今年もやるぞ!とやまNPO−DAY2007

現在参加個人団体募集中です。
参加はこちら(pdf)から
11月2日(金)まで受け付けています!

以下、昨年までの記録

とやまNPO−DAY2006

参加個人・団体・法人(50音順、敬称略)

浅井修平
池田通則
伊藤通子
上田邦成
内山博史
才田春夫
斉藤正美
渋谷秀樹
辻下孝司
新田英理子
野村博
松原和仁
横田幸之介

あそあそ自然学校
とやまWIZシネマ倶楽部
富山県パーキンソン病友の会
富山社会人大楽塾
とやまチャイルドライン愛ランド
富山YMCA
土遊野
ぽぽプロジェクト

NPO法人エッセンスクラブ
NPO法人親と教員の会こどものその
NPO法人おらとこ
NPO法人こころの綸
NPO法人子どもの権利支援センターぱれっと
NPO法人自立生活支援センター富山
NPO法人地球の夢
NPO法人富山・イタズラ村・子ども遊ばせ隊
NPO法人富山の名水を守る会
NPO法人難病ネットワークとやま
デイケアハウスにぎやか
NPO法人PCTOOL
NPO法人マイジョブクリエイションズ
NPO法人ワークハウス剱

趣旨
いわゆるNPO法は、議員立法により成立し、平成10年12月1日に施行された。施行から8年あまりが経過し、営利目的や詐欺まがいの活動をするNPO法人が活動するなど多くの課題も見受けられるところであるが、行政の恣意的な裁量や評価を極力避け、市民活動の自発的で自律的な活動を法律面から制度化していることは、多元的で多様な市民社会づくりを目指す私たちには大きな支えとなっている。
近年、公益法人改革と平行して、NPO法人についてもそのあり方が検討されている。これまでNPO法が果たしてきた役割と趣旨に感謝するとともに、やがて9年目を迎えるNPO法が成立時の基本理念を継承しつつ発展していくことを願っているのは、NPO活動にかかわるものの共通の思いではないだろうか。
今回の企画は、富山県内に多様なNPOが活動しているわけであるが、一年に一度、NPOにかかわる者の共通する思い「グラスルーツの熱いハート」を県民に向けて発信していく機会にしたい。

とやまNPO−DAY2006活動報告
平成18年12月1日、富山駅前と高岡駅前でポケットティッシュ計1000部を配布しました。

とやまNPO−DAY実行委員(4名、平成18年11月1日現在)
金丸晴美 谷口新一 中川美佐子 盛田淳

お問合せ先
とやまNPO−DAY実行委員会事務局
〒930−0464 富山県中新川郡上市町浅生15番地
谷口新一