ワンダーフォーゲル部勉強会

衣類

◎代表的な素材の特徴

綿…日常生活における下着に一般的に用いられる素材である。しかし吸湿性に優れるの   と同時に水分の拡散性が非常に低い(一度ぬれてしまうと乾きが遅い)という特徴のため 「山の下着」としては適さない。登山で大量にかいた汗が蒸発せずに下着に残ると、単に体を冷やすだけでなく生態の恒常性バランスを崩し、筋肉やそれに血液を供給する循環器に大きな負担をかけ体力を消耗し、場合によっては疲労凍死を招くことすらある。山の下着としては、乾きの速い合成繊維のものがよい。  ただ、山シャツなどでは綿は乾きを速めるため化学繊維を混紡した混紡素材として使われている。

化学繊維…水分の拡散性能に優れた素材であり、代表的なポリエステルは現在山用の衣料として一番良く使われている素材である。化繊はその性能を高めるためさまざまな加工がなされている。例えばキャプリンは化学処理により疎水性をもたせたポリエステル繊維の表面に親水性処理を施したものであり、ダクロンQDは綿とダクロンの混紡生地でUFOのような断面をもっていて溝を使った毛細管現象による吸湿を行う。  化繊はこのようにその性能は非常に高い。しかし万能というわけではない。着るといううえで重要な要素である肌触りという点ではどうしても天然素材に劣る。 ・フリース…現在防寒衣料としてたいへん普及している。極細のダクロン糸をパイル地に織った生地で、この非常に細いパイル状起毛の中にデッドエアー(繊維の中に閉じ込められた空気で、衣料品にとって最高の断熱材となる)がたっぷりと取り込まれる。また、この起毛された繊維表面は非常に手触りがよいというだけでなく、着たときから暖かさを感じるという大きな利点を持っている。  もう一つの大きな特徴は繊維自体の吸水率が低いという点である。ぬれてしまった場合でも、繊維自体が水分を吸わないので、手で絞ってやる程度でかなりの水分を取り除くことができる。またウール製品では気を使わなくてはならない洗濯についても、洗濯機による丸洗いが可能である。  さらに、繊維表面が細かい起毛によっておおわれているため水分拡散性が高い。このため、ウイック効果(汗の水分を外側に拡散しようとする力)のある下着の力を損なわず、十分に発揮させてやることができる。  短所としてはウールと同様に通気性と表裏一体の風に対する弱さがある。

ウール…綿に比べてぬれに強く、たとえぬれた状態でもある程度の保温を維持する。 それゆえ山の衣料品として多用されていて、ウールのセーターなどは非常に伝統的な防寒着である。風に弱いという欠点をもつが逆にいえば通気性のよさにつながり、また誰でも街着として一着ぐらいは持っているという、手軽さというか普及の良さも評価できる。  しかしウールには天然素材であるがゆえの弱点がある。洗濯の問題がそれである。ウールは木綿のように洗濯機でとはなかなかいかないし、一度ぬれると乾く過程で縮むという特性があるので扱いには注意が必要である。

GORE TEX…気体と液体の分子の大きさの違いを利用し、気体レベルの水蒸気分子は通れるが液体レベルの水の分子は通れないといった大きさの極めて小さい穴を無数に開けた透水性防水生地。しかしこの透水性とは蒸れの原因を外側へ逃がすことができるということで、決して雨具の内側の熱や空気自体を外側へ換気するといった性能ではない。 透水性能にも限界があることは知っておかなければならない。  しかしそれでも最近のものは非常に高性能である。高い防水性、耐久性を持ち、手入れが手軽にできるうえ価格が安い。また過去に問題となったゴアテックスフィルムの剥離や油分の付着による防水性能の低下という問題も現在はだいぶ解決され、このことによって家庭用洗濯機による洗濯や、単衣での雨具の性能を向上させることが可能となっている。

◎季節による衣料計画

夏山…低山から高峰まで夏山の衣料計画は基本的には同じである。ポイントとなるのは暑さ対策、汗対策である。さらには天候や昼夜の別による非常に大きな気温差にも対応する必要がある。  暑さ、汗を考え行動着は化繊のTシャツに、薄手のウールか、乾きの速い綿と化繊の混紡生地の山シャツ、山ズボン(あるいはジャージ)がオーソドックス。  下衣に関しては暑さ、自由な足さばきからショートパンツ、ハーフパンツは非常に快適である。しかし足の保護などにおいてまったく無力なのでこれらを使用するのならすぐに履くことができる長ズボンの携帯が必須である。またスパッツはかなりの保温力があり暑いのでよほどのことがない限りつけないほうがよい。  防寒着はフリースの薄手のジャケット、プルオーバーかベストなどもあるがたいていは行動着の山シャツで十分である。  また木の枝や落石などの物理的衝撃、夏の強い日射熱や紫外線から頭部を守るため、帽子などをかぶったほうがよい。ただしメッシュなど通気性の高いものである必要がある。そうでないと日射病は防げても熱射病になってしまう。

秋山…秋用の衣服は夏山プラスワン。夏山の装備に何かひとつ保温性の高いものを加えたり、変更したりすることで秋山の装備になる。具体的には山シャツは夏用の綿と化繊の混紡から薄手のウールかフリース地にかえたり、防寒着もしっかりとしたフリースかセーターをもつようにしたりする。