Home

Porno Graffitti live report in Osaka & Nagoya

ちゃみさんが寄せて下さった、ポルノグラフィティのライブレポ第3弾です。
ちゃみさん、ありがとうございました(^O^)


C1000タケダプレミアムライブ本編のレポをお届けします。

読んで下さるだけで嬉しいので、お気楽に読んで下さい。


〜このレポートに記載されているすべては、私の記憶に中にあるものです。
細かい内容の違いや一部妄想の入ったところもあります。
あいまいな記憶の中で表現されたものである事をご理解下さいね〜

 

2005.8.24 in なんばHatch


行って来ました、初めてのライブハウスライブ。

さあ、なんばHatch到着。

会場に着いたらさっきと違って凄い人。
入場を待つ人が幾重にも並んでごった返していて何が何やらわからない状態でした。
しかし私はさっき確認しておいたチケット交換所の場所へ直行。
ナンバーの入ったプラカードとブロック表を貰う位置確認。

ぎぇ〜〜前よ前。
たぶんC1000ライブっていうことなのか?
入場番号は1000番スタート!
私の番号はかなり前のブロックだということが判明!!

番号が呼ばれた順に入場らしい。でも人が多くて聞こえない。
しかしここで遠慮はしてられません。
(喫茶店に入る根性はなくても・笑)
人波掻き分け掻き分け前に前に。
アナウンスの聞こえる場所までやって来た。

10人づつ順番に番号が呼ばれていきます。
ドキドキドキ!!!つ、次よ次〜〜
きゃ〜〜!呼ばれた!!
プラカードのナンバーがチェックされ中に入る。
エスカーレーターで上へ上へ〜〜〜
扉が見えた!ここがなんばHatch!ライブハウス!!!天井が高い〜〜!!
自分のブロックに着くまでにもう2回チェックされた。かなり厳しい。

どどどど、どこがええんやろ???
まだ場所に余裕はあるけど、悩んでるうちにもドンドン人がやって来る。
とりあえず、手すりのある場所を確保。
前方の背の高い男性2人組がじゃまだったけど
たぶんどこに行っても同じようなもんだろうと、真ん中行くより手すりを選んだ私。
ふと斜め横を見ると巨大なスピーカーが私を睨むようにそびえ立っている(気がした)。



ここで良かったんやろか?耳大丈夫やろか?
でももう動けない。
しかも人が多くなるにつれてだんだん気分が悪くなってきた。

手をグッパグッパしたり体揺らしたり飴舐めたりして乗り切ろうしてたところへ
ベース音が響く!!胃に来た〜〜〜〜〜っ!!!
気分が悪い時に胃を揉まれる感じやばい。
このままじゃ倒れる。本気でそう思った。
どーしよう、始まる前からこんなんじゃ(泣)

岡野〜〜〜〜!!早く出て来い〜〜〜!!
岡野〜〜〜〜〜っ!!
もう呼び捨て。
心の中で叫びまくってました。岡野〜〜〜〜っ!!って。
そんな甲斐あって、岡野くん登場!!
その途端すっかり元気になるわたくし。愛だわ〜〜(笑)



ほんの隙間からですが顔が見える。表情すらくっきり。
ああっ!レポでどう表現したら伝わるかしら?
えと、鼻の穴も確認できるくらい?

「みなさん、元気ですかっ!」(いつものご挨拶や〜)
「盛り上がってますかっ!」(まだ出てきたばかりや〜ん)
軽くツッコミ入れつつステージチェック。
いつものサポメン(NAOTOさん以外)がいない。その代わりに見知らぬ人が数名。


1曲目がスタート

★憂色〜Love is you〜
この曲はファーストアルバムに収録されています。
アルバムに収録されている昭仁くんとはまた違う感じの
今の昭仁くんの素敵な歌声にうっとりです。。。

昭:「こんばんは。盛り上がってますか?わしらがポルノグラフィティですっ!!
   C1000タケダpresents プレミム、、(噛んだっ!)プレミアムライブにようこそ!
   大事なところで噛むのが僕なんです。」(可愛かったですよ〜〜)

