相続・遺言、土地・建物の名義変更 会社の登記 許可申請の専門サイト

住宅ローンの返済が終わったら…

 住宅ローンをすると、その住宅の建物と土地に抵当権設定という登記をします。これはローンの返済ができなかった場合に、その建物と土地を競売にかけてその売却代金でもって残りの住宅ローンを精算するというものです。いわゆる担保です。  逆に無担保ローンとは、このような登記をしないローンのことで、その分、利息が高くなります。

 住宅に限らず、ローンの返済が終わったら、このローンの登記(抵当権)を抹消する登記をすることになります。そのためローン返済が終わると、その銀行などから書類を一式もらえます。その書類にローンの登記(抵当権)の抹消に必要なものが入っています。

 ローンの登記(抵当権)の抹消の登記そのものには期限はないですが、銀行の代表者の証明書の有効期限が3ヶ月ですので、ローンの返済後、書類をもらったら、早めにローンの登記(抵当権)をすることをお勧めします。


費用と期間

 費用は、住宅1件、土地1件で、1万2000円くらいです。しかし、不動産の個数、その他に必要な登記によって変化します。
 なお当事務所においでいただく際には、必ず銀行からもらった書類一式をお持ちください。


もどる