魔女の宅急便
チャプター19


キキ!

ハアーイ

ああ!

ちっとも来てくれないんだから

自分から来ちゃったよ

ごめんなさい

というのはウソ

買い出しに来たついで

寄ってって! ひと区切りしたとこなの

もちろん そのつもり

案外 いい部屋ね

食べて… 今 お茶入れてくる

お茶はいい ミルクあったらくれる?

ウン

本当だね あのヌイグルミ そっくりだ

君 ジジっていうんだろう?

商売はどう 軌道にのった?

うまくないの?

今 お休み中なの

どうりで落ち込んでると思ったよ

魔法にも そんなことがあるんだね

ね 私の小屋に泊まりにおいでよ

え?

店の人に断ってさ いいじゃない

ジジ あんたも来るかい?

ハハハ…

彼女の方がいいか

ね 決めよう すぐ出発!

ニャー

来てるよ!

ハハハ…

(ウルスラ) ヒャー疲れたぁ…

ステキ…

この美人が目に入らないのかしら?

エエッ!? 私を男だと思ったの?

(男) そんななりしとるもんな

この脚線美が分からないとはね

カラス!?

すっかり友達になっちゃったんだ

へぇ…

ヤッホー ただいま

こんにちは この前はゴメンね

先に入ってて 水くんで来るから
 

チャプター20


どう?

ステキ…

キキに会ってね

この絵 描こうって決めたの

でも この子が決まらないのよね

キキが来るの ずっと待ってたんだよ

これ 私?

まあね

座って モデルになってくれる?

でも 私 こんなに美人じゃない

アッハハハ…

あんたの顔 いいよ

この前より ずっといい顔してる

さ 座って そのイスがいい

ちょっと顔あげて 遠くを見るように

そう そうしてて

魔法も絵も似てるんだね

私も よく描けなくなるよ

ほんと!? そういう時 どうするの

ダメだよ こっち見ちゃ

私 前は何も考えなくても飛べたの

でも 今は分からなくなっちゃった

そういう時はジタバタするしかないよ

描いて 描いて 描きまくる

でも やっぱり飛べなかったら?

(ウルスラ) 描くのをやめる

散歩したり 景色を見たり…

昼寝したり 何もしない

そのうちに急に描きたくなるんだよ

なるかしら…

なるさ

さあ ホラ 横むいて!

私 キキくらいの時に―

絵描きになろうって決めたの

絵 描くの楽しくてさ

寝るのが惜しいくらいだったんだよ

それがね 全然 描けなくなっちゃった

描いても気に入らないの

それまでがマネだって分かった

どこかで見たことがあるって

自分の絵を描かなきゃって…

苦しかった?

それは今も同じ…

でも絵を描くってこと 分かったみたい

魔法って 呪文を唱えるんじゃないんだ

うん 血で飛ぶんだって

魔女の血か… そういうの好きよ

魔女の血 絵描きの血 パン職人の血

神さまか誰かがくれた力なんだよね

おかげで苦労もするけどさ…

魔法って何か考えたこともなかった

修行なんて古くさいしきたりだって

今日 あなたが来てくれてうれしかった

私一人じゃジタバタしてただけだわ

この絵 本当は消しちゃおうかって…

こんなにステキなのに!?

今日 悩んでるキキの顔見たらさ

“これだ!”って

描けそうな気がしてきたの

いじわる

ハハハ…

だから あいこ

フフフ…

さっ 消すよ

うん

ベッド 取っちゃって悪いね

いいよ

時どき ここに来ていい?

うん 夏中はいる気だから

私も時どき会いに行くよ

ウン
 

チャプター21


(TV) 飛行船 “自由の冒険号” は

本日 南極探険への旅を再開します

(隣室で電話の音)

(オソノ) はい グーチョキパン店です

ああ キキ

もっとゆっくりしていてもいいのに

あ それからね

この前のお婆さんが また来てくれって

どうする? 断ろうか

当分お休みって言ったんだけど…

そう じゃ帰りに寄ってね

はい

(路面電車のベルの音)

こんにちは

まあまあ さっ お待ちかねですよ

参りました 奥さま

今日はこのままで勘弁してね

お天気がいいのに足が痛むの

バーサ あれを

ハイハイ 奥さま 飛びましたか?

