TROLLJEGEREN (2010)トロール・ハンター


監督:アンドレ・ウーヴレダル
日本にゴジラがあるなら、ノルウェイにはトロルがある。 トロルとは世界的に有名なノルウェイ産の妖精だ。 そんならトロルを捕まえるドキュメンタリー映画をつくるしかないぜ、って勢いで作られた(と思う)偽ドキュメンタリー映画。 パラノーマル・アクティヴィティで超ガックリきてもう偽ドキュメンタリーはたくさん!なんて思ったけど、こんな作品に遭うとまだまだイケるって思い直しちゃう。
ことの始まりは、3人の大学生がクマを密猟している男を摘発するために始めた取材だったのだが、その男が密漁しているのはクマじゃないらしい…後を付けたらなんと、トロルを狩っていたのだ! 実はノルウェイ政府はトロルが生息していることを知っており、トロルは童話の世界だけと言うことをひたすら国民に信じ続けさせるために、トロルハンターを雇って、トロルを裏で虐殺していた…、と言う衝撃的な事実が発覚する!
実は私前知識がなかったんで、ほんとのドキュメンタリーだと思って観始めたのよ。 しかしトロルが姿を現したとたんに私は、こんなもん信じられるわけーじゃん、て叫んだ。 もともと騙そうなんて気すら全く無いコメディよ、これ。 『パラノーマル…』や、古くは『ブレアウィッチ・プロジェクト』は、いかに見せないかで、あたかも真実のように撮ったけど、こちらは見せる、見せる。 山トロルと森トロル、三つ首トロル、屁をひるトロル、最後にはゴジラ大の怪獣トロルが大暴れする。
トロルを罠にかけるために、橋の上に餌として3匹のヤギを置くところは、「あ、これ『3匹のヤギのがらがどん』のパロディじゃない、」って嬉しくなったわ。 あの絵本は私も子供も大好きだったのよ。 死ぬほど読んであげたわ。 そして絵本の最後にはトロルは粉々にされて岩になるんだけど、この映画でもトロルは死ぬと岩になるのよ。 だから死体は発見されることが無いのね。 流石にムーミンとかスナフキンまでは出てこなかったけど、けっこうトロル伝説に忠実なのね。
そのほか、トロルは日にあたると石化するとか、知能は低いが一応哺乳類で妊娠期間は15年とか、クリスチャンを特に襲うので、クリスチャンはより注意をしたほうがいいとか、トロル豆知識も学べます。 でもクリスチャンかそうでないかをどうやってトロルが判るのかとか、そんなことは全く説明されません。 あとあんなにでかいのに衛星写真には写ることがないとかさ、なんでだよ〜?
でもそういったウンチクとか、ランボーみたいな孤独なトロイハンターの生き様とか、大真面目に語られて、凄く面白いの。 ちょっと『スパイナル・タップ』みたいかも。 真剣にやればやるほど、滑稽にみえてくる。
そして何よりも何よりも、ノルウェイの森や山や湖の景色が素晴らしいです。 そこにシュールな造形のトロルがノッソリ現れて、とてもファンタジックな空間に変わります。 本作品はヨーロッパ映画でありながら、珍しくうちの近所の映画館にも来てたんだよね。 劇場で見ればよかったとひどく後悔しました。(2011.9.18)

