(・ω・)ノシ部屋



CONTENTS
[交流連絡等]
BBS


チャット(避難所)
メール
twitter
当サイトについて

[FLASH]
ぷらちな

時ポケ日記03
時ポケ日記02
時ポケ日記01

宇宙探偵ロゼリアさん
ぶらんにゅーカスミさん
ほよキル
ぽろっく
うにゃうにゃ
えびふらいのうた
トランプCM
猫祭
紅白団
紅白さん
ッパえもんその5
ッパえもんその4
ッパえもんその3
ッパえもんその2
ッパえもん

[COMIC]
海腹川背P2G
Kawaii! NeGiy

[ILLUST]
メガキルリア
擬人化ゾロア
ビリッチ
タムタム・タンバリン
ぺったんこシスターズ
なんとかPortable
初鼠ミッ●ー
時々日記トリオ絵
バレンタインカエジゴ
トロと女主人公
擬人化ミュウ
2006年賀キルリア
ツンデレキルリア
ダイゴ
みちづれサーナイト
おまけ・三進化
サーナイト2
バレンタインキルリア
ラルトス

2003年賀キルリア
サンタナイト
サーナイト1

[GIFT]
いただきもの


[OTHER]
ポヤッチオ大辞典

ふらくた宣伝ページ
海腹川背DS問題まとめ
ラインストーンまとめ

[時々日記]
51デルタの考察と
50 ポケセン発送と
49 運命石の扉と
48 ハイリンクと
47 幻影の覇者と
46 ティキン戦争と
45 ホモ弁と
44 iスソードと
43 ニンテン恋人と
42 超克の時空と
41 ヱヴァ破と
40 ナナ●●と
39 しょうが湯と
38 別のしと
37 さかなのこと
36 氷空の花束と
35 PSPと
34 tumblrと
33 足長おじさんと
32 パルシティと
31 動物図鑑と
30 入国審査と
29 機内食と
28 ゲド戦記と
27 蒼海の王子と
26 ペルソナ3と
25 コバヤツ先生と
24 あせだくと
23 ハナノコと
22 DSと
21 ドルフェリアと
20 煮物と
19 携帯電話と
18 ちいさなキノコと
17 波導の勇者と
16 空ピカと
15 波ピカと
14 十円玉と

13 ユニオンと
12 裂空の訪問者と
11 PBFと
10 チョーさんと
09 書初めと
08 ポケセンと
07 GCと
06 特製ドリンクと
05 ドナルドと
04 七夜の願い星と
03 グラップラーと
02 ツリ目ちゃんと

01 エンジェルと






ポケモン配信情報他

ゲームのプレイ状況、画像等はtwitterにも。

妖怪ウォッチバスターズ月兔組プレイ中。
ファンタジーライフLINKプレイ中。
妖怪ウォッチ3 SUSHIプレイ中。


2016/09/24
Pokemon Generations Episode 3: The Challenger
が公開されました。
レッドがポケモンリーグに到達する少し前の
グリーンがチャンピオンになるまでのお話。
チャンピオンワタルが四天王に降格したことで
四天王が一人押しだされて
消えたんじゃないかと思ってましたが、
普通に四天王を倒しただけで
チャンピオンに就任してるなあ。
これが公式設定になってしまうんだろうか。




2016/09/20
サンムーン新PV来ました。

髪型とファッション
今回はXYと違って男性髪型の幅も広そうです。
広いといいなあ。
服を染めれるのはありがたい。

ポケリフレ、まんまポケパルレですね。
FE ifのおさわりシステムがifパルレと呼ばれてたように
パルレの名称が一定の認知度を集めてただけに
名前を変えちゃったのは勿体ない。

ピカチュウとイーブイに特別なZ技
ピカチュウはひっさつのピカチュート、
イーブイはナインエボルブースト。
イーブイ新しい進化形が登場したらどうするんや…。
キルリアさんにも特別なZ技くれよ。

一方妖怪は全員に専用の必殺技を用意した。

新ポケモン、ナゲツケサル
サン限定です。

新ポケモン、ヤレユータン
こっちはムーン限定。
別ゲーとは言え対戦であんだけ流行れば
意識はするよな、ひとまか閃光。

ルガルガンはまひるまよなか共に単岩タイプ。
ソルガレオ、ルナアーラの影響を受けて、
それぞれ違う姿に進化した、という設定みたい。
特性が死んどる…。


ポケモンバンクは2017年1月に
バージョンアップでサンムーンに対応。
サンムーンへの移動は一方通行になるそうです。
世代を跨ぐ毎にストレージ倍増させてたら
いつかサーバーの方が詰みそう。



2016/09/17
Pokemon Generations Episode 1: The Adventure
Pokemon Generations Episode 2: The Chase
が公開されました。
エピソード1はピカチュウと巡るポケモン各世代の旅、
エピソード2はハンサム率いる国際警察が
サカキを追ってトキワジムに乗り込むも
そこにはレッドとのジム戦の痕跡だけが残ってた、
みたいな感じでしょうか。
日本語版は公開されないのかなー?




2016/09/14
サンムーン公式更新。
ウルトラービーストの詳細が公開されました。
EXPANSIONとBEAUTYは共にUB02
バージョンによって出る方が異なるみたい。
UB01がリーリエっぽいのは前に触れましたが、
BEAUTYのポーズはルザミーネに似てるなあ。
でもバージョン限定となると特に関係ない?
それともEXPANSIONはルザミーネの本性に似てる?