そして見知らぬ数名、実はストリングスカルテットのメンバーを紹介してくれました。
 〜 バイオリンがNAOTOさん、真部裕さん。
    ビオラが室屋光一郎さん、チェロが丸山朋文さん 〜
そして最後にピアノ、本間昭光(ポルノのプロデューサーak.hommaさん)〜〜〜〜〜
観客の歓声が1番大きかったです。

「ここに居るのはプレミアムLIVEに当選したって事で
みんなラッキーな人らばっかりなんじゃのう。
なんかえぇ事起こるかもしれんね、UFOとか降りてくるんじゃないか?」


★夕陽と星空と僕

これこれこれ〜〜聴きたかったの〜〜!!
去年のFC限定ライブで歌ったって聞いて(リクエストNo.1だった)
まだライブに行った事もないのに初っ端がFC限定?広島?ということで
悩んだ挙句申し込まなかったのを大後悔した因縁の曲!!
くぅ〜〜〜これだけでも当たった甲斐があったよ〜〜


★小説のように

これこれこれこれこれ〜〜〜聴きたかった!!!
この曲を生で聴くのがポルノ人生の目標の一つだったので嬉しかったです。
まさかこんなに早く聴くチャンスがくるなんて思いませんでした。


「次の曲はみなさんもなじみのある、、
前は僕がピアノ弾いてましたが今日は上手い人がいるんで、、、」

本間さんの流れるようなピアノで始まった
★愛が呼ぶほうへ

今回プレミアムライブということでバラードを4曲もやってくれました。
前にねバラードはライブではやってもらえない運命やからねって晴一くんが言ってたので
この構成には相当感激しました。目頭を押さえている方がチラホラいたのも頷けます。
音が良かった!どこまでも透明感のある音が胸に沁みました。
昭仁くんの伸びやかで優しくて甘くて暖かい声に
ずっと目を瞑り歌い上げる姿に、このままずっとずっと聴いていたいと願いました。



〜〜〜カルテットのメンバー、本間さん退場〜〜〜

「出て来い!いつものサポートメンバー、出でよ、愉快な仲間たち!」
昭仁くんが呼んでからしばらくしてサポメン登場

「もうちょっと早く出てきて欲しかった!愉快な仲間達!」
「こっからはいつものライブと同じメンバーということで盛り上がる曲、行きます!」


★ROLL

折角のCM曲なんですけど、
ここでも歌詞が抜け落ちる
最初の方で「めぐる〜めぐる〜僕がす、、、」
はい、最後のサビ歌おうとしました。
これでは歌が終わってしまいます。
焦った昭仁くん立ち直れず歌詞が出て来ない。無言のままどこまで行くのか??
と思っていたら「愛してる〜〜〜」で無事復活。


★ヴィンテージ

「ここでもう1人ゲストを紹介します。
パーカッション、スパム!!
一昨日レコーディング終わったばっかりの
できたてホヤホヤの新曲をね!やってみようかなと思います!
え〜〜〜まだ歌詞覚えてないんで譜面台置かせてもらいます。」


★新曲

どのような曲だったかと言うと聴いたことない曲調でした。
また新しい一面を見せてくれるのねって思いました。

「え〜〜タイトルはね、決まってません。仮タイトルはね付いとるんじゃけど
恥ずかしくて言えません。」

《客:ええええええええっ〜〜〜〜〜〜〜》

「なん?みなまで言うかいな。
プレミアムライブじゃから言うてあんまり調子に乗っちゃいかんよ。
いや、ホンマに恥ずかしいんじゃって!!
タイトルはね、また発表するんで、楽しみに待っててください。」

「えー、ゲストメンバーのスパムなんですけど、僕らのね同級生です。」

《客:えええええええええっ〜〜〜〜〜〜〜〜》
(失礼ながらどー見ても同い年には見えませんでした)

「いや〜ええネタやな〜〜これ〜〜(昭仁くん嬉しそうでした)
もうね、一緒にレコーディングとかしよるんやけど敬語が抜けんね〜〜」
《晴:うっそ〜〜〜〜〜ん!ホントに同い年?、、、ですか?》
(わざとらしく敬語にするHくんでした)


★元素L

この曲も何気に嬉しい


★パレット

またもや途中で歌詞が抜け落ちた昭仁くんに
演奏後、晴一くんが首を傾げながら譜面台覗いて首傾げてます。
たぶん、歌詞書いてあるのに何故間違うのかと言いたかったもよう。

