ようこそ
大泉緑地ヒーリング
ガーデナークラブへ
 

 ゆったりと自然を楽しむことは、高齢者や障害者の方々にとっても心癒されるひと時です。でも気軽に、というのは難しいですね。私達 ヒーリングガーデナーは、そんなゲストをお迎えして、一緒に緑のシャワーを浴びる時間を楽しむボランティア活動を行っています。 あなたもぜひ、ゲストや会員になって、光や風、花や緑があふれ、小鳥のさえずりが満ちている大泉緑地を楽しみませんか?

■■■ 更新日 :2017/1/31  ■■■
HGCって?  旬の見どころ   ふれあいの庭  活動報告
 マップ  会員募集 スケジュール  ゲスト 

 
  巣箱の一つ          公園の巣箱の位置地図
2月頃から、鳥たちは結婚シーズンに入ります。新しい
パートナーを見つけ、子育ての準備に忙しくなります。子育てに必要な巣作りが必要ですが、
大泉緑地内では約50個程の巣箱が樹上にセットされていて、毎年、加呂登池自然観察クラブがシーズン前に全部の巣箱を利用してもらえるように、巣箱の中の様子を調査、記録、掃除をしています。
 今年、1月29日に行った1回目の巣箱調査に参加した私が見た様子を、旬のページで紹介しています。
 調査は、6人で自転車部品を再利用して作った荷台に重くて長い梯子や道具類を乗せ、巣箱のある木の5〜7m程の高さに取り付けている巣箱に向かって梯子をかけ、交代で上り下りして、巣箱を取り外し、地上に下して調べます。今回は半数程の巣箱の調査をしました。残りは第2回に実施します。
 内容は、昨シーズンに、どんな鳥が巣箱を利用したか。
その後、空き家になった巣箱を利用した生物達がいたか、巣箱の中を清掃した後、巣箱の木が腐った部分の補修、木に取り付ける針金を取り換えたり、古過ぎる巣箱は新しい巣箱を元の高さにセットしたりしました。、
 所で、雛が巣立ちをする4月頃迄は、園内のあちこちにある巣箱に鳥が出入りしているのも見つけても、遠くから見守ってください。人が巣箱の近くで大声を出したり、ウロウロすると、親鳥は子育てを放棄することがあり、雛が孵らないまま巣の中で死んでいる時もあります。

 ■ここは、全ての方が五感を活用して
   自然を楽しめるように工夫された
   ユニバーサルデザインの庭です。
    
  
「香りの庭」で出会った方
 厳しい寒さの毎日が続いていて、「ふれあいの庭」でゆっくり休憩する人をあまり見かけなくなりました。
 「修景の庭」でしっかりとアキレス腱を伸ばしておられる方を見かけました。園内の散策を終え、休憩に来られたのでしょう。運動を日常的にされていると感じました。
 大泉池ではユリカモメとカモ類が餌を投げてくれる人だと判断すると、中央休憩所のテラス前に池の反対側からでも、さっと集合して来て、賑やかに餌取り合戦を繰り広げます。そんな賑やかな鳴き声が「ふれあいの庭」にまで届いて来ます。
 園内のあちこちで梅の花が咲いていますが、「ふれあいの庭」はスイセン、パンジー、ナノハナ、葉ボタン、キンギョソウなどでデザインされた「色の庭」が素敵ですよ。犬2匹を抱っこ連れた方が、ここはいつも素敵ですねと花々を楽しんでいらっしゃいました。
  
甲子園球場の24倍の面積に約200種類・30万本の木が植えられた、街中に珍しい森林風の公園で、ぜひ一度大泉緑地へ遊びにきて下さい。

1月28日(土)大泉緑地HGC会員養成講座
 第1回 ボランティア論「ボランティアって何?」
   講師 石田 易司 氏

      桃山学院大学 社会学部教授
   
 受講者5人、新会員とHGC会員11名が出席。
先生から、「90才になれば、ほぼ半数は認知症になっているが、貴方は長生きしたいですか?それとも認知症になる前に死にたいですか?」と質問があり、ギョッとしながらグループに分かれて、話し合って出た意見に、先生から、「高齢化社会の介護は、家族の問題とするべきか、地域の問題とするべきか」について再び質問がある。
 公共の社会福祉サービスは専門家にだけ任せていては、介護を受ける側の一人一人の生きがいを埋めて貰えない隙間のある制度になっている。
 専門家でない素人のボランティア体験学習を通して、個人個人が学習し、いろいろな体験と可能性を社会福祉の場に持ち込めば・・・・、社会福祉の隙間を埋めるボランティア活動について考える時間でした。


