はじめに
 奈良県では多彩な行事が各地で行われている。なかでも子供が主役をつとめる行事のケースも多々みられる。さまざまな理由で存続できない事例も増えつつある。少子化等で今年が最後になった行事もあった。そのような状況においても先輩から教わってきた行事を代々引き継いできた地域がある。
 絶やすことなく続けてきた子供の行事。大役をやり遂げた感動は今でも忘れられないという先輩もいる。大きな自信に繋がるのであろう。親たちはそれを見守り健やかな子供の成長を願ってきた。周りに支えられ、伝えてきた子供の行事にはふるさとを受け継ぐ願いが込められているのだろう。
 平成22年1月から毎週掲載してきた「やまと彩祭」は年末をもって終了する。そのなかから子供が主役となる行事を写真と記事で紹介する。