2007/12/12
#34 tumblrとワタクシ



tumblrのことはよく分かりませんが、
いつか影響力のものっそ強い有名tumblrとか出現して、
そこに転載されなければどこも拾ってくれないから、
ってんで、絵師のほうから頭を下げて
「どうか転載してください」
なんて時代がくるのもジャスティス。

2007/12/13
tumblrがよく分かんないので、
いろいろ拾ってきてみたよー。

tumblrへの無断転載騒動ログ
今年9月に起きたらしいtumblrへの無断転載騒動。
やっぱりこいう騒動が起きてたのかーってカンジ。
結論としては、そこのtumblrの管理人が
CGの転載は、著作権者の許可が無い限り行わない。
CGを紹介する際には、リンク+テキスト、
もしくは最低限の文章の転載によって行う。

とすることで収まったみたい。
(ただしそこのtumblrがそうする、ってだけで、
他所のtumblrは無断転載しまくり状態)

Tumblr界隈におけるにゅーあきば問題について
にゅーあきばの場当たり的な対応に失笑する
リアルタイムで発生中のにゅーあきば問題。
アフィやってるニュースサイトが
tumblrを情報ソースとするのはいかがか?
みたいな話。
アフィやってないニュースサイトならいいの?
とか、いろいろ疑問に思ってしまうんですが、
要するに、にゅーあきば問題は
「ニュースサイトとtumblrは共存できちゃう」
ってことなんだと思います。
それを可能にしちゃう理由は、
tumblrがまるっと転載しちゃう=tumblrが情報ソースと等価になる、
からなんだと思うんだけども…どうなんだろう?
転載問題については、「引用問題」として
(まるごと転載は引用とはいわないとは思うけど)
少し触れられていますが、

個人ニュースサイトの引用問題
「Aさんが書いたネタ」→「Bさんが転載・引用」→
「GIGAZINEが引用」→「Livedoorニュースが引用」
というような情報の食物連鎖は昔からあったことです。
これを見て、
Aさんが「Livedoorは俺のネタで金儲けをするな!」と思うか、
「Livedoorに俺のブログが載ったんだぜ!!」と思うか。
人によって違うだろうし、同じ理屈で考えるべきです。


「同じ理屈」ってことですが、
制作者側から見たニュースサイトとtumblrのイメージの違いは
時々日記#34 tumblrとワタクシのFlashで述べた通り。

Tumblrと罪悪感
上と同じ方のエントリーですが、Tumblrをやってる側の主張。
無断転載を正当化するポイントは3つ。
・作者がその画像をどう扱ってほしいか書いてない。
・いちいち連絡して確認するのは面倒。
・著作権は親告罪だから。

なんだか無断転載する側の主張って
ネット黎明期から全然変わんないんだなー、と思った。

でも、個人ニュースサイトでウェブが
埋め尽くされてしまうことには耐えられないのですよ。
アフィリエイトやスパムだらけのニュースサイトが増え、
何が目的かわからないサイトばかりになってしまったら、
それは最悪な未来です。Webの質の低下です。
うん、そういうのの片棒を担ぐのは、嫌なんだ。


でもニュースサイトとtumblrは共存可能であって、
それを可能にしてるのはむしろtumblr側の方なので、
思いっきり片棒を担いじゃってる上に
後押しまでしちゃってるような?

にゅーあきば問題をつつきすぎると藪蛇になるぞ
藪蛇だぞシャー。(`・ω・´)

>しかし藪蛇は弱小僻地サイトなのでスルーされた。

(´・ω・`)

【同日追加】
もう一つ、tumblrやってる側の主張をみっけたので紹介。
netumblr Tumblr界隈におけるにゅーあきば問題について
ニュースサイトとtumblrの共存に肯定的な意見ですが…。

紹介している画像は私が精魂込めて
コラージュした画像というわけではありません。
どこぞの掲示板やらUPろだから拾ってきたものばかりです。
だからそれをどこにパクられようが金儲けの道具にされようが(笑)
私に文句を言う資格はないと思うのです。
(つーかそんなことに目くじら立ててる暇ねーよwww)

そんな事言ってたら企業ニュースサイトからニュース引っ張って
サイト内にアマゾンアフィ貼ってる個人ニュースサイトなんか
にゅーあきばと一緒だと思うんですよね、極端な話。

そんな事がダメだって言うなら何も出来なくなってしまいます。

それこそ、個人webサイト界は小説も何も書いた事のない
文才も何もない低脳集団の「朝起きて飯食ってクソして寝た」みたいな
どうでもいい日記だけの世界になってしまうと思うんです。

webを楽しみたいのならちょっときにかかることがあっても
目をつぶるのがいいんじゃないかなぁと思ってみたり。


( ゚д゚)……。

顔文字だけでは引用元に失礼になる、との
ツッコミをいただいたので、ポイントを要約してみたのですが、

・tumblrに転載する「ネタ」はネットで「拾ったもの」なので支払う敬意も何もない。
・敬意も何もないから、それで金儲けしようが何しようが好きにすればいい。
・アフィ貼ってるニュースサイトは、極端な話、にゅーあきばと同じ。
・ニュースサイトを否定すれば、ネットは低脳集団の
どうでもいい日記だらけになってしまう。
↓(つまり)
・ニュースサイトはwebを面白くする。
↓(脳内トランスフォーム)
・tumblrはネットを面白くする。
・(俺と客が)web楽しみたきゃ(制作者側は)目を潰れ。


