大和川コイ釣り

2010年5月22日(土曜)

今日は久々(ほぼ一年ぶり)にコイ釣りに行くことになった。

最初はいきなり大阪の柏原の大和川からの調査となった。

〜柏原大和川から奈良大和川〜

 事前にO原くんからは新天地を目指すとは聞いていたとは言えまさか柏原に来ることになるとは思ってなかった

 んで、ここが最初のポイント、駐車場が無くて何度も周辺をくるくると回ってた

 

早速、下りて竿を出すかと準備しようかとすると

へら台すら設置出来ないくらいの急斜面な堤防だった

周辺にはリールでコイ釣りしてるおじさまが多数いらっしゃった

ここでへら台は場違いだと思い他のポイントを探る

 

 写真で見える橋の近くを捜索したがまったくへら台が設置出来そうな場所が無く結局奈良のいつものポイントに帰ることになった

 はい、ワープ

 

 やはりいつもの場所に限るな〜

 ここでのへら台の設置しやすさには涙が出そうだ;

 しかも全然濁ってないしコンディションはなかなか上々

 しかし、お天道様がのぼるにつれて気温が急上昇・・・

 朝8時台で26度くらいはありそうなくらい暑かった><

 

 おお〜まったく泡立ってない☆

 しかもあちらこちらでコイが跳ねまくってる

 こりゃ、期待できそうだな

 との訳で早速へら台設置に入る

 しかし、一年ぶりにセットするからガタついてないか心配

 

 

 なんとか設置完了。

 ちょっと竿立てを固定する木がちょっと傷んでた

 釣りに支障がなければいいが・・・

 次はレッツクッキング!

 練りえさ作りだ

 

 主の今回のレシピは至ってシンプル、

 ・コイミー

 ・コイのぼり

 ・こいタニシ

 ・スイミー

 の4種を混ぜた物、っても金がないからこれだけしかないのだが仕方ないだろう・・・

 とりあえずは棚を合わせてっと・・・おお〜あちらこちらでコイが跳ねてる跳ねてる!

 横ではO原くんが立派なタックルを準備している、お先に主は釣りを開始した

 早速、浮きが浮き沈みしおもしろい反応だ〜っとここで消し込んだのであわせると・・・・

スッポンだった・・・・

 幸いなことに完全に飲みこんでないのでペンチで救出、しかし、スッポン初めて見た・・・爪が凶暴そうだ

 実際にデジカメで撮ろうとしたときにちょっと攻撃されてしまったのだがな><

 時間は12時過ぎ、O原くんはもう2匹も釣って満足そう。主はスッポンとカメ以外は未だに釣果ゼロ・・1回は引っかけたがはずれて逃げられてしまったって災難・・・しかもカメに仕掛け1個壊されたし

 練りえさも結構消費してそろそろ省エネモードでやるか〜と投入する練りえさをさらに小さくするとさっき異常にウキの動きが活発に

 そしてようやく・・・

ひゃ〜やっとや〜しかし全然引かないな〜と思ってると超ちっさなコイちゃんだった

はかると50造發覆い福舛靴しよく見たらメスじゃないか〜早くリリースしてあげようと即リリース

 とりあえず、今日の目的は最低一匹だったのでとりあえず目標は達成。

 後は練りえさを使い切るか〜と何度も投入してウキの動きを楽しんでると主が今まで釣りしてきた中で一番強烈な引きが襲って慌てて竿を立てて応戦しようとすると豪快にラインがはじけ飛んでしまった。

 うわ〜仕掛け全部取られた〜っとショックを受けてたがさらにショックなのが

 

ぎゃぁぁぁ〜先っぽ吹っ飛んでる・・・

これはショック。

仕掛けを失い先っぽも失いもう強制納竿となってしまった・・・

うげ〜これどうやって修理するんやろ〜

ここの先っぽ初めて吹っ飛んだな〜><

 

 ち・・・ちくしょう・・・主の楽しい楽しいコイ釣りが突如として終わりを迎えてしまった

 しかし、何だったのだろうかあのコイ?は・・・あまりにも一瞬過ぎて何が起きたのか分からなかったがもしやあれは大和川の主だったのだろうか・・・・

 納竿してからはすることがまったくなかったので写真を撮りながらバードウォッチングしてO原くんの釣りを見学していた

 

おろ??

ちょっと天気が悪くなってきたな〜

結構冷えてきた

昼頃のあの温度がうそのようだ・・・

 

ほんとに暇だな〜っと適当にぼーっとしてた

結局、4時頃までやってたがO原くんは合計で

コイ3匹、カメ3匹、スッポン1匹の釣果であった

主はコイ1匹、カメ1匹、スッポン1匹、引っかけ2回だった

O原くんは50〜60台のコイだった

もしかしたらもっと釣れてたはずなんだけどな〜

 

帰ってから自分の肌見たら真っ赤っか・・・うひゃ〜めっちゃ焼けてしまった><

 

冷水、氷、肌水と大量のケアを施してもラインがくっきり

変に焼けてしまったな〜

風呂にはいると地獄のように痛かった

当分ケアがかかせないな〜

 

 

END

 もど る