Hoshikawa Takashi


1968年11月9日伊予の国に生まれる。
1970年頃はじめてクレパスに出会う。
1987年地元の高校(川之江高校)を卒業する。
1988年寺山修司の影響で、短歌を詠みはじめる。
1989年
突然、冒険がしたくなり、ハワイのマウイ島へ行く。
約1年間、マウイ島のカアナパリに滞在する。
1990年代
日本に帰国。東京や横浜で暮らしながら、
様々なチャレンジを試みるが、あえなく挫折。
1992年
「早稲田文学」にアンソロジーが掲載されるが、
自分の才能の限界を感じ、歌との別れを決意する。
1994年頃
夢破れて山河あり。伊予の国に帰郷。
その後は、様々な職業を転々とする。
2001年7月1日インターネット上で、「レトロポリタン博物館」を開設する。
2001年9月頃
30年ぶりに、偶然、クレパスと再会する。
独学で、クレパスの絵を描きはじめる。
2002年2月3日インターネット上で、「ノスタルジック美術館」を開設する。
2002年7月5日ふとしたきっかけで、短歌を再び詠みはじめる。
2002年9月頃ネットの掲示板で、歌人の辰巳泰子さんと出会う。
2002年9月13日インターネット上で、短歌のサイト「流星機関」を開設する。
2002年11月下旬辰巳さんから個展のお話をいただき、初の絵画展開催を決意する。
2002年12月下旬全日本アートサロン絵画大賞展で、「午後の調べ」が入選する。
2003年2月19日クレパス画の初個展「郷愁浪漫」を、東京で開催する。
2003年7月中旬福井サムホール美術展で、「水車小屋」が入選する。
2003年7月18日伊予の国の川之江で、「郷愁浪漫」を開催する。
2003年7月下旬短歌現代新人賞で、「早春挽歌」が佳作となる。
2004年1月下旬西脇市サムホール大賞展で、「裏門」が入選する。
2004年3月下旬四国のみち絵画コンクールで、「三角寺」が銅賞に選ばれる。
2004年12月8日松山の「いよてつ高島屋」で、二人展「大和諷詠」を開催する。
2005年3月上旬「風」サムホール展で、「葡萄酒」が審査員特別賞に選ばれる。
2005年11月上旬大阪北浜のギャラリー「遊気Q」で、個展「月影抒情」を開催する。
2006年7月上旬「紙のまち資料館」の「郷土の作家展」に、「真鍋家」を出展する。
2006年9月下旬川之江の「文楽」ギャラリーで、個展「月影抒情」を開催する。
2006年10月上旬川之江のギャラリー「y」で、共同展「十人十色」を開催する。
2006年11月上旬東京銀座の「小野画廊U」で、個展「帝都彷徨」を開催する。
2007年6月下旬「紙のまち資料館」の「郷土の作家展」に、「仏殿城」を出展する。
2007年7月下旬(株)サクラクレパス公認の「大人の塗り絵」の講師の資格を所得する。
2007年8月上旬愛媛県公安委員会公認の古物商免許を所得する。
2007年8月下旬短歌研究新人賞で、「電脳奇譚」が佳作となる。
2007年11月9日四国中央市に、古雑貨屋&ギャラリー「流星堂」をオープンする。
2008年2月27日流星堂」で、「あがた森魚さんのライブ」を開催する。
2008年6月下旬「紙のまち資料館」の「郷土の作家展」に、「夜櫻」を出展する。
2008年8月上旬和歌山の「南海摩登博覧会」のポスター画を制作する。
2008年11月8日流星堂」の1周年記念として、「あがた森魚ライブ」を開催する。
2008年11月中旬和歌山の「小野町デパート」で、個展「幻影旅情」を開催する。
2009年4月下旬食品衛生責任者の資格を取り、流星堂でカフェをはじめる。
2009年5月5日流星堂」で、「あがた森魚さんのライブ」を開催する。
2009年6月下旬「紙のまち資料館」の「郷土の作家展」に、「ビルヂング」を出展する。
2009年10月上旬川之江のギャラリー「y」で、「ロートンヌ展」を開催する。
2009年12月中旬川之江の「文楽」ギャラリーで、個展「月影抒情」を開催する。
2010年6月下旬「紙のまち資料館」の「郷土の作家展」に、「エッフェル塔」を出展する。
2010年10月上旬川之江のギャラリー「y」で、「ロートンヌ展」を開催する。
2010年11月中旬ロコバスで、流星堂の移動雑貨店をはじめる。
2010年12月下旬ロコバスで、今治の骨董市「好楽市場」に参加する
2011年6月下旬「紙のまち資料館」の「郷土の作家展」に、「セーヌ河」を出展する。
2011年10月上旬川之江のギャラリー「y」で、「ロートンヌ展」を開催する。

〒799−0101 愛媛県四国中央市川之江町1453 星川孝
電話 0896−56−5053 Eメール retoro_star@yahoo.co.jp

    
Copyright (C) 2007 Hoshikawa Takashi All rights reserved