私達の町会は千代田区神田小川町三丁目8,10,12,14,16,18,20,22番地です。

神田祭

小川町大神輿 ■天下祭り ■神田祭 ■お祭り今昔 ■平成29年神田祭
         
■ 小川町大神輿  
   昭和61年宮本重義作     
二尺四寸 二重台輪・台輪に四神彫(朱雀、青龍、白虎,、玄武の彫り) 延屋根 龍鳥居
  
  
■  天下祭
江戸時代、江戸総鎮守の神田祭と日枝神社の山王祭は華麗な山車が延々と36台以上も続いて江戸城に入り、徳川将軍の上覧にあずかり天下祭・御用祭とも呼ばれていました。また、神田祭は江戸三大祭(神田祭、山王祭、深川神幸祭)の筆頭として、さらに京の祇園祭・大阪の天神祭とともに日本三大祭にも数えられています。 祭礼は延宝年中まで毎年斎行されていましたが、1681年幕府の命により山王祭と隔年で斎行することとなり以後今日迄2年に一度、明治25年の神田祭からは5月に斎行されることが恒例となりました。

■  神田祭

      
      小川町4ヶ町の宮入

       
      神田神社境内

      1日目 (木)鳳輦・神輿遷座祭  
      2日目(金)氏子町内神輿神霊入れ 
      3日目(土)神幸祭、神輿町内渡御  
      4日目(日)神輿宮入   
      5日目(月)献茶式   6日目(火)例大祭 
      行事日程、神田祭の起源、明治・大正・昭和の変遷→神田明神  

【 金曜日】 町会神酒所で神田明神神職により、神輿に御祭神の御霊入れが執り行われ町は祭一色になります。
【 土曜日】 平安絵巻さながらの鳳輦・神輿を中心にした神幸祭の行列は小川町・駿河台下・神田・日本橋・秋葉原・
大手町・丸の内の氏子108カ町を一日がかりで巡行します。神輿町内渡御は小川町4ヶ町として、隣接の小川町北3丁目・北部2丁目・北部1丁目の 町会と一緒に揃い半纏で担ぎます。
【 日曜日 】 小川町4ヶ町に神保町・猿楽町・錦連合が加わった神田中央連合の神輿4基で、次から次に来る神輿 (約100基)の順番を待って宮入りをします。境内は神輿と人で埋め尽くされ、祭礼は参加する人だけではなく、参加する人と見物する人が一体になって楽しみ作り出されることを実感します。昼食後、この4基の神輿が靖国通り駿河台下交差点で再度合流してもみ合いクライマックスを迎えます。      
                               
■ お祭り今昔                                   
戦後しばらく子供達にとって、これと言った楽しみが無かった時代に神田祭は非常に待ち遠しいものでした。本祭りは一年おきなので『今年は蔭なんだ』と言ってガッカリしたのを憶えています。本祭りの年には四月頃から町会の役員さんが寄付を集めて回り、町会の頭が神酒所を設営し、二年振りの本番に備えて神輿や山車の金属部分を三日位かけてピカールで磨き上げていました。大人達は朝から神酒所に詰めて話し込んだり酒を飲んだりのどかな時代でした。
当初、町会には幼児から小学校低学年用の小さな可愛いお神輿と中神輿しかありませんませんでしたが、その代わりに立派な太鼓の山車がありました。

      
      昭和年56年山車

子供の数も多かったので引き綱にあふれるくらい集まり、それに付き添う親も加えると大変んな人数で、非常に活気に満ちていました。幼い子供たちは男の子も化粧をしてもらい鼻筋にお白粉いを塗り、花笠をかぶり小若の半纏を着て参加しました。太鼓もとりあいです。打ち方は"ド〜ンド〜ンカッカッカ、ドンドンカッカ"でした。

      
      昭和24年たかチャン、きょういつチャン...

