OCR mania



→Home      →フリーウェア   →名刺管理   →認識性能比較表   →メーカーリンク  

OCR フリーウェア 一覧

OCRのフリーウェアをそれぞれ試用して、その感想を記載します。

フリーウェアといえ、OCRのソフトウェアメーカーが提供しているものなどもあり、使えるフリーウェアが結構あります。また、OCRのオープンソースの公開などもあり、今後ますます期待できそうな感じです。


クセロ 瞬簡PDF ZERO v2

フリーのOCRソフトを試してみました。クセロ社の瞬簡PDF ZERO v2です。
PDFの作成とPDFファイルのテキスト抽出(OCR)が出来ます。

 

 

 

PDF作成はフリーウェアとしては、綺麗な画質で作成できると思います。それにとにかく作成が早い。本家Acrobatよりも早く感じました。テキスト抽出(OCR)では、認識率はそれなりでしたが、こちらもとにかく早い。

 

 

 

PDFファイルに限定されますが、使い勝手のいいソフトです。
ちょっと、起動時に毎回広告(webブラウザ)が立ちあがるのがうざいけど・・・・
これだけのソフトがフリーなのだから、ちょっと広告はしょうがないかな。
また、インストール時に瞬簡PDF ZERO v2とは関係ないソフトがデフォルト設定でインストールされそうになります・・・

 


NHOCR

フリーウェアを探そうと検索。こんなのがありました。オープンソースを使ったWEB OCR。

 


日本語OCRのテスト
http://appsv.ocrgrid.org/nhocr/

試しに以下の画像アップしてみました。

 

free03.jpg

 

認識結果はこんな感じ。ちょっと惜しいかな。

 

free04.jpg

 

 


COCR2

「COCR2」というフリーの中国語OCRソフトを使ってみました。アプリケーションはインストールせず使えます。

 

「COCR2」ダウンロードはこちらです。
http://users.belgacom.net/chardic/cocr2.html

 

認識できる画像はBMPのみです。シンプルなインターフェースで一見、使いやすそうです。
しかし、なんと表示のカーソルを認識したい文字に移動して、認識候補を選択していく方式です。
文字の切り出し機能がないので、中国語をキーボード入力できる環境でしたら、そのままキータイプした方が早いかも。ただ、普段は日本語での利用なので、い ちいちOSやフォントの設定、インプットメソッドの変更などが面倒な方には便利です。中国語のOCRソフトでフリーウェアはあまり見かけないので、貴重な OCRソフトです。

 

あと、テキスト化した後は、無料の中国語翻訳サイトでも使えばOKかな。

 

free05.jpg

 

SmartOCR Lite Edition ←配布終了

一時期、窓の杜でも注目を集めていたフリーの日本語OCRソフト「SmartOCR Lite Edition」を見つけました。早速、試してみました。なかなか軽快で認識率もそこそこです。フリーソフトなら結構満足なレベルです。但し、PDFに対 応していないのがネック。
というよりむしろ、法的まずそうなので使用はやめようかと。
国内唯一のフリーのOCRソフトとのことですが、ググってみるとどうも・・・・どこかのメーカーのソースを盗用してばれたのかな?真相はわかりませんが。でも配布している販売元のスマートリーディングは解散していますので、もう正規にこのソフトウェアを入手することは出来ないみたいです。仕事でも使うつもりなので、法的にちゃんとした製品を検討しようと思います。

 

 free06.jpg

 

 


 

本文は個人的な独断で批評したものです。
正確なスペックやもっと詳細な仕様は各メーカーサイトでご確認ください。
価格または記載内容は、あくまでも参考の情報としてお取扱ください。
当サイトの情報により発生した障害・問題についても、当方は一切責任を負いかねます。