DEAD SNOW (2007)処刑山 -デッド・スノウ-


監督:トミー・ウィルコラ
ノルウェー産だけどサーモンでもニシンでもなく、スプラッターゾンビ映画です。  舞台は北国らしく絶景なる雪山。 その山奥のコテージに6人の若者が遊びに来る。 しかし、その地域には、第二次世界大戦中にナチスが宝を隠したという逸話があり、その宝を偶然見つけてしまったため、ナチスの死体がゾンビとなって蘇り襲ってくるという、実に馬鹿馬鹿しいお話です。
雪景色にゾンビっていう組み合わせが意外に新鮮で、蒼白な顔にどす黒い目鼻、そして古めかしいナチスの制服を着たゾンビがボコボコ雪の中から出てくる場面は、舞台劇のようなスペクタクルです。 そして惨劇が始まると白黒の光景に鮮血の赤が加わり、そのコントラストがきれい。 バカ映画なのに、画面の構成や色彩は美的センスを感じさせます。
スプラッター描写は豪快で、とにかくみんなはらわたが飛び出ちゃうのよ。 はらわたが枝に引っかかり、毛糸のようにほどけていったり、崖から落ちた時に掴んだ綱がはらわただったり、何でもかんでもはらわたよ。 この映画こそ「ナントカのはらわた」という邦題を付けられるべきだと思う。 はらわたフェチは必見です。
ギャグも時々ゆるいコントが入るのは北欧だから? せっかく警察に電話が繋がって、『第二次世界大戦中のゾンビに襲われてますっ…』って言ったとたん、電話を切られてしまうとかね。
現実では指先を針で突付かれるだけでも怖い私だけど、エンタテイメントとは現実逃避なので、なにが最高のエンタメかと考えると、私はやはりホラーコメディになってしまう。 人が真っ二つに裂かれたり、首がポーンと飛んだりするのを面白おかしく演出して見せる度を越した悪ふざけってとっても楽しいです。 大満足!(2010.3.2)

O'HORTEN (2007)ホルテンさんのはじめての冒険


監督:ベン・ハーメル
ホルテンさんは列車の運転士として40年間同じ路線に列車を走らせていた。 そしていよいよ67歳で退職の日がやってくる。 そして最後の日に、ホルテンさんは遅刻して、列車を運転できなかった。 そんな尻切れトンボのような終わり方をし、退職を迎えたのだが、さて彼には家庭も無ければ友達もいないし、これと言った趣味も無い。 40年間仕事以外何もしなかったホルテンさんにいきなり無制限の自由時間が与えられ、その困惑ぶりを描く、北欧のゆる〜いコメディだ。
ジム・ジャームッシュ、アキ・カウリスマキに代表される、面白いんだか面白くないんだか良くわからない系のコメディ。 微妙なところでツボを突かれてクスクス、わかる人にはわかるっていう通向きなのね。 こういう映画って理屈っぽく無いから直感で笑えないと素通りしてしまう。  実は私、カウリスマキはどこが面白いのかわからないのね。 (ジャームッシュは大好きだけど。) それで、本作品も北欧だし、わからなかったらどうしようって不安が過ぎったけど、めっちゃ笑えたので一安心。
初っ端のホルテンさんの40年間の勤労を表彰するパーティが超うけた。 制服のおじさんたちが、『シュッシュポッポ、シュッシュポッポ』って合唱するのよ。 その次に、みんなで列車の音をテープで聞いて路線を当てるゲームですっげぇ盛り上がるの。 鉄道員みんなが鉄道オタクなのよ。 沈んでいるのはホルテンさんひとりだけ。
『冒険』たって、ホルテンさんは何をするわけでもないのよ。 ホルテンさんの周りで勝手に何かが起きてる。 それを傍観する時間が出来たっていうのが正しいと思う。 平凡な毎日でも、じっくり生きる時間があると、いろんな面白いことが見えてくるらしい。 そして自分の生き方も考え直してみる。 なんか私も老後が楽しみになってきました。(2009.10.5)

