公認会計士という職業はどうしてくつられたか。公認会計士について徹底分析
サーチ@公認会計士

サイトマップ

ビザ申請
東京でビザ申請をお考えなら国際業務が得意な行政書士法人Ed.Von.ビザ申請サポートにお任せください。
エフェクター
ギター・エフェクターの動画、レビューや評価ランキングで楽しく検索

ブックマークに追加する

サイトイメージ:公認会計士について徹底分析!「サーチ@公認会計士」

公認会計士とは

公認会計士は、会計のスペシャリストであり、その仕事は、社会的にきわめて重要で大変やりがいがあります。また独立開業すれば、公認会計士はまさに自由業であり、高収入を得ている人もたくさんいます。さらに、公認会計士という資格は、一生涯保証されていますので、定年の心配をする必要がありません。

業務内容

公認会計士の仕事内容は様々です。

(1) 監査業務
 
公認会計士の業務のなかで、公認会計士だけが独占的に行うことができるのが、この監査業務です。  監査という言葉は、ニュースなどでもよく耳にすると思います。会社が作成した損益計算書や貸借対照表等の財務諸表について、会社とは独立した第三者である公認会計士が、適正であるか意見を述べる業務です。  ただし、企業の大規模化に伴い、公認会計士が単独で監査業務を行うケースは年々少なくなっており、ほとんどの場合、公認会計士の集団である監査法人の一員として監査業務を行っています。
(2) 会計業務
 
公認会計士の行う会計業務は、税務業務以外の経理一般の業務です。具体的には、財務諸表を作成したり、財務や会計に関する指導やアドバイスを行う業務です。
(3) コンサルティング(MAS)業務
 
コンサルティング業務(マネージメント・アドバイザリー・サービス略してMAS)は、会社の経営に関する立案・指導・助言等を行う経営コンサルタント業務や株式公開コンサルティング、システムコンサルティング等バラエティに富んでいます。独立開業して成功している公認会計士の多くが、税務業務にとどまらず、このコンサルティング業務に力をいれています。
(4) 税務業務
 
税務業務とは、税務書類の作成や税務申告の代理および税務に関する相談等の業務をいいます。そもそも、税務業務は本来税理士の固有の仕事とされていますが、公認会計士は税理士となる資格を有しているため登録さえすれば税理士としての税務業務を行えます。  税務業務の場合は、法人のみならず個人もクライアントになりうるわけですから、独立開業した多くの公認会計士にとって税務業務が収益の柱となっています。

最近ではこれらに金融と情報管理(IT)が付加されています。