HOME

入会方法

会の紹介

河川塾

活動

報告

ニュース

レター

マイリバー・

川びと

リンク
(最終更新 2017年1月5日

ようこそ近畿水の塾のページへ!

私たちは、人と水との関わりの実践やその連携を通じて、

市民による地域づくり、環境づくりに寄与することを目的とします.

 新 着 情 報

開催日

内    容

第168回河川塾のご案内
●講師:中村 公一(なかむら こういち)さん:
(木村加工所勤務:大阪市城東区)
●講演タイトル:「鳥になりたい・川をとびたい」(仮) 
●講演 概要:
中村さんは、琵琶湖で毎年実施されている「鳥人間コンテスト」に毎年かかわっています。また、人の力で進む「足ふみ式ボード」を利用して、大川の貯木場跡にできた砂浜「ふれあいの水辺」などで、子どもたちに自分の力で風を切って水面を進む楽しさと、川のすばらしさを伝える取り組みも実施されています。
今回の河川塾は、鳥人間コンテストの紹介や参加された経緯、さらに川に親しむ足ふみ式ボードの紹介など、人力飛行機と水辺に関わる活動を紹介していただきます。


●講師プロフィール:中村公一さんの紹介 
(1)1985年から1年間、日本大学の卒業研究(顧問:内藤晃氏)としての人力飛行機関連のプロジェクト (海外対応①王立航空協会主催のスピード・クレーマー賞 獲得に挑戦、②当時米国で設定されたシコルスキー賞獲得に挑戦)に参加。(結果:①賞獲得は不可であったが、1,410mを2分20秒での飛行に成功。②人力ヘリコプターでの人類初垂直上昇を達成)
(2)1987年12月(2週間)、英国国防省の下位で運営している王立航空協会の中の人力飛行機研究チームのメンバー(上記内藤氏の紹介)に直接技術指導を受ける。1988年以降、鳥人間コンテスト出場(国内対応)チーム(日本大学などの学生2チームと、大阪青年商工会議所などの社会人3チームをアドバイザーとしてサポート。計13回優勝)
(3)2014年より、理論的に難解とされる人力羽ばたき機研究を開始。(主目的は、旅客機墜落の主要素である失速防止であるが、他に学生への教育と清掃活動PR も絡めながら、大阪産業大学や道頓堀川の場も使い、活動中。)


日時:2017年1月24日(火)19:00~21:00 ※ 近傍居酒屋でのアフター有り(有志)
●会場:「Atelier(アトリエ)CK」
(住所:大阪市北区天神橋3-5-10 1F)
南森町駅から、天神橋筋商店街を北に5分、JTBを左にみて、反対側を東側に20mほど入った建物の1階です。

会費:500円(会員・学生:無料)  
 
主催:NPO法人 近畿水の塾
 
問い合せ:福廣勝介(shosukedesu@gmail.com)  090-9879-4889
 
久保田洋一(kubotan@ja3.so-net.ne.jp)090-8484-2204

* お問い合わせ先 *

特定非営利活動法人 近畿水の塾 事務局 

 〒572-8508  大阪府寝屋川市池田中町17-8  

摂南大学理工学部都市環境工学科 生態環境学研究室

 TEL&FAX:072-839-9125 

又は福廣090-9879-4889  

Copyright  (c) 2002 特定非営利活動法人近畿水の塾 All Rights Reserved. 

無断転載禁止.リンクはフリーです.

このページへの訪問回数は、 Counter (since2002.10.06)