あとコロコロでイワンコが主役のマンガが始まるとか。
ポケスペじゃ新規のファンは呼び込めないからなあ。
でもイワンコじゃ子供の心はつかめない気がする。




新作アニメ、ポケモンジェネレーションズ
9月からYou tubeで公開されるそうです。
全18エピソード。
ゲームの名場面を切り取ってアニメ化する感じかな?
ジ・オリジンの路線を踏襲した作品なんでしょうが、
主人公全レッドっぽいなあ…。
パーフェクトジガルデとも対峙してるし。




2016/09/12
サンムーン、フラゲ情報いろいろ。

ルガルガン、まひるのすがたまよなかのすがた
イワンコの進化形だそうです。
昼進化と夜進化で姿が変わるのかな?
バージョン限定進化だそうです。
まひるのすがたは岩先制技アクセルロック
まよなかのすがたはカウンターを覚えるとか。
これ対戦目的だとサン一択になっちゃいそう。

エフィブラはそれぞれ別ポケでカウントされてましたが。
しかしニャオニクスもでしたが
ここまで別ポケになっちゃっても
頑なに同じポケモンと言い張られると、
ニドラン♂♀で分けられてた
初期の編纂はなんだったのかと思いたくなる。


ウルトラビースト3体。
コードネームはUB02がBEAUTY、UB03はEXPANSION、
一番最初に公開されたUB01のコードネームは不明。
HOLLOWとかかしら?
UB02は永野護の世界の生き物かな。
UB03はカプ・コケコと対立してるぽい。

タイプ:ヌルは次号で本気を出すんだとか。
こりゃサンムーンもXYやORASと同じで
発売前に情報全部公開しちゃうパターンだなあ。
どうせビックデーターかなにかで
「サンムーンの話題が少ない! 燃料投下だ!」
って感じでドボドボやってんでしょうが、
「ポケモンの話題に飛びつく人」と
「ポケモンを実際に買って遊ぶ人」は
必ずしもイコールではないわけで、
それが特に顕著だったのがエル・シャダイだったわけで。
アローラナッシーなんかで発売前に
散々盛り上がり尽くした人達が
発売後も同じように盛り上がり続けてくれるか、
ヌマクロー先生に尋ねたらなんと答えるだろう?



アニポケもサンムーンへ…え?
サ、サトシさん…?
いやまあ確かにアニポケも
今のままじゃダメだろうなー
とは思ってきましたが、
これまたエラい方向に舵切ってきたなあ…。




2016/09/08
オーキド博士(アローラのすがた)
イトコだそうです。
誰かに似てる…。


新PVもう一つ
マサキっぽいセリフや
バーネット博士? の名前が確認できます。




2016/09/06
サンムーン新PVきました。

デカグースとラッタは対ポケモン。

サンとムーンでは時差があるそうです。
時差は12時間かな?
昼間はフワンテ、夜はムウマと
時間帯によって出現するポケモンも異なる様子。

左は道具屋に技マシン屋、
右は散髪屋に服屋かな?
中華っぽい雰囲気もあるけど、
奥に見えるのは守礼の門ぽいし
沖縄風っぽくもある。

ポケファインダー、動画みたときは期待したけど、
ポケファインダースポット限定なのか…。
XYの写真システムが不評すぎる。

撮影スポットに野生ポケモン配置しました!
って感じなんだろうけども、
ユーザーが求めてるのは、
手持ちポケモンを! 好きな場所で!
撮影できるようにして欲しい! であって、
誰が撮影しても似たような写真にしかならないものを
撮影したいわけではないんだよなあ…。

傷ついたポケモンを保護する団体、エーテル財団
可愛い子が多いんで善玉に見えるけど、
ザオボー見るからに怪しいし、
スカル団は噛ませでこっちが悪の組織の本命なら
ちょっと評価するなあ。
スナッチ団とシャドーを思い出すけど。
あとビッケさんの服は性的すぎる。
代表ルザミーネはリーリエと姉妹臭がすごい。
ついでにグラジオとの姉弟臭もすごい。
仮に悪の組織なら、初の女ボスだなあ。

プラターヌ博士の助手、デクシオとジーナは続投。
ジガルデセルはジガルデキューブで集めるみたい。

スカル団の用心棒、グラジオ
こいつ…邪鬼眼の動きだ。
使うポケモンはタイプ:ヌル
ポケモンの種族名にコロンを使う時代か…。
タイプはノーマル、特性はカブトアーマー。
いかにも仮面を取った姿があります感を出してます。
しかしマギアナやった直後にまた人造ポケモンか。
人造ポケモンも安くなったなあ。
エーテル財団が裏でこっそり作ってたんなら
代表の弟がそれを盗んで逃げだした、
って感じのストーリーかしら?

ポケモン紹介で新ポケモンはジャラコ
タイプはドラゴン、特性はぼうだん、ぼうおん。
今回の600族かな?
進化したら鋼ドラゴンになりそうな色してる。

さらに謎の存在、ウルトラビースト
ついに人間とポケモン以外の生命体の登場かあ。
それ以前にポケモン世界は、
ビーストという言葉の認識がある世界なのか?
複数存在するそうで、
UB01はリーリエっぽくも見えるので
主人公に縁のある人達の形態を取って現れるのかな?



2016/09/01
サンムーン新PVきました。
Z技はZクリスタルを持たせないと
使えないみたいですね。
メガストーンは続投なるのだろうか?
早期購入特典は
Zクリスタル「カビゴンZ」持ちのゴンベ。
Zクリスタルはタイプ毎かと思いきや、
特定ポケモン専用のがあるのか…。
メガストーンで不評だった仕様を
なんでこうも何度も繰り返すのか。
アイテム管理しんどいねん。
またパッケージ版とDL版で異なる特典がつくのだとか。
レベルファイブ商法みたいに
「それしか入手方法のないゲーム内データ」
でないだけ良心的ではありますが…。
カビゴンGXはプロモカードなのかしら?
非売品のカードとクイックボール12個じゃ
DL版が悲しすぎるし、
後日販売予定の非売品じゃないカードなら
両方ショボすぎるし…。




