バックアップと他のパソコンへデータの引越し


   ◆ バックアップとは
   ◆ 「マイドキュメント」の保存先を「Dドライブ」に移動するには
   ◆ 送受信したメールの保存先を「Dドライブ」に移動するには おすすめ
   ◆ 「お気に入り」を他のパソコンに移すには

   ◆ Outlook2003の「連絡先」(住所録)を他のパソコンに移すには



ホームページ(表紙)へジャンプします


バックアップとは

パソコンを使っているとトラブルに遭うことがしばしばある。トラブルが起きたときに被害を最小限に抑えることが大切である。そのためにはバックアップという作業が必要となる。パソコンを買い換えたときにも今まで使っていた大切なデータを引越すことができる。
  • 自分が作成した文書や画像、音楽などのフォルダやファイルは、漏らさずに保存する。

  • バックアップデータは、CD-Rやフロッピーディスクに保存しておく。ハードディスクの容量が小さい場合は、特におすすめします。

  • バックアップデータが古くなると、トラブル発生時に最近追加したデータが消えてなくなることになるので定期的にバックアップしょう。
このページのTOPへ戻る

「マイドキュメント」の保存先を「Dドライブ」に移動するには

「マイドキュメント」フォルダは初期設定ではWindowsをインストールした「Cドライブ」に保存されている。大切なデータの入っている「マイドキュメント」は、なるべく他のドライブ(ここでは「Dドライブ」)に移しておくのが安全である。
  • デスクトップ【マイドキュメント】のアイコンを右クリック⇒【プロパティ】を選択⇒《マイドキュメントのプロパティ》画面の【ターゲット】タブを開く⇒「リンク先」欄に現在の保存先「Cドライブ」が入力されていることを確認⇒【移動】ボタンをクリック⇒《移動先の選択》画面で「マイコンピュータ」の「ローカルドライブ(D:)」を選択⇒【OK】。

  • 標準に戻すには、【標準に戻す】ボタンをクリックする。
このページのTOPへ戻る

送受信したメールの保存先を「Dドライブ」に移動するには

「メール」フォルダは初期設定ではWindowsをインストールした「Cドライブ」に保存されている。大切なデータの入っている「メール」は、なるべく他のドライブ(ここでは「Dドライブ」)に移しておくのが安全である。
  1. Outlook Expressを起動する⇒【ツール】メニュー⇒【オプション】を選択⇒《オプション》画面の【メンテナンス】タブを開く。


  2. 【保存フォルダ】ボタンをクリック⇒《保存場所》画面で現在の保存場所を確認する。


  3. 【変更】ボタンをクリック⇒《フォルダの参照》画面が出る。


  4. 《保存場所》画面で「ローカルディスク(D:)」を選択⇒【OK】をクリックすると出る《保存場所》画面で変更先を確認する。


  5. 【OK】をクリックすると次の画面が出る。


  6. 【OK】をクリック⇒再起動する。

  7. ローカルディスク(D:)の「メール」フォルダを確認するには
    「Windowsロゴ」キーを押しながら「E」を押すとエクスプローラーが表示される⇒ローカルディスク(D:)をクリックすると確認できる。なお、ここに表示されるファイルはここでは開くことができない。


このページのTOPへ戻る

「お気に入り」を他のパソコンに移すには

インターネット(IE)の「お気に入り」とは、よく見に行くホームページを登録する機能のこと。この「お気に入り」を、ファイルとして別の場所(例えば、「マイドキュメント」)に保存しておくことは可能だ。それには「エクスポート」という操作を行う。パソコンに万が一のトラブルがあった時に備え、これをフロッピーディスクなどにもコピーして保存しておくと安心だ。

バックアップ(エクスポート)

  1. インターネット(IE)の【ファイル】メニュー⇒【インポートおよびエクスポート】をクリック ⇒ 《インポート/エクスポートウィザードへようこそ》画面の【次へ】ボタンをクリックする。

  2. 「お気に入りのエクスポート」を選んで、【次へ】ボタンをクリックする。

  3. 次の画面で、エクスポートするフォルダとして【Favorites】を選んで「次へ」ボタンをクリックする。

  4. 最後に「完了」をクリックすると、「マイ ドキュメント」に「お気に入り」がファイルとして保存される。

  5. 「マイ ドキュメント」に「お気に入り」が「book mark」という名前で保存されたか確認する。

  6. 念のため、フロッピーディスクなどにも保存しておくとよい。


新しいパソコンへインポート

  1. インターネット(IE)の【ファイル】メニュー⇒【インポートおよびエクスポート】をクリック ⇒ 《インポート/エクスポートウィザードへようこそ》画面の【次へ】ボタンをクリックする。