DEN BRYSOMME MANNEN (2006)厄介な男…からっぽな世界の生き方<未>


監督:イエンス・リエン
ノルウェーのとってもシュールな映画。 冒頭で、若い男がホームに入ってくる電車に飛び込んで自殺する。 その瞬間に風景は、だだっ広い荒地に変わり、そこにポツンと立つガソリンスタンドにバスが止まる。 そのバスから、さっきの自殺した男が降りてくる。 どうやら、死んだ瞬間に別世界に移動したようだ。 ここは天国なのか地獄なのか、まだ良くわからない。
その男の名前はアンドレアス。 彼はバス停で迎えに来た男に町まで車で送られ、新しいアパート、新しい職業をあてがわれる。 仕事は会計士で、特にハードでもなく、美人なガールフレンドも出来て、この町で新しい生活が始まるのだが、生活は何か味気ない。 いや、何か...どころじゃない、食べ物はおいしくも不味くも無く、酒を飲んでも酔うことは無く、出会う人間はみんな感情の無いロボットのようで、無味乾燥、無臭の世界なのだ。 
一番最初にギョッとするのは、アンドレアスの仕事第1日目のお昼休みに外に出ると、清掃車が走って来るのを見かける。 その先には、飛び降り自殺した死体があり、その死体は無残にもフェンスの鋭い杭に串刺しになっているのに、通行人は見向きもしない。 清掃人達といえば、死体から内臓がドロドロと路上と流れ落ちてるのに、それに何の反応も示さず坦々の事務的に作業を続けるのだ。 このはらわたグチャグチャと、整然とした町の風景のミスマッチがシュールったらない。
誰も死を恐怖と思わないのは、どうやらこの世界の人々は死なないのだ。 だから子どもも生まれない。 大人しか居ない世界。 時間が止まっているようだ。 セックスももちろん超事務的だし、彼女はアンドレアスの浮気を発覚しても、「いいんじゃない?」と顔色ひとつ変えずに言われちゃうし、浮気の相手に元カノとは手を切ったといっても、「そんなことしなくてもいいのに。 私にもたくさん相手が居るし...。」とふつーに言う。 「そんな...。一体君は誰が一番好きなの。」 「わからない。 みんな私に優しいもの...。」 もう、アンドレアスはうわぁぁぁっっと狂い出しそうになる。
しかし、彼はふとしたことから、壁に空いている不思議な穴を見つけるの。 その穴からは感情を揺さぶるようチェロの音が聞こえ、時には子供達の笑い声も聞こえ、そして懐かしい焼きたてのパイの匂いがしてくる。 アンドレアスは必死になって壁の向こう側に行こうとするが...!?
主人公がはまってしまったこの不思議な世界は、絶対何かの風刺なんだろうな。 キリスト教が説く天国はみんなが永遠に幸せに生きる場所なんでしょ。 それを現実的に再現ればこんな感じなのかな。 結局、不幸無くしての幸せって、何も感じないのと変わらないってことなんだよね。 そしてそれがアンドレアスにとっては地獄の苦しみになっているところがこの映画のコメディの部分なんだろうけど、あまりにもシュール過ぎて、笑っていいのかわからない。
この世界の人々の話の話題は部屋のインテリアだけって言うのも、IKEAを代表とするおしゃれ北欧家具文化の風刺なのかしら。 よくわかんないけど、面白かったよ。。(2013.6.30)