2016/08/31
夏も終わり、ということで
今年の劇場版ポケモン映画の感想
ネタバレ注意。

最終的な興収が26.1億円だったフーパに対し、
マギアナの興収は8月28日時点で19.5億円。
9月いっぱい流せば20億は超えるかな?
いつもは2〜3億づつジワジワ下がってるものが、
レシゼクで2本やってから1本に戻した時ぐらいの
酷い下がり幅となってしまいました。
ドーピングで荒稼ぎしようとすれば
後日揺り戻しのダメージがでかいということは
過去の事例に学べたはずなのに、
去年 アルセウスくじという
でっかいドーピングやらかしちゃったからなあ。
しかもそれで結果も出せなかった上に
肉体だけ大きなダメージくらってるという。
もはや総選挙とかの小手先じゃ
どうしようもない段階まできてるので、
真っ当な商品を作って健全な商売をするしか
健康体に戻れる方法はないと思うんだけれども。

ポケモンGOの世界的ヒットもあって
もうちょいいくかと思いましたが、
結局ポケモンGOはポケモンGOだけで完結してて
なんの影響もありませんでした。
本当はもっと酷い有様だったのが
ポケモンGOの影響でここまで盛り返した、
と見ることもできるかもしれませんが。
ポケモンGOに登場するカントーポケモンは
映画にはそんなに登場しない、ってのもありますし、
映画でメガシンカを無駄に大量に登場させた
弊害について感想でも触れましたが、
カントーポケに限定して出演させてれば
多少は相乗効果があったのかも。

映画自体の評判は好評で、
今やってるアニポケ自体も好評なんですが、
下げ止まらない数字を見るに、
これまでポケモンにネガティブな意見を
こぼしてた人達がいなくなっちゃって、
相対的にポジティブな意見だけが
目立つようになっただけなんだろうなあ、というか、
「嫌ならやるな!」的啓蒙の成果なんでしょうが、
物言えぬ空気に憑りつかれた
SNS時代のコンテンツは不幸だなあ、
とは思います。




2016/08/27
ポケモンサンムーンの公式攻略本に
きんのおうかんのシリアルコードがついてくるとか。
これきんのおうかんの入手難易度によっては
アチャモくじを上回る攻略本の大量買いを引き起こしそう。
個体値を鍛えることが出来るようになるシステムは、
産ませたポケモンでなく
出会ったポケモンで最強を目指したい人には
待ちに待った仕様変更だったと思うんですが、
映画特典のマギアナですら
持ってるのはぎんのおうかんなわけで、
課金でしかそれが行えないレベルに調整されてたとしたら、
さすがにちょっと嫌な気分になってくるなあ…ソシャゲかよ。

「俺はこいつと最強を目指すぜ!」
「ピカチュウ!(課金してください)」




2016/08/20
うまいゾ
すっごくどこかで見たカンジ
とか言っちゃダメだ!




2016/08/11
サンムーン新PVきました。

アローラ地方のならずもの、スカル団。
コマネチポーズを取り、語尾はスカ。

さり気にネストボール投げてるなあ。

スカル団幹部、ラブリナさん(アローラのすがた)。

化粧を落としたらおしとやかなお嬢様なんだろうなあ。

こっちはハイパーボール。
投げるボールが細かく異なってるのはいいな。

スカル団のボス、グズマ。


どうしてこんなになるまで放っておいたんだ…。

ククイ博士、キャプテンになりたかったんか。

ネマシュ、くさ、フェアリータイプ。
光るキノコです。

ヨワシは登場時にむれたすがたになり、
ダメージを受けるとたんどくのすがたになるっぽい。
ジガルデみたいなもんだろうか。

ナマコブシ、とびだすなかみは
気絶時に相手にダメージを与える特性?

リージョンフォーム、ニャースとガラガラは既出。
進化前のカラカラはリージョンフォームなし?
さらにライチュウのリージョンフォームが登場。
電気・エスパータイプになり、
尻尾に乗って宙に浮きます。
ライチュウ・ファインディング・オペレーションかな?
ライチュウのテコ入れは強く期待してて、
本体をピカチュウサイズにして
耳と尻尾が巨大化した感じのが欲しかったけど、
ライチュウ=メタボのイメージからは逃れられないか…。




2016/08/10
サンムーンフラゲ情報いろいろ。

新ポケモン、ナマコブシ
口から拳型の内蔵を吐き出すそうです。

新ポケモン、スナバァとその進化形シロデスナ
砂ン丘入道かな?
タイプは地面ゴースト。
さらにキテルグマの進化前、ヌイコグマ。

新ポケモン、ヨワシ
群れた姿って群れバトルで登場するんでしょうか。
どう見ても5体どころか数10体単位なんですが、
1VS数10ってのも理不尽極まりないなあ。

リージョンフォーム、ニャースとガラガラ。
ニャースは悪タイプに、
ガラガラは炎ゴーストタイプに。
ガラガラ死んでんじゃん…。

今回の悪の集団はスカル団
ボスはグズマ。
プルメリはラブリナ(アローラのすがた)かな?
いつもは謎の組織って感じなのに
今回はチンピラ集団臭がすごいなあ。
スナッチ団みたい。



2016/08/01
ポケモンサンムーン新PVきました。
今回は色々ぶっとんでるなあ。


ゼンリョクの攻撃、Zワザ。
Zリングを使いポケモンのZパワーを引き出すそうです。
ドラゴンボールかな?
怪しい踊りもドラゴンボールぽいし。
スーパーキングギガボルト、
ブルームサンシャインエクストラ、
ダイナミックフルフレイム、
スーパーアクアトルネード…。

すっごくどこかで見たカンジ、
とか言っちゃいけないんだろうな。


試練とぬしポケモン。
ぬしポケモンって普通に進化形じゃないの?



