Return-Path: oi@grad.csee.usf.edu
Received: from europe.std.com (europe.std.com [199.172.62.20]) by babbage.csee.usf.edu (8.8.5/8.6.5) with ESMTP id BAA08978 for ; Fri, 16 Jan 1998 01:19:07 -0500 (EST)
Received: from world.std.com by europe.std.com (8.7.6/BZS-8-1.0)
	id BAA26653; Fri, 16 Jan 1998 01:19:06 -0500 (EST)
Received: from grad.csee.usf.edu by world.std.com (TheWorld/Spike-2.0)
	id AA01922; Fri, 16 Jan 1998 01:19:05 -0500
Received: (from oi@localhost) by grad.csee.usf.edu (8.8.5/8.7.6) id BAA02140; Fri, 16 Jan 1998 01:18:16 -0500 (EST)
Message-Id: <199801160618.BAA02140@grad.csee.usf.edu>
From: Hitoshi Oi 
X-Zippy: アラリヤ		-		中央区銀座3-5-1
To: hro@world.std.com
Reply-To: oi@csee.usf.edu
Subject: RAINY DAY
Date: Fri, 16 Jan 1998 01:18:15 -0500
Sender: oi@csee.usf.edu
Content-Type: text
Content-Length: 1452

	雨です。とにかく新しい、というか最終的な論文のネタをみつけなければ
	いけません。少々焦ってます。で、Stanfordの Webからひっぱってきた
	CSLのテクニカルレポートを読んでいたのだけど、日本の三菱電気から
	スタンフォードに来た人のだったもんで、んーなんか文章が読みにくい。
	自分の事を100%棚に上げてるからこんな事いえるんだけど。この人も日本語
	だったらもう少しまともな文章書けるのだけど、英語だと英作文そのものに
	神経がいっちゃってぐちゃぐちゃになる、って事かなぁ。あと前置詞を
	使うのが不安なのか、名詞節が単にずらずらと名詞そのものを並べて
	あったりする。

	それとこれは僕もよくあるのですが、いきあたりばったりのところがあって
	(例えば) 男女別にいくつかの統計をとったとして最所のグラフだと男が
	右に書いてあるのに次のグラフだと女が右だったり、とか。

	Stanfordの facultyもco-authorになっとるのに、なんかチェックしてへんの
	かいなー?と思うけど、「日本からカネもってきて、そいで2年ぐらいでまた
	日本に帰るんだから、ま、いっかぁ」ってな事かなぁ。

	しかし、あたり前だけどスタンフォードとかその他一流の研究やってる
	ところだとツールにしろ人にしろ資源の蓄積が潤沢で、うらやましい。
	ちょっとしたネタの候補があっても、それを自分で全部実現しなくちゃ
	ならんとなると不可能ってのがよくあります。

	図書館の 5階で勉強していたのだけど、カエルがゲロゲロ外で鳴いて
	いるのがよく聞こえました。