3月10日 (月)


スペイン (Ayamonte) を離れ
スペインとポルトガルでは1時間の時差があり、自分で時計をもって いないため、スペインに着いた後店か街頭だかで時計を見た時 「もうこんな時間か?」と一瞬おどろいたが、ポルトガルに戻る時は 1時間時計を逆行させる事になりなんだか得した気分になる。

Vila Real de Santo Antonioからはまた列車で帰ろうと思っていたが そんなに頻繁に運行している訳でないため時間があわず、バスを 使う事に。時差ボケもまだ若干あり海岸沿いをノロノロと 走るバスの中でうたたねしてしまった。

Faroに大部近くなって (しかしまだ Faro市内ではなかった) 英語を 話す人が降りていった。身軽な格好で観光客ではないような様子。 こちらで仕事をしているのか、それとも引退して (そんなに年を くっているようではなかったが) 物価が安く気候のいいこちら移住 してきたイギリス人、という事か?まわりを見回すと確かに それっぽいコンドミニアムが建ちならんでいたような気もする。


ポルトガル (Vila Real de Santo Antonio)に帰還

前日食べた店頭で魚をジュウジュウ焼いている店にまた行こうと、 そこら辺あたりを歩くが仲々みつからない。「あ、この店を昨日 見たよな」という記憶はあるが、その店から何ブロック目を右に まがって、なんていう風に正確な道順として記憶している訳では ないので、「ここを昨日通った、見た」というあいまいな記憶が 多数詰み重なっていくと方程式の未知数が増えていくだけで 結局場所を思い出すのには邪魔になったりしてしまう。


Rua Conselheiro de Bivarのネコ

歩きまわったが結局みつからず、マリーナの近くにある観光客相手っぽい 感じの店で飯を食った。観光客相手っぽい、といってもそんなに高い訳じゃ なくて、そんなにスレている様子もない (ポルトガル全般にいえる事で それゆえにポルトガルが好きなのだが)。ただ前日のあの素朴な感じの店で もう一度食べたかったのに果たせず残念ではあった。今になって思うに 月曜は休みだったのかもしれない。店名をちゃんと覚えていた訳では ないし、店内が暗く立看板がしまってあったら例え前を通っていても 「ここだ」と気付かなかった可能性はある。

ちなみにマリーナ近くの情報を探していたら こんなサイトがあった。QuickTimeでマリーナ近辺の 風景が 360°見れる。


Portugal and Spain Index
Hitoshi Oi