すっごくどこかで見たカンジ、
とか言っちゃいけないんだろうな。


試練の案内役はキャプテン。

ビンビンに勃ってる…すごい。
その島のキャプテンの試練を全てクリアすると
しまキングの大試練にチャレンジできる、と。
今回はジムバトルの代わりに試練なのかな?
ジムバトル自体はちゃんとあって、
それとは別の新要素なんだろうか。


ポケモンライドはとりあえず陸海空全部あるみたい。
あとはどれだけの種類で可能か、だなあ。


新ポケモンもいろいろ。

オドリドリ、スタイルによって4種類のタイプが存在。
新特性おどりこは相手のおどり技を受けて
発動するカウンタータイプ。
対戦でも面白い使い方ができそうだけど、
実用範囲の種族値に進化するかどうか。

メテノ、岩飛行タイプ。
新特性リミットシールドはHPが半分以下になると殻が割れ、
4種類の色に対応した攻撃特化フォルムになるのだとか。
割って見るまで色が分かんないってのはいいな。
ミミッキュも首コテンでなく
化けの皮の下が出てきてほしかった。

デカグースヤングースの進化形で
タイプ特性は進化前と同じ。
茂みの洞窟のぬしポケモンらしい。
これまでのシンボル配置の
イベントポケモンと何か違うのかな?

カリキリ、草タイプ。
特性はーフガード。
ハナカマキリかな?
シェードジャングルのぬしポケモン、
ラランテスに進化します。
新技ソーラーブレードは物理版ソーラービームかな。


すっごくどこかで見たカンジ、
とか言っちゃいけないんだろうな。

ドロバンコバンバドロの進化前で
タイプ特性共に同じ。
ロシナンテと名付けたい。

リージョンフォーム、すでに既出のポケモンでも
アローラ地方独自の外見とタイプを持っているそうです。
ナッシーふいたw
メガガルーラのノリを感じるなあ。
これは過去作からリージョンフォーム対応のポケモンを連れてきたら
強制的にこの姿とタイプになってしまうのかな?
過去作から連れてきたのはそのままだけど
タマゴを産ませるとその地域の姿のが生まれるのかしら?


ナッシー
タイプが草エスパーから草ドラゴンへ、
特性がおみとおしに。
アイテム確保要員として連れ歩きたいなあ。


ロコンキュウコン
炎タイプが氷タイプへ、
特性がゆきがくれに。
夢特性はきっとゆきふらしに違いない。


サンドサンドパン
地面タイプから氷鋼タイプへ、
特性はゆきがくれに。
サンド(砂)とは。

しかしXYみたく発売前に全部の情報が
公開されそうな勢いになってきたなあ。
まだ2ヵ月以上あるんだけれども大丈夫だろうか。




2016/07/24
妖怪ウォッチ3、男女共に第3章、
ウォッチランクDのあたり。

「無駄に多大な労力を強いるゲーム」と評した
前作妖怪ウォッチ2でしたが、
今作ではその傾向が改善されるどころか
凄まじく悪化してます。

まずは妖怪の発見。
前作までは、妖怪をサークル内にゲージが
溜まるまで捕捉し続けると
発見状態になり戦闘に突入してましたが、
今作ではサークルで捉えた妖怪にサーチビームを打ち込み
ゲージを0にすることで発見状態になり戦闘に突入します。
妖怪ARサーチャーとか言っちゃダメだ。
前作の仕様では妖怪からサークルから外れると
ゲージが減少するため
動きの速い妖怪は戦闘状態に突入すらできない、
という問題があり、
妖怪のゲージが回復しないシューティングスタイルは、
本来なら良改善とも言えるんですが、
問題なのはレーザーを撃ち込む回数。
50発撃ち込め、って何なの…。
ちなみにこの50発はレベルやウォッチランクが
上昇しても変わりません。
1回遊ぶ分には面白いかもしれませんが、
後述の理由により膨大な戦闘回数を要求されるこのゲームで
連射機能はあるとはいえ
毎回妖怪を追いまわして50発撃ちこまなきゃ
戦闘にすら持ち込めない、って状況は…。
そのため基本となる「稼ぎ」はダンジョン等で
シンボルエンカウントする「探す必要のない妖怪」を
ひたすら狩りまくるスタイルに落ち着きます。
「妖怪ウォッチを使って妖怪を探す」ゲームとは。

次に入手経験値が少なすぎる問題。
単純に前作までの約1/3になってます。
ぶっちゃけ前作の3倍時間をかけて
レベルを上げなきゃいけないわけですが、
先述の戦闘に突入しづらい仕様と相まって、
最序盤から縛りプレイでもやらされてんのか、
ってぐらいの単純作業量を求められます。
入手できるリソースを減らすことで作業量を増やし
寿命を延ばそうとするのはコンテンツの自殺だよな。

そして妖怪が仲間になりません。
前作でも「妖怪が仲間にならない」と
散々愚痴ってはいましたが、
正確には「目的の妖怪が仲間にならない」であって、
目的の妖怪ではないにせよ
一応作業量に比例した数の妖怪は
入手できてはいたんですよね。
今回はそれとは全然違って、
本当に妖怪が仲間になりません。
1時間やって1匹すら仲間にならないこともあります。
それも超レアな妖怪が、ではないです。
ただのEランク妖怪です。
路地裏でシンボルエンカウントする妖怪ならまだしも、
妖怪ウォッチで探さなきゃ見つからない妖怪を
仲間にする場合は遭遇するだけでも
ひたすら先述の作業を繰返す必要があるわけで、
なんの苦行だよ、これは…。

しかもこういう状況を踏まえた上で、
序盤のイベント加入妖怪が極端に少ないです。
前作ではイベント加入だけで
序盤に6体揃う親切設計でしたが、
今作ではイベント加入は男女それぞれメイン+1体のみ、
つまり手持ち2体のみで、
手札が揃うまでこの状況を生き延びねばなりません。
当然最初からガチャなんて回せません。

前作でも「回復必須のゲームなのに回復要員が少ない」
という問題点を抱えてましたが、
今作ではその状況も悪化しており、
序盤から配置されてる回復技を持った妖怪が
極端に少ないです。
具体的には男の子サイドは2種類、
女の子サイドに至っては3番目のエリアにいくまで
回復持ちは一切登場しません。
登場しても先述の問題により仲間になりません。
序盤のアドバイスをくれるナガバナに
「回復持ちを仲間にしろ」と言わせてるので
レベルファイブにも回復必須の自覚はあるんでしょうが、
だったら仲間にしやすくするかたくさん配置するか
せめてイベント加入で用意しとけよ。
2では確定でひも爺が、
選択ではあったけどバクロ婆も仲間になって
ガシャも回せたというのに。

