予防接種Q&A

     

    目次

1、トップページ

2、院長紹介

3、当院の特徴

4、予防接種

5、乳児健診

6、診療時間

  アクセス

 

7、予防接種Q&A

8、アイチケット

  

 

 

 

予防接種Q&A

 

  目次

Q1: 一般的に予防接種は受けた方がいいの? 

Q2: 予防接種の副作用が心配です。

Q3: 予防接種はたくさんありますが、何から受ければいいの?

Q4: ヒフ゛ワクチン、肺炎球菌ワクチン接種(同時接種)で死亡例が出たそうですが、大丈夫でしょうか?

Q5: 予防接種の同時接種は問題ありませんか?

Q6: ポリオ不活化ワクチンが始まると聞きましたが?

Q7: 卵アレルキ゛ーの子供はインフルエンサ゛の予防接種は出来ないのでしょうか?

Q8: 1才未満の乳児にインフルエンサ゛の予防接種はできますか?

Q9: インフルエンサ゛の予防接種を受ければインフルエンサ゛にはかかりませんか?

Q10: 予防接種はやはり痛いですか?

Q11: 子宮頸がん予防ワクチンってなに?

Q12: 子宮頸がん予防ワクチンのサーバリックスとガーダシルってどうちがうの?

Q13: ロタウイルスワクチンってなに?

Q14: ロタウイルスワクチンのロタリックスとロタテックってどうちがうの?

Q15B型肝炎ワクチンが定期接種(無料)となりますが、B型肝炎ってなに?

 


 

Q1: 一般的に予防接種は受けた方がいいの?

 

A: 受けるのと、受けないのを比べると、それは受けた方がいいでしょう。受けなくてもいいような予防接種であれば誰も受けませんので、そもそもこの世の中に存在しません。ちなみに現在、公費(無料)で受けることができる予防接種の金額をすべてあわせると子供1人当たりおおよそ18万円ぐらいになります。


 

Q2: 予防接種の副作用が心配です。

 

A:  そもそも予防接種とは、死んだり弱めたりしたウイルスや細菌を体に入れて、わざと軽い病気にすることです。予防接種の後に熱が出たり、だるくなったり、打ったところが腫れたり、発疹が出たりすることはよくあります。これらの軽い副作用は自然に治ります。軽い病気から回復することで、こんど本当の強いウイルスや細菌が体に入ってきたときに病気にならなかったり、かかっても軽くすみます。ただし、何万回に1回ぐらいの割合で重篤な副作用(後遺症)があることも事実です。しかし、それは予防接種をせずにその病気にかかって後遺症が残ってしまう確率よりはるかに低いものです。


 

Q3: 予防接種はたくさんありますが、何から受ければいいの?

 

A: お勧めは、

1ヶ月時にロタ1回目

2ヶ月時に ヒフ゛&肺炎球菌1回目

3ヶ月〜4ヶ月時に4種混合&B型肝炎1回目、ヒフ゛&肺炎球菌2回目、ロタ2回目

5ヶ月時に4種混合&B型肝炎2回目、ヒフ゛&肺炎球菌3回目

6ヶ月時に4種混合3回目、BCG

8ヶ月時にB型肝炎3回目の順がいいと思います。

 

1歳になれば麻疹・風疹混合、4種混合追加、ヒフ゛&肺炎球菌4回目を順次受ければいいでしょう。

   

  ホ゜リオ単独と三種混合を接種している方は、同時接種をすれば4種混合と考えていただいてかまいません。


 

Q4: ヒフ゛ワクチン、肺炎球菌ワクチン接種(同時接種)で死亡例が出たそうですが、大丈夫でしょうか?

 

 A: その後の調査で死亡例とヒフ゛ワクチン、肺炎球菌ワクチンとの関連は証明できませんでした。さらにヒフ゛ワクチン、肺炎球菌ワクチン開始後の乳幼児死亡率の上昇は認められませんでした。同時接種に関しても同様で、死亡率の上昇はありませんでした。また海外でのデータも乳幼児死亡率の上昇はなく、ヒフ゛ワクチン、肺炎球菌ワクチンは世界的に安全なワクチンと考えられています。


 

Q5: 予防接種の同時接種は問題ありませんか?

 

A: 単独接種と同時接種を比較したところ、発熱、腕の腫れなどの副反応の差はありませんでした。海外の同時接種のデータでも単独接種と比較して副反応の差はありませんでした。以上より同時接種は問題ないと考えられています。ただし、どうしても同時接種が心配という方はすべての予防接種を単独接種とすることも可能です。


 

Q6: ポリオ不活化ワクチンが始まると聞きましたが?

 

A: 平成24年9月1日より不活化ポリオワクチンの接種が始まります。生ワクチンの副作用を軽減したワクチンですが、接種回数が2回から4回と増え、内服から注射となります。ポリオ生ワクチンを一度も飲まれていない場合は計4回の接種となり、初回は生後3ヶ月より接種できます。すでにポリオ生ワクチンを2回飲まれている方は接種の必要は有りません。ポリオ生ワクチンを1回しか飲んでいない場合は残り3回の接種となります。


 

Q7: 卵アレルキ゛ーの子供はインフルエンサ゛の予防接種は出来ないのでしょうか?