無断転載を「できる理由」として非常に分かりやすいですが、
tumblrやってる側の他の意見も聞いてみたいところです。


2007/12/15
ページが見難いんで、背景色とフォント色をTOPベースに変更。


2007/12/15 その2
魔界都市日記さんがラブコールを拾ってくれたよー♪
実はtumblrは文章もまるっと転載できちゃうのです。
自分は文章を拾われたことはないので分かりませんが、
SSをまるっと転載してるtumblrもどこかにあるのかも。


2007/12/20
tumblrのことは大分掴めて来ましたが、
どうやら想像の範疇をこえるものでもなさそうなので、
ほぼ興味が失せました。
以下は紹介された手前、とりあえず。

QuoteとReBlogで語ってみるtumblrの魅力(PDF)

2ページ目
コンテンツ×UI(操作性?)がtumblrの魅力!
で、そのコンテンツの中身は無断転載と。

3ページ目
tumblr上には、何かを発表して
自己をブランド化するようなロマンはない。

聞いた話だと、tumblrにも有名無名があって、
有名なtumblrにreblogされると嬉しいらしいですよ?

4ページ目
北米のユーザーは「主体が薄くなる」状況に違和感を抱きまくり。
違和感と言うより、問題視してる意見に見えますが、
それはさておき、先発の北米ユーザーは、
すでにリンクとアクセスの楽しみだけじゃ満足できなくなって、
「自分」が認識される楽しみが得られないことに
不満を感じるようになってきてるっぽいですねー。
これは表現者としては当然の帰結だと思いますが、
無断転載者は制作者として認識されないがために生じるジレンマを、
リンクとアクセスが楽しくてしかたがない段階である
後発の日本tumblrユーザーには、まだ理解できないだけ、
ってことなんじゃないでしょうか。

5ページ目
「ゆるい」から出せる。
tumblr利用者のモラルが、ですか?

7ページ目
クロスカルチュラルなやりとりの可能性?
人間関係がわずらわしい(23ページ目)んでは、無理では?

9ページ目
tumblrでの"ソーシャル感"は、向き合う重さはなく、
電車の中で隣り合わせた人の本を覗き込む程度。

その皆で覗き込んでる本は、
誰かから強引に奪い取った本なのでは?

10ページ目
人と直接ではなくモノやコトでつながる。
で、そのつなげるモノは、他人のモノを無断転載、と。

11ページ目
「a」な人とかは見えづらい。
なのに存在する有名tumblrと、
そこにreblogされることを望むtumblrユーザー。

14ページ目
見えづらかった何かを可視化すると人がハマるサービスになる。
アクセス解析と何が違うの?

15ページ目
実はそうしたいシーンはある。
他でやったら嫌がらせだ、という自覚はあるのに、
tumblrでやれば嫌がらせではない、とする根拠が分かりません。

17ページ目
tumblrはすぐコミュニケーションできる。
人間関係がわずらわしい(23ページ目)んでは?
そもそも誰かから奪い取った本を
皆で覗き込むような行為(9ページ目)が
コミュニケーションだとは思いたくもないですが。

21ページ目
構造化され長大になったそれを、解体したり好きにツギハギしたりしたい。
マジンガーZやらガンダムやらイデオンやらを
解体したり好きにツギハギしたりして、
テコンVを作りたい、ってことでしょうか。

22ページ目
反響を補足する側もブログだけ見てちゃダメだって気づいてきた。
反響を補足する側ですが、
tumblrのおかげで正確な反響が補足できなくなって困っています。

23ページ目
mixiもわずらわしい。人間関係があるから。
ネットの向こうにいるのは人なんですが。
tumblrに無断転載される側にだって人はいますし、
無断転載されればいろいろ出てくるものもあると思うんですが、
tumblrがわずらわしくなく思えるのは、
そういったものを無視してるからだけ、なのでは?

25ページ目
ここらで日本がrebloggingについて
どれだけ進んだテクノロジーと文化を持っているか教えてやるか。

無断転載の連鎖がテクノロジーで文化だなんて、
どっかの国みたいな主張でつね。

27ページ目
ぼくはtumblrを、自分の詩や、引用や、選んだ写真で埋めたいんだ。
自己をブランド化するようなロマンはない(3ページ目)とか、
「a」な人とかは見えづらい(11ページ目)とか、
いくらtumblrの魅力が個と切り離された場所に存在するかのような
イメージを作り上げようとしたところで、
何かをwebで発表するという行為それ自体が「表現」である以上、
tumblrユーザーが「自分」が認識されたい、に行き着くのは
必然といいますか、結局その欲望を満足させるためには、
「有名なtumblr」になるか、
あるいは「無断転載」を「盗用」に進化させるか…。