まだよ この人 飛行船に夢中なの

冒険が好きなんですよ

ちょっと音 小さくしてね

キキ この箱をちょっと開けて

ハイ

奥さま これ…

それをキキという人に届けてほしいの

この前 とってもお世話になったから

そのお礼なのよ

その子のお誕生日を聞いてくれる?

またケーキを焼けるでしょう

キキ…

きっと その子も―

おばさまの誕生日を知りたがるわ

プレゼントを考える楽しみができるから

ほんとね

フフフ…

(テレビの音をあげる)

(ノイズの音)

どうしたの?

何か事件が起きたようですよ

(TV) 飛行船が流されています

ああ 肝心な時に

夏に時たま こういう風がふくの

(打ちつける風の音)

大丈夫 通り過ぎるだけよ

奥さま! うつりましたよ

逆さまになってる

こうなると ただの風船ね

(TV) 最後のロープを固定します

飛行船をつなぎ止められるでしょうか?

すさまじいヘリウムガスの力です

トンボ! あの子 私の友達なの!

エッ!?

少年が一人 パトカーと一緒に…

トンボ!

あなたのお友達ですって?

私 行きます!

気をつけてね

大変!

(船長) がんばれ 手を離すな

しっぽのヘリウムを抜け 急げ

ク…ク…

ワァッ

ウオッ

ハア ハア…

トンボ!

男の子は無事ですか?

さぁ? パトカーは落ちたって…

(サイレンの音)
 

チャプター22


(老人) 大丈夫かね?

そのブラシを貸してください

へっ?

お願い 必ずお返しします

そりゃ まあ…

すみません!

ああ…

バリ バリ バリ…

飛べ!

(人々のざわめき)

飛んだー!

あっ!

ワアッ

(人々のざわめき)

まっすぐ飛びなさい!

(TVアナ) 飛行船 “自由の冒険号” は

シティタワーに近づいて行きます

このままでは衝突は避けられません

ぶつかるぞー 高度をあげろーっ

ガスが足りない! 塔に飛び移れ!

やってみます

(時計番) ここへ来いよー!

おじさん 逃げてー!

つかまれぇ

ハッ! もっと早く!

コラーッ

(警官) アアッ?

すごいガスもれの音です

少年がどうなったのか見えません

あっ! しっぽが!

ガスが抜けて飛行船が倒れます!

引っかかった! 止まりました

あーっ! あそこを見ろーっ

いた! 少年がいました!

奇跡です 少年はぶら下がっています

だが どうやって助ければ良いのか

このまま あの勇敢な少年を見捨て…

な… なんだあれは!?

鳥… 違います 少女だ!

少女が空を飛んで行きます!

デッキブラシに乗った魔女です!

キキよ

それっ!

あの子 飛んだわ!

がんばれ

トンボ!

キキ!

コラッ! 言うことを聞いて

(船長) ガンバレ もうちょっとだ!

トンボ!

キキ

(声援が響く)

ガンバレ! もうちょっとだ

ガンバレ ガンバレ

ガンバレー

ワーッ!

空中で受け止めましたぁ

(大歓声)

(TVアナ) 今 地上に降り立ちました

飛行船の乗員も無事のようです

あのデッキブラシ わしが貸したんだ

キャッ… やめてよ バーサ

偉いよ キキ よくやったねぇ

ハッ! あんた!

先生を呼んで 産まれそうよ!

オイ…

ジジ!

ニャー
 

チャプター23


(ED曲「やさしさに包まれたなら」)

♪小さい頃は神さまがいて

♪不思議に夢をかなえてくれた

♪やさしい気持で目覚めた朝は

♪おとなになっても 奇蹟はおこるよ

♪カーテンを開いて 静かな木漏れ陽の

♪やさしさに包まれたなら きっと

♪目にうつる全てのことは メッセージ

♪小さい頃は神さまがいて

♪毎日愛を届けてくれた

♪心の奥にしまい忘れた

♪大切な箱 ひらくときは今

♪雨上がりの庭で くちなしの香りの

♪やさしさに包まれたなら きっと

♪目にうつる全てのことは メッセージ
 

チャプター24


母さん! キキからの手紙だよ

えっ?

“お父さん お母さん お元気ですか?”

“私もジジも とても元気です”

(キキ) 仕事の方も軌道にのって

少し自信がついたみたい

落ち込むこともあるけれど―

私 この町が好きです…
 

戻る