大阪船場に残るレトロな建物
街角トップページへジャンプ
サイトマップ
大阪の建物中心の風景
お仕事の出先で見つけた建物風景
パソコンに関する独り言
これを作っている人
ご自由にご記入下さい
皆さんのご記帳(最近のもの)を見る
ストックエリアが小さいので、過去の分は「落書倉庫」に大切に保管させて頂いております
別サイトに設置
トップ > 街角Menu >このページ

本町から北浜までぶらり散歩

  本町から株の街北浜まで、堺筋に沿って歩きます   心斎橋筋との境目は三休橋筋、この三休橋筋を北に向かって歩けば 中之島の中央公会堂のつきあたります





 このアイコンのある写真は、マウスポインターを写真のところに持っていくと画像が変わります

[街角へ戻る]


風格ある建物

綿業会館 昭和6年(1931年)
    大阪市中央区備後町2丁目
        
 国際連盟満州事変調査団の宿泊箇所としても  
  使われたようで各国の要人が来館したそうです 
   比較にも喩えにもなりませんが私の勤める会 
  社も、ここの会議室に何度かお世話になりました
 
         ::: photo 2003/8 ::: 
撮影場所



 鹿児島銀行 大阪支店 昭和初期
    大阪市中央区安土町2丁目

 端正な正面顔に、広い飾り窓が綺麗な建物です
 クリーム色の壁面は、暮れかけた時刻の街にも
 柔らかかな風景をかもし出していました
 
        ::: photo 2005/3 :::
撮影場所


ビル内パティオ

船場ビルディング 大正14年(1925)
    大阪市中央区淡路町2丁目

 パティオ風の中庭がある珍しいビルです   
  正面の懐かしい感じのするエントランスを  
  抜けると明るい吹きぬけのホールを囲むように
  いろんな事務所が並んでいます       
   ちょっとした所にも、緑を置いている妙に 
  落着けるビルでした            
 
       ::: photo 2003/9 :::
撮影場所


ステンドグラスのある入り口

小川香料ビル 昭和5年(1930)
    大阪市中央区平野町2丁目

 ここの会社のホームページでお仕事内容、  
  「香料(フレーバー、フレグランス)の研究開
  発」とありました             
  お仕事も環境からの実践であれば、うらやまし
  いかぎりです               
   ビルに向かって右側の階段エントランス入口
  のステンドガラスもきれいでした      
          
       ::: photo 2003/10 :::
  
撮影場所


美しい煉瓦色

武田道修町ビル 昭和2年(1927)
    大阪市中央区道修町2丁目

 レンガの赤が眩しい様な、決して年代を感じさせ
  ない建物です                
  南側にある倉庫らしき建物も趣きがあります  
        
       ::: photo 2003/10 :::
撮影場所


アラビアンムード

八木通商(旧大阪農工銀行) 大正6年(1917)
    大阪市中央区今橋3丁目

 イスラム建築に見られるアラベスク調の素焼きの
  陶板(テラコッタ)で飾られたビルです    
  レンガの赤より柔らかな色合いの中、「瀟洒」を
  感じさせる建物です             
    
       ::: photo 2003/9 :::
 
撮影場所


重厚な街燈

浪花教会 昭和5年(1930)
    大阪市中央区高麗橋2丁目

 街の風景に溶け込んで、何気なく建ってる   
  そんな感じのする建物です            
   近くで観察すれば、建物自体が過ぎた時間を 
  全身で受け止めたような趣がありました    
  
       ::: photo 2003/9 :::
撮影場所


明治時代への思い

旧大中証券 明治45年(1912)
    大阪市中央区高麗橋2丁目

 今の正式なビル名称を確認し忘れました   
   (次に通った時確認します)       
  大中証券←大阪教育生命保険といずれも金融業
  で使っていたいただけに重量感を放っていました
   今では、フランス料理店の「シェ・ワダ」です
    
       ::: photo 2003/9 :::
  