いずれにせよ制作者サイドにはロクな話じゃなさそうです。


2007/12/23
まだまだ続くよtumblr。

タンブリスタの主張のまとめ

tumblrの可能性は所詮そんなものかと言われれば黙っていられない。

こちらの最後のコメントにレスがないなあ、
と思いきや、こんなカタチで。
仕方ないからここで気になった点をちらほら。


reblogが情報源(権利者)に恩恵を与えないなんてことはないと思う。
tumblr.に放流したことで注目を集めるようなことだってあるのだし。

逃げ場

こちらのコメント欄を読んでいただければ分かりますが、
「tumblrは恩恵を与えてない」なんて主張してないですよー。
「tumblrの恩恵ってそれぐらいしかないの?」と言ってる訳です。
「tumblrは制作者にも恩恵与えてんだぜ?」という姿勢で
無断転載の正当性を主張されるのであれば、
「んじゃその恩恵ってどんなもん?」
とか聞いちゃいますよー、って話で、
そしたら「それっぽっち?」な返事が返ってきて、
「はーそうですかー」みたいな、そんなカンジ。

ただ、権利所有者の知り得ない場所で
勝手に二次的な価値を付加されたり商材として利用されていたら、
それはフェアユースとは言えないので、
自分の責任能力が及ぶ範囲においては断固として抗議し、
拒むというのが私の個人的なスタンス。

逃げ場

誘拐してきた子供が車にはねられたら、
車の運転手に断固抗議します! みたいな主張ですが、
要するに「権利所有者の知り得ない場所で」の
状況を作り出してるのは誰なのー? って話。

運営しているサイトのコンテンツがよそのサイトからリンクされるのと、
tumblrのエントリが他のtumblrからreblogされるのは
似てるようで違うもの(だと思ってるんだけど、俺は。)なのに、
それを同一視したまま「肯定側の意見も聞いてみたい」って、
そりゃ意味ないし。まぁ理解する気がハナからないんだろうけど。

dara-clip

リンクって要するに「つながり」のことなんですが、
reblogは「つながり」ではないとのこと。そうなん?
つながりの質や量が違うんだー、って話だとアレですが、
仮に違う種類のものだとして、
「それを同一視したまま」だと意味がなくなる理由が
いまいちよく分かりません。
自分個人がハナから理解する気がないとしても、
自分以外のたくさんの人がその意見を目にするわけです。
肯定する側の意見を述べることに、
自分個人の理解の足りなさは
あんまし関係ないと思うのですよー。

ネタ帳を回し見していって気に入った物があったらコピーしてるって、
ただそれだけなのにね。

Yet Another Newspaper Deliver

こちらのコメントでは「webに公開したら楽しかった」と
おっしゃってるので、それだけではなさそうですよー?

ぶっちゃけ、誰かにダウンロードされただけで怒る様なら
最初からweb上に創作物を上げないと思うのだ。

古海電脳棺

ダウンロードされただけで怒ってるわけではないといいますか、
そもそも何かに怒ってるわけでもないんですが。

通りを歩いた美人に、たとえば25人が振り向いた(reblogした)ということ。
議論としては思考停止だけれど、tumblrというのは、
ただそれだけのものなのだと思っている。

rumor@Tumblr

いくらにゅーあきばでも、美人に振り向いた人を取り上げて、
美人を紹介することなんてできませんよー。
ユーザーは「振り向いただけ」のつもりでも、
実際はその美人に「成りすました」ことになってやしませんかー?
というかそんなカンジ。

ツッコミは以上。
結局は無貌断片さんの意見が全てだと思います。

要するに転載Tumblrをやめて、自分のコンテンツを
POSTしていけばTumblrをもっと生かせると思う。


tumblrの可能性を考えるなら、
まずはここからだと思うのですよー。

でもreblogされるのが楽しくて
「これいい」しか集まらないtumblrのシステムでは、
人気ニュースサイトで集めてきた
人気ネタの無断転載が手っ取り早いよなー、
に行き着くのは必然と言うか、
現状がすでにそうなっちゃってるわけで、
そもそもtumblrは個人の表現の形であるのに、
肝心のtumblrユーザー側が無断転載を正当化するために
個人の表現であることを認めようとしない現状では、
「tumblrの可能性は所詮そんなものか」でしかないと思います。

最終的にwinnyみたいなカンジになるんじゃないでしょうか。
ツールの可能性をユーザーが食いつぶすカンジ。



2007/12/24
クリスマスイブだけどtumblr。

のし部屋さんから突っ込まれまんた。

で、比喩表現になってしまって申し訳ないですが、
WEB "SITE" は単に「場所」とみなすことも出来ると思うので、
立ち入り禁止な場所でない限り、誰でも普通にその場所に行って
風景を見たり、撮影禁止でなければ場所の写真撮ったりする
自由もあるはずなんで、ほら!こんなにいい場所見つけたんだ。
と自慢して見せびらかすのも自由だったらいいなあ。と思ってます。


webサイトからローカルへの複製を「写真」に例えた後、
「これは写真だから自慢したり見せびらかしてもいいよね?」
としちゃう比喩の使い方が、第三者の目にどう映るかはさておき、
上記の比喩でtumblrを説明しようとすると、多分こうなりますよー。