      
       昭和27年神輿作成世話人の皆さん  
 
  
昭和27年5月作成、中神輿と神輿保管箱に見る世話人・講和記念大祭の文字

当時の子供達も大きくなってくると中神輿では当然満足しません。そこで有志が集まり趣意書を作り町会の役員さんに相談し毎月の定額積み立てを二年間続け、昭和61年、二尺四寸の大神輿を購入しました。

      
      昭和61年作成・大神輿

最近、お祭りの神輿の担ぎ手が少なくなって苦慮している所もあるように聞きますが、当町会に関しては毎回大勢の人が集まってくれて、非常に楽しいお祭りが挙行されています。独立したり結婚して親元から離れている人達、嫁いだ娘達、それぞれが友人や家族をつれてお祭りに帰ってきます。町のあちこちで幼友達同士〇〇ちゃんと呼び合う声が聞こえます。そして、町内で働く人達も多数参加して親睦の輪は大きく広がっていきます。
         

昭和41年 中神輿宮入

昭和56年 神酒所前

平成17年 神酒所前

            
  ■ 神田20町会の半纏
  神田公園地区20町会の半纏とおまつり写真帳
 
                                     ↑Return to Top


■ 平成29年神田祭  

  いよいよ2年ぶりの神田祭シーズン突入です。
今大祭は、私達三丁目西町会が当番町会となりますので大神輿(御仮屋)が当町会にやってまいります。
また、今回は三井住友銀行様のご厚意により、大神輿を事前に展示させて頂くことになりました。
ホームページには分かり次第お知らせを掲載していきますので、町会員の皆様には例年以上にご協力、
ご参加をよろしくお願い致します。

【目 次】
1. 祭礼行事と日程    2. 神輿巡行図 3. 祭典委員名簿   4.  小川町三丁目西町会
   日程表
 5. 協賛金のお願い   6. 神輿渡御
   お薦め場所
7. 子供神輿宮入
   申込のご案内 
 8. 子供山車参加者募集
 9. 町会半纏の貸出  10. 軒提灯の申込み
11. アニメポスター

 
2.神田祭アルバムを見る
 No.47~52H49神田祭

1. 祭礼行事と日程
 
5月12日(金) 御仮屋・神酒所を富士見坂に設営、氏子町会神輿神霊入れ    
5月13日(土) 神幸祭、山車町内巡行、神輿町内渡御
5月14日(日) 神輿宮入 神田中央連合集合場所は神保町三井ビル西口広場 
 ※小川町・神保町・猿楽町・錦町の神輿4基は神田中央連合の名称でまとまり宮入します。
 ※日程の詳細は4.小川町三丁目西町会日程表をご覧ください。

2.神輿巡行図  
5月13日(土)小川町3丁目西町会富士見坂の御仮屋を14:30出発
        小川町神輿渡御巡行図
       

5月14日(日)宮入巡行路:御仮屋出発9:00→神保町三井ビル西口広場集合9:30・神田中央連合出発10:30
       →駿河台下交差点→明大通り→お茶の水駅お茶ノ水橋口右折→茗渓通り→お茶の水駅聖橋口左折
       →聖橋→神田中央連合神田明神宮入12:10・小川町神輿宮入12:35   
        宮入後、小川町神輿渡御巡行図
       

