相続・遺言、土地・建物の名義変更 会社の登記 許可申請の専門サイト

相続の分配方法と税金

相続の方法

 相続財産を分ける方法は3つあります。

  • 遺言による分配
  • 遺産分割協議による分配
  • 法定相続分による分配
 亡くなった方が遺言によって相続財産の分け方をあらかじめ決めていた場合には、それに従います。

 遺言がなかった場合や、遺言で指定されていない財産がある場合には、遺産分割協議や法定相続分に従って分配します。
 法定相続による相続割合は、亡くなった人の妻または夫が1/2で、残りを子供で均等に分けることになります。 →詳しい法定相続分
 ただし相続人全員の合意によって、この割合を自由に決めることができます。これが遺産分割協議です。


相続による税金

 相続の税金は高いというイメージがありますが、相続財産が多くなければ税金がかからない場合が多いです。
 相続税の元となる課税対象額は大まかに言って

 「遺産」−「相続する負債」

であり、この金額が
 5000万円+1000万円×相続人の数
を超えなければ、相続税(国税)はかかりません。ただし、不動産取得税(県税)はかかります。

相続税の課税対象額の詳しい計算


注意:国税と県税の違いについて



←もどる     次へ(相続の税金を節約する制度)→