イベント名 内容 日時 参加費 問合先
サタデー
モーニング
ライド
 
(SMR)

 前日(金曜日)の19時頃までに
翌日の開催の
有無を「日時」の欄にアップデートします。


当日の
10時までの天気が
不安定な
予報の場合は、
当日6時頃までに
再度更新する
可能性があります。
ファンサイクル出発、八幡東区、西区を抜けて
遠賀川河川敷を北上し、若松北部を横切って
若戸渡船で帰ってくる約50キロを2時間程度
で走ります。
中・上級の方向けの走行会です。
集団走行、高速走行の練習等を行います。
参加される方は各自保険にご加入下さい。
2017年6月24日(土)
雨の予報になったため
中止にします


次回予定:7月1日(土)
無料

(若戸渡船を
利用する場合は
実費150円
必要です。)
ファンサイクル
093-873-7770

SMRに初めて参加される方は、下記の内容も良く読んだ上ご参加ください。

※初めて参加希望の中学生以下の保護者の方は、予めファンサイクルまでご連絡ください。

SMRでは毎回基本的に遠賀川沿い・コスモス街道以外の区間は

フロントインナーギヤで走れる速度で走行します。
(下り区間・追い風区間を除く)
  
 人数がある程度揃った場合になりますが、チームタイムトライアル(以下TTT)形式で遠賀川沿いを走ります。
 (翌日がレースや調子の良くない方はその限りではありません。 )
 TTTとは、グループ内で先頭交替をしながら決められた区間を皆で速く走る競技種目です。
 現在ではグランツールや世界選手権などで10名程が1チームとなって走ることを思い浮かべますが、
 以前は4名1チームで100km走るなどという公式種目もありました。
 それをイメージし、危険回避・道路事情などを勘案し、また、それぞれの実力を補う走りを身につけるために行います。
 レースやツーリングにおいて、力を残しつつ速く走るスキルの向上に役立つトレーニングです。
 

 

 まず、4名前後のグループに組み分けします。(組み分けは遠賀川手前にて行います。)

 ルール:@安全に留意し、事故の無いよう各自気をつけましょう。(車がいる場合等、無理な先頭交替は控えましょう。)
      A速度が遅いと予想される組からスタートし、1分程度の間隔でスタートします。(間隔は交通状況等に応じて
        臨機応変に設定します。)

      BTTTは互いの意思疎通が大切です。
        調子の良い人は前を長く引く、調子の悪い人は早めに後ろに下がるなど、声を掛け合って互いを補い合い
        ゴール手前の信号までは必ずその組全員で走行すること。
       
安全の為に、前方を走行する人は前の道路状況に細心の注意を払ってください。
      なるべくグループの速度の上げ下げがないように一定ペースで走ることがポイントです。

      Cゴール手前の信号を通過後は1名の欠員はよしとする。(グループでのラストスパートを試みてください。)
        もちろん全員揃ってのゴールがベストです。
      

   

権現山
ヒルクライム
記録会

 北九州市八幡東区の皿倉山登山口
(標高130m)から皿倉平を経由、権現山山頂
(標高617m)までの標高差487mを登るヒルク
ライム記録会です。詳しい情報は開催要項と
リザルトのページ
でご確認ください。
 

次回の開催は6月18日(日)に
行う予定です。(雨天中止)
帆柱ケーブル山麓駅横駐車場
8時集合です。
無料 ファンサイクル
093-873-7770
参加要項とリザルトはコチラ!日程はNews!でご確認下さい。
オフロード
SMR
あじさいの湯〜皿倉平=終了しました。

2月25日 苅田殿川ダム下〜平尾台
(中止にします)
 2月11日(土)雪の中行いました!
午前7時八幡東区大蔵「ミニストップ」集合・スタート
7:15頃河内堰堤、7:25頃藤棚 通過予定
 2月25日は中止にします!
254号線苅田南原「セブンイレブン」集合・スタート
約10分後殿川ダム上トンネル通過予定。
 無料  ファンサイクル
093-873-7770

 クロス北九州

真冬も自転車で遊ぼう!!自転車のクロス
カントリー障害物競走、シクロクロスと耐久
レースがセットになったお得なイベント!
観ても楽しい、走るともっと楽しいレース♪
★2015-16seazon
は終了しました。
リザルトはこちらへ!

各戦
2,000円
ファンサイクル内
クロス北九州
実行委員会
093-873-7770

トップページ>>>イベント・レースのご案内


トップページヘ

イベントのご案内 
ファンサイクルではお客様に自転車をより楽しんでいただくためのイベントを行っています。どうぞお気軽にご参加ください。

※1:全てのイベントでヘルメットの着用は必須です。事故等の責任は負いかねますので各自保険の加入をお願いします。

※2:整備された自転車でご参加ください。機材のトラブルに関しての責任は負いかねます。
※3:走行中のパンクなどのトラブルに対応できるよう、予備チューブ・携帯ポンプなどの用品は必ず各自で準備の上ご参加ください。

*トップページへ戻る