Return-Path: oi@csee.usf.edu
Received: from europe.std.com (europe.std.com [199.172.62.20]) by babbage.csee.usf.edu (8.8.8/8.6.5) with ESMTP id CAA27594 for ; Thu, 2 Jul 1998 02:55:03 -0400 (EDT)
Received: from world.std.com by europe.std.com (8.7.6/BZS-8-1.0)
	id CAA01143; Thu, 2 Jul 1998 02:54:58 -0400 (EDT)
Received: from grad.csee.usf.edu by world.std.com (TheWorld/Spike-2.0)
	id AA01430; Thu, 2 Jul 1998 02:54:53 -0400
Received: (from oi@localhost)
	by grad.csee.usf.edu (8.8.8/8.8.7) id CAA05964;
	Thu, 2 Jul 1998 02:48:25 -0400 (EDT)
Message-Id: <199807020648.CAA05964@grad.csee.usf.edu>
From: Hitoshi Oi 
X-Zippy: ミナミはわからないがキタはもっとわからない 8) はけで,またまたソースを塗り かつおぶしにあおのりをふりかけて出来
   上がり...
To: yab@astem.or.jp
Reply-To: oi@csee.usf.edu
Subject: augmint
Date: Thu, 02 Jul 1998 02:48:25 -0400
Sender: oi@csee.usf.edu
Content-Type: text
Content-Length: 1239

	そんな訳でテクニカルなボヤき、その 2。

	augmintという csrd.uiuc.eduで開発されたシミュレーション用の
	パッケージをつことる訳ですが、これは cs.rochester.eduで開発された
	mintというやつを csl.stanford.eduの tango的に書きなおしたものです。
	でも、どうやら Masterのプロジェクトで書いて、ちょこちょこっとテスト
	しておわり、というものらしくて、今日もまたアラをみつけてしまいました。

	このパッケージをつかって自分のアイデアをもりこんだシミュレーターを
	書き実験するのが目的で、このパッケージそのものの中身に踏みこむという
	のはできるだけ避けたい...もちろん得るものはあるのだけど今はとにかく
	論文のネタになる事に力を注ぎたい...

	でも今となってはこのパッケージに私の命運かかっちゃってるのよねー..
	ウーむ。それにつけても swap diskの欲しさよ。そん次はやっぱし速い
	CPUでございましょか? 90MHzのペンティアムでございますよ、
	つかってんの。

	ece.rice.eduの RSIMってのもあるんだが、これは私のもくてきには
	使い勝手がよくなさそうだしなー...

	話は全然ちゃいますが22時前に飯をくったのに、午前1時ごろからまた
	腹がへってきた。これでまた昼夜逆転になりそうでございます。