相続・遺言、土地・建物の名義変更 会社の登記 許可申請の専門サイト

登記手続に必要となる書類


 土地・建物の権利の登記手続(所有権移転登記)には、以下の書類が前もって必要となります。不動産屋が仲介する場合には、不動産屋に言われるとおりに書類をそろえればいいのですが、知っておいた方がいいでしょう。


買主に必要とされる書類

  • 住民票の写し

    買主が登記をつけるために住所・氏名を証明する書類として必要です。市役所の住民課で取ることができます。


売主に必要とされる書類

  • 印鑑証明書

    売主が、本人であることの証明するために必要です。事前に登録することで印鑑カードが発行され、市役所の住民課で取ることができます。
    必ず事前に取っておいて、手持ちの実印と間違いがないことを確認しておいてください。この実印と印鑑証明書が違っていることで、立会いをやり直すことがあります。その場合に、費用が余分にかかることになるかもしれません。
     また、登記記録と印鑑証明書の住所が違う場合には、その登記記録を印鑑証明書の住所に直す登記手続きも必要となることをご承知ください。

  • 登記済証/登記識別情報

    土地や不動産の権利者であることを証明するために必要となります。再発行される書類ではないため、必ず見つけておくか、事前にないことを不動産屋や司法書士に伝えてください。ない場合には、立会いの段取りが変わったり、費用が余分にかかったりします。

  • 土地・建物の評価証明書

    国に払う登録免許税を計算するために買主が登記をつけるために住所・氏名を証明する書類として必要です。市役所の資産税課で取ることができます。



←もどる  次へ(立会いと登記)→