 

A: これはインフエンサ゛ワクチンを作る際にニワトリの卵を使うためです。 最終的に卵の成分は十分に除去しますが完全には取り除けず,ほんのわずか残ってしまいます。 しかし残った量はほんのごく微量で,アレルキ゛ー反応を起こす事はほとんどないと考えられています。 ただしこれまでに卵を食べてひどいアレルキ゛ーの出た子供さんや血液検査で卵アレルキ゛ーの数値の高い子供さんなどは薄めたワクチンを少し接種して何もなければ予防接種をするといった配慮が必要かもしれません。 また卵そのものを食べるとアレルキ゛ーが出てしまうが卵製品は食べてもアレルキ゛ーは出ないといったお子さんの場合には普通にインフルエンサ゛の予防接種をしていただいても問題は無いとされています。ただし、万が一、接種後にショック状態となった時のことを考えれば設備の整った病院で接種することをお勧めします。


 

Q8: 1才未満の乳児にインフルエンサ゛の予防接種はできますか?

 

A: 一般的に生後6ヶ月未満児にはインフルエンサ゛ワクチンを接種しません。これは、ワクチンの効果と副反応に関しての研究が少ないことや、この月齢までは母体からの免疫があるためです。また6ヶ月以上1歳未満児に関しては、平成22年度までの接種量1回0.1mlではその有効性が実証されませんでした。しかし、平成23年度から接種量が1回0.25mlに増えるため、効果が期待できるかもしれません。1歳未満のインフルエンザ予防接種についてはかかりつけの先生とよく相談してください。


 

Q9: インフルエンサ゛の予防接種を受ければインフルエンサ゛にはかかりませんか?

 

A: インフルエンサ゛の予防接種を受けても、インフルエンサ゛にかかることはよくあります。これはインフルエンサ゛の予防接種は感染を完全に防ぐというよりも、かかった場合に重症化させないといった意味合いが強いワクチンです。


 

Q10: 予防接種はやはり痛いですか?

 

A: 予防接種は痛いです。しかしその痛みは針をさす痛みではなく、予防接種の液が体に入るときの痛みです。さらに予防接種の種類により痛みの強さが違います。当院で採用している針は非常に細いので針の痛みはほとんど感じません。そのおかげで予防接種の種類によっては接種しても子供さんはほとんど泣きません。


 

Q11: 子宮頸がん予防ワクチンってなに?

 

A: 子宮頸がんの原因はHPVというウイルスです。女性の80%が一生に一度は感染するありふれたウイルスですが、まれに子宮頸がんを引き起こします。子宮頸がん予防ワクチンははその感染を防ぐワクチンです。ただし、すでに感染してしまった方には効果はありません。そこで、まだ感染していないであろう(HPVは性交渉で感染します)、中学生や高校生のときに予防接種をします。少し注射の痛みはありますが、将来子宮頸がんの可能性が少なくなるのであれば、接種する価値はあると思います。


 

Q12:子宮頸がん予防ワクチンのサーバリックスとガーダシルってどう違うの? 

 

A: 子宮がんを引き起こすウイルスはヒトパピローマウイルス(HPV)で約100種類ほどありますが、子宮頸がんを引き起こすものは15種類ほどです。特に16型と18型で約7080%を占めます。サーバリックスとガーダシルにはその両者のワクチンが含まれていますが、ガーダシルはさらに、ヒトパピローマウイルスが引き起こすもう一つの病気、尖圭コンジローマ(良性の性器イボ)の原因の約90%を占めている6型、11型を含んでいます。これだけを聞くとガーダシルの方が良さそうに思われますが、子宮頸がんに限って考えれば、その効果はサーバリックスの方がすこし高く、すこし長く効くと考えられています。尖圭コンジローマは治療できる病気なので、どちらを選択するかは考え方次第ですが、子宮頸がん予防を考えればサーバリックスがいいかもしれませんね。尖圭コンジローマは主に性交渉によってうつる病気で治療に数ヶ月を要することもありますが、治療することができます。


 

Q13:ロタウイルスワクチンってなに?

 

A: ロタウイルスは嘔吐下痢症(ウイルス性胃腸炎)を引き起こすウイルスの一つです。毎年冬に流行します。残念ながらロタウイルスに直接効くお薬はないので、自然によくなるのを吐き気止めや整腸剤を使いながら待つだけですが、時々脱水症状が強くなり入院となります。また、まれに脳炎や脳症を引き起こすこともあります。ロタウイルスワクチン内服接種することにより約80〜90%予防することができると言われています。 


 

Q14:ロタウイルスワクチンのロタリックスとロタテックってどうちがうの?

 

A: ロタリックスとロタテックは両方ともにロタウイルスワクチンで効果は同じです。ロタリックスは生後6週から24週の間に2回内服し、ロタテックは生後6週から32週の間に3回内服します。当院での料金は両者ともほぼ同じです。他の予防接種もたくさんあるので、当院では接種回数の少ないロタリックスを主に使っています。


 

Q15: B型肝炎ワクチンが定期接種(無料)となりますが、B型肝炎ってなに?

 

A: B型肝炎ウイルスによる感染で、通常は急性肝炎になりますが、治療でほとんどは治ります。ただし子供が感染するとキャリア(肝炎の症状は出ないがウイルスが住みついて、将来慢性肝炎となり、その後肝ガンになる。)となりやすく、ほかの人にも感染させてしまいます。子供への感染の多くはキャリアのお母さんから出生する際の母子感染ですが、生後すぐにB型肝炎ワクチンを打つことで防ぐことができます。しかし最近、キャリアの人との接触(だ液、汗、涙)でも感染することがあるとわかってきました。そこで1歳までに予防接種を行うことでこれらの感染を防ぐことになりました。また成人になってから接種するよりも子供のうちに接種するほうが、効果が高いといわれています。ちなみに医療従事者は血液での感染が多いので、みなさんB型肝炎ワクチンを接種しています。