  2. 「お気に入りのインポート」を選んで、【次へ】ボタンをクリックする。

  3. 【参照】ボタンをクリック⇒コピーした【bookmark】を選択⇒【次へ】⇒【完了】。
このページのTOPへ戻る

Outlook Expressの「アドレス帳」を他のパソコンに移すには

新しいパソコンを購入したとき、これまで使っていた電子メールのアドレス帳を新しいパソコンに移すことが簡単にできる。
ただし、双方のOutlook Expressのバージョンが異なるとインポートがうまくいかないことがある。
  1. Outlook Expressを起動して《受信トレイ》を開く⇒【アドレス帳】を開く。

  2. 【ファイル】メニュー⇒【エクスポート】⇒【アドレス帳】をクリック⇒《エクスポートするアドレス帳ファイルの選択》画面が出るので「ファイル名」の欄に「メールのアドレス帳」と入力⇒「保存する場所」には「マイドキュメント」を選択⇒【保存】ボタンをクリック。 

  3. 「マイドキュメント」に保存されたファイルをフロッピーディスクまたは他のメディアにコピーしておくと万全である。 「メールのアドレス帳」ファイルを右クリック⇒【送る】⇒【3.5インチFD】を選択。

  4. 新しいパソコンのOutlook Expressを起動して《受信トレイ》を開く⇒【アドレス帳】を開く。

  5. 【ファイル】メニュー⇒【インポート】⇒【アドレス帳】をクリック⇒《インポートするアドレス帳ファイルの選択》画面が出るのでフロッピーディスクの「メールのアドレス帳」を開く。

このページのTOPへ戻る

電子メールを他のパソコンに移すには

新しいパソコンを購入したとき、これまで使っていたOutlook Expressの送受信メールを新しいパソコンに移すことが簡単にできる。
ただし、双方のOutlook Expressのバージョンが異なるとインポートがうまくいかないことがある。
  1. デスクトップの何もないところを右クリック⇒【新規作成】⇒【フォルダ】をクリックするとデスクトップに新しいフォルダが表示される。新規作成したフォルダにはわかりやすい名前をつけておこう。

  2. Outlook Expressを起動して《受信トレイ》を開き、移したいメールを選択する。

  3. 【編集】メニュー⇒【すべて選択】をクリックすれば《受信トレイ》内のすべてのメールが選択される。

  4. 選択したメールをデスクトップに新しく作ったフォルダまでドラッグする。

  5. 新しく作ったフォルダを右クリック⇒【送る】⇒【フロッピーディスク】(または他のメディア)を選んでクリックするとコピーが始まる。

  6. 新しいパソコンのOutlook Expressを起動して《受信トレイ》を開く。

  7. 【フロッピーディスク】(または他のメディア)にコピーしたフォルダを新しいパソコンで開く。

  8. フォルダを開いて【編集】メニュー⇒【すべて選択】をクリックする⇒《受信トレイ》にドラッグする⇒受信メールの移動完了。

  9. 《送信済みトレイ》なども同様にして新しいパソコンに移動できる。
このページのTOPへ戻る

メールアカウントを他のパソコンに移すには

新しいパソコンを購入したとき、これまで使っていたOutlook Expressのメールアカウントを新しいパソコンに移すことが簡単にできる。
ただし、双方のOutlook Expressのバージョンが異なるとインポートがうまくいかないことがある。

バックアップ

  1. パソコンにフロッピーディスクをセットする。

  2. Outlook Expressを起動して《受信トレイ》を開く。

  3. 【ツール】メニュー⇒【アカウント】⇒《インターネットアカウント》画面が出るので【メール】タブを開く⇒バックアップして置くアカウントを選ぶ⇒【エクスポート】ボタンをクリック。 

  4. 次に出る《インターネットアカウントのエクスポート》画面でファイル名「アカウント」と保存先「デスクトップ」を設定⇒【保存】ボタンをクリック。

  5. デスクトップに作った新しいファイルを右クリック⇒【送る】⇒【フロッピーディスク】(または他のメディア)をクリックするとコピーが始まる。
    デスクトップに作った新しいファイル「アカウント」は開くことはできない。

新しいパソコンに登録

  1. 新しいパソコンにフロッピーディスク(または他のメディア)をセットする。

  2. 新しいパソコンのOutlook Expressを起動して【ツール】メニュー⇒【アカウント】⇒《インターネットアカウント》画面が出る⇒【メール】タブを開き【インポート】ボタンをクリック。

     
  3. 《インターネットアカウントのインポート》画面が出る⇒ファイルの場所「デスクトップ」でファイル名「アカウント」を選ぶ⇒【開く】をクリックすればインポート完了。
このページのTOPへ戻る

