大和郡山城下町は豊臣秀長が町作りを固めて百万石を極めたが、そのベースは大和を治めた筒井順慶が形成したもの。順慶の偉大な功績を称えて僧形武者行列が催されている。地元住民が立ち上げた新しい祭りは今後も続いていくことでしょう。
今回も県広報からの依頼で掲載していただいたが、誌面を拝見すると祭事日程が誤っていた。誌面の訂正はできないが県のホームページで訂正文を掲載することになった。私も関係者のひとりとしてお詫び申し上げます。
掲載誌【県政だより奈良 2007.9月号 第255号】表紙ぺージ 
大和郡山市筒井町 <順慶まつり>
【大和郡山市筒井町 <順慶まつり>】