English メンバーログイン

■道に想う

この日もまわり道して、こうして歩いている。この森の道は薄暗く、原生林を分かつ一本道。鳥の声と樹々の葉音だけが話しかけてくれる。霊山であることに間違いないこの山の道は、ゆったりとした中に穏やかな躍動感がある。動物や樹々はもちろんのこと風や岩や石ころまでもが呼吸している感じ。土は踏むたびごとに弾力があり、心地よい。樹々の隙間から漏れ輝く光の筋。原生林を一人歩く恐れの気持ちは、自然を畏(おそ)れかしこまる気持ちに変わっていく。踏みだしてほんの数十分程だろうか、突然人々の行き交う雑踏に放り出される。ここからはいつもの参拝道だ。それにしても、今来た道は、ただならぬ力を持った「みち」であった。どこに続くかわからぬ不安な気持ちが、あの道にむげに威厳を与えてしまったのだろうか?

あとから調べて分かったことだが、その道は古来「下の禰宜道(しものねぎみち)」と呼ばれ、春日大社の神官が出勤するときに通った道だそうだ。春になると原生する馬酔木(あせび)が咲き乱れる森の道とのこと。畏れ多くも神官さんの通勤道とは知らず、予期せず出合えた神聖なひとときであった。

人生を道に例えるのは当たり前のことになっているが、確かな目的を持たずに舞が好きというだけで歩んできた道でも、少しは肯定して頂けるのかなと、あの霊道で話しかけてくれた鳥や樹々にもう一度あいさつしに行きたくなった。

万葉集から御蓋山(みかさやま)を詠んだ山部赤人の和歌を一句・・・

「高座の 三笠の山に 鳴く鳥の 止めば継がるる 恋もするかも」

本年もよろしくお願い申し上げます。


インド古典舞踊オリッシィ 柳田 紀美子


What's New !?

2017.9.4
9月以降の活動予定を更新しました。
2016.9.15
インドの伝統医学「アーユルヴェーダ」を学ぶイベントを開催します。
2016.5.16
オリッシィの7月以降の活動予定を更新しました。
2016.2.3
オリッシィの2016年度の活動予定を更新しました。

教室のご案内(体験入学受付中)

インディア・メーラー2017出演

Kimiko Yanagida Official site ENGLISH