「ん?そうやね。譜面台あるのにね。わからんなるん。
バカ〜〜〜〜〜〜っ!!俺!!!」と絶叫(いや、可愛い過ぎやから)

「しばらく準備があるんでね、MCでもしましょうか。
C1000タケダビタミンレモンのCMなんですが撮影が2月で放送開始が春ということで、、、
(はっ!いかん撮影の話がしたかったのに放送の話までいってしもうた、
どうやって戻そう。。。
という昭仁くんの心の声が聞こえてくるような、間がありました。)
えっとね、撮影が寒くてね。
わしらも薄着で頑張りよったけど、CM撮影のスタッフのみなさんが頑張ってくれたおかげで
とても良いCMになったと思います。
長谷川京子さんと共演やと思っとったのにおらんかったね。」

《晴:それはないやろ》

「おにぎりくらい持ってきてくれるって思いよったのに、、」

《晴:おまえ、あれよね。あれ、、えらいカッコつけて言いよるよね?もてたいん?》

「うん、もてたいん。
いや、難しいんじゃって。」

《客:やって〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!》

「し〜せんたっけだっ!」
きゃ〜〜〜!生!生!もうこれだけでここに来た甲斐がっ!(笑)

《晴:あれ何処で録りよったん?》

「ほれあれよ、、、、あれ、、、、、
オフ、、、オフレコ?いやオフレコじゃない。あ、オフレコ?」

《客:アフレコ〜〜〜》

「あ、そうそうアフレコね。オフレコじゃないわ。スタジオで録りよったん。
ホンマに難しいんやって。だって正解がないんやもん。
長谷川京子さん上手い!歴代の人上手いよ。俺だけ浮いてるって思うたもん。」


★PRISON MANSION

これはNaNaMaサマーガールのカップリング曲ですが
かっこいいです!昭仁くんの声の伸びと張り上げ具合が最高です。


★Let's go to the answer


★ドリーマー
「もう楽しくて歌詞をいっぱい間違えてます。 でも気にしない。 だって楽しいから!!」


★ネオメロドラマティック


★ミュージック・アワー

跳ぶ曲です。隣の人のパスカードが跳ねてビシバシ腕に当たって痛かった。
恒例の変な踊り、昭仁くんがすんごい気合入れてやってたので
私も負けられんと思ったのですが狭くて、、、隣が気になってあまり振れなかったです。


★NaNaNa サマーガール

いや〜〜これもライブで聴くと楽しいです〜〜〜
TVじゃちょっと恥ずかしいのに(笑)


ここで本編終わり
手を振りながらサポメンと共に去って行きました。
ポルノチャチャチャ!(チャチャチャは手拍子です)ポルノチャチャチャ!!
ポルノのアンコール恒例の呼び方です。
まあニッポンチャチャチャのパクリです(笑)



わりと直ぐにメンバー&サポメン、ゲスト総登場!
改めてメンバー紹介の時昭仁くん、自分の名前噛んで

「自分の名前さえ噛む。。。。。」

「行くぞ!ラスト1きょ〜〜〜〜く!!」

《客:えええええええええっ〜〜〜〜〜〜!!!》

「嫌なん?やめよかぁ??」

《客:ええええええええええええっ〜〜〜〜〜!!》

「アンコール行くで〜〜〜〜〜〜」


★サウダージ

楽器隊全員演奏によるサウダージは何か深みがあってすっごい良かったです。

ステージ中央に立って生声で挨拶。
晴一「今日は来てくれてありがとう!」
昭仁「また何処かで会いましょう!!」


そしてステージの端の方へ
あれ?あれ?確か東京の会場ではおまけでジレンマやってくれたって
大阪は??大阪は〜〜〜〜???
ステージの端で立ち止まり何やら話してる??
サポートメンバーも現れ一緒に端っこで集結。
ポンプさんがこっちにお尻向けて何か言ってる。

私の想像では「アンコール!」と
あらあらあら、、みんなが再び定位置へ
やっぱりやってくれるん?そうこなくっちゃ!!!
晴一くんギターで「これ!これ!」とジレンマのイントロを爪弾く。
「オッケ?あ、もう出来とる?」
「ラスト1きょ〜〜〜〜くっ!ジィ〜レンマッ!!!」
ダダダンダダダン、、、、くぅ〜〜〜来た〜〜〜!!!(喜)
みんな跳ねる跳ねる〜〜〜!!!
昭仁くんも跳ねる跳ねる!!テンションたか〜〜〜い!!