ガシャといえば、ガシャ回数が1日3〜30回の
ランダム仕様でなく、
最低保証3回を選ぶか
1〜30回のダーツ仕様を選ぶか、
になりました。
ダーツは1〜3の範囲がえらく広く、
文字盤は視認できない速度で回転するため
実質ランダムと変わらないというか、
単純に下限が引き下げられただけで
メリットがなんもない…。

フィールドは、相変わらずだだっ広く、
なのに妖怪の出現スポットが、
USAは日本と比べ極端に少ないです。
これが先述の仕様と相まると…もういいですやね。
何もかもが悪い方向に調和してる。

だだっ広いですが、虫とりあみはなく、
そもそもUSAには虫がいないので、
妖怪を捕まえる以外はゴミ拾いぐらいしか
やることがありませんが、
今回アイテム上限が99から30に減らされており、
しかも上限突破を伝えるメッセージが
限られた状況下でしか出ないため、
「後のことを考えて今やれることだけでも頑張っておこう」
と頑張ると上限30に気が付いたときに泣きをみます。

クエストは、このだだっ広い街を
無駄に端から端まで移動させられます。
報告のために端から端へ移動させられ、
また戻らなきゃいけなかったときには殺意を覚えました。
こういう無駄な移動をさせることで時間稼ぐの、
本当にやめろよ。

戦闘面ではタクティクスメダルボード
完全に失敗だったと思います。
タッチペンでの操作1つで場に出す妖怪を
サクサク変更できたサークルバトルと異なり
タクティクスメダルボードでは1体の妖怪を動かすだけで
1回の操作が要求されます。
3体の妖怪を入れ替えるだけで操作が3回、
そこから妖怪を移動させたければ
さらにタッチペンを動かす羽目に。
しかも移動させるたび待機時間が発生するため
自由な操作も行えません。
6体の妖怪をサクサク入れ替えることで
テクニカルなバトルを行なえた前作から
事実上3体固定移動なしバトルへと劣化した感じ。
実質メダルを動かすのは必殺技を避ける時ぐらいですが、
必殺技を避けれることで得られる爽快感より、
こっちの必殺技が範囲が足りなくて当たらない、
避けられるストレスの方が遥かに上回っています。
必殺技をぶち当てて「俺ツエー!」するための
子供のゲームやで?
必殺技をぶち込むと見せかけて
相手の移動を待って必殺技をキャンセルし、
相手が移動できない待機時間中に必殺技をぶち込む、
なんてテクニカルなバトルは、
対人戦では面白いかもしれませんが、
先述の理由で何度も繰返さねばならないCPU戦に
そんなん求めてどうするよ…。

ついでに妖怪の表示されてる場所と
HPバーの場所も異なるので混乱は必須。
公式サイト1発目の画像
ジバニャンとマイッカーの位置からお察し。

陣形は隣り合わせてなくても発動するよう改善されましたが、
今度は発動が3体からになってしまい、
種族を3体と3体で分けるか、同じ種族6体で固めるか、
の2択の最適解しかなくなってしまいました。
折角の改善も頭の悪い改悪を加えることで
一々台無しにしてくるなあ。
前作みたいに2体で発動するようにすれば、
最適解の幅も2+2+2、2+4、3+3、6と
4択まで増えるのに。

「無駄に多大な労力を強いる」要素は
戦闘でも遺憾なく発揮されており、
とりつきの解除が前作の数倍
時間がかかるようになっています。
戦闘の頭にとりつかれると、
解除しきる前に戦闘が終わってるぐらい。
前作の仕様でもタッチパネルへの負担が心配になるぐらい、
画面を叩かせるわ擦らせるわで
評判最悪だったはずなのに、
まさかその数倍の負荷がかかる仕様に
してくるとはおもわなんだ。
嫌がらせか? 嫌がらせなのか?
そしてこのとりつき解除の仕様が
先述のタクティクスメダルボードと凄まじく相性が悪く
妖怪を自由に動かして戦わせなきゃいけないのに
とりつき解除に手一杯でメダル操作する時間がない、
という本末転倒な状況を生み出しています。
当然CPUは前作同様即解除してきます。
ちゃんとテストプレイやってんのか?

バスターズ、妖怪三国志で進化したはずのシステム周り、
たとえばQRコード読み取りなんかは
2の頃まで退化しちゃってます。
1枚読み取るたびにセーブするかどうかを確認し
会話を終了させてしまうため、
次のQRコードを読み込むためには
また最初から話しかけなきゃいけない、
って本当頭おかしい。
通信交換も、待機側はメニューを閉じた状態で
待たねばいけないところまで退化
なんで進化したはずのものが元に戻るんだ…。
それぞれの開発を担当してるチームの技術力なのか?
バスターズで調整され直してたはずの
妖怪の技やスキルまで2の頃まで退化してやがる。

楽しいか楽しくないかを問われれば、
まあ楽しいですし、よく出来てはいるんですが、
とにかく無駄に時間をかけさせようという思惑が前作以上で、
大型アップデートが3回控えてるため、
簡単に遊び尽くされては困る、ってことなんでしょうが、
いろいろ心境を察して欲しいゲームです。

コンたんはヤバい。可愛い。
しかもスキルモテモテで回復持ち。
今回はコンたんが手に入るスシバージョンが
大正義だなあ。




2016/07/19
ポケモンサンムーン公式更新。

レベル100のポケモンに限り
個体値を弄れるようになる
みたい。
やっとかー。
おうかんは消費アイテムなのかな?
ぎんのおうかんがあるってことは
きんのおうかんもあるってことだろうし、
こだいのおうかんってのもBWにあったなあ。
なんか結局はリセマラ必須な仕様になりそうなのが怖い。

コソクムシ、虫水タイプ。
新特性にげごしはデフォだっしゅつボタンかな。
対戦では色々出来そうだけど、捕獲し難そう。

アマカジ、草タイプ。
特性はリーフガード、どんかん。
ポケモンを誘き寄せて自分を丸飲みさせる、って
えげつない寄生植物やで。

キュワワー、フェアリータイプ。
見るからに花なのに草タイプは入ってないのか。
特性はフラワーベール、ヒーリングシフト。
ヒーリングシフトは回復技を先制にする特性。
ジワジワ型がえげつないことになっちゃう。
襲われると花を投げつけるのは
トカゲの尻尾切りかな?