WEB "SITE" は単に「場所」とみなすことも出来ると思うので、
立ち入り禁止な場所でない限り、誰でも普通にその場所に行って
風景を見たり、撮影禁止でなければ場所の写真撮ったりする
自由もあるはずなんで、
いい(オブジェが飾られている)場所を見つけたら、
そこに飾られてるオブジェを持ち帰って自分の部屋に飾って、
ほら! 俺の部屋ってこんなにいい場所なんだ!
と自慢して見せびらかすのも自由だったらいいなあ。

と思ってます。

ただし、その「場所」に対して十分な敬意を
払うことが前提だと思いますが。


敬意は、強要されるものではなく、
強要できるものでもないので、
前提にはなりませんよー。
当然免罪符にもなりません。
敬意は様々な関係を潤滑にしてくれますが、
それだけです。

あと情報元明記が情報元への敬意だと考えている
tumblrユーザーが少なからずいる様子ですが、
情報元明記なんて紹介の仕方によって
敬意にも悪意にもなりえるものですし、
無断転載した上で、情報元明記してるから敬意です!
とする態度が情報元にどう受け止められるかは、まあ。

ところで、自分の知り得ない場所でうんぬん、
というのなら、今回、のし部屋さんが
私のコメントに対して言及された件についても、
私がアクセスログを取っていなければ
まったく気付かなかった可能性もあるわけで…。


無断転載されることで生まれた
「権利所有者の知り得ない場所で」の状況と、
コメ欄も存在しない場所で吐き出された意見
(tumblrもしくは外部リンクでしか反応を許されない意見)が
リンクつきで引用されたこと
(反応されたことを知ることが可能な状態)を
「アクセスログをとってなかった」ために「知りえない」
(知ろうとしなかったため知ることがない)状況を、
同一視されても困ってしまうのですが…。

そんなカンジ。

んー、新天地tumblr.にも逃げ場がないとすれば、
こうなったら、そろそろまた逃げますかね。…で、どこに?


某所では「濃密にDISられた」と紹介されてしまいましたが、
こちらのコメ欄にも「例え有害認定したとしても、
tumblrをどうこうする力は自分にはありませんし、
開き直られてしまえば所詮それまでの話です」と書いてるよう、
tumblrをどうにかしたいとか思ってるわけでもなくて、
無断転載された側にたった一人こんな意見がいんねんけど、
tumblrやってる側はその意見聞いてどう思うのん?
みたいな、そこらへんを聞いてみたかっただけなので、
逃げる必要もないと思うのですよー。


2007/12/30
年の瀬にもtumblr。

tumblr雑感

tumblrやってる側の主張いろいろ。
第三者どころか第一者まで排除した場で、
言うなれば共犯者達だけで意見を主張しあえば、
そりゃ面白いとは思いますが、

正直な話、転載によって作者が不快に感じるのって、
作者のわがまま的な面もあるんじゃなんじゃないかな、
とか思うこともある。


ここまでいくと流石にすごいなーと感心します。
ニュースサイトに制作者サイトでなく
無断転載サイトが紹介されるのを不愉快に思ったら、
それは作者のわがままなのだそうで、なるほどなー。

玄関から一歩現実の世界に出れば、
いわゆる道義とか空気なんて
自分の制御下に置けるものじゃないし、
気分を悪くすることや事件や事故なんかいくらでも起こるのは、
常識的な理性があるなら誰でも理解できることの筈だが、
ネット上では自分用の空間「サイト」を持つことで、
ネット上の全ての視点において
自分の思い通りに出来ると勘違いしている人もまだまだ多い。


世界には事件や事故はいっぱいあるのだから、
目の前の泥棒に不愉快さを感じてはいけない、
って主張になっちゃってるのに気づいているのかどうなのか。

2ch、tumblrスレこれがハマりすぎてて吹いたw


2007/12/30その2
年の瀬にもtumblrその2。

『他人の権利を侵害しないように
tumblr.を利用するためにはどうしたらいいでしょうか。』


という質問がtumblrに放流されたそうです。
tumblrユーザー達による回答は以下。

Reblogでアンケートしました結果。

本来クリエイターは、満足な創作環境があって、
子供を養える程度食えれば、貧乏でも幸せなんだと思うから。


ひでえ。(笑)

リンク先がいつ消えるかわからないからこそ転載しているわけで。

制作者は作品を削除する権利すら奪われる、と。

他人の権利を侵害するリスクをゼロにしたいなら
Tumblr など使わないことです。
ネットもダメです。
他人とのリアルな会話も相手の権利を
侵害する可能性をゼロにできません。
誰にも会わずに人知れず死んでいくのがよいでしょう。


Tumblrを容認できなきゃ
人知れず死ななきゃダメらしいです。

この問題って「ネットもダメです。」に帰着しちゃう気がするなぁ。
tumblrで作れるコンテンツって、ブログどころか
静的なhtmlでさえ可能でしょ、手間さえ惜しまなきゃ。


無断転載サイトはちゃんと白い目で見られてますよ?

