「男は何かつらい事があっても、それを顔に出さず、人に愚痴るような事があってはならない。男なら全てを自分で背負い、人には極めて明るく振る舞い、大人の男として成長していって欲しい。ただ許されるのは一人で酒を煽り、悲しみを酒瓶の中に落とし込む、酒瓶に語りかける、ただ、それだけ。逝ってしまった旧友に語りかけるように、過去の自分、これからの自分に語りかけるように、酒瓶に語りかければそれでいい。男は自分で自分の感情面、精神面を操らなければならない。」−T























「横浜探偵ストリート」トップページへ

Copyright (C) 2002-2015 YOKOHAMA TANTEI STREET All Rights Reserved.