live report

公演、ライブ報告

2003.3.8 『冥王星を売る男』

2001.11.24 『真実の生活』 

2001.4.14  「ボイスギャラリー」にて

2001.1.19  「ムコクセキヤ」にて

冥王星を売る男

森定道広(コントラバス) 内山明子(身体表現) 松尾あい子(衣装)

2003/3/8 16:00〜 ギャラリーKURANUKI にて(第2部より)

内山明子
'86奈良女子大学文学部卒業。在学中に劇団そとばこまちに所属し、多くの舞台
を経験。卒業後、舞踊家ケイ・タケイや黒沢美香などのワークショップで即興
について学ぶ。現在、大阪青山短期大学専任講師。

松尾あい子
'76東大阪短期大学デザイン課卒業後、横田努氏にイラストを学び、水上勉氏と
ワークス・コレクティヴによる人形・衣装・和紙作品に力を注ぐ。

森定道広 ソロ コントラバス 〜 真実の生活

森定道広(コントラバス)悪循環

悪循環には、堂々巡りするものと、二度と同じところへ戻らないものがあります。 どちらも、それに翻弄されるフガイなさと立ち向かうイセイよさ、 悲観と楽観を誘い、不可解な居心地の良さを感じさせます。 が、堂々巡りは断ち切られます。飽きるからです。 一方、堂々巡りをしないもの、二度と同じところへ戻らない悪循環は、 循環していることにさえ気付かせません。螺旋階段に足をふみはずして 転げ落ちてゆくような悪循環をみんなで作りたいと思っています。

寺西愛(ダンス)東奔西走

憂鬱と不安、退屈と倦怠。 その中でほんの少しの満足を得るための限りない欺瞞の連続。 それでもやはり生活のなかには花が必要ですので、 今日も私はそれを探しに西へ東へホンソウする。

堀田裕子(ビデオ)壊れる本能

日常の中で目に見えることも、例えば夢の中でみる風景も、 リアルな世界に変わりはない。 記憶の断片。本当にそれは現実に起こったことなのか。 脳裏に残っている映像。 目に見える世界というのは本当に現実なのか。

森定みずほ(テキスト)乱反射

詩とは熱にうかされた観念のいたいけなうわごとだ。 その文字の集合は刺激臭のある光のようで、 どこまでもどこまでも私の内部の歪みに乱反射してゆき 最後はこめかみへと貫通してゆく。 今、唇がだれかの名前を呼ぶように動いた。 あるいはでたらめな歌 だったのか。

蓮(俳優)針穴宇宙

静かに呼吸するなんでもない日々に、 流れ続ける液体を見た。 恐ろしくも精密な循環のシステム。 「止まれないんだ」 止まるまで。あるいは、止めるまで。 減り続け、増え続けながら膨張するこの世界で、 真実は常に廻り続け、そして私は誰かを探し続ける。 「水の流れる音がする」 小さなちいさな針の穴を覗いてみると、そこには・・・。

野坂しま(俳優)ママゴト

一人の生活は思った以上に 現実的で、日常的な切なさに満ちている。 それでも妄想にて、ひととき王子になったり 乞食になったり、する。 一人でドラマティックになり、盛りあがっている。 ひととき、トキメイテイル。 千切った葉っぱがゴハンに見えたように。 小さな鳥居の階段がお城の入り口に思えたように。 ママゴトのような暮しをしています。


(当日パンフレットより)


[Part.1] 11月22日(木)19:00〜
AD&A GALLARY
入場料:1500円

〒550-0003 大阪市西区京町堀1-6-12 
tel.06-6445-7733 fax.06-6445-7735
ada@remus.dti.ne.jp
http://www.remus.dti.ne.jp/~ada/ 

[Part.2] 11月24日(土)19:30〜
碧水ホール
入場料:1000円

〒528-0005 滋賀県甲賀郡水口町水口5671
mailto:hekisuih@town.minakuchi.shiga.jp
オフィシャル[URL]http://www.town.minakuchi.shiga.jp/hekisuihall/
協力:水口教育委員会、碧水ホール
制作/水の上

2001.4.14  『ボイスギャラリー』にて

堀田裕子(ビデオ)

寺西 愛(ダンス)

みずほ(歌)

森定道広(コントラバス)

2001.1.19  『ムコクセキヤ』にて

寺西愛 (ダンス、構成)

森定みずほ(ボーカル)

森定道広(コントラバス)

踊る

撒く

拾う

ホームページへ