IME辞書ツールに登録したデータを他のパソコンに移すには

バックアップ

  1. パソコンにフロッピーディスクをセットする。

  2. IMEツールバー(言語バー)の【ツール】ボタンをクリック⇒【辞書ツール】をクリック⇒《IME辞書ツール》画面の【ツール】メニュー⇒【一覧の出力】をクリック。

  3. 出てきた《一覧の出力:単語一覧》画面で、「保存する場所」は「3.5インチFD」(または他のメディア)を指定。「ファイル名」を入力⇒【保存】ボタンをクリック。

新しいパソコンに登録

  1. 新しいパソコンにバックアップしたフロッピーディスクをセットする。

  2. 新しいパソコンの《IME辞書ツール》画面を開く⇒【ツール】メニュー⇒【テキストファイルからの登録】をクリック。

  3. 出てきた《テキストファイルからの登録》画面の「ファイルの場所」で「3.5インチFD」(または他のメディア)を指定⇒ファイル名を選択⇒【開く】ボタンをクリック。
このページのTOPへ戻る

Outlook2002の「連絡先」(住所録)を他のパソコンに移すには

新しいパソコンを購入したとき、これまで使っていたOutlook2002の「連絡先」を新しいパソコンに移すことが簡単にできる。
ただし、双方のOutlook のバージョンが異なるとインポートがうまくいかないことがある。

バックアップ(エクスポート)

  1. Outlookの「連絡先」を起動する。

  2. 【ファイル】メニュー⇒「インポートおよびエクスポート」⇒《インポートおよびエクスポート ウィザード》の画面が出るので「ファイルのエクスパート」を選び【次へ】をクリック。

  3. 次に出る《ファイルのエクスパート》画面でエクスパートするファイルの種類「個人用フォルダファイル」を選んで【次へ】をクリック。

  4. 次に出る《個人用フォルダのエクスポート》画面でエクスポートするフォルダとして「連絡先」を選んで【次へ】をクリック。

  5. 次に出る画面でエクスポートファイル名が、例えば 「C:\Documents and Settings\NEC-PCuser\デスクトップ¥Outlook連絡先」と入力されているので確認する⇒【参照】ボタンをクリック。

  6. 次に出る《個人用フォルダを開く》画面で保存先として「デスクトップ」を選び、ファイル名として「Outlook連絡先」と入力⇒【OK】。

  7. 《個人用フォルダのエクスポート》画面に戻るので【完了】をクリック。

  8. 《個人用フォルダの作成》画面が出たらそのまま【OK】をクリック。

  9. デスクトップに「Outlook連絡先」のアイコンが表示される。
      備考: デスクトップに作ったファイル「Outlook連絡先」は開くことはでき
          ない。
     
  10. デスクトップのアイコン「Outlook連絡先」を右クリック⇒【送る】⇒【3.5インチFD】(または他のメディア)を選ぶとフロッピーディスク(または他のメディア)にコピーされる。

新しいパソコンへインポート

  1. バックアップしたフロッピーディスク(または他のメディア)を新しいパソコンにセットして「Outlook2003連絡先」のファイルアイコンを取り込みデスクトップにコピーする。
      備考: デスクトップにコピーした「Outlook2003連絡先」は開くことはできない。

  2. 新しいパソコンのOutlook2002/2003を起動して連絡先を開く。

     
  3. 【ファイル】メニュー⇒【インポートおよびエクスポート】⇒《インポートおよびエクスポート ウィザード》の画面が出るので「ほかのアプリケーションまたはファイルからインポート」を選んで【次へ】をクリック。

     
  4. 次に出る《ファイルのインポート》画面でインポートするファイルの種類として「個人用フォルダファイル」を選んで【次へ】をクリック。

     
  5. 次に出る《個人用フォルダのインポート》画面でインポートするファイル、 「C:\Documents and Settings\NEC-PCuser\デスクトップ¥Outlook連絡先」 と入力されているので確認して【参照】をクリック。

     
  6. 次に出る《個人用フォルダを開く》画面でファイルの場所「マイドキュメント」または「デスクトップ」、ファイル名「Outlook2002/2003連絡先」を選んで【開く】をクリック。

  7. 次に出る《個人用フォルダのインポート》画面に戻るので、インポートするファイル名をDと同一か確認して【次へ】をクリック。

  8. 次に出る画面でインポートするフォルダ「連絡先」を選び【完了】をクリックする。
このページのTOPへ戻る

Outlook2003の「連絡先」(住所録)を他のパソコンに移すには

新しいパソコンを購入したとき、これまで使っていたOutlook2003の「連絡先」を新しいパソコンに移すことが簡単にできる。
ただし、双方のOutlook のバージョンが異なるとインポートがうまくいかないことがある。

バックアップ(エクスポート)


