■人数 四人〜五人(三人でも可能) 。

■用意するもの 碁石やマッチ棒、麻雀の点棒、ゲーム用コインなど。

■使用する札の枚数 四十枚すべて。「かっぱゲーム」と書かれた札は使いません。

■遊びの概要 親の龍神役と子の河童役とに分かれ、龍神にできるだけ早くキュウリを献上した河童が勝ちとなり、負けた河童は負け分の点数を龍神と勝利した河童に献上するゲームです。

■遊び方 

1 まず、ジャンケンなどで仮親を決めます。

2 仮親は手札をよく切って、右隣から(反時計回り)人数分すべて配ります。

3 手札の中に龍の札がある人が龍神(親)となり、場に龍の札を出します。龍神となった人の手札は、他の人に見えないよう、裏を上にして積み重ね、山札とします。

↑配られた札に龍神の札が入っていた人が龍神となります

↑龍神の札は山札とします

※三人の場合は一枚余りますが、これは龍神の札に入れます。余った一枚が龍の札だった場合は、配った人が龍神となります。また、龍神はゲームに参加はしませんが、「次は十五本、次は十六本」などと河童たちが出すキュウリの本数の管理と、山札の管理をします。そのかわり、がっぽり貢がれるおいしい役目です。

4 龍神の右隣から(反時計回り)、一本ずつキュウリを増やして献上します。最初に場へ出された龍の札は数字の一ですから、右隣は二の数の札を出します。二の次は三、三の次は四と、順番に出してゆきますが、手札は何枚使っても構いません。手札の数を組み合わせて調整すればいいのです。

↑龍神の右隣は2を出し、その次の人は3を出していきます

↑8の次は9。ここでは4と5で9にしています

 どうしてもその数にならない場合は、龍神の山札を一枚めくります。その札を使って献上できればいいですが、なければ手札に入れて、その回はパスとなります。

5 山札がなくなったら、龍神は献上された札をよくきって、山札にします。このとき、龍の札は混ぜないでください。

6 早く献上しきって手札がなくなった河童が勝ちとなり一ゲーム終了です。その他の河童は、残ったキュウリの本数を計算します。その際、ヒョウタン札は十本分として計算します。

 最も数が多く残った河童が「負け一番」となり、残った分の点数を、碁石や点棒などで龍神に支払います。その次に負けた河童は「負け二番」となり、その回の勝者に、残った分の点数を碁石や点棒などで支払います。下一けた切り上げにすると、点数のやりとりがスムーズです。

※三人の場合は、「負け一番」が龍神に支払うだけにします。

7 龍神役は、一回ずつ反時計回りに移ります。二回目からは、交代した龍神が札を配ります。このときも龍の札は混ぜず、交代するたびに龍神の前に置いてください。ゲーム開始時には、龍神の右隣の人から数字の二を出してゆきます。

8 すべての人が龍神役を終えたらゲーム終了。

9 もっと運とツキを加味した遊び方としては、龍神役を持ち回りにせず、毎回遊び方3の方法で龍神を決め、ゲームの回数を半年(六回)もしくは一年(十二回)として遊びます。

 

■ゲームには特殊な札があります。

四の尻子珠札は四の数としても使えますが、化け札にもなって、どんな数にも置き換えられます。ただし、化け札として使う場合は、他の札と二枚の組み合わせでしか使えません。

↑尻子珠の札は2枚の組み合わせでしか使えません

一のヒョウタン札は数字の一として使うこともできますが、化け札にもなり、一枚だけでどんな数字にも置き換えられます。こちらは一枚のみで使用します。

 ヒョウタンの化け札はプレイヤーの左隣への嫌がらせにもなり、ヒョウタンを出された左隣は、直前に出した札を手札に戻さなくてはなりません。

↑ヒョウタン札を化札として使う場合は1枚で使います

↑ヒョウタン札を出された左隣は、直前に出した札を手札に戻します

 ※例 ヒョウタンを十五の数として出した場合、左隣は十四として出した札をすべて手札に戻します。ゲームはヒョウタンを出したプレイヤーの右隣から通常通り行われ、十六の数を出してゆきます。

ヒョウタンを化け札として使った場合、次の右隣は連続してヒョウタンの化け札を使うことはできません。ただし、数字の一として他の札と組み合わせてなら使えます。

十の菅原道真の札も特殊な使い方があります。

 右隣がヒョウタンを化け札として使い、プレイヤーは自分が出した札を回収しなくてはならないとき、菅原道真の札を出せば「ひょうたん返し」となります。

↑ヒョウタン札を出されたら、菅原道真で反撃できます

↑菅原道真が出されたら、ヒョウタン札を出した人は、菅原道真の札+左隣の人が回収しなくてはならなかった札を手札に入れます。このとき、ヒョウタン札は入れません

 「ひょうたん返し」されたら、ヒョウタンを出した河童は、菅原道真の札+左隣の人が回収しなくてはならなかった札のすべてを、手札に納めなくてはなりません。ゲームはヒョウタンを出した河童の右隣から通常通り行われます。

※例 プレイヤーがヒョウタンを十五の数として出した場合、左隣は十四として出した札をすべて手札に戻さなくてはなりませんが、ここで菅原道真を使われると「ひょうたん返し」となり、プレイヤーは菅原道真の札+左隣が出した十四分の札を手札に戻さなくてはなりません。

 ゲームはヒョウタンを出したプレイヤーの右隣から通常通り行われ、十六の数を出してゆきます。

ひょうたんの化け札であがり宣言をした人に対しても、「ひょうたん返し」は有効です。どんどん妨害しましょう。

なお、献上するキュウリの本数は、三十を超えるとあがり難くなります。そこで、龍神役が献上するキュウリの本数のリミットを設定して、限度数に達したらまた二本から献上し直すなど、数値を決めた方がより楽しめます。

その他のルールは、話し合いで決めてください。