遠州七福神




大黒尊天
法雲寺
静岡県磐田市向笠西374
電話 0538−38−0432
寛永年間に草創された
本尊は聖観世音菩薩 大黒尊天 豊栄稲荷
が祀られている
境内にあじさいが数千株ある
終戦直後から座禅道場を日曜学校として開催
近くに日本一のトンボ宝庫 桶ケ池がある
恵比寿尊天
管長寺
静岡県小笠郡浜岡町佐倉566
電話 0537−86−2444
万冶3年(1660年)齢山曉喜禅師によって開創
本尊 延命地蔵尊 秋葉 弘法大師を祀る
境内には蘇鉄が茂っている
山門の脇には ボケ封じ地蔵尊を祀る
福禄寿尊天
福王寺
静岡県磐田市城之崎4−2722−1
電話 0538−35−7272
約1000年前磐田に国府があった頃高野山の末寺
として建立 500年前曹洞宗に改宗 
本尊 聖観世音菩薩 行基の作と言われ重要文化財
山門は慶長3年(1599年9に建てられ遠州最古
裏手に萬両園という大庭園がある
広い境内は孟宗竹林に囲まれている
毘沙門尊天
増船寺
静岡県榛原郡御前崎町白羽3105−1
電話 0548−63−2374
宝徳2年(1450年)真言宗嵯峨多宝院の末寺として開創
蔵泉寺と称した 文禄2年(1593年)に竜巣院七世
龍頓大和尚により再興され曹洞禅に改める
そして寛文6年(1666年)に漁夫の安全と幸福を願い
増船寺と改称された
本尊 地蔵菩薩

本堂東側に龍頭観音が安置されている
弁財尊天
松秀寺
静岡県磐田郡浅羽町富里453
電話 0538−23−3079
文亀元年(1501年)に創立された
翌1502年福田海岸に漂着した延命地蔵菩薩
を本尊 行基作といわれている
竜地池(弁財池)に群生する睡蓮が6月の早朝
に大輪を咲かせる
寿老尊天
極楽寺
静岡県周智郡森町一宮5709
電話 0538−89−7407
養老年間(717年)に行基により創建された
本尊 阿弥陀如来(行基作)
堂内には甚五郎作のからじし・石ずりの戸(文化財)
聖徳大師自作 子育地蔵尊は13年目の申年に開帳
恵信僧都作 阿弥陀如来は遠州のぽっくり様と
呼ばれて親しまれている
布袋尊天
永江院
静岡県掛川市下垂木4111
電話 0537−22−2917
延徳元年(1489年)に道元禅師より11代目の
法孫 以翼長佑禅師により開祖
本尊 釈迦牟尼仏
山岡鉄舟の筆で豪快な襖八枚ある
雄大な釈迦涅槃図がある(2月公開)