バンバドロ、地面タイプ。
特性はマイペース、じきゅうりょく。
じきゅうりょくはダメージを受けるたびに防御アップ。
ハワイなのに北海道の輓馬かあ。
シンオウ地方で出してやんなよ。

キテルグマ、ノーマル格闘タイプ。
特性はもふもふ、ぶきよう。
もふもふは直接ダメージを半減し炎倍に。強い。

ミミッキュ、ゴーストフェアリータイプ。
特性ばけのかわは1回だけ敵の攻撃を防ぎ
姿が変わるのだとか。
実質マルチスケイルの上位になるのかな?
かたやぶりで攻撃したら姿はそのままなのかしら。




2016/07/17
妖怪ウォッチ3 SUSHIげちっと。

プレイ中の様子はtwitterを見てもらうとして、
序盤2時間ほどのプレイの印象としては、
詳細に作り込まれた街グラとスカスカの中身は
妖怪ウォッチ2の頃から全く成長してない感じ。
建物に入れるわけでもないし、
オブジェクトに何らかの反応があるわけでもないし、
宝箱すら設置されてないし、
探索の面白さがまるでない。
出現する妖怪まで2と同じように
何処を覗いても同じ妖怪しかいないー
なんて有様になってんじゃないかと
不安で仕方ないんですが、
サーチと戦闘のチュートリアルを終え
街を自由に移動できる段階になっても、
野良妖怪に遭遇することもなければ、
虫取りも魚釣りもできず、
ユニークキャラも一切配置されていない、
そんなただだだっ広いだけのスカスカマップを
散々探索し尽くした結果、
正直今の時点でかなりしんどいです。
寄り道せずさっさと目的地に向かえ、
ってことだったんでしょうが、
自由に動けるってことは何かあると思うじゃん。
ほんっっっとーに何も! ないんだよなああ。
丁度並行してやってるファンタジーライフLINK
探索してて楽しいゲームなだけに余計しんどい。
同じレベルファイブゲーなのになあ。



2016/07/14
着てる熊。

脱がせてはいけない。



2016/07/13
コロコロフラゲ情報で新ポケモン。

ミミッキュはフェアリー、ゴーストタイプで特性ばけのかわ。
ミミックが元ネタだろうし、イリジュージョンみたいな特性?

キテルクマはノーマル格闘で特性もふもふ、ぶきよう。
アライグマみたいな尻尾にバレリーナの頭羽、
そして名前は着てる熊…。
意図の見えづらいポケモンだなあ。




2016/07/07
海外サンムーン公式で新ポケモン、Salanditが公開。
毒炎タイプで、タイプを超えて相手を毒にすることが可能。
ネッコアラには毒を使うのを避けてるので
特性は突破はしないんじゃないかな。



PokemonGOがオーストラリアと
ニュージーランドで正式スタート。
うーん…




2016/07/01
ポケモンサンムーン公式サイト更新。
海外公式ではムーランドに乗ってる画像とか。

今回もライドシステムを導入できなければ
さすがに積み感も強いんで
あって当たり前な感もしなくはないですが、
あとはどれぐらいの種類のポケモンに乗れて、
どれぐらい自由な範囲を移動できるかだなあ。
メェークル、ゴーゴートみたいなしょっぱい仕様はもう勘弁。


ポケセンでサンムーン両方買うとアートブックが貰えるアレ
今回もやるみたいです。
XYの時は悩んだ結果見送りましたが、
アートブックは何故か手元にありますが、
今回もお見送り。
ポケモンに限らずバージョン違いのあるゲームは
一人で全部できない状態が一番楽しめると信じてる。
でも同色4人でスペシャルとかは勘弁な。




2016/06/30
ポケモンサンムーン、新ポケいろいろ公開されました。

カプ・コケコ、電気フェアリータイプ。
メレメレ島の守り神だそうです。
名前を点で区切ると姓名表記っぽくなっちゃって
一気に神様らしさがなくなるなあ。
メキシコのプロレスラーみたい。
リーリエ、「まもりがみさん」って急に下町風な…。
相手によって敬称が変わんないってのは
「私は思考停止で何にでも『さん』をつけるキャラですよ」
みたいな、まあ今風のキャラの作り方ではあるけれども。

デンジムシ、電気虫タイプ。
見るからにアゴジムシの進化系ですね。
野バスみたいでこのデザインはちょっと好き。
さらに進化してクワガノンになります。
ようやくクワガタらしいクワガタが出たなあ。

ジジーロン、ノーマルドラゴンタイプ。
爺龍ってか。
ハワイ舞台ではありますが、
中国で公式に発売されるため
それのサービスといった感じでしょうか。
デザインはかなり好み。

ハギギシリ、水エスパータイプ。
妖怪に出てきそうなネーミングセンスだなあ。
ハワイっぽいっちゃハワイっぽいデザインだけど
見るからに「魚!」っぽい水ポケモンは
今回もお預けになりそう。

アブリー、むしフェアリータイプ。
蜂鳥じゃないよ虻鳥だよーってやかましいわ。
虻蜂取らずにならないといいですね。

トゲデマル、電気鋼タイプ。
今回のピカチュウ亜種枠?
デデンネ人気を超えることができるか。

ジガルデさんは50%からもパーフェクトジガルデに
スワームチェンジするみたい。
スワームチェンジ自体は特性的なもので、
それとは別にジガルデセル集めかなにかで
常時10〜100%みたいにできるのかな?