全然関係ないかもしれないけど
こないだの雨の日に、学校に長い間放置されていた
持ち主不明のビニール傘を、勝手に自分のものにして使って
家に帰ったときに「傘を Reblog した」と思ってしまった。


リアル犯罪っス。(´・ω・`)

以上。

これまでtumblrユーザーには、
「人の嫌がることをするのって、どんな気分?」
を軸とした質問を投げかけてきましたが、
「人の嫌がること」ってのは、無断転載それだけではなく、
無断転載の結果、引き起こされた事態に、
(確かに「権利者」でもあるけれども、それ以前に)
「制作者」がしょんぼりしている、
という一連の流れを指しているのですよー。
問題を無断転載(権利の侵害)のみにロックオンしちゃえば、

「嫌がること」とは「権利の侵害」のことだ。

他にも権利を侵害してるものがいっぱいあるじゃないか!

悪いのはボクらだけじゃない!


のコンボが成立しちゃうので楽なんでしょうが、
「著作権を侵害してるから無断転載駄目!」
なんて主張は、自分は一度も行っていないのです。


2008/01/03
年明け早々tumblr。

”わがまま”って言いまわしについて。

無断転載はモラル違反。

電車内でのノーマナー行為もモラル違反。

同じモラル違反だから、
無断転載は電車内でのノーマナー行為と同じなんだ!


この理屈に一切ツッコミが入らないのが、
tumblrの恐ろしさだなーと思った。
そしてたどり着いたらしい結論がこちら。

朝起きてもう一回整理。

電車内でのノーマナー行為を不愉快に感じる人を
「わがまま」という考え方もできるから、
同じモラル違反である無断転載を不愉快に感じる人を
「わがまま」という考え方もできるのでは? らしいです。
超頭痛い…。

tumblrが、自身の行動から発生する様々な面倒事に対し、
両耳を両手で塞いで「あーあー聞こえないー」って
態度をとりやすいツールだってのはよく分かりましたが、
おかしなことやアレなことを言っても指摘されることも反論されることも
炎上しちゃうこともない気持ちのいい空間に身を委ねているうちに、
少しづつ正常な判断力やら思考力やらが
削り取られていってる様を見せつけられるのは、
なんだかいろいろ恐怖ですよー。



2008/01/04
tumblrから苛まれる日々。(´・ω・`)

dara-clipさんにつっこまれたの1
どこを読んだら「Tumblrを容認できなきゃ」になるやら。
アンタ面白すぎるよ。


他人の権利を侵害するリスクをゼロにしたいなら

Tumblr など使わないことです。

と先に述べ、
他人の権利を侵害するリスクをゼロにしたいなら

誰にも会わずに人知れず死んでいくのがよいでしょう。

と後に〆る。
この手法から、
他人の権利を侵害する行為を容認できなきゃ
人知れず死ななきゃいけない。

生きるためには、他人の権利を侵害する行為を容認しなきゃいけない。

他人の権利を侵害するtumblrも容認しなきゃいけない。
ってことを言いたいんだろうなあ、と自分は理解し、
Tumblrを容認できなきゃ
人知れず死ななきゃダメらしいです。
と表現したのですが、どうやらこの解釈は間違ってるらしいです。
でもdara-clipさんによる正しい解釈はなし。
自分が「間違ってて面白れー」という主観だけを広められ、
どこがどうおかしいかの指摘はありません。(´・ω・`)

dara-clipさんにつっこまれたの2
面白すぎる誤読。「電車内での〜」から
「同じモラル違反だから(中略)同じなんだ!」って、
どんだけ恣意的な解釈なんだよw


もう一度YoshikemaLablr.さんの意見
見て欲しいのですが、

けど、指摘のとおり、大声で通話する人を注意した人を
わがままだと言うのはおかしいですよね。


「指摘のとおり」の指摘してる人って、
文脈を見ても自分のことですよね?
でも自分は「電車内でのノーマナー行為を注意」
なんてしてませんよ?
ニュースサイトに制作者サイトでなく
無断転載サイトが紹介されるのを不愉快に思ったら、
それは作者のわがままなのだそうで

指摘のとおり、大声で通話する人を注意した人を
わがままだと言うのはおかしいですよね

これって自分には同一視してるようにしか見えないんですが、
dara-clipさんが言うには恣意的な解釈なのだそうです。
でも恣意的じゃないdara-clipさんの解釈はなし。
自分が「恣意的な解釈をしている」という主観だけを広められ、
恣意的じゃない解釈はこうだ、の指摘すらありません。(´・ω・`)

dara-clipさんにつっこまれたの3
これはわざと冒頭の「全然関係ないかもしれないけど、」を省略して
ミスリーディングを誘うという悪質な手法。
つか、提示されたアンケート課題に対する
(ご本人も「関係ないかも」と注釈をつけているくらい)
あまり有効と思えない回答をわざわざ選び出して
DISる感覚がよくわからん。

「傘を勝手に自分のものにするのはリアル犯罪」->
「リアル犯罪を犯すヤシが使うtumblr、極悪ツール確定」->
「俺、正義。たんぶりすた、涙目ww」
とかいう論理展開なのだろうか。


