ホンダコレクションホール見学

2005年6〜7月まで栃木へ出張となり、栃木県は初めて来た。一度は見ておきたかった、もてぎサーキットと中にある、ホンダコレクションホール。今回はコレクションホールを見学の模様を紹介します。写真で見るよりは、実物を見るのが一番だと思いますので、機会のある方は是非、足を運んで行ってみてください。   
03GW    もてぎサーキット内にある、ホンダコレクションホール。もてぎの入場料を払えば、見学そのものは無料で見れます。これは建屋の正面。なかなか風格があっていいです。
03GW    正面玄関から入るとご覧のマシンが展示してあり、インフォメーションコーナーに2人の美人のお姉様がいらっしゃって、そこで受け付けして見学スタートです。日曜祭日に行けば、展示車両の走行会や、ムービーも見ることができますよ。
03GW    ロビーのガラス越しに別室の建屋があり、見るとレストアルームがありました。そこには88NSR500が、、、ガードナーのマシンでかっこいい。ほれぼれ。
03GW    室内は立ち入り禁止なので、入り口から撮影しました。自分にとってNSR500歴代の中では88が一番かっこいいと思ってます。もちろん、市販車も88です。
03GW    さて2輪館へ足を運ぶ。これはNR750。500万円もの超高級バイク。乗るのがもったいないね。ほとんどのオーナーさんは展示車両としているのでしょう。
03GW    初代86NSR250R。NSR展示はこれだけでした。やっぱりインパクトがあったのは初代なんでしょうかね。自分の保存88SPレンタル展示してあげてもいいね。(笑)
03GW    NS250R。ガンマに対抗すべく発売された。Rタイプ(フルカウル+アルミフレーム)とFタイプ(ネイキッド、スチールフレーム)があり、Rは50馬力あったとか噂がありました。正ちゃんも飛びついて買いました。汗。このマシンは低速がなく、7000からドッカンとくるじゃじゃ馬です。燃費も10キロと凄いマシンでした。SE(スペシャルエディション)のロスマンズはまったくの別物のパーツで組んであり、興味があります。
03GW    初期型ガンマまで展示してあるのにびっくりです。基本は中古のレストア車両ですが、正ちゃんのガンマが絶対程度は上と見たよ。ひひひ。このガンマは飛躍的に進化のきっかけとなったモデルでもあります。今乗っても大きな不満はありませんよ。
03GW    MVX250F。ヤマハRZ250の対抗として発売されました。対抗と言えばVTなんですが、4ストで打ち負かすのはやっぱり無理と判断したんでしょうね。これは新車なんですよ。焼きつきも多かったモデルです。デザインも専用設計してほしかったなあ。
03GW    初代VT250F。ご存知のように、RZ250に4ストで対抗するために発売されました。しかし絶対的な速さではかなわなかったようです。正ちゃんも元オーナーでした。このマシンは爆発的に売れ、絶対的な速さより、4ストの持ち味である扱い易さが評判を呼び、女性ライダーにも受け入れられましたね。2型は更に発展してRZ250を超えた性能となり、今でも正ちゃんの愛車となってます。ハイ。
03GW    ヤマハ RZ250。このマシンがなかったら、恐らくはガンマ、NSRといった名車は現れなかったでしょう。それだけに2ストの救世主となったマシンなんですね。正ちゃんも元オーナーでしたよ。低速はスカスカで6000からモコモコしていたフィールから、ドカーンと加速するクレージーな印象でした。水冷にしたのは正解で、熱ダレもなく、夏もまったく平気でしたよ。ただフレームは弱かったです。コーナーでやや不安定だったことを憶えています。今でも凄い人気がありますね。
03GW    CB1100R。RCBレプリカです。発売当初は○百万円といったハイプライスマシンでした。逆輸入は今みたいにポピュラーではなく、ほんと高値の花でした。
03GW    CX500ターボ。ツインエンジンのターボで82馬力です。このマシン試乗する機会がありまして、ブーストが立ちあがるとドカーンと加速してました。でもそこまで暴力的ではなく、NSRのノーマルみたいな感じですよ。
03GW    CBX。6気筒1000ccのエンジンの巨大さは目を引きます。キャブの同調出きるショップはほとんどないとか。一度乗ってみたいマシンです。
03GW    CB750F。初めて免許を取ってあこがれのバイクでした。いつかはクラウン??、、じゃなくていつかは エフをと思っていました。FZのブルメタは今でもかっこいいと思います。 もう一度このスタイルで再発売しないのかなあ。
03GW    なんだーこのバイクは、、、と思う人もいるでしょう。1979年のホンダ本格的2ストスポーツMB−5です。当時としては斬新なデザイン。正ちゃんが初めて買ったバイクです。 初めてのバイクって感動の連発でしたよ。今では見ないよね。
03GW    カワサキのマッハ掘2スト500cc3気筒のじゃじゃ馬マッハと呼ばれています。加速はクレイジーで曲がらない、止まらないといった、強烈なマシンです。乗りたいなあ。
03GW    NSR500のV4エンジン。一度でいいからNSR500に乗ってみたいねー。どんな加速するんだか、、、、、、。
03GW    94?NSR250のカダローラのマシンです。最後のロスマンズカラーのワークスでしたね。
03GW    90?NSR250のカダローラのマシンです。ガルアームになっていてかっこいいね。
03GW    89NSR500 ローソンのマシンです。88から丸っこくなってデザインがいまいちのような、、、。
03GW    87NSR500 ガードナーが初チャンプ獲得したマシンです。この時にガードナーファンとなり、ヘルメットも買いましたよ。
03GW    85RS250RW スペンサーがチャンプを獲得したマシンです。スペンサーの全盛期、生で見たかったなあ。
03GW    85NSR500 これもスペンサーがチャンプ獲得したマシンです。85年に初めてNSRが登場しましたね。ガードナー、マモラなどはNS500で可哀想な時期でした。
03GW    84NS500 スペンサーのマシンです。83年にケニーロバーツとの死闘でチャンピン獲得しましたね。84年はケガで欠場が多かったです。
03GW     NR500。ホンダがGP500へ4ストで勝つために開発投入したマシンです。20000回転以上回るエンジンは凄いですが、結局勝てなかった。NSへバトンタッチすることに。
03GW     ワークスNSRのRCバルブ。きっと凄い仕様なんだろうな。
03GW     カーボンディスク。熱に強いメリットがあるが、暖まらないと効かないというデメリットも。

コレクションホールの紹介をこれで終わりますが、台数をもっと増やしてほしいと希望をだしました。NSRを全て展示してもらえるといいね。