相続・遺言、土地・建物の名義変更 会社の登記 許可申請の専門サイト

相続税の計算


相続税の税率

 相続税の元となる財産(課税対象額)に対して、以下の税率で税金がかかります。

相続税の元となる財産税率控除額
 1000万円以下10%
 3000万円以下15%50万円
 5000万円以下20%200万円
  1億円以下30%700万円
  3億円以下40%1700万円
  3億円以上50%4700万円


相続税の元となる財産の額

 相続税の元となる財産(課税対象額)の計算は次のとおりです。

  「遺産」+「3年以内の贈与分」
−   「亡くなった人の借金」
−   「非課税財産」
−   「葬式費用」


3年以内の贈与分

 亡くなった人が、亡くなった日から過去3年以内に贈与した財産も、相続税の計算額に含まれます。
 その分、この3年以内の贈与分についてすでに支払った税金については、相続税の支払額から控除されます。


非課税財産

 以下の財産は、相続税の元となる財産の額に含まれません。

  • 墓所、仏壇、祭具など
  • 国などへの寄付
  • 生命保険のうち500万円×法定相続人の数
  • 死亡退職金のうち500万円×法定相続人の数
 生命保険や死亡退職金は、残された家族のための財産ということで課税財産からは外されています。


葬式費用

 葬式の費用や香典も、相続税の元となる財産に含まれません。ただし、香典返しや仕出弁当などは、相続税の元となる財産に含まれることになりますので、注意が必要です。

 葬式の費用は、まず全て領収書をとっておくことをお勧めします。



もどる