プロジェクト of オオツカヨウ建築設計

a-COURT new project





閑静な住宅街に計画している、
平屋のコートハウス。

敷地中央に配したリビング周りを中心に、
個室や水廻りが両翼に展開していく。

小さな光庭、大きな前庭を適所にちりばめ、
平面の、のびやかな図式がそのまま空間に反映されます。

住環境と外部環境(光・風・緑)が同じ目線で繋がる、
快適で穏やかな暮らし。

平屋の雁行し複雑な平面形状の家は、
外皮からの熱損失が多くなるが、
躯体性能(断熱、サッシなど)を徹底して高めることで、
快適な室内環境が享受できる計画とした。




ヤネニワの家 new project







御夫婦と小さなお子さんの住まい。
近くには朝市や古い町家、
神社などがあり「盛岡らしさ」を
感じる地域であると同時に
交通量の多い国道と交差点沿いの
賑やかな場所でもある。

周辺の喧騒や視線を気にせず暮らせるように、
2階にリビング廻りを配置する。
そして、居室空間がガレージ上のテラス(ヤネニワ)と
繋がることで、2階でも外部(自然)を
取込んだ暮らしを楽しんでほしいと考えた。

大人の目線ほどの壁で囲われた広いヤネニワは、
子供が安全に外で遊べる場所となることでしょう。





MOMO + house new project


紫波町に計画している、御夫婦と娘さんが暮らす家。
敷地は田畑や木々、遠くには山々が望める場所であるが
廻りは住宅建設が多くなり、活気が感じられる所でもある。

比較的広い敷地内で平屋とし、
水平に広がる動線は暮らし方の変化に
対応できる計画である。

北側道路から南面の庭まで繋がっている、
玄関と一体となった屋根付ガレージは、
風雪の強いこの地域には
必要な機能であると同時に、
屋外活動の大事な場所である。

この場所に溶け込む、
やさしい佇まいの家になるように考えている。









高松の家 





敷地は風致地区内ということもあり、
廻りの住宅群は丁寧な植栽が施され、
落着いた環境である。

後退距離、建ぺい率や緑地帯など制限の中で、
2世帯がのびやかに暮らす設計が求められた。
世代間の適度な繋がりと程よい距離感は、
上下階に分かれた場合の課題である。

共有可能な機能と空間、
それぞれの居室空間の結びつきを
クライアントと丁寧に紐解きながら計画している。




村崎野の家




北上市郊外の静かな住宅地。
ここに40代御夫婦とお子さんの住宅を計画している。

素材の経年変化や肌触りを楽しめる事、
畳や土間空間、火を使うなど
昔から続いている「暮らし方」を取り入れ
新しい家でもどこか「懐かしさ」を感じる生活を望まれた。

内外の壁は左官や木で仕上げ、
開口部は全て木製で製作。

土間空間には石を敷き、
薪で暖を取る場所も設けた。

しかし、表層の意匠は
懐古的な様式にならないように、
簡素な空間を心がけている。




茶畑の家 





大きな幹線道路や交差点から近い立地の為
少しでも静かな環境を提供できるようにと計画しました。
周辺の喧騒や視線を緩和する為、
ガレージや庭を介して生活空間を配置。
周辺環境と徐々に馴染んでいく事をイメージし、
無塗装の板張り外壁と簡素な建物形態としています。

閉じつつも外部との繋がりを保つために、
南面には縦方向に伸びた開口部を計画することで
シンボルツリーを眺めたり、
室内の奥まで光や風を運んでくれることになります。

クライアント御夫婦が、自分たちの時間軸で、
ゆっくりくつろぐ姿を想像しながらデザインした住宅です。







ヒラヤノイエ(改修) 






閑静な住宅街の曲がりくねった道の途中で、
木々が生い茂った角地に出くわす。
東西に長いこの敷地に平屋の家がひっそりと建っていました。
飾り気のない簡素な住宅ですが、
対面すると何か気になる存在で、記憶に留まりました。