撮影場所


蔦の建物

青山ビル 大正10年(1921)
    大阪市中央区伏見町2丁目

 個人の住宅として建てられたこの建物ですが、
  今は老舗の喫茶店として使われています   
  夏は蔦が正面全体を覆って、写真とは違った趣
  をかもし出しています
   外の雑踏を忘れてゆったり静かなコーヒータ
  イムが似合いそうなお店です
    
       ::: photo 2003/12 :::
    
撮影場所


しゃれた窓飾り

伏見ビル 昭和3年(1928)
    大阪市中央区伏見町2丁目

 上の青山ビルの西隣に建ってます      
  外壁のグレーの塗装がこの建物にとてもマッチ
  して、3階窓の上飾りを引き立てていました 
      
       ::: photo 2003/12 :::
撮影場所


柱のデザイン

旧東京貯蓄銀行 大阪支店 大正9年(1920)
    大阪市中央区平野町2丁目
	残念ながら解体されました

 このビルの最後のお仕事は、日本短資大阪支店
  として使われ、今は看板もはずされたままの姿
  です
   がっしりとした石組みと柱と棟屋をつなぐ曲
  線の美しいビル、まだまだ現役として、ここに
  残ってほしい建物です           
      
       ::: photo 2003/12 :::
  
撮影場所


石と煉瓦

イトーキクレビオ 昭和11年(1936)
    大阪市中央区平野町2丁目

 上の旧東京貯蓄銀行の北側に建ってます   
こちらも石組み飾りで重量感を表現し、煉瓦の赤
色が暖かさを感じさせます
  
 この建物には、いつも路上駐車の車が正面に止
まっているんですが、この日はたまたまのシャッ
ターチャンスでした
      
       ::: photo 2003/12 :::
    
撮影場所


エンタシスの柱

三井住友銀行 昭和11年(1936)
    大阪市中央区高麗橋1丁目

 合併前の三井銀行大阪支店の建物です    
大きな柱が旧財閥銀行の威厳を守っていたのでし
ょう                    
  最上階の壁飾りや窓の形の美しい建物です
      
       ::: photo 2003/12 :::
       ::: photo 2009/5拡大写真更新 :::
撮影場所


個性的(奇抜)な飾り

高麗橋野村ビルディング 昭和2年(1929)
    大阪市中央区高麗橋2丁目

 曲線と直線を綺麗に組み合わせたこの建物は、
 北浜界隈でも目立った美しさを鼓舞しています
   聞いたところによりますと、最上階に個室を
  お持ちのこの会社のトップの方は、このビルに
  強い愛着をお持ちだとか
      
       ::: photo 2003/12 :::
    
撮影場所


しっとりした建物風景

新井ビル 大正11年(1922)
    大阪市中央区今橋2丁目

 旧報徳銀行大阪支店、北浜にあって金融に無関係
  のビルは、ほとんど無いんでしょうね
   今はレストランに使われているこのビルは、
  瀟洒な感を残した現役の建物です
          
       ::: photo 2003/12 :::
  
撮影場所


かわいい建物

北浜レトロビル 大正2年(1913)
    大阪市中央区北浜1丁目

 ビルとビルにはさまれ、ちょこんと建ってるてな
  感じの建物です               
 株の街北浜で、株の売買の会社として建てられた
  このビルは、今では喫茶のお店になつてます
      
       ::: photo 2003/12 :::
 
撮影場所


白い建物風景

三 越 大正9(1920)年
    大阪市中央区伏見町1丁目
     2005.7月残念ながら解体されました

 どこかにエレガントな雰囲気を漂わせるのは、
  正面の冠のように見える三越マークのせいでしょうか
  白い外装色にもマッチしています
  
       ::: photo 2004/01 :::
 
撮影場所


煉瓦色の建物風景

生駒ビルジング 昭和5(1930)年
    大阪市中央区平野町2丁目

 壮麗な建物です。            
 茶色の色合いが見るものに重量感を与え、建物
 全体を包むデザインに安定感をもたらすようです
   
   
       ::: photo 2004/01 :::
 
