相続・遺言、土地・建物の名義変更 会社の登記 許可申請の専門サイト

相続放棄と限定承認



相続放棄について

 相続放棄は個人でもできます。家庭裁判所に戸籍などの書類をそろえて提出し、証明書をもらいます。

 一般的に、ある相続人が財産をもらえなくてもよいと言った場合を、相続放棄と呼んでいたりしますが、法律上の相続放棄は、家庭裁判所に届け出をしないと成立しません。



限定承認について

 限定承認はいろいろと手間がかかります。まず相続人全員(放棄した者を除く)でする必要があるということと、3カ月の期間内に財産目録を作り、戸籍をそろえ、家庭裁判所に限定承認の手続きをする必要があるからです。

 限定承認をして、その旨を公告し、期間内に申し出をしなかった債権者(銀行、ローン貸手など)も、残った相続財産分に対してなら、請求する権利は残ります。

 それゆえ、労力のわりに効果が薄い場合もあり、現実として限定承認の行われるケースは少ないのが現状です。




もどる