3. 祭典委員名簿    
(◎:代表  順不同 敬称略)
 祭典委員長   田近恭一
 〃副委員長  澤田喬史 澤山和孝 小関浩司
 会   計   斉藤鉄太郎 小関浩司
  会計監査    下村静史 松島 健
 協 賛 金 A 8・22番地    斉藤鉄太郎 小関浩司
B 10  〃    松島 健 小関浩司 江本篤哉 谷川宏一
C 12〜18〃    杉野栄一 長島昭南 林 勇
D 20  〃    田近恭一 澤田喬史 日比 徹
 総   務  ◎澤山和孝 谷川宏一
 神酒所設営  ◎杉野栄一 澤田喬史  加藤久雄 戸田守彦 斉藤 高 江本篤哉 村上龍雄  長島昭利
 辻 誠一 前田靖之 山口 望 富田勝宏 松沢 孝  青年部
 神   前  ◎岩崎與士  松島 健 斉藤鉄太郎 下村静史 石野恭司 明治大学 三井住友銀行 
 ミズノ 蟇目駿英 日比廣美 長島昭南 勝呂光男 稗田隆光  佐野英一郎 楠山設計 
 婦人部
 太   鼓  ◎小関浩司 守屋 章 後藤正利 下田悠加
 交   通 ◎松島寛直 澤山秀幸 栗林希西 林 勇  
  救   護  ◎杉野栄一 増渕英寿 五十嵐健祐 パルモ(内藤)
 記   録 ◎西村 恒 鈴木善一  
 四ヶ町担当  ◎日比 徹  澤山和孝 谷川宏一 後藤正利
 杉野まち子 下村洋子 田近裕子 日比悦子 
 青 年 部  ◎日比 徹 谷川宏一 新井康弘 後藤正利 澤山秀幸 増渕英寿 加藤久志  松島寛直 
 林 勇 栗林希西 守屋 章 小池達昭 
 婦 人 部  ◎杉野まち子 下村洋子 田近裕子 日比悦子 岩崎 順 松島知江子 美代増渕 増渕節子 纐纈コノエ 川村貞子 小関幸子 前田節子 村上照子 小関栄子 長島利子 澤田多美子 加藤美和子 新井真澄 林 晴美 後藤陽子 田近祥子  谷川ひろみ 日比百合子 
辻 愛子  須藤照子 宮島奈々 木邑桂子 三浦廷子 辻友紀子 冨岡初代 宮崎裕子
守屋かおる  斎藤弘美
 相 談 役  岩崎與士 松嶋 健 斎藤鉄太郎 冨岡 淳

4. 小川町三丁目西町会日程表
  
4月06日(木)  18:30 役員会:神田祭予算・協賛金・祭典委員・総会・直会会場等の検討
4月10(月)
  〜14日(金)
18:30 協賛金申込書配布・町会日程表等配布・集金
4月24日(月)  18:30  役員会:協賛金集計報告・その他最終確認 28年度会計・事業報告、
    29年度予算作成・事業計画   
4月29日(土) 三井住友銀行に大神輿を展示後
15:00 富士見坂提灯飾りつけ・協賛金ボード作成(雨天代替日4/30)
終了後、「億満」で決起集会
 4月29日(土)
 〜5月12日(金)
三井住友銀行神保町支店に大神輿を展示
5月11日(木) 17:30  町会倉庫から博文社ガレージへ備品の移動  
5月12日(金) 06:00 御仮屋設営 幸徳稲荷集合
08:30 神酒所設営 駐禁ビラ貼り 赤飯・神札・神輿渡御案内配布 他
17:00 神輿御霊入れ 3西御仮屋→幸徳
18:00 直会(神酒所) 青年部神輿移動あり 
5月13日(土) 08:00 青年部 御仮屋集合
08:20 神幸祭参加者神酒所集合 → 淡路町交差点
08:50 神幸祭・鳳輦引受け (淡路町交差点・みずほ銀行前)
10:45 山車参加者 3西神酒所に集合
11:00 山車町内巡行 順路3西→北3→仲通り左折→小川広場 お菓子配布
14:00 神輿渡御参加者 神酒所集合   
14:25 出発式 宵宮出発
17:05 神田中央連合・神輿四基 駿河台下交差点
17:45 神輿納め 神輿移動  
19:00 直会「世界の山ちゃん」   
5月14日(日) 08:15 御仮屋集合 味噌汁・おにぎり・味噌汁振る舞い
09:00 出発式
09:15 神田中央連合集合場所へ出発
09:30 神田中央連合集合 神保町三井ビル西口ひろば
10:00 出発式(お神酒) 神田女学園和太鼓演奏
10:30 宮入道中出発  神保町・小川町・錦連合・猿楽町の順に出発
12:10 神田中央連合・神保町神輿神田明神宮入  
12:35 小川町神輿宮入
13:15 昼食(小川広場)  
14:30 昼食・休憩終わり駿河台下に向け出発
14:45 神田中央連合神輿四基 駿河台下交差点
15:45 3西神酒所にて神輿休憩・接待
17:30 その後、神酒所解体・富士見坂提灯片付け 神輿納め(幸徳稲荷)  
5月26日(金) 大直会及び町会総会 「漢陽楼」


