※ 次回と次々回の講習会案内

 

※ 直接のご相談

 

※ お勉強のコーナー

 

                m(_ _)m→(☆ 近淡海社は、こちらへどうぞ)

土地境界の問題は向かい合わずに、肩を並べて解決しましょう。

 

土地には大きく分けると二つの境界があります。

公法上の境界 と 私法上の境界

公法上の境界 とは、簡単に言えば、お上(かみ)が認めた境界の事

公法上の境界は、土地に地番が着いた時、即ち 土地に登記を備えた時 に決まっている(はず)の境界線のことで、筆界とも呼ばれます。

私法上の境界 とは、所有権界のことです。

所有権というのは、地番のついた土地の限界線(筆界)とそもそもは同じ場所であるはずですが、

土地の所有者(人間)が隣接土地所有者(人間)と勝手にお互いの所有権を認め合ってしまったり、

境界が分からずにいつの間にか長年占有を続けてしまった結果、取得時効の要件を備えてしまたために、時効取得による所有権が発生しているかも知れない という事が起ったり、

はたまた、勝手に土地の一部を売買してしまったり、交換してしまったり、

と、人間が作った(或いは、主張する)ことができます。

         

この二つの境界(公法上の境界 と 私法上の境界)が、長年の間にこんがらがって、わからなくなってしまったりして、隣接当事者の境界の認識が代わってしまう。

これが、多くの土地境界トラブルの原因です。

だから、土地境界トラブルの解決方法は、

 まず、筆界をみつける。

 →主張境界の正体をつきとめる。

 →過去の清算と、未来の設計  

と‥、簡単に言ってしまうとこうなります。

いやいや、それが大変なことはよく存じております。

まぁ、こんなHPですが、よかったら、あちこち見て行ってください。

何かつかめるかもしれませんよ。

 

また、当会では、土地行政について 国民目線で正しいと思う事を

各方面に提言をしていますので、みなさんも会員となって一緒に考えましょう。

 

事務所にて個別相談も随時お受けしておりますのでお気軽にお電話ください。

 土地境界の問題がすでに切迫した状況にあり、

 ご相談を必要としておられる方は、メールでも、お電話でも、どうぞお寄せください。

 

でも、出来れば、事務所をご来訪願います。

地図及び電話はこちら

※会報のバックナンバー販売しています。

 

境界についての知識満載。希望の方はご連絡ください。

 

 


会員通信|会報 |事業・会計年次報告日々活動報告 |掲示板メールリンクNPO境界問題を考える会発足の趣旨

発信文書境界問題の謎ケジメつけましょう(民法解説)テキストについマンガちよっとのぞいてよリンク集


 行政、企業の皆様

 

 

    各人の知識研鑽にご参加ください。また、次期事業の検討に先立ってご相談ください。

 

特定非営利活動法人

  NPO境界問題を

考える会

 

土地境界問題は

肩をならべて解決しましょう

  
会員随時募集中。

 

会員の方には隔月で会報を

送付いたしております。

 

年会費

一口、1200円 (一般会員)

 

 

電話

077-527-9680

 

事務所所在

滋賀県大津市

中央三丁目3−19 

駐車場は、斜め向かいの

コインパーキングを

ご利用願います。

 

 

 

 

 

 リンク集  

   ソーシャルアクションリング→★http://www.social-action-ring.org/
Counter