  1. Outlook を起動し、【ファイル】 メニューの 【インポートとエクスポート】 をクリック。

  2. 《インポート/エクスポート ウィザード]》画面の「ファイルへエクスポート」を選択⇒【次へ】をクリック。

  3. 「エクスポートするファイルの種類」 として、「Microsoft Excel」を選択⇒【次へ】 をクリック。

  4. エクスポートするフォルダの選択画面が表示されますので、「連絡先」 を選択⇒【次へ】 をクリック。

  5. エクスポート先のファイル名を指定する画面が表示されますので、【参照】 を押した上で、任意のフォルダ(例:デスクトップ)を選択し、ファイル名(例:Outlook連絡先)を入力⇒【次へ】をクリック。

  6. 処理の確認画面が表示されますので、確認の上、【完了】をクリック。

     
  7. デスクトップのアイコン「Outlook連絡先」を右クリック⇒【送る】⇒【3.5インチFD】を選ぶとフロッピーディスクにコピーされる。


新しいパソコンへインポート

  1. バックアップしたフロッピーディスクを新しいパソコンにセットしてマイドキュメントまたはデスクトップにコピーする。

  2. 新しいパソコンのOutlook2003を起動して連絡先を開く。

     
  3. 【ファイル】メニュー⇒【インポートおよびエクスポート】⇒《インポートおよびエクスポート ウィザード》の画面が出るので「ほかのアプリケーションまたはファイルからインポート」を選んで【次へ】をクリック。

     
  4. 次に出る《ファイルのインポート》画面でインポートするファイルの種類として「Microsoft Excel」を選んで【次へ】をクリック。

     
  5. 次に出る《個人用フォルダのインポート》画面でインポートするファイル、 「C:\Documents and Settings\NEC-PCuser\デスクトップ¥Outlook連絡先」 と入力されているので確認して【参照】をクリック。

     
  6. 次に出る《個人用フォルダを開く》画面でファイルの場所「デスクトップ」、ファイル名「Outlook連絡先」を選んで【開く】をクリック。

  7. 次に出る画面でインポートするフォルダ「連絡先」を選び【完了】をクリックする。

   備考: 新しいパソコンへインポートした後、バックアップの目的とWord2003で
        「Outlook連絡先」を差し込みする場合に備えて、マイドキュメントに保
       存しておくとよい。

このページのTOPへ戻る

Outlook2003の「予定表」を他のパソコンに移すには

バックアップ(エクスポート)


  1. Outlook を起動し、【ファイル】 メニューの 【インポートとエクスポート】 をクリック。

  2. 《インポート/エクスポート ウィザード]》画面の「ファイルへエクスポート」を選択⇒【次へ】をクリック。

  3. 「エクスポートするファイルの種類」 として、「Microsoft Excel」を選択⇒【次へ】 をクリック。

  4. エクスポートするフォルダの選択画面が表示されますので、「予定表」 を選択⇒【次へ】 をクリック。

  5. エクスポート先のファイル名を指定する画面が表示されますので、【参照】 を押した上で、任意のフォルダ(例:デスクトップ)を選択し、ファイル名(例:Outlook予定表)を入力⇒【次へ】をクリック。

  6. 処理の確認画面が表示されますので、確認の上、【完了】をクリック。

     
  7. デスクトップのアイコン「Outlook予定表」を右クリック⇒【送る】⇒【3.5インチFD】を選ぶとフロッピーディスクにコピーされる。


新しいパソコンへインポート

  1. バックアップしたフロッピーディスクを新しいパソコンにセットしてデスクトップにコピーする。

  2. 新しいパソコンのOutlook2003を起動して予定表を開く。

     
  3. 【ファイル】メニュー⇒【インポートおよびエクスポート】⇒《インポートおよびエクスポート ウィザード》の画面が出るので「ほかのアプリケーションまたはファイルからインポート」を選んで【次へ】をクリック。

     
  4. 次に出る《ファイルのインポート》画面でインポートするファイルの種類として「Microsoft Excel」を選んで【次へ】をクリック。

     
  5. 次に出る《個人用フォルダのインポート》画面でインポートするファイル、 「C:\Documents and Settings\NEC-PCuser\デスクトップ¥Outlook予定表」 と入力されているので確認して【参照】をクリック。

     
  6. 次に出る《個人用フォルダを開く》画面でファイルの場所「デスクトップ」、ファイル名「Outlook予定表」を選んで【開く】をクリック。

  7. 次に出る画面でインポートするフォルダ「連絡先」を選び【完了】をクリックする。

   備考: 新しいパソコンへインポートした後、バックアップの目的でマイドキュメントに保
       存しておくとよい。






このページのTOPへ戻る


ホームページ(表紙)へジャンプします