5. 協賛金のお願い   

今年の神田祭は、平成29年5月12・13・14日に行われます。
当町会は、幸徳稲荷神社奉信会を主体とする小川町三丁目西町会、小川町北一丁目、北二丁目、北三丁目の四町会合同で参加し、青年部・婦人部協力の下、揃いの祭半纏で神田神社へ神輿の宮入・町内渡御、子供山車等が計画されています。
お祭りは町会の皆さん・隣近所、親と子の交流の良い機会です。どうぞ、老いも若きも幼子も奮ってご参加ください。  

楽しく立派なお祭りが出来ますよう格別のご支援、ご協力の程を宜しくお願い申し上げます。
4月中旬より担当者が「お願い書」を持ってお伺いさせて頂きます。  


6. 神輿渡御お薦め場所   
      

 日 時(時刻はおよそ)      場  所  
 5月13日(土)14:30 小川町三丁目西町会御仮屋 ここより小川町大神輿の渡御が始まります。
        17:00 駿河台下交差点 神田中央連合(小川町・錦町・神保町・猿楽町)4基の大神輿が偶然にも2年ぶりに再会出来るか?期待が増します。
 5月14日(日)9:30 神保町三井ビル西口広場 中央連合4基の神輿が高張提灯を先頭に宮入巡行に出発します。出発の時の熱気と興奮をご一緒に体感して下さい。
        12:00 神田明神大鳥居前 神田中央連合宮入 (他町会、団体の神輿が朝から夕方まで順次宮入しています。) 神田神社全ての氏子町会の神輿がここより順次宮入します。その数、90基以上となり壮観そのものです。  
       14:45 駿河台下交差点 交差点中央に作られた櫓を中心にして、神田中央連合4基の大神輿による最後のもみあいです!
      15:15  小川町三丁目西町会神酒所 本年の神田神社大祭、小川町大神輿の最後の渡御です。大神輿納めの為、幸徳稲荷神社へ向かいます。


7. 子供神輿宮入申込のご案内
    
 
日 時:5月14日(日)9時00分集合(時間厳守)   
集合場所:お茶の水小学校 
対 象:1年生〜6年生 ※必ず半纏をご持参ください。※保護者の方もできるだけご参加をお願いします。
    ※1・2年生の保護者は必ず付き添いをお願いします。
申 込:☆町会関係者のお茶ノ水小学校在校生以外の参加希望者は4月24日までに子供神輿責任者・日比 徹までお申込    み下さい。
    ☆お茶ノ水小学校在校生は4月中旬に学校よりご案内がありますので、学校を通してお申込み下さい。
当 日:詳細についてはお配りするご案内をご覧ください。

8. 子供山車参加者募集    
      
町会関係者の皆さん!おみこしを担ぐには小さいお子さん、お祭りの山車を一緒にひいてみませんか。
小学生以下の子、小学校低学年の子、みんなで楽しく神田のおまつりに参加しましょう。

日 時:5月13日(土)雨天中止※中止の際もお菓子を配りますので集合場所にお集まりください。
集 合:10:45 小川町3丁目西町会神酒所 
出 発:11:00  
終 了:12:00 小川ひろばでお菓子をもらって解散  
巡行路:三西町会→小川町北部を回って小川ひろばに戻ります。宮入はしません。 
申 込:特に必要ありません。当日時間までにご集合ください。

