相続・遺言、土地・建物の名義変更 会社の登記 許可申請の専門サイト

贈与について

 贈与とは、財産を無償で他人に渡すことです。贈与税の税率がいちばん高いという話を聞いたことがある人もいらっしゃるのではないでし ょうか。けれど、贈与税には一定の控除額がありますので、それらの制度を利用すると支払う税金を減らすことができます。

贈与税の税率一覧表

 相続税対策として、生前贈与をするという方法があります。1年当たり140万円までは税金がかからないため、その枠で贈与をするのです。 また、実際に住むための住宅建物やその資金に対して、 税金が安くなる場合があります。
 また今は、相続時精算課税という制度があります。65歳以上の人からその子供に贈与をするときは、申告をすることによって、2500万円までは贈与税を支払わずに、亡くなったときに相続したものとして計算する制度です。
 相続をする前に名義を変えることができて贈与税を大幅に抑えることができます。 不動産の場合には、そのまま相続を待って名義変更する場合にくらべて、不動産取得税が余分にかかります。

贈与による登記手続きの準備

 贈与の相談に来られる場合には、まず

  • 贈与する不動産についての権利書、登記簿謄本)
  • 贈与をする不動産の評価証明書
  • 贈与をする人の実印と印鑑証明書
  • 贈与を受ける人の住民票の写し
をお持ちください。また本人の意思確認のためにも、できるだけ贈与をする人と贈与を受ける人がおいでください。


費用と期間

 期間は書類がそろえば、1週間前後で登記があがります。
 費用は、不動産1つについて4万円くらいです。しかし、不動産の個数や価格、その他に必要な登記、取る必要のある書類数によって変化しますので、一概には言えません。


もどる