哺乳類(ハムスター、ウサギなど)の検査・治療の方法
強制給餌の方法


強制給餌の内容



犬猫用の流動食です。こういったものもエキゾチックに使用する場合もあります。


ウサギ、フェレット用のよく使用されている流動食です。


ミルクやフェレット用のニュートリカルなども、種類によっては混ぜる場合もあります。


鳥用の流動食やパウダーフードも、種類によって使える場合もあります。



強制給餌の使用器具



各種の開口器です。動物の種類によって必要であれば使用します。


カテーテル用のシリンジです。ウサギやフェレット等で主に使用できます。


各種の胃ゾンデです。直接、胃の中に強制給餌をします。
当医院で遠隔診療を行う場合、その子に合った強制給餌方法で使用する食餌・器具を購入していただき、実際にお家で強制給餌を行っていただく場合もあります。



強制給餌の様子


ハムスターでは

胃ゾンデを使用して直接、胃袋に流動食を流し込みます。

ウサギでは

カテーテル用のシリンジで、ウサギ用の流動食をゆっくりと喉の奥に少しずつ、飲み込む速度に合わせて入れてあげます。

コウモリでは

ハムスター同様、胃ゾンデを使用して直接、胃袋に流し込みます。