9. 町会半纏の貸出  

神田祭に際し、小川町四ヶ町揃い半纏(町会半纏・帯)を、1セット1000円のご負担を頂き、貸し出しを行います。
貸し出しは、町会員(個人、法人)に限らさせて頂き、最大5枚迄と致しますが、貸し半纏が不足しておりますので、必ず、必要最低枚数での申し込みをお願い致します。 ※小川町4ヶ町大神輿は、揃い半纏着用でないと担げません。

申し込み・受付 4月28日(金)迄(残枚数が無くなり次第終了) 平日12:00〜18:00(TEL予約OK)     窓口 祭典総務・谷川(新駿河台ビル1F・ユーラン社)
              
貸し出し(お渡し) 4月24日(月)〜5月10日(水) 平日 12:00〜18:00
     貸し出し代1000円(洗濯代等)を頂戴し、半纏、帯セットにて貸し出しを致します
     窓口 祭典総務・谷川(新駿河台ビル1F・ユーラン社)  
返 却(洗濯不要)・受付 5月15日(月)〜22日(月)
     窓口 20番地・日比洋洗店 
     半纏、帯セットで返却して下さい。祭り当日が雨天の場合、乾かしてからの返却をお願い致します。
             
10. 軒提灯の申込み 

本年は、二年に一度の神田神社大祭の年となります。町会員各位に於かれましては、軒先に神田祭の軒提灯をお飾り頂き、町会内を華やかに盛り上げて頂ければと存じます。尚、軒提灯は、ビル・店舗・住居等、一階部分のみの飾り付けとなります。

A・一式 10000円(神田祭提灯、取付け材料、取り付、撤去)
B・提灯をお持ちの方 7000円 (取付け材料、取り付、撤去)
   
ご希望の方は、4月17日(月)以降、当町会担当の「頭」が順次ご訪問させて頂きますので、お申し込みと共に、取り付け場所等の御相談をお願い致します。
尚、御不明な点、事前取り付け予約等のご希望がございましたら日比青年部長迄、お問合わせ下さい。

11. アニメポスター

今年2017年の神田祭は、オンライン小説「ソードアートオンライン」、4コマ漫画「ご注文はうさぎですか??」とコラボだそうです。ちなみに前回、2015年の神田祭は「ラブライブ!」とコラボでした。古き良き伝統を重んじつつ、時代の変化にも対応する柔軟な精神を感じますね。 お茶ノ水内科FBより引用

  

         人気の絵馬     

                                             ↑Return to Top




















































■ 平成27年神田祭
  
今年の神田祭は5月8・9・10日、ご遷座400年奉祝大祭として盛大に行われます。

【目 次】

1.祭礼行事と日程  2.神輿巡行図 3.祭典委員名簿  4.町会スケジュール   5.協賛金のお願い
6. 子供神輿宮入 7. 神輿渡御お薦め場所 8.町会半纏の貸出 9.軒提灯の申込み 10.詳細日程表 
11.子供山車参加者募集  12.こんなポスターも 13.アルバム、動画   15. 祭礼を振り返って  

1. 祭礼行事と日程

平成27年5月 8日(金) 神輿神霊入れ 町会神酒所:富士見坂清光堂靴店横        
      9日(土) 神幸祭、山車町内巡行、神輿町内渡御       
      10日(日) 神輿宮入