撮影場所



印度ビル 昭和初期
    大阪市中央区道修町1丁目

 北浜のあの有名な小西六さんの商家造りのある角を
 東に歩けば、見つかります
 このあたりも、うろついていたのですが、私自身は
 気づかずに今まで見逃していましたが、HPチェック
 で、大阪を愛するサイト「まさきちさんのサイト」
  http://page.freett.com/masakichi7/
 を拝見、てくてくしてきました
 まさきちさんのサイトによれば、  「昭和初年、薬種問屋新良貴徳兵衛商店として   当時珍しかった鉄筋コンクリート3階建てが建てられた   (施工:大倉組)新良貴家が終戦後まで商住に使用し、   第二次世界大戦時の焼夷弾をくぐり抜け残った。」   (原文、コピーさせていただきました)  だそうです    飾り窓が柔らかく、クリーム色が綺麗なこの建物  街の建物を大切にする方々のご尽力により、様々なイベント  を企画されているようです。  実りが大きなものになられるように願っております      ::: photo 2005/10 :::
撮影場所


シックな英国風建物

岸本瓦町邸 昭和6(1931)年
    大阪市中央区瓦町1丁目

 石貼りのシックな建物です
 鉄の輸入業を営む岸本家、その中でも美術に深い造詣
 をもつ吉左衛門氏が、仕事での洋行先で気に入った
 英国調にと、建てたのがこの建物だそうです
 ちなみにルノワールの「すわる水浴の女」は、岸本吉
 左衛門氏がパリの画廊に日参の結果、日本に持ち帰っ
 たもの(後にブリヂストン美術館へ寄贈)
 彼が、持ち帰って飾ったのがこの建物の中の・・・
 こんな想像も浮かぶような建物です
  
       ::: photo 2004/03 :::  
    
撮影場所


北浜トキワビル

トキワビル 昭和5年頃(1930)年
    大阪市中央区高麗橋1-6

 この建物の昼と夜のお顔が全く違います
 この違ったお顔の原因は、このビル1階にあるBEER&WHISKの
 YAMANEKOさん
 レトロな店内は、シンプルでいてどことなく懐かしさを感じる
 造りです
 お店はお若いご夫婦が経営、奥様はレトロなビルに程好くマッ
 チしたお着物姿がお似合いです
 
       ::: photo 2007/11 :::  
 
撮影場所


丸い帽子がアクセサリー

大阪証券取引所ビル 昭和10(1935)年
    大阪市中央区北浜一丁目

 正面の曲線を持つ建物外壁部分が竣工時の姿です
 後ろに建つガラスの高層ビルは、2004年12月竣工した新家屋
 米の先物取引に始まる当時の大坂の金融市場を引継ぎ1878年
 (明治11年)に大阪株式取引所としてこの地の相場経済を担
 った建物です
 
 
       ::: photo 2005/02 :::  
 
撮影場所


河べりのたたずまい

福原ビル 昭和7(1932)年
    大阪市中央区北浜東

 旧国光生命大阪支店
 国光生命は明治40年開業、昭和8年に東海保険・蓬莱保険
 中央保険と合併、昭和生命保険と名を変え、その後昭和16年
 第一生命に吸収されたそうです
 土佐堀通りの今橋との分かれ道、細く綺麗な曲線をもつこの
 建物、多くの人の行き交いを見続けてきたのでしょうね
 最上階の窓辺は、土佐堀川に浮かぶ中之島を正面にすえて
 眺めることができる方向です
 
       ::: photo 2004/05 :::  
 
撮影場所


煉瓦色の建物風景

辻調理師専門学校 大正15(1926)年
    大阪市中央区北浜東

 元大林組の本店でした
 私が通ったこの時にたまたま出会った風景は、専門学校の
 生徒さんに混じって、真っ白な背の高い帽子をかぶったシ
 ェフ先生が、この建物の前を歩く姿でした
 とても綺麗な絵になっていました

 大林組さんは、道の向かい側にお引越ししていますが、
 HPの企業理念に
 「自然と調和し、地域社会に溶け込み、豊かな文化づくり」
 とありました
 是非そうであって頂きたいものです    
   
       ::: photo 2004/05 :::  
 
撮影場所



>TOP   >サイトマップ   >街角   >出張   >独り言   >プロフィール