わたぽんとおちゃめな仲間

サイトマップ ・このサイトについて ・メール

Home作文>01

ドラえもんの四次元ポケット

わたぽん 

 

  ぼくは、ドラえもんの四次元ポケットがほしいな。

  一番ほしいのは、『どこでもドア』です。どこでもドアで、いろいろな国に行きたいな。

  アメリカでホットドックが食べたいな。とってもおいしそうだから。でも、ポテトもいいな。

「うまい、うまい、いくら食べてもあきないな。」

  メジャーリーグのスタジアムでパクパク。

  中国にも行きたいな。肉まんを食べよう。

  都会のレストランの外のテーブルで肉まんを食べていると、おじさんが、

「ニーハオ」

っと、声をかけてくれた。ぼくも、

「ニーハオ」

と、返事をした。中国のおじさんは、ニコニコして笑っていた。ぼくは、ますます肉まんがおいしくなった様な気がした。

  ハイジの山は、どこにあるのだろう。どこでもドアに入ったらわかるだろう。出発進行。

  ハイジの山に行ったら、チーズが食べたいな。町で買ってから、行こう。穴のあいてるチーズがいいな。

  それから、かん国に行ってキムチを食べて、北極に行って氷を食べて、南極にも行って氷を食べて、南の島で『ハメハメハ』という名前になって、お家に帰ろう。

  お兄ちゃん、お母さん、お父さんにおみやげを買って帰ろう。

  『ほんやくコンニャク』も、わすれないでもって行こう。

 

 

目次へ戻る


ご意見ご感想はゲストブックまたはメールフォームより

Copyright 2004-2006 ochawata. All rights reserved.