2. 神輿巡行図  

★ 5月9日(土) お仮屋:小川町仲通り  四ヶ町当番町会:小川町北2町会
       

★ 5月10日(日) 宮入集合場所:お茶の水小学校前 中央連合当番町会:猿楽町町会  
       

3. 祭典委員名簿        

                                            ◎印は部長 順不同
 祭典委員長   岩崎與士
 〃副委員長  松島 健 斉藤鉄太郎 田近恭一
 会   計   斉藤鉄太郎 小関浩司
  会計監査    金岡伸治 下村静史
 賛 助 金 A 8・22番地    神戸祐三 斉藤鉄太郎 小関浩司
B 10  〃    松島 健 小関浩司 江本篤哉 谷川宏一
C 12〜18〃    岩崎與士 後藤正利 
D 20  〃    田近恭一 澤田喬史 日比廣美
 総   務  ◎澤山和孝 谷川宏一
 神酒所設営  ◎杉野栄一 澤田喬史  戸田守彦 加藤久雄 斉藤 高 江本篤哉 村上龍雄  長島昭利 辻 誠一 前田靖之 山口 望 富田勝宏 松沢 孝  青年部
 神   前  ◎神戸祐三 松島 健 斉藤鉄太郎 田近恭一 下村静史 石野恭司 明治大学 ミズノ  三井住友銀行  蟇目駿英 日比廣美 長島昭南 勝呂光男 稗田隆光  佐野英一郎 新井 明 婦人部
 太   鼓  ◎小関浩司 守屋 章 後藤正利
 交   通 ◎松島寛直 杉野栄一 澤山秀幸 
  救   護  ◎澤田喬史 増渕英寿 五十嵐健祐
 記   録 ◎西村 恒 鈴木善一  
 四ヶ町担当  ◎日比 徹 谷川宏一 澤山和孝 後藤正利  岩崎 順 松島知江子 田近裕子 杉野まち子 下村洋子
 青 年 部  ◎日比 徹 谷川宏一 新井康弘 後藤正利 澤山秀幸 増渕英寿 加藤久志  松島寛直 栗林希西 守屋 章 林 勇 小池達昭 小本玲治
 婦 人 部  ◎岩崎 順 松島知江子 田近裕子 杉野まち子 増渕美代 下村洋子 澤山信子  川村貞子小関幸子 増渕節子 前田節子 村上照子 日比悦子 長島利子 小関栄子澤田多美子 加藤美和子 新井真澄 林 晴美 後藤陽子 田近祥子  辻 愛子  須藤照子 宮島奈々 木邑桂子 三浦廷子 辻友紀子 冨岡初代 宮崎裕子 守屋かおる  斎藤弘美
 相 談 役  神戸祐三 村上悦造 冨岡 淳

4. 神田祭に向けての町会スケジュール
 
 3月12日(木) 役員会: 予算・協賛金・祭典委員・総会、及び直会会場等の詳細検討  
  4月9日(木) 役員会: 協賛金・その他詳細の検討、決定
 4月13〜17日 協賛金申込書配布、集金活動 
 4月23日(木) 役員会: 協賛金集計報告・その他最終確認 26年度会計・事業報告、27年度予算作成・事業計画  
4月26日(日) 富士見坂: ポール・提灯飾り付け、賛助金ボード取り付け    予備日4/29(水・祝)
5月7日(木)  備品移動:町会倉庫から博文社ガレージへ
 5月22日(金) 大直会・総会

5. 協賛金のお願い

今年の神田祭は、平成27年5月8・9・10日 ご遷座400年奉祝大祭として盛大に行われます。 当町会は、幸徳稲荷神社奉信会を主体とする小川町三丁目西町会、小川町北一丁目、北二丁目、北三丁目の四町会合同で参加し、青年部・婦人部協力の下、揃いの祭半纏で神田神社へ神輿の宮入・町内渡御、子供会等が計画されております。
お祭りは町会の皆さん・隣近所、親と子の交流の良い機会です。どうぞ、老いも若きも幼子も奮ってご参加ください。  つきましては、住む人・働く人が一つになって楽しいお祭りが出来ますように格別のご支援、ご協力の程よろしくお願い申しあげます。
4月13日より担当者が「お願い書」を持ってお伺いさせて頂きます。
                            