Naboer (2005)ネクスト・ドア


監督:ポール・シュレットアウネ
ヨンの恋人がアパートから出て行くシーンから始まる。 ヨンは恋人に捨てられたのだ。 ショックが抜けきらず、ボーっとしているヨンはアパートのエレベーターで謎の美女と乗り合わせる。 アナと名乗る彼女は実はヨンの隣の部屋に住んでいて、ヨンに家具を動かすのを手伝ってくれないかと頼んでくる。
アナの部屋に訪れたヨンは、そこにもうアナの妹のもうひとりの美女キムを発見。 なぜか美女姉妹は初対面のヨンを誘惑するかのように、接近してくる。 たじろぐヨンにかまわず、妹のほうは体をすり寄せてくるし、思わずヨンもその気になるのだが、いきなりこの妹、ヨンを殴りつける。 これがもう、ボコボコになるぐらい激しくぶん殴ってくるのだ。 自己防衛からヨンも殴り返すのだが、この暴力がキムの性欲をそそり、殴りあいながらセックスをするという…、何が何だか分からないけど、とにかくテンションは高い。 
そしてこの謎の姉妹は初対面なのにヨンの過去をよく知っていて、ヨンは怖くなるのだがそれでも惹かれていく。 さてこの姉妹の正体は…? っていうミステリーなんだけど、鈍い私でさえけっこう始めのうちにオチがわかってしまった。 でも撮り方や見せ方が面白いのよ。
アパートそのものを不思議空間に仕立てて、出口のない閉所恐怖症的な怖さがあるのに、奥は底なしに広がっていく感じが凄い。 めちゃくちゃ乱暴でエロな妹とか、それに嵌ってしまうダメなヨンとか、キャラも十分立っています。
撮影は全部室内だから、どこの国の映画か分からなかった。 東欧かなとも思ったけれども、それにしてはインテリアがオシャレだし、人物も垢抜けている(ゴメンネ、東欧…)。 後で調べたら、ノルウェー映画でした。 ノルウェー産の新感覚ホラー、一見の価値あります。(1/16/2009)

SALMER FRA KJOKKENET (2003)キッチン・ストーリー


監督:ベン・ハーメル
時代は50年代。 スウェーデンのキッチンを設計する会社が、独身男性を対象にどのように台所を使用しているのかを調べるために、ノルウェーに調査団を送る。 調査員は、台所の片隅に座の高い天井に着きそうな監視の椅子を置き、そこに座って何日間にも渡って一日中観察する。 しかし、あくまでも観察員なので、決して非観察者とは言葉を交わしてはいけない。 なんか、モンティ・パイソンのコントにありそうなシチュエーションだ。
観察員のひとりイザックは一人暮らしの老人のフォルケの担当となる。 ビデオカメラが無かった時代には実際にこんな風に人間が長時間に渡って観察しメモを取っていたのだろうけど、同じ場所に居ながら交流するなとは無理な話だ。 イザックは最初は真面目に黙々と観察を始めるのだけれど、言葉を交わせないって凄く難しいことに気づいていくし、フォルケはフォルケで観られているのが気になって仕方ない。
フォルケが神経を集中してネズミ捕りを仕掛けてるのに、イザックが咳払いをしたおかげで手元が乱れてバチン!! には爆笑した。 お互い言葉を交わせないので、フォルケは黙ったまま怒った顔をして台所から出て行く。 また、イザックは監視椅子の上でお弁当を食べるのだけど、ゆで玉子につけるお塩を忘れ、たまたまフォルケが台所に居なかったので棚の上のお塩を借りるのだけど、戻す場所を間違えた。 フォルケがやって来て、彼も玉子を食べようとお塩を探すのだけど、いつもある場所に無いわけだからあっちこっち探す。 イザックは、塩はあそこにありますよ、と言いたいのだけど言えない辛さ、良くわかるわ〜。 イザック居たたまれず、指を指して教えてあげるのだけど、イザックはムッとして玉子も食べずにまたもや台所から出て行くの。 こういう他愛のないゆる〜いギャグが表情とかタイミングの取り方とかで凄く笑わせてくれるの。
おそらく北欧の人には、「スウェーデン人の中年男がノルウェーの老人を台所で観察する」というシチュエーションを聞いただけで、すでに笑えるんだろうな。 スウェーデン人=勤勉で几帳面、ノルウェー人=田舎者で呑気、などと言うステレオタイプがあるのかなとも思う。 北欧なんて、極東の私達にとっては遥か遠いところだけれど、この映画の中の人々がもの凄く身近に感じられる。 フォルケとイザックの気持ちが手に取るように判るのよ。 普遍的なユーモアなのに全く陳腐にならないコメディってめったに現われない。 観察するよりも、言葉を交わした方がもっとよく人を理解できる、という暖かいメッセージを込めた珠玉の名作です。

トップページへ インデックスへ戻る