相続・遺言、土地・建物の名義変更 会社の登記 許可申請の専門サイト

相続税を節約する制度

 相続税を節約するための制度がいくつかあります。

  • 配偶者控除
  • 未成年者控除
  • 障害者控除
  • 特別障害者控除

配偶者控除

 亡くなった人の妻や夫(配偶者)が遺産分割や遺贈により、実際に取得した相続財産の額が

  • 1億6000万円まで

  • 法定相続分まで

のどちらかならば、亡くなった人の妻や夫には相続税はかかりません。


未成年者控除

 相続人が未成年の場合に、20歳に達するまでの年数×6万円に対しては、相続税がかかりません。


障害者控除

 相続人が障害者の場合に、70歳に達するまでの年数×6万円に対しては、相続税がかかりません。


特別障害者控除

 相続人が特別障害者の場合に、70歳に達するまでの年数×12万円に対しては、相続税がかかりません。



←もどる     ・