これからこの住宅の改修工事を行います。

eyestopになっているこの場所は、
近隣の住人には当たり前であった「記憶に残る街並」です。

記憶の「形」と今回の新しいデザインが緩やかにつながり、
過去から現在の懸け橋になればと願っています。



M - R D 






盛岡西南地区に戸建型の賃貸住宅の建設が始まります。

敷地を分割して、道路面に対し奥行き方向に3戸を計画。

それぞれの住戸がプライベートの小さな「庭」を持ち
入居者の楽しみや生活の機能を満たしてくれる場となることでしょう。

クライアントが考えている、賃貸を魅力あるものにするような
「プロトタイプ」になればと思っている。




(仮)切妻の家 





中津川が北上川に合流する
左岸地区に程近い場所。
小路が多いこの界隈は
生活の息遣いや古くからの暮らしが
感じ取れる場所です。

今回の敷地は、
間口より奥行きのある形状。
ここでは「町家」的な
暮らしが参考になります。
駐車スペースを含め、
現在の生活に合う回答が求められました。

狭さや広がり、採光や視界の抜け、
外界と繋がるスペースが暮らしに潤いを与えます。
室内は切妻形状の登り梁架空を表し、
木材の質感と構造を楽しめる空間となる事でしょう。






厨川の家           




盛岡市厨川に計画している住宅です。
眺めの良い立地から、遠くの緑が借景となる
素晴らしい環境です。

ここに若い御夫婦と小さなお子さんの暮らしが始まります。
永く住む事、飽きのこない空間を生むために
諸条件や要求を整理しながら、クライアントと計画しました。

外壁は経年変化が楽しめるレッドシーダーの無塗装。
住宅地に落ち着きと、程よい彩りを与えます。

室内は単純な構成ですが、光と壁を意識できる
開口部や塗装の質感。

好きな家具に囲まれながら
ホッと出来る空間となることでしょう。






(仮)夕顔瀬の家           

青名畑邸外観.bmp


小高い場所で市街地を見渡せる立地。
高低差を利用したガレージの屋根は緑化した庭となり
子供たちの遊び場に。
リビングの3.6m幅の木製片引き窓は、景色を切り取り
大きな開放感をもたらしてくれるでしょう。

この住宅は熱損失係数Q値=1.0W以下
超省エネ住宅になります。

断熱性能を高め、木製や樹脂のトリプル硝子サッシを採用し
熱交換換気、太陽光発電などを取り入れます。

快適でホッとする静謐な空間・・・・・そんな家を考えています。


(仮)M-COURT          

RIMG0278.JPGRIMG0296.JPG


盛岡市の南に位置する比較的新しい住宅街。

両サイドに住宅が近接した細長い土地のため
採光や通風、また自然を取込む為に大小2つの「庭」を計画。

プライバシーを保ちつつ、空間の広がりや、視線の抜けが楽しい家である。

また、住宅性能も高め、エネルギー利用の少ない
快適な住宅(エコハウス)を目指している。




馬場町の家 

022.jpg



盛岡市馬場町の落ち着いた街並。
ここに小さなお子さんがいる御家族3人の平屋住宅を計画しています。

奥まった場所ながらアイストップになる立地、
今後の周辺環境を左右する要素を考えて、単純なカタチにしたい。
しかし、内部は豊かな広がりと落ち着きのある空間となるように・・・・・