6. 子供みこし宮入のご案内  

 日 時:5月10日(日)9時00分集合(時間厳守)   
 集合場所:お茶の水小学校 
☆お茶ノ水小学校在校生は4月中旬にご案内がありますので、学校よりお申込み下さい。
☆1年生〜6年生の外孫さん等で参加希望者は4月15日(水)迄に、お配りする書類に記入して町会子供みこし責任者までお申込み下さい                                子供みこしで責任者:日比 徹

7. 神輿渡御のお薦めポイント

 日 時(時刻はおよそ)      場  所  
 5月9日(土)15:40 小川町北二丁目町会御仮屋 小川町4ヶ町大神輿の渡御が始まり。  
       16:30 小川町三丁目西町会神酒所
(富士見坂、清光堂靴店横)
神輿を下ろし休憩します。小川町4ヶ町の大神輿をじっくり御鑑賞下さい。  
       17:00 駿河台下交差点 中央連合(小川町・錦町・神保町・猿楽町)  中央連合(小川町・錦町・神保町・猿楽町)4基の大神輿が偶然にも2年ぶりに再会出来るか?期待が増します。
 5月10日(日)10:30 お茶の水小学校前   中央連合4基の神輿が高張提灯を先頭に宮入巡行に出発します。出発の時の熱気と興奮をご一緒に体感して下さい。
        12:00 神田明神大鳥居前 中央連合宮入 (他町会、団体の神輿が朝から夕方まで順次宮入しています。) 神田神社全ての氏子町会の神輿がここより順次宮入します。その数、実に90基以上となり壮観そのものです。  
       14:00 駿河台下交差点 交差点中央に作られた櫓を中心にして、中央連合4基の大神輿による最後のもみあい、クライマックスです。
      15:15  小川町三丁目西町会神酒所 本年の神田神社大祭、小川町4ヶ町大神輿、最後の渡御です。大神輿納めの為、幸徳稲荷神社へ向かいます。

8. 町会半纏の貸出し

神田祭に際し、小川町四ヶ町揃い半纏(町会半纏・帯)を、一枚500円(洗濯代)で貸し出します。 貸し出しは、”町会員(個人、法人)に限らさせて頂き”最大5枚迄と致しますが、貸し半纏が不足しておりますので、必ず、必要最低枚数での申し込みをお願い致します。  尚、小川町4ヶ町大神輿は、揃い半纏着用でないと担げません。回し半纏厳禁です

 申し込み: 受付 4月21日(火)迄(残枚数が無くなり次第終了)  
      受付・谷川(新駿河台ビル1F・ユーラン社) 平日 12:00〜18:00  
 貸し出し: 渡し 4月22日(水)〜4月30日(木)  平日 12:00〜18:00   4月24日(金)は15:00迄
      500円(洗濯代)、半纏、帯セットで貸出し 窓口・谷川   
 返 却 : 受付 5月11日(月)以降の平日  窓口・20番地・日比洋洗店 半纏、帯セットで返却して下さい
      祭り当日が雨天の場合、乾かしてから返却下さい。 

9. 神田神社大祭軒提灯の申込み

本年は、神田神社が現在の場所に遷座し400年の奉祝大祭となります。町会員各位に於かれましては、軒先に神田祭りの軒提灯をお飾り頂き、町会内を華やかに盛り上げて頂ければと思います。   
 A:一式 9,000円(神田祭提灯、取り付け材料、取り付け費)   
 B:提灯をお持ちの方 6,500円(取り付け材料、取り付け費)   
申込:4月末日まで ご希望の方は4月後半に当町会担当の頭がお伺いしますので、お申込みと共に取り付け場所等の相談をお願い致します。         ご不明の点がございましたら谷川(ユーラン社)までお問い合わせください。

10.  神田祭・小川町3丁目西町会日程表
 月 日                    摘         要
4月09日(水) 役員会 神田祭打合せ
  13〜17日 協賛金申込書配布・集金  
  23日(木) 協賛金集計・神田祭打合せ 年度事業報告   
  26日(日) 15:00   富士見坂提灯飾りつけ・協賛金ボード作成(代替日4/29)
5月07日(木) 17:30  町会倉庫から博文社ガレージへ備品の移動  