2016/06/24
モコモコフレンズ秘密の言葉が全部確認され、
やっとマペット図鑑フルコンプ。

イベント等はありませんでした残念。

「ポケモンを見捨てて妖怪信者に成り下がった」
とまで言われてしまう最近のワタクシですが、
現時点で一番プレイ回数の多いゲームは
モコモコフレンズなんだよなあ。

まあほとんどリセマラ回数なんですが、
それでも相当数リセマラをやらされた
ポケモン、妖怪2、MM4を軽くぶっちぎり。
ちなみにプレイ総時間が一番長かったのはとび森で、
平均プレイ時間が一番長かったのはMH3Gでした。
とび森、水やりしかやってなくても
4年間ほぼ毎日やってるとすごい時間になってるなあ。


先日行われたニンテンドーeショップ5周年記念セールで
ファンタジーライフLINKをげちっと。

当時はレベルファイブってだけで敬遠して
後に完全版が発売された時は
「敬遠して正解だった」と強く感じたゲームでしたが、
折角のセールなのに欲しいゲームはすでに購入済みで、
残った中で興味を引かれるのがこれぐらいなかったのと、
レベルファイブへの抵抗感もバスターズ以降は
大分和らいでることもあって購入を決意。

こんな感じのキャラでプレイ開始してから
早一週間ぐらい遊んでますが、
感覚としてはソロ専のMMORPGで、
特にMoEを思い出すなあ。
携帯機ゲームでこの手のゲームって本当ないから
逆に新鮮で楽しいです。

あとテキストがすごくツボ。
MOTHERシリーズが好きな人にはたまらないかも。
やった!



2016/06/15
ソルガレオにはライジングフェーズ
ルナアーラにはフルムーンフェーズと呼ばれる
強大なパワーを解放した姿が存在するのだとか。
発表当初はこれってどうなの? とは思いましたが、
やはり織り込み済みだったなあ。
でもそういうストーリーの核心に迫るようなネタは
プレイ前に公開するもんじゃない。
折角公開情報抑える姿勢を評価してたのに、
この分だと発売前にクリア後要素まで公開しちゃった
ORASの二の舞になりそうだなあ…。


E3ポケモン動画
長いんで簡単に新情報だけ知りたい人はこちら
コロコロ情報とは全く被らないところを持ってきました。
ポケモン側はコロコロに配慮してるなあ。
コロコロ側のポケモンの扱いは小っちゃいけど。

ツツケラは16回言い過ぎだぞ増田ァ!
「たかはし」とか「めいじん」とか
名付けて欲しいんだろうけど
公式がそういうの狙ってますアピールってどうなの?

ヤングース、まさかのマングース2種類目。
マングース、ネズミ対策にハワイに連れてきたら
天敵がいなかったんで大繁殖したんだとか。
生態系ボロボロやで。
進化してザングースになったりはしないんだろうなあ。
新特性はりこみは交代出の相手に2倍ダメージ。
これまた環境をガラッと変えそうな特性だなあ。
生態系ボロボロやで。

アゴジムシはE3では登場しなかったポケモン。
生放送だから仕方ないね。
逆に言えばあの付近に登場する新ポケモンは
ツツケラ、ヤングース、アゴジムシの3種類のみかあ。
電気が好きで発電所や変電所の近くで見られるらしいんで、
進化すると虫電気タイプになりそう。

御三家で主人公に強いポケモンを選ぶのはリーリエ、
主人公に弱いポケモンを選ぶのはハル。
リーリエは今回のチャンピオンっぽい予感がするなあ。
初代以来の成長型チャンピオン。

バトルロイヤルは本来の意味のマルチバトルというか、
ゲームのマルチバトルはあれタッグバトルだよなあ。
アニメでもタッグバトル言ってるし。
2人がかりで1人をボコるのがタッグバトル、
ってゲームの設定は頭おかしい。
しかしポケモンをコミュニケーションツールとして
「対戦」「交換」を挙げたのに、
続けて「対戦」じゃ全然新しい形になってないような。
ポケモンじゃ色々難しいんだろうけど
コミュニケーションに新しい形が欲しいなら
そろそろ「共闘」を導入してほしい。
考えてみれば妖怪ウォッチ2は「共闘」のために
わざわざバスターズを突っ込んだんだよなあ。

まあまだ新要素が出尽くしたわけでもないので
今後に期待したいところです。



2016/06/11
サンムーンに10%ジガルデ登場確定。
100%ジガルデはバトル内フォルムチェンジかあ。
メガシンカやゲンシカイキの亜種っぽいな。



コロコロフラゲ情報色々。

新ポケモン、ネッコアラ
コアラがダブってしまった。
ノーマルタイプで新特性ぜったいねむり持ち。
ねむり以外の状態異常にかからない、とかかしら?

新ポケモン、イワンコ
序盤岩タイプは有能。
さらに御三家もビックリな秘密があるのだとか。
フリスビー取ってこさせたりの芸で
遊ぶことができるーとかかしら?
「ポケモンに乗れるぞ!」
「ポケモンをトリミングできるぞ!」
とワクワクさせるようなことを言いつつ
ゴーゴートやトリミアンみたいな
そのポケモンでしか行えない独自の仕様を導入するのは
正直反感しか買わない上に、
後々専用施設を用意し続けたり等重荷にしかならないんで、
犬ポケモンならどれでも可能ーみたいな
汎用性のある仕様を導入すればいいのに。
イワンコっちゃない、にならないことを願ってます。

マギアナは映画入場特典のQRコードで入手。
映画を見なくても幻の入手機会があるのは
子供たちには優しい仕様ではあります。
一度去った子供たちを
今更引き戻せるかどうかは別の話として。


しかしまあ扱いちっちゃくなっちゃったなあ。
独占スクープなのになあ…。
コロコロとの関係も上手くいってないんだろうか。




2016/06/07
今年の劇場版ポケモン前売り券特典、
ボルケニオンげちっと。

アルセウスくじで大きなお友達相手に
荒稼ぎを試みた去年の映画の興行収入は、
結局歴代ワースト1の26.1億円を記録、
邦画ランキングからもついに姿を消してしまいました。
これ、大きなお友達の大人買いボーナスを除外したら、
実際の興行収入はいくらだったんでしょうね。

ちなみにファミリー層とは全く縁のない、
大きなお友達の金力に物を言わせたリピーターボーナスで、
劇場版ガルパンはついに興収21億突破なんだとか。
大人買いの力ってすごい!

