えら
れたが、3点に共通するこころは、大上段に多弁や饒舌を弄するより、一歩下がって控えめにする。=
言葉や自分を惜しむことは他人に礼を待つことで、その人の
人柄としてより深い感動や余情を与えられるという人間性の教え
でもあります。
その上多くの趣味は何らかのつながりがあり、興味の枝は四方
に伸びて視野が広がり、いにしえの文化の多様さが
おもてなし
や、礼儀深い国民性を生んだのではないでしようか。

 筆を惜しむ水墨画
 ペンを惜しむ俳句Haiku 饒舌を慎むエッセイ

  「エッセイ もののあわれ」

蜩の鳴く夕刻に山深い渓流で釣りをしていると、非常な寂しさ
に襲われるときがある。日暮が早くなり夕刻に雨でも降りだすと、
孤独感と寒さに震えながら雨宿りしている足元に、一匹の虫、
一輪の花を見つけることがある。

そのときには同じ生命体同士の強い共有感、連帯意識が芽生え
、それは開眼ともいうべき感動であり、そのときに私は自然界に
連帯融合した豊かな感触を得た。ちょうどジグゾーパズルの一ピ
ースのように全体、自然界は自分なのだという大きなな
安らぎだ。
大自然のなかの孤独な釣り師は、人間のはかなさ、小ささがしみ
じみと身に迫り何が大切かを教えてくれる。対照的客観の 「もの」
と、感情的主観の「あはれ」が一致して生じる調和 的情趣の世界
で、
この時から私は自分以外の他者「他人や自然界」の調和の
なかで営々と継続できる環境こそが、自分にとっての理想的な
居場所であり、他者を尊べる極めて自然体な心を得た。

それ以後はさまざまな事象に関心が湧いて学びや遊びこころで
対応してきたがが、
日本のいにしえの文化の原点であり当HPも
共有しています。