  08日(金)
07:00  御仮屋設営 幸徳稲荷集合
09:00  神酒所設営 駐禁ビラ貼り その他
11:00  神前設営  赤飯・神札・神輿渡御案内配布
16:30  神輿御霊入れ (3西→御仮屋→ 北3→ 幸徳)
18:00  直会(神酒所) 青年部神輿移動 
 09日(土) 08:00  青年部 御仮屋集合
08:20  神幸祭参加者 神酒所集合 → 淡路町交差点
08:50  神幸祭・鳳輦引受け (淡路町交差点・三井住友銀行前)
11:00  山車町内巡行 3西神酒所10:45集合 3西→北3→北2→小川広場 
    お菓子配布
13:30  神輿渡御参加者 神酒所集合 その後、揃って御仮屋へ  
13:45  宵宮 御仮屋集合 
14:20  宵宮 出発
06:30  神輿接待
17:00  神田中央連合・神輿四基 駿河台下交差点
17:45 神輿納め 神輿移動   19:00 直会 (アミー)   
  10日(日) 08:00  神輿渡御参加者 神酒所集合 町会長挨拶その後揃って御仮屋へ
08:20  北御仮屋 味噌汁・おにぎり振る舞い  
09:15  神田中央連合集合場所へ出発
09:35  神田中央連合集合 お茶の水小学校前
10:30  宮入道中出発
12:30  神輿宮入
13:15  昼食(小川広場)
14:00  神田中央連合神輿四基 駿河台下交差点
15:15  3西御仮屋神輿休憩・接待 その後、神酒所解体・富士見坂提灯片付け その他 17:10  神輿納め(幸徳稲荷)   
19:00  反省会(有志) 
 11日(月)   10:30  町会後片付け
  22日(金) 18:30  大直会 及び 町会総会(漢陽楼)     

11. 子供山車、参加者募集

小川町4ヶ町の”幼児から小学校低学年の皆さん”、一緒に山車をひきませんか。みんなの参加を待ってます。  
 日時:5月9日(土)10時45分・小川町3西町会神酒所前集合 雨天中止の際もお菓子を配りますので集まって下さい
          11時・出発      12時・小川ひろばでお菓子をもらって解散  
 巡行路:小川町北部を回って小川ひろばに戻ります。 
 申 込:特に必要ありません。当日時間までにご集合ください。

12. こんなポスターも   

               
   ”神田祭×ラブライブ!コラボレーション”          人気の絵馬
                 
13. アルバム    
 
 ★ アルバムを見る
 ★ YouTube井野さん作品ZEN さん作品   
 ★ 神田祭りビデオをご覧になる方は田近まで連絡下さい

14.  町会長挨拶 

神田祭が終わって お祭り日和に遷座400年の神田祭が、楽しい思い出をいっぱい作り終わりました。町会の皆さん・関連の皆さんご協力ありがとうございました。 ”白房や揺れて楽しき神輿渡御” 幼なじみ、顔見知りの仲間で担ぐお神輿の新調の飾り綱の白い房のゆれが優雅で心が和みました。いいお祭りでした。また、再開を楽しみに!        
                                           記/町会長・岩崎與士

15. 祭礼を振り返って

平成27年神田祭を振り返り、次回祭礼の資料を作りました。この会合を以てすべて終了致します。
1. 4/26の富士見坂提灯飾りから始まり、5/10の大テント解体ほかすべての備品の倉庫収納までの一連の作業
2. 5/9.5/10の神輿接待料理、5/8直会・5/9.10の神輿接待用のビール等の飲み物の過不足 以上の1.2を検証し次回祭礼の資料を作成致しました。
3. 賛助金芳名版の新規に作成することを決めました。               記/祭礼総務部長・澤山和孝