レーシック手術のリスク?レーシック難民は本当にいるの?

レーシックの種類と費用の比較

コンタクトレンズとレーシック業界の叩きあい?

少なからず「レーシック難民」はいるのでしょうが、これだけ騒がれている割には訴訟だとか具体的なニュースが乏しいので不思議な感じがします。ネットには匿名による記事があふれており、何が真実か見えないのが問題でしょう。あくまでも噂ですが、レーシックが広まってしまうとコンタクトレンズやメガネが売れなくなってしまうというビジネスの図式も浮かんでいたりして、某広告会社が誹謗中傷などを意図的に流していたなどで、訴訟などが起こったりもしているようです。

いずれにしろ、現在では年間に数十万人がレーシックを行なっている事実もあります。最低限のリスクは勉強した上で専門家の話しを聞いてみるべきでしょう。

ある程度の知識を得たらば、まず適応検査を受けて、自分の目の状態を把握して、その病院ですすめられた施術が本当にベストなのか検討しましょう。そのクリニックにない施術があなたのベストかもしれませんから、疑問点があれば他のクリニックでも検査を受けてみましょう。

なぜかというと、自分の目の状態「視力、ゆがみ、瞳孔のサイズ」などを知らずに、クリニックや施術を決めても無意味なのです。WEBで手術をするクリニックを決めるのではなく、まずは適応検査を受けるクリニックを選んで下さい。

ホームページ:http://www.lasik.co.jp/

レーシックの適正を左右する4つのポイント、7つのチェックポイントなども掲載しているので是非ご覧になってください。

 

適応検査が無料で受けられるクリニック
神戸神奈川アイクリニック
札幌市、東京(新宿・恵比寿)、名古屋市、大阪市、神戸市、福岡県(天神・小倉)

品川近視クリニック
札幌市、東京(銀座)、名古屋市、大阪市(梅田)、福岡市(天神)

錦糸眼科
札幌市、東京(新橋・中目黒)、名古屋市、大阪市(梅田)、福岡市(天神)

SBC新宿近視クリニック
東京(新宿)、横浜、大阪

東京近視クリニック
東京(新宿・銀座)、横浜、大阪(梅田)