相続・遺言、土地・建物の名義変更 会社の登記 許可申請の専門サイト

会社設立の手続き

1.事前準備

 設立したい会社の種類、や役員となる人や出資者を集めます。昔と違って、株式会社でも株主や取締役は一人でかまいません。会社の社名や、会社の所在地を決めておいてください。

 但し、同一所在地に同一名称の会社を作ることは許されませんので、この時点では会社のゴム印などは作らないでください。



2.依頼・打ち合わせ

 会社設立予定日の1ヶ月前くらいには、一度おいでください。

 設立したい会社の種類、役員組織、定款の内容について、打ち合わせます。

 会社の社名・住所のゴム印を作る際には、「2-3-1」などとせず、「二丁目3番地1」とすることをお勧めします。



3.類似商号確認など(当方が代理して行います)

 会社の名称、本店所在地、会社の目的が決まったら、同一名称会社や類似商号の確認を当方が行い、その結果を連絡します。

 平成18年の会社法の施行により、類似商号の規制がかなり緩和されました。しかし紛らわしい名前の会社はトラブルの元なので、できるだけ避けたほうがいいです。

 これにより問題がなければ、会社の社名・住所のゴム印のなどを用意ください。



4.定款認証(当方が代理して行います)

 定款とは会社の運営ルールのことです。ひな型を元に、細かい部分を打ち合わせで決めていきます。
 定款を作成することができたら、作成した定款に役員全員が押印し、公証役場にて認証してもらいます(当方が代理して行います)。



5.登記申請(当方が代理して行います)

 添付書類をそろえ、管轄法務局へ申請します。およそ10〜14日くらいで登記が完了します。

 添付書類については、各会社の項目をご覧ください。




もどる