「全然関係ないかもしれないけど」の部分を削ると
悪質なミスリーディングになるのだそうです。
『年の瀬にもtumblrその2』での引用は、
DISるための引用ではなく、
「tumblrユーザーの考え方」を知ってもらうための引用であり、
上記回答を引用として選んだ理由は、
tumblrユーザーが、tumblrに自身のリアル犯罪履歴を
平然とpostして疑問にも思わない様子が、
「tumblrユーザーの考え方」の一端を知るための
引用になりうると判断したからです。
(蛇足ですが、 これは『年明け早々tumblr』で述べた
おかしなことやアレなことを言っても
指摘されることも反論されることも
炎上しちゃうこともない気持ちのいい空間に
身を委ねているうちに、
少しづつ正常な判断力やら思考力やらが
削り取られていってる様

が如実に表れている例であるとも思います)
「全然関係ないかもしれないけど」の部分は
本当に全然関係ないから引用しなかっただけなんですが、
引用しなかったことを挙げて
悪質な手法の証拠にされてしまうのも困るので、
「全然関係ないかもしれないけど」の部分を追加しておきます。

dara-clipさんにつっこまれたの4
いままで散々「誰かから奪い取った」だの
「テコンVを作りたい、ってことでしょうか。」だの
”権利の侵害”を指摘する表現で
ツッコミを入れておきながら、
「問題を無断転載(権利の侵害)のみに
ロックオンしちゃえば(中略)楽なんでしょうが、
『著作権を侵害してるから無断転載駄目!』なんて主張は、
自分は一度も行っていないのです。」ってのはすげーな。


もう一度自分の文章をよく読んでほしいのですが、

「人の嫌がること」ってのは、
無断転載それだけではなく
無断転載の結果、引き起こされた事態に、
(確かに「権利者」でもあるけれども、それ以前に)
「制作者」がしょんぼりしている、
という一連の流れを指している


問題は「無断転載のみ」ではなく、
「無断転載+それによって引き起こされる一連の流れ」
ですよー、と言ってるのです。
そこから「無断転載」のみを切り取って
語っちゃうのは楽なんでしょうが、
自分は無断転載だけを切り取って
「著作権侵害だから無断転載駄目」
なんて主張はしてないので、
「他人の権利を侵害しないように」についてだけ話あうのは、
何か違うんじゃないでしょうかどうでしょうか?
というこちらへの総評だったのですが、
権利の侵害を指摘する表現でツッコミをいれてたから、

「tumblrユーザーの権利侵害行為によって、
何が起きてるかが問題なのであって、
法的なタテマエとかを持ち出して
無断転載駄目とか言ってるわけじゃない」
という主張はすごい矛盾だ、

という全く噛み合わないツッコミをしてくる人がいるとは
想像もしてませんでした。(´・ω・`)

まぁ、見やしないだろうけど、このツッコミ見つけても
「そんな意味ではいってないのですよー。」とかなんとかいうのかな。


偶然ですけども見つけてしまいました。
田圃に水を引き入れなければ稲は育たないよう、
意見も相手に届かなければ
誤解も解けなければ理解もないわけで、
「この意見はおかしいぞ!」って指摘したいんであれば、
BBSなりメールなり届く形で指摘してくれればいいのになあ、
と思うのですが、
「見やしないだろう」という前提で意見を吐いてる以上、
目的は他の部分にあるんでしょう。

指摘も反論もされない、この一方的な目的を持った意見が、
reblogで広められちゃうんだろうなあ。
自分は偶然気づいて自分のサイトも持ってたから
反論のチャンスに恵まれたけど、
気づかなかったら怖いなーこれ。
現実問題としていくつかreblogされてるのに
誰もツッコミ入れてないのが尚怖い。
tumblr怖いよー。(´;ω;`)

今回のやけに喧嘩腰なツッコミ主、dara-clipさんって誰だろう?
つうかなんでこんなに喧嘩腰なんだろう? と思ったら、
SAGさんに「味方ktkr」とか言われてたこの意見の方でしたか。

なんとも面倒くさいのに引っかかっちゃった感じがあるけども。
「のし」氏はハナっからtumblrをdisるために
議論を吹っかけてきただけのような。


tumblr界隈は皆仲良くてうらやましいなー。


2008/01/04
YoshikemaLablr.さんからお返事が。
メルアドもコメ欄もないのでここで失礼しますが、
いろいろ了解いたしました。
こちらこそなんかいろいろ厳しいカンジのことを
言ってしまって申し訳ありません。



2008/01/06
dara-clipさんからコメントつけやすいように
ブログにまとめての反論があったよー。

のし部屋さんからのツッコミについて: dara-j

ぶっちゃけた話、のしさんとdara-jの諍いの一端です。

え?Σ(@ω@;)
い、諍ってないよー。
喧嘩なんてやだよー怖いよー。(;ω;)
とりあえずお互い誤解が解ければいいかなー、
というかそんなカンジの方向でレスレス。

