雪上技術

ワンダーフォーゲル部勉強会

雪上技術

(1)アイゼンを使わずに歩く

キックステップ  雪上歩行のもっとも基本的な技術。アイゼンを付けずに雪面に靴を蹴り込む(キック)によって足場(ステップ)を作り、堅い斜面や急斜面を登校する技術。 実際には冬山よりもむしろ春山や夏山の雪渓で必要かつ多用される技術です。 以下は状況に応じてこのキックステップを使った技術です。

直登  膝を支点にして、爪先を振り子のように前に蹴り出し(上から打ち下ろすのではない)、爪先で雪面を削るようにしてステップを作り出します。爪先を若干下向きにして蹴り込むのがコツ。蹴り込んでステップができたら、その足に体重を移して勢いをつけずにすんなりと立ち上ります。

斜登  急斜面が続くときは斜面をジグザグに斜登する方が疲れません。直答の際のキックステップと同様、靴を雪面に蹴り出しますが、蹴り込むのは爪先ではなくてサイドエッジになります。斜面の傾斜度に関わらずに靴底を水平に保つことがポイント。 ・水平トラバース  難しいです。結構怖いです。蹴り込みの要領は斜登と同じです。蹴り込む場合に最初に立っていた位置よりも上の線に置きがちで、結果としてわずかに斜めに登校してしまうが、こちらの方が歩きやすいので、目的の場所へ横断するときには若干低い位置から始めるのがちょうどよい。山足は進行方向に向けて、谷足は谷側に少し開き気味にする。

直下降、斜下降  下降は蹴るのではなく、体重を利用してかかとを一気に打ち下ろします。打ち下ろす足の靴底は水平か、爪先を少しあげ気味にして鉛直に打ち下ろし、かかとが雪面に接すると同時に後ろ足から体重を抜き、打ち下ろした足に前体重を写し、かかとに雪を食い込ませてステップを作ります。下降のキックステップは直登と違って、一度でだめなら二度、三度とやり直すことができずに、失敗すれば滑落につながります。従って、斜面の雪質をよく判断することと、体重をしっかりかけてテンポよく進むことがポイントです。

(2)ピッケルを使う

基本  ピッケルは上記の基本的歩行の補助として役に立ちます。斜面の登下降では、ピッケルを杖のようについてバランスの補助とします。頭部の握り方は、登りではピックを前に向けて、ブレード側のくびれた部分をわしづかみにします。この持ち方では、急な斜面でピックを雪に突き刺してバランスの補助にしたり、ちょっと足を滑らしたときにもピックをそのまま雪面に刺すことができます。しかし、万一滑落した場合にすぐに滑落停止姿勢に入れないので、雪になれないうちはブレードを前にして持つのもよいです。下降の時は、ブレードを前にして持ちます。

・斜面の横断や斜登高  斜面の横断や斜登高では、山側がどちらであっても、グリセード式(谷側の手でピッケルの頭部を、山側の手で石突き近くを握る持ち方)にピッケルを持って、石突きを斜面に当ててバランスを保ちながら行動するのが基本です、と本に書いてあります。が、利き手じゃなくても常に山側の手でピッケルを持つのが楽だと思う。この場合利き手じゃなくても滑落停止体勢に入れるよう訓練しておくこと。

(3)滑落停止技術  

雪の斜面を滑落した場合にピッケルのピックを雪に打ち込んでブレーキをかけて止める技術です。しかし、実際に滑落を起こすような危険な急斜面では止まりません。雪上訓練で使うような斜面でしか役に立ちません。転ばない、滑らないようにしましょう。 もしバランスを崩して転んでしまったら、滑り出さないうちにすぐにピッケルを雪面に突き刺してからだが落下していかないようにしてください。それでも滑落を始めてしまったときに滑落停止技術を使います。

@まず利き手で親指側にブレード、小指側にピックが来るように保持し、もう一方の手はシャフトの中程を握ります。

A利き手の方を利き手の肩口に、他方を脇腹に保持します。(胸にしっかりとつけるのが重要)

B素早く体を利き手側に反転させてピックを雪面に突き立てる。

と、いうのがその方法です。 この際に気をつけるべき事は、足は雪面から離す(引っかかって投げ出されることがある)ことと、ピックを斜面に垂直に保持すること、肘をしっかり曲げて手を胸にしっかりと保持することです。これらを完璧に行えば、もしかしたら止まるかもしれません。

(4)アイゼンの使い方  

雪が堅く、斜面が急で、キックステップだけでは不安なときにアイゼンを使います。斜面では着けにくいので、急になる前に早めにつけるのがよいです。  アイゼンでの登校はアイゼンを斜面に対してフラットに置くのが原則(フラットフッティング)。急な傾斜では前爪だけを突き立てて登ります(フロントポインティング)。下降も、アイゼンをフラットにして下ります。少し斜面をのぞき込むぐらいに前傾姿勢をとるのがよい。 アイゼンの爪に雪がくっついてだんご状態になると爪の効果がなくなるので、時々ピッケルでたたき落としましょう。

(5)その他雪上を歩く際の注意事項

・風のないところで休みましょう。

・雪庇に乗ってはいけません。※ せっぴとは雪が山稜の風下側にひさしのように張り出してつもったもの。

・ラッセルについては各自で勉強してください。

・ワカンの使い方も各自。

・雪崩に注意(弱層テストなど)。

・ホワイトアウトに注意。