悠々 時遊人 !

このページを思い立たのは「歳」のせいか、最近、TV等にいわゆる「ツッコミ」を入れる事が多くなって来て・・・!

いわゆるストレス解消策として?







         

もの言わぬは!




国家安全保障会議の設置
特定秘密保護法の成立
武器三原則の緩和
集団的自衛権行使の閣議決定
規制基準を安全基準とすり替える原発再起動

東日本の震災からの復興は昔話
集めた(ている)復興財源は何処へやら
税金で糊している役人の自堕落さ
物言わぬマスコミと学生

経済弱者や生活弱者は切り捨て御免
女性と年寄を小馬鹿にする自民公明政権

仮に暴力を振わずに今の政権を倒すとしたら
選挙しか方法はないが・・・そうゆう状況を産み出すには。


「消費税の増税分は社会保障の充実化・安定化に使う。」

2014年4月1日から消費税が5%から8%へ負担増になった。そうは言ってもお金に色がついている訳でもなく、何に使われるかは誰にも分からない。
復興特別税として所得税を25年間、住民税を10年間、上乗せ負担している上の消費税増税である。
公務員は2012年4月から7.8%の給与削減し、国会議員も歳費を25万円削減していたが、何故だかこの4月から公務員給与は8.5%アップするんだとか、又議員歳費削減も中止しようかとか話しているんだとか?
因みに56万人の国家公務員と231万人の地方公務員の人件費総額は25兆4千億円から「9千億円」も増えて26兆3千億円に膨らむんだとか?
自民公明の公約破りが日常茶飯事のことながら、本当に増税分は社会保障に資する使われ方をするんだろうか?



「つまらない事柄が多くて」

2011・3・11の東日本大震災の復興も進まず、増税しての復興財源も今もって一部役人の匙加減で当該地域以外の場所で湯水の如く浪費さているし・・・最初から米国の言うがままに決まるTPPの交渉も国内向けのパフォーマンスばかりが報道され・・・今また「秘密保護」法案なる昔出ていた化け物が呼び起こされて、数に物を言わせる政権与党の横暴が、へっぴり腰のマスコミの不作為もあってすんなりと国会にて決定されそうで・・・15年、20年先の青年たちは銃を片手に米兵と共に世界各地でそこの住民たちを打ち殺す状況に・・・
相変わらず、口先ばかりの野党議員では阻止も叶わず、政治に無関心な国民が増大するなか「役人天国」は亡国に向かって静かにしかも確実に歩んでいる。


「右に倣え!」

どれくらいの人数に達しているのか不明だが、いわゆる、大勢の気象予報士の皆さん、各TV局の番組で明日の、明後日の、一週間分の「予報」をしている。
不思議なのはどの方の予報も寸分違わず同じ内容の予報をしてくれている。採用している天気図も全く同じもの。おそらく、気象庁やウェザーニュース社のデータを借りてきて、オウム返しの如くに伝達しているのだろう、と察する。
これが現在の「予報士」の仕事なのだろう?


「新政権のお仕事?」

議員歳費が来年5月から20%増える。
国家公務員の給料が来年4月から7.8%増える。
ところで、消費税は来年4月から3%増税される。
更に、年金受給者は来年4月から1%減額される。