★ジレンマ
もうこの曲だけは跳ばないと帰れません(笑)

落ちこぼれMC&その他
「昨日ビタミンレモン飲み忘れまして、
分け目がいつもはこっちやのに、今日はこっちなん。
ニキビがっ!昨日、ビタミンレモン飲み忘れたばっかりに、、、」
(めっちゃ営業サービストークですよね?)

今回の私の立ち位置はステージ向かって左側の
巨大なスピーカーの近くでしたが、音はとても優しかったです。
音だけで言えば今までで一番良かったかもしれません。
スピーカーの音より後ろの女の子の叫び声の方が問題でした。
鼓膜破れるかと思ったもん。キーンって凄いの。びっくりしました。
昭仁くんが定位置で歌っている時はなんとか隙間から見ることが出来ました。

ただ昭仁くんがこっち来てくれたらものごっつい壁がね、
ぴったりと隙間を塞ぐ人の壁が固まってしまって
これっぽっちの隙間も与えてくれず折角真正面に来てくれても声だけでしたね。
壁の後ろでね、あ〜〜〜今真正面に昭仁くん居るんやな〜〜〜
でも見えんから動いて!!背が低いのが悲しかった。。。

でも殆どずっと見えてました。ギター弾く姿も(指の動きも見えるのは嬉しかった)
昭仁くんが見えない時はNAOTOさん(ヴァイオリン)とただすけさん(キーボード)を見てました。
2人とも男前だから、目の保養にはなりました。

たぶんジレンマの時だと思いますが
途中で消えた!と思った昭仁くんがすっごい高い位置にスパーンって感じで
壁の上から現れたのでびっくりしました。
何?何?今の大ジャンプ??

真相はカルテットの方用の椅子の上走り抜けたそうです。(危ないから〜〜〜)
昭仁くんがステージの左端に来て後ろの客にアピール!!

この時約1.5メ〜〜トル

ごめんなさいね。
この時この瞬間私と昭仁くんの2人きりでした。世界には(笑)
時間が止まったような気さえしました。


残念ながら昭仁くんはステージの後ろの方真っ直ぐに目線を向けていたので
昭仁くんの左の横顔が見える位置にいた私とは目は合いませんでした。
ただ、中央に帰って行く途中で、一度だけ昭仁くんの視界の中に入った!
って感じる瞬間がありました。
気のせいかもしれませんが、嬉しかったです。





以上、ここまで読んでいただいてありがとうございます。

このライブ、くじ運の無い私が本当に当たるなんて思っていませんでした。
どーせ当たらないならと、ギフトカードの応募にも手を出しましたが当たらず
どーせ当たらないなら、やっぱりライブに掛けてみるかと
最後まで諦めずにコツコツ応募して良かったです。

もうこれが最後。これが最後と思いつつ、何本ビタミンレモン買ったでしょうか(笑)

当選画面見た時には手が震えました。何回も見直して意味も無くウロウロしてみたり、、、
招待状が届くまでは信用できずに、当選画面を印刷したやつ眺めてました。


私にこんな幸運が訪れたのもみなさんの応援のおかげだと思っています。
これからも想い人は違いますけど(そこが良いんですよね?)
よろしくお願い致します。



【管理人からひとこと】

ちゃみさんっっ!!(*ToT)人(T-T*)仲間!

分かるっ!分かるんですよ〜〜!!
世界に二人っきりになる瞬間があるんですよね!!
時間が止まるんですよねっっ!!
あ”う”〜〜〜!!!号泣

ああ、私だけの勘違いでなくてよかった(笑)

ちゃみさんと私、なぜかライブの時期が重なったり、
思わぬ幸運が重なったりと、
ダテに同じ星座じゃないわね!と思っている次第です。

今回もUPがすっかり遅くなっちゃってごめんなさい。
この目がイタイ黄色の背景は私からの思いを込めて〜(爆)

本当にありがとうございました!!
またまた、熱いレポ♪期待してお待ちしております(^m^)