「dara-clipさんにつっこまれたの1」について
tumblrを否定するためだけにわざと曲解した上で、
さもアンケートの回答内容がそう主張しているかのように
見せる意図があると思いDISりました。


つまり自分をDISるために

どこを読んだら「Tumblrを容認できなきゃ」になるやら。
アンタ面白すぎるよ。

という意見をtumblrで広めたわけで、
自分が誤読してるとか
そいう指摘ではなかったんですね。
誤解がとけてよかった!ヽ(・ω・)ノ


「dara-clipさんにつっこまれたの2」について
やはりここにも「dara-clipさんにつっこまれたの1」と
同じような「tumblr否定材料としての引用」という
意図を感じたためにDISりました。


つまり自分をDISるために

面白すぎる誤読。「電車内での〜」から
「同じモラル違反だから(中略)同じなんだ!」って、
どんだけ恣意的な解釈なんだよw

という意見をtumblrで広めたわけで、
自分が恣意的な解釈をしてるとか
そいう指摘ではなかったんですね。
誤解がとけてよかった!ヽ(・ω・)ノ


「dara-clipさんにつっこまれたの3」について
それを「tumblrユーザはこんなやつばかりだ」と受け取れるように
引用していると判断したため「悪質な手法」としてDISりました。

ごめんね! ごめんね!
リアル犯罪履歴を平然とpostして
疑問にも思わない人が一人いて、
リアル犯罪履歴を平然とpostする行為を
これは、おそらく一般のブログやmixi、BBS、
2ちゃんねるなどでも同様のpostがあり、
軽いツッコミがあったりスルーされたり、
という類のものだと思います。

と主張する人が一人いて、
そんな主張を行った個人が
どんな主張をしているか見てもらうことで、
「tumblrユーザーの考え方」の「一端」を知るための
引用になりうるって話で、
「tumblrユーザはこんなやつばかりだ」
なんて「全体」を語るつもりはなかったよ!
だから誤解させちゃってごめんね!
誤解がとけてよかった!ヽ(・ω・)ノ


「dara-clipさんにつっこまれたの4」について
「他人の権利を侵害しないtumblrの利用方法」を模索すること
そのものを「無意味である」と判断された上での言葉でしたか。


(・ω・)?
権利を侵害してるから面倒臭いことになってるんであって、
権利を侵害しない使い方なら
面倒臭いことにはならないんでは?
自分も面倒臭いことに関係ない意見は
引用してないハズですよ?

こちらの一方的な誤読・誤解といわれればそれまでですが、
「権利の侵害だけ議論しても無意味でしょ」ではなく
「権利を侵害するから無断転載するな、とは主張していない」
という表現にいたったのはなぜでしょうか?


(・ω・)?
「権利の侵害だけ議論しても無意味でしょ」
なんて自分は言ってないからでは?
「他人の権利を侵害しないtumblrの利用方法を模索する場」
とdara-clipさんが称する場で語られた内容は、

本音では、現状の著作権無視のreblogが楽しくてたまらないので、
どうやったら原作者に文句を言われずに同じ事ができるか、
という方向で考えてみる。

他人の権利を侵害するリスクをゼロにしたいなら
Tumblr など使わないことです。ネットもダメです。
他人とのリアルな会話も相手の権利を
侵害する可能性をゼロにできません。
誰にも会わずに人知れず死んでいくのがよいでしょう。

この問題って「ネットもダメです。」に帰着しちゃう気がするなぁ。
tumblrで作れるコンテンツって、ブログどころか
静的なhtmlでさえ可能でしょ、手間さえ惜しまなきゃ。


「他人の権利を侵害しないtumblrの利用方法を模索する?」
といったカンジで、挙句にアンケート主まで

先日のたんぶりすたへのreblogによるアンケートの結果まとめ
なにも考えずにreblogしているわけではない、
ということがわかっていただけるといいかな、と思います。


こういう使い方をされてきたので、


問題を無断転載(権利の侵害)のみにロックオンしちゃえば、


「嫌がること」とは「権利の侵害」のことだ。

他にも権利を侵害してるものがいっぱいあるじゃないか!

悪いのはボクらだけじゃない!


のコンボが成立しちゃうので楽なんでしょうが、
「著作権を侵害してるから無断転載駄目!」
なんて主張は、自分は一度も行っていないのです。

と総評したまでですよー。
この問題って「ネットもダメです。」に帰着しちゃう気がするなぁ。
と、おっしゃられた本人が
「悪いのは俺たちだけじゃねーべ」と
主張しているかのように断定されているのも疑問です。

と言ってくるとは思いませんでしたが、
まあ、誤解がとけてよかった!ヽ(・ω・)ノ

BBSやメールでの発現にしなかったのは、
「議論をするつもりがなかった」からです。

コメント欄での反論は歓迎します。
が、これを以ってtumblrがどうとかという議論はしないつもりです。
あくまでdara-clipがのし部屋に喧嘩を売っただけですので。


議論するつもりがなかったんじゃあ、
DISるために手段を選ばずなのも仕方ないよね。
議論するつもりがないんなら、
コメントつけやすいようにブログにまとめても意味ないよね。
喧嘩はしたくないので、
これからも一方的な主張を広められる様を
しょんぼりしながら眺めてることにします。(´・ω・`)