そういえばポケモン総選挙第一位はゲッコウガでした。
「サンムーンに連れていくとサトシゲッコウガになるゾ」
なんてことを後から言い出しかねない
凄まじく出来レースくさいアレでしたが、
サトシゲッコウガの入手方法が劇場入手のみとなると
サトシンカの立ち位置がサンムーンの新要素でなく
ただのギザみみピチューレベルまで落ちてしまうので
まさかそんなことは言い出さないだろうと信じてはいますが、
ともあれ今年のスクリーン配布はゲッコウガです。

前売り券特典にしろスクリーン配布にしろ
大きなお友達が大人買いする要素が何もなく
ボーナスを当て込めない今年の劇場版ポケモンの目標は、
劇場版ガルパン越えでしょうか。
なんとか達成して欲しいものです。


映画のキャンペーンといえば、
黒いメガサーナイトのシリアル
店舗配布されるそうです。
ちなみにORASに入ってから
無償のWi-Fi配布のポケモンは一切ありません。
何を受け取るにしても「お店行けー」
「あれを買えー」「これに参加しろー」「それを見ろ―」
一方海外ではポケモン20周年を記念して
Wi-Fi配信で幻のポケモンを毎月1匹づつ、
計11匹配信
してるそうです。
日本サイドの「なんとかポケモンを小銭にしてやろう」という
拝金精神とは無縁で羨ましい限りですね。
日本人はせっせとポケモンパンでも食ってやがれ。
そのポケモンパンすら今ではすっかり見かけなくなりましたが。

そういえば興行収入が前々回78億円
前回54.5億円、だった劇場版妖怪ウォッチは、
今年は実写だそうです。
正確には実写とアニメのハイブリッドらしいですが、
完全に大きなお友達を切り捨てにきました。
大きなお姉様方に当て込んで相当痛い思いをした
なんとかイレブンに思うところが色々あったんでしょう。
前売り券買わなくても映画を観に行かなくても
連動妖怪貰える仕様ですし、
今のポケモンが狙ってる客層とは
あまり被らない客層相手に商売してるみたいで、
客の奪い合いが発生しないのは平和だなあ、と思います。
劇場公開以降のエンマ大王だらけのバスターズに、
お金を落とせない小さなお友達が
切り捨てられない世界を見た気がします。




2016/06/04
まあ…色々と思うところはあるのだけれども。




とりあえずロトムの額縁はないほうが
絶対画面見やすいよなあ、と思った。
なんでこういうどうでもいいものを
画面に常駐させたがるんだろう?
直接弄れるMAP拡大縮小機能もないっぽいし、
遊ぶ側の快適さを全く考えてないデザインだよなあ。
他のゲームをパク…参考にするのは悪い事ではないけど、
パク…参考否定のための見た目のデザインにだけこだわり、
パク…参考元より劣化した仕様で導入する、
そんなかってのポケモンフォロワーな
有象無象ゲーム群がやらかした残念仕様の踏襲を、
まさかポケモンがやらかす時代が来るとはなあ…。

どうせ連れ歩きすらないんだろうな。
「ポケモンは数が多くて大変なんですぅ」
なんて言い訳でユーザーに甘えてるうちに
余所のゲームはどんどん先へと進んじゃったわけで、
その開ききった差をどれだけ縮め返せるかが
サンムーンの課題だと思ったんですが、
他社との差は開きまくる一方な気がしてきた。
慢心なんだろうか?
環境の違いなんだろうか?
ORASの不振に学ぶべき部分は
たくさんあったはずなんだがなあ。




2016/06/03
ポケモンサンムーン日本公式更新
ソルガレオはタイプエスパーはがね。
これまでどのポケモンも持っていなかった新しい特性
メタルプロテクトを持ってます。
クリアボディとか言っちゃダメだ。
ルナアーラはタイプエスパーゴースト。
これまでどのポケモンも持っていなかった新しい特性
ファントムガードを持ってます。
マルチスケイルとか言っちゃダメだ。
名前変えるだけで「新しい」なんて
美味しい話があるはずないだろうに、
相変わらずの低燃費運行だなあ。

アローラ地方は4つの島と1つの人工島を中心とした地域。
人工島がポケモンリーグかしら?

キャラクター紹介主人公
今回のポケモン博士、ククイ博士
博士の助手でおそらくライバル枠、リーリエ
地元民でおそらくライバル枠、ハウ
選ばなかった性別の主人公は
ストーリーには絡まない模様。
バトル施設での登場かしら?
リーリエは人気でそう。

今回のポケモン図鑑はロトム図鑑に。
ロトム図鑑と書くとポケモンでなく
ロトムを集めまくる図鑑みたいでなんか。
アンノーン図鑑とかもあったし
ネーミングはもちょいどうにかならなかったのか。
さらにQRコード読み込み
ポケモンの情報を図鑑に登録できるように。
ポケモン執事であるわたくしめにおまかせでロトムッシュ!


次の新情報はE3か。



2016/05/10
ポケモンンサンムーン新作映像が公開されました。
日本版海外版
日本版映像考えた奴は頭が沸いてる。

今作の舞台はアローラ地