素材も吟味しながら、飽きのこない「息の長い住宅」を目指しています。






住田の家 

RIMG0001.JPG

住田町に建築する施主御夫婦の「終の棲家」。
前面道路から見えるガレージの奥には広い中庭。
その庭を介して小さな母屋があります。

庭仕事や畑作業、緑が大好きな施主御夫婦が
「外」との繋がりを大事にした住宅です。

開放的で大きな開口部には性能の良いトリプル硝子のサッシを。
壁や屋根の断熱仕様も高め、冬期間も安心して暮らせる「器」。

また住田町が取組んでいる「バイオマスエネルギー」にも着目し
「住田型ペレットストーブ」も採用することになりました。





N-COURT 

RIMG8230.JPG

広い敷地に、伸びやかな平面。
いくつかの「庭」を介して、光や風を取り入れプライバシーを保つ。

建築は壁と開口部を意識して無駄な装飾は省いた「キャンバス」。
そこに素晴らしい家具やアートが入り、生活に彩りや豊かさを加える。

「アート・家具・建築の心地よい関係」を意識した住宅






気仙沼の家




宮城県気仙沼市に計画している住宅です。

現在住んでいる住宅のリフォームも検討しましたが、経年変化による劣化や
震災による影響もあり、建替えで計画中です。

サーフィンが好きな御夫婦と娘さん、3人で仲良く暮らす家。

25坪程で生活する 「心地いい小住宅」 を計画しています。





東和の家 



花巻市東和町の豊かな自然環境の中に建つ住宅です。
薪になる間伐材もあり、住宅の暖房には薪ストーブを採用します。

ヨーロッパなどでは主流になってきている「蓄熱式薪ストーブ」
一度火を入れると比較的低温で10時間ほど放熱し、
躯体性能の高い住宅には最適な薪ストーブです。

玄関から繋がる南面の土間に設置するストーブは
仕切りの無いLDKをゆっくりと温め、快適な空間になると思います。

外壁は200ミリ、屋根は300ミリ、基礎は100ミリの断熱仕様で開口部はトリプル硝子。
冬期間は電気が無い場合でも、躯体性能とバイオマスエネルギーによって
施主の生活を守る「シェルター」としての機能を十分満足してくれるでしょう。




仙北の家 


盛岡市仙北町の角地。
幹線道路交差点から近い立地で車や歩行者からの意識や視線が集まるところです。

眺望や日射・風などを取り入れながらも、施主のプライバシーや
幹線道路の音や視線などに配慮しなければなりません。

施主の御夫婦とお子さんが安心して外に繋がるスペースも求められます。

「閉じる・開く」「見る・見られる」ことを意識した計画となります。





北上の家

北上の家.jpg

北上市街から近い長閑な田園地帯。
ここに小さなお子さんがいる御家族の住宅を計画しています。

家族との距離感を大事にしたコンパクトで広がりのある空間。
また、機器に頼りすぎない、エネルギー消費を抑えた住宅を目指します。


「小さく造り、大きく住まう」

躯体の性能を高め、家の隅々まで利用する。 
熱、空気、日射をデザイン{整理}した形態。




BAR CAFE the S

RIMG3385.JPG

多くのジャズファンが訪れる岩手県宮古市の 「BAR CAFE the S」

渡辺貞夫カルテットなどで活躍したピアニスト、故本田竹広さんも愛した店内には
第2次世界大戦直前にウィーンで製造された名器「ベーゼンドルファー」のピアノ。

憧れのピアノに全国から多くのジャズ奏者がライブに訪れました。

そして、マニアの憧れJBLのスピーカー「パラゴン」も正面に鎮座し、
椅子はすべてイームズチェアという素敵なBarでした。


3・11の震災による津波で宮古市は甚大な被害に会いました。

オーナーである堀内さんは津波で家を流され、店も浸水しました。
ピアノは海水につかりましたが、修理して使えることになりました。
スピーカーは無事です。

そして再出発の地として、「盛岡」に来ることに。


今回、「BAR CAFE the S」盛岡移転の改修設計をさせていただきます。
オーナーの空気感、素敵な雰囲気を継承した、さりげないデザインになるように・・・・・・





-AP project

K-AP01.jpg

盛岡市中心部の趣のある古い住宅街。

古き良き風情、雑多な生活感、新旧の対比・・・・混沌とした懐かしさ。
そんな住宅街にある集住地帯(共同住宅、長屋など)の建替え計画です。

全体の将来像(街並やコミュニティ)を見据えながら
一つずつの建築を計画していきます。




魅力的な住戸形式を模索しながら、ユニットを計画し、建物を構成します。
設計のキーワードは

「シンプルな暮らし」 「フレキシブル」 「余白がある空間」






新しい暮らしの家

60代夫婦の家

敷地

 どこか懐かしさを感じる街、盛岡。
 敷地は盛岡駅の裏側、南にひろがる盛南地区。平成3年から開発が始まり、現在は市立病院や、県立美術館、大型スーパー等が並ぶ、新しい町並みの一角です。
 これまで、地方で暮していたご夫婦が、定年退職後の新しい暮らしを盛岡で過ごすための家を計画中です。


ECOへの取り組み

大慈寺町の緑 この住宅で、熱損失係数(Q値)1.0W/㎡・K以下を目指しています。徹底した断熱・再生可能エネルギーの採用・気持ちよい住環境のため、そしてエネルギー消費を抑え、地球へも優しい暮らしを提案します。