次回公演『秋桜色の恋の詩』上演決定!

今年の11月15~19日に、久しぶりの本公演を上演いたします。
今回の作品は、昭和の始まりの時代が舞台。
そこにタイムトラベルで迷い込んだ現代の少女が出逢う、
哀しい愛と未来への希望の物語をお送りいたします。

オフィス櫻華プロデュースPart.Ⅷ
『秋桜色の恋の詩』
Loveletter from Tomorrow

作・演出 海野広雄(オフィス櫻華)
2017年11月15~19日
@八幡山ワーサルシアター

15(水)19時30分
16(木)19時30分
17(金)14時、19時30分
18(土)14時、19時
19(日)13時、17時
受付は開場の30分前です。

・料金
前売り・当日共通 3000円
(全席自由席)

【出演】
南雲彩乃(オフィス櫻華)

足立彩佳
大橋美紅
小澤優斗
加藤広祐(劇団藤一色)
鹿波るい
齋藤雄史
藤澤サトシ(劇団藤一色)
三谷千季(イッツフォーリーズ)
吉田理奈

【日替わりゲスト】
荒木秀智(あたらしい数字)15,16日
渡邊りょう(悪い芝居)17日
百花亜希(DULL-COLORED POP)18日
岩田裕耳(電動夏子安置システム)19日






スタッフ
【脚本・演出】海野広雄(オフィス櫻華)
【舞台監督】木村篤(SEVENTH FIELD)
【照明】萩原賢一郎(altiplano)
【音響】佐久間修一
【美術】坂本遼
【衣裳】久保田早織
【楽曲】真鍋杏月
【身体表現指導】祐妃美也(Performing unit colors7~C7)
【メイク協力】mai
【イラスト】イシダトモヒロ
【制作】塩田友克

・あらすじ
2017年。友人たちと音楽活動をしていた少女、ひびき。
そんな彼女がある日、気を失って倒れているところを一人の少女、小町に発見される。
小町のおかげで回復するひびきだったが、やがておかしなことに気がつく。
なぜ自分がなぜ倒れていたのか、そもそも最近自分が何をしていたのか、まったく思い出せないということ。
そして、今自分がなぜか、1926年の東京にいるということ…
ひびきはその東京で、多くの小説家たちと出会う。
悪名高き「治安維持法」と戦う彼らの姿を見るうちに、
少しずつ、自らの隠された記憶を取り戻す…
オフィス櫻華がこの秋贈る物語は、
恋の詩と夢の旋律が交差する、タイムスリップ・サスペンス。