何かボランティア活動を・・・とお考えの方へ、
  2016年度大泉緑地HGC会員養成講座を開催
 日程は2017年1月より全5回で行います。
    時間 13:30〜15:30(全回とも共通)
・1回目 1月28日(土) 「ボランティア論」
 桃山学院大学社会福祉学部教授 石田易司氏
・2回目 2月11日(土)「自然観察法と実習」
 木智塾 代表 村上清二郎氏
・3回目2月25日(土) 
   「視覚障碍者サポート法と実習」
 大阪府視覚障がい者福祉協会 岩本 紀子氏
・4回目 3月11日(土)
   「車椅子障がい者サポート法と実習」
 大阪脊髄損傷者協会 梶本 佳史氏
・5回目 3月25日 「認知症を理解する」
 堺市社会福祉協議会包括支援センター職員
   お問い合わせ 、申し込みは
 「花と緑の相談所」 電話072−251−0871
             Fax 072−251−8789
 場所 大泉緑地 中央講習室
 費用 500円(資料代とボランティア保険料)
 申し込み締め切り 1月20日まで
 これはボランティア論の受け売りですが。ボランティア活動をする人は、活動を通して人に喜んでもらえ、時にはお礼の言葉と共に、元気でいて下さいと励まされます。活動を続ける事で体調も整い、元気になり、ボランティア活動が楽しく続けられます。
 
 一度、HGC活動を体験、見学参加されませんか?自分に合ったボランティア活動だと納得された後に、入会をして下さい。当会は会員の年会費で運営しています。

・体験活動に参加希望の方は、「花と緑の相談所」へ。 または、「北区社会福祉事務所・ボランティアセンター」 へ連絡下さい。他のボランティア活動紹介も聞けますよ。

    体験、見学の申し込みは
 ・大泉緑地「花と緑の相談所」、
   電話 072−251−0871
   Fax  072−251−8789
 公園協会職員が対応し、当会へ連絡が届きます。
・「北区社会福祉事務所・ボランティア センター」 
 電話  072−259−4700
・メールでの問い合わせはobteko@ybb.ne.jpへ。
 
◎人生の第2、第3の活動ステージとして、
 ボランティア活動をとお考えの方が、
 入会して下さるのをお待ちしています。 

 ゲストをお迎えした1日を例に、ヒーリングガーデナーとしてのわたしたちの活動や、
大泉公園の楽しさを紹介します。


 2017年度の活動計画は下記に案内をしています。2月1日から始めます。
 

 ボランティア活動が初めての方も大歓迎!あなたの少しの時間と力で、生きがいや癒しを感じられる方が沢山いらっしゃいます。
 緑あふれる大泉緑地で、私達と一緒に
散策案内のサポートをしてみませんか?
 HGCのボランティア活動をご希望の方は
  堺市北区福祉事務所(北区役所内)、
   又は、大泉緑地公園協会の
       「花と緑の相談所」へ
    お問い合わせ下さい。
  T 072−251−0871
  F 072−251−8789


 2017年度の活動計画は、 2017年2月中に活動日程をお知らせして、
散策サポート希望の団体からのお申し込みがあり次第に設定します。2017年度の活動は2月1日から始まります。全てお迎えゲストが決まりました。
 2017年度の大泉緑地内の散策サポートをご希望の団体は、2017年1月末頃迄にお知らせ下さい。

  
 ・活動日は毎月/第2、第4土曜日です。
 ・ご案内時間は、
   午後1時30分〜3時30分です。
 ・HGCがゲストをお迎えに施設へ
  伺うことはできません。
 ・原則、ゲスト側が公園駐車場にお出でに
  なることが出来る団体の散策サポートを  いたします。
 ・HGCがお迎えするゲストの人数は、
  約15人位迄です。
 ・HGCが準備する車椅子は10台あります。
 ・HGC会員は園内散策中のトイレ介助は
  行いませんので、施設スタッフ複数名の  付き添いが必要です。
 ・散策プログラムは散策希望日の一ヶ月   前に打ち合わせをします。
   ご希望に添ったプログラムを作る様に、
  季節の花を見る散策コースは、花の開花
  状況や、協力ボランティアのご都合により  、プログラムが決まるのは1週間前位に
  なります。 

 ご希望の団体は、上記「花と緑の相談所」 へお問い合わせください。   

の関連サイト紹介

◆ヒーリングガーデナークラブ(HGC)
 大阪府営公園内で活動するサポートボランティアグループ。
 大泉緑地以外にも、服部緑地、浜寺公園、山田池公園、久宝寺公園の5団体があります。
 http://www.osaka-park.or.jp/volunteer/support.html
 

◆大阪府下の公園内で活動するボランティアグループ
 公園の自然を楽しむお手伝い
  《活動内容》 植物園ガイド、公園内の池の復元・啓発活動、子ども向け環境学習講座の実施など。
  http://www.osaka-park.or.jp/volunteer/rekriation.html

 公園の管理をお手伝い
  《活動内容》 花壇管理や草刈り、森や竹林の管理、公園で飼っている羊のお世話など。
 http://www.osaka-park.or.jp/volunteer/kanri.html


◆大泉緑地
 公園内で開催される講習会とイベントのお知らせや、旬の花々や野鳥の紹介が見られます。
 また、園内で活動するさまざまなボランティアもご覧ください。
 http://www.osaka-park.or.jp/nanbu/oizumi/main.html


◆ぷかぷか倶楽部
 ハーモニカ演奏を愛するたくさんの人たちが集まって活動しているボランティアグループ。
 時々、わたしたちHGCの活動にも協力頂いています。
 http://www4.ocn.ne.jp/~k-sono/




 Healing Gardener Club