これにて諍い終わり!ヽ(・ω・)ノ


2008/01/07
TOP記事は次から次へと流れちゃうし、
BBSやメールで反応があるわけでもないし、
無断転載された側がしょんぼりした
無断転載を行う側の主張を紹介すれば、
一部のバカ発言を以って「tumblrユーザ」として
まとめ上げる格好での印象操作

とまで言われちゃうし、
ポイヽ(´・ω・`)ノズン
なカンジになってきたので、
もうtumblrについて色々言うのはやめますー。

ちなみにtumblrをソースにしたニュースサイトってここなんですが、
(tumblrの画像はいつの間にやらこっそり縮小されてますが、
当時はほぼ同じサイズで転載されてました)
紹介された11月24日から5日間のPVはこんなカンジ。
にゅーあきばからの来訪者数
0→0→0→0→0
にゅーあきばに紹介されたtumblrからの来訪者数
58→61→5→0→0
にゅーあきばからtumblrへの来訪者数が分からないので、
どれだけtumblrで満足して帰っちゃったお客さんがいるかは謎ですが、
丁度同時期に同じKawaii! NeGiy変人窟さんが
紹介してくださったので参考までに。
紹介された11月23日から5日間のPVはこんなカンジ。
変人窟さんからの来訪者数
1,634→3,430→2,071→980→243

アフィやってない制作サイトの
作品公開して得られるメリットなんて、
「たくさんお客さんがきてくれたらいいなー」程度の
ささやかな楽しみぐらいしかないわけで、
そんなささやかなものまで
奪い取らないでくれなくてもいいのになー、とか
しょんぼりすることさえも悪質な印象操作になっちゃう、
そんな時代がジャスティス。


2008/01/17
tumblr問題でいろいろ勘違いされちゃってる気がするので、
島国大和のド畜生さんのこちらの記事を紹介。

例えばゲーム画面の利用とか、
結構やかましい規則があったりするけど、
ファンサイトとかは作って欲しいわけですね。
メーカー側としては。
 でもソレを使って商売されたり、
全画面掲載などネタバレされてはシャレにならん。
 その、善意の利用と悪意の利用の線引きを
明確に出来るかといえば難しい。
だったら不許可つっといて、転載されてても問題無さそうな所は
スルーするみたいなグレー化するか、というのがアリガチな判断。
 真面目なユーザーが会社の法務に
「画像を二次利用していいですか?」とか
問い合わせてくる場合があって法務が頭抱えながら
「勝手にやってくれたらいいのに」
とか言ってるのは良くある光景で。
聞かれたら駄目と断らざるを得ない。
だって許可とったを盾に何されるか解らないもん。
そういう場合は非常に難しい法律用語で
煮え切らない返事が来たり、無視されたりする。
 最近の著作権がらみの論争を見るに付け、
グレーにしとかないと面倒だよその辺。という思いが強い。


つまりはそんなカンジ。


2008/01/20
tumblrについていろいろ語るのは
もうやめるつもりでしたが、
なんだか素晴らしい主張を拝見したので
「tumblr全体でなくtumblrを利用する一個人の意見」
として紹介だけしておきます。

初音ミク専用たんぶらというtumblrがあります。
初音ミク界隈では有名なtumblrで
自分も
Kawaii! NeGiyを無断転載されたことが
何度かありました。
そこの管理人さんの意見だそうです。
(消されてますがこちらから確認できるそです)

初音ミク専用たんぶらに勝手に俺の絵載せるなって
メールが来た。どうすればいいの
こちら

tumblr が著作権侵害しまくってるのに楽しいのは
仁義があるからか *Tw*
こちら

そもそもネットで著作権を主張するのがおかしいこちら

画像が無断転載されるのは、
カギを掛けてない自転車が盗まれるのと似ている *Tw*
こちら

二次創作で絵描いといて自分が書いた絵が
リブログされると著作権を持ちだすって頭おかしいだろ *Tw*
こちら

オイラがリブログしている範囲では
「たんぶらで補足された!わーい」
ってな反応してる絵師が多いんだけど。
リブログ反対派は何なの?キチガイなの *Tw*
こちら

無断転載にならないよう画像をトリミングして表示したら
こんどは同一性保持権侵害ですか。ふざけんなw *Tw*
こちら

オイラにリブログして欲しくてわざわざ
初音ミクを描く絵師さんもいますよ
*Tw*
こちら

(15時頃確認したら消されてたので一応SS)

……。
初音ミク専用たんぶらさんでは現時点まで問題は発生しておらず、
「初音ミク絵師カタログ」的な使い方をしてる閲覧者の多さから
新たな価値発見の可能性もあったため、
どちらかというと好的な感触を覚えてもいたのですが、
なんだろうなあ…この脱力感。


2008/01/21
追加。

のし部屋のやろうテメェーもアンチ tumblr かぁああああこちら

気持ち悪い。
今描いてる年賀状描き終わったら
初音ミクイラスト漫画方面からは撤退しよう。



TOP