現在保護頭数、50匹を超えております。

私どもはボランティ団体ではありません。
私が友人と保護をはじめ、ボランティアさんで数人の方が
お手伝いをしていただく事がありますが、
普段の猫の世話は、私個人がしております。
あくまで個人の活動だという事をご理解ください。

1人で面倒を見る事が出来る限界の匹数・・・
それはわかりませんが、子猫が29匹と成猫・・・
そして、耳ダニやその他の病気があった際は、
通院、投薬なども含め、もう限界の匹数です。

猫の命を助けて、保護をされました方からの保護依頼は、
現在いかなる理由があろうと、受け付けられません。

お力になれず申し訳ない気持ちでいっぱいです。
しかし、私個人で出来る事には限界があります。

もし、猫を保護された場合は、
『いつでも里親募集』様又は『ノアのはこぶね』様
などで里親様を探す事がお勧めです。
どちらも必ず諸注意などを良く読んでから投稿して下さい。

又里親様を決める際には、虐待目的、転売目的、
そして何より衝動買いの方も大変多いです。
必ず、ご自宅に伺い、良くお話をされてから、猫を
お引き渡しして下さい。

里親様募集には焦りは禁物です。
せっかく助けた命です。
そのこそのこは、必ずご縁を持って産まれており、
最終的には必ず猫が自分の里親様を自ら決めます。
必ず里親様は見つかりますので、焦らず募集を行って下さい。
条件などは、私どものサイトをご参照ください。


<子猫を保護された方へ>

子猫を保護されました方は、必ずまずは病院へ行き、
うんち検査、健康診断を行って下さい。

子猫用のミルクは、エスビラック(パウダー)がお勧めです。
(便秘が少なく、母乳に近いです)
人口授乳には便秘がつきものです。
しかし長い便秘は命に関わりますので、すぐに病院へいってください。

子猫のうちは自分で排泄ができませんので、ミルクを飲んだ後は、
必ず、コットンまたはティッシュで優しく刺激をして、
おしっことうんちを取ってあげて下さい。

子猫は生後1ヶ月くらいまで自分で体温調節が出来ません。
25〜6度に保てない場合は、湯たんぽなどで保温をして下さい。
(電気毛布などは、感電おそれがあるため御勧め出来ません)

里親様へのお引き渡しは、理想は生後3ヶ月以降です。
どんなに急いでも1ヶ月未満でのお引っ越しは、命の危険が
伴います。(尚法律でも1ヶ月未満での譲渡などは禁止されており、
虐待にあたりますので、お気をつけて下さい)
母猫が一緒の場合は、特に3ヶ月くらいまで一緒にしたほうが、
子猫は大変良い子に育ちますが、万一母猫が伝染病を持っている場合は、
1ヶ月程度で離し、離乳をされた方がいいかと思います。


<野良猫の不妊手術>

野良猫を保護され、不妊手術をご希望の場合・・・
残念ながら札幌市内で、野良猫の不妊手術をしてくれる病院は、
極めて少ないです。
連れて行く前に、最寄りの病院へ必ずお問い合わせをして下さい。

間違っても保護した野良猫を、警察へ連れて行かないで下さい。
そのまま管理センターへ連れて行かれ・・・即日処分の対象になります。
(迷い猫・・・飼い猫の可能性があっても...同様です)

1匹の不妊手術で不幸な猫が増える事を防ぎます。


保護された猫ちゃんが幸せになりますように・・・