1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1

おみみよごし

おりおりの音記録







女王様の楽器(1971年製 H・ヴリツァー):音サンプル
C.M.v.Weber Klarinette Konzert Nr.1 2.Satz 冒頭
1971年製 H・ヴリツァー/G3/S800:3 1985年製 ヤマハ・カスタム/G3/S800:3
リードは、多分ザビーネ・マイヤーが録音当時に使用していたであろう、シュトイヤーのS800
(マイヤー/ヴェーレモデル)を使用した。第2楽章 Adagio ma non troppo のテンポはほぼCDと同様である。
息の長い4小節のフレーズをYAMAHAだと一息で吹けるがヴリツァーではブレスを要する(ザビーネもブレスしている)
2008/12/21 自宅にて収録

マエストロ・ゴイザーのマウスピース:音サンプル
C.M.v.Weber Quintett fur Klarinette 2.Satz Fantasia Adagio冒頭
G.Graessel 470 Foglietta いつ音がひっくり返るかおっかなびっくり吹いています。特にdis→cisへの跳躍が鬼門で何度も録り直し。でも吹き終わった満足感は格別でした。
Viotto G3 Vandoren
WhiteMaster
慣れているせいかとても安心感があります。Graesselに比べるともう少し音色の変化が欲しい気がしますが、ま、これはこれでよいかなと。。。
2007/4/7 掛川市生涯学習センター工作室にて収録

ベールマンのアダージョ
作曲者 伝 Heinrich Joseph Baermann (多分 Carl Maria von Weber)
収録日 2007/1/13
収録場所 掛川市生涯学習センター工作室
仕掛け G3、fogliettaD-type/3
ピアノ伴奏 Music Minus One CD
2007年の吹き初めです。この「アダージョ」は3分あまりの小品ですが、何度吹いても飽きない美しい曲ですね。夢や憧れが一杯つまっていて、これぞドイツロマン派という作品。
シューマンにも一脈通じるものを感じます。

ドイツクラリネット協会(DKG)シンポジウム in Dresden (2006/10/1)
における「ホルツの会」演奏会より
作曲者 Carl Maria von Weber
曲名 Freischutz
(魔弾の射手)
会場 Carl Maria von Weber
音楽大学
仕掛け G3、fogliettaD-type/3
ウェーバーが活躍したドレスデンのウェーバー音楽院で、「魔弾」のソロを吹きました。かなり緊張しましたが沢山拍手がもらえて嬉しかったです。後列右端には応援に加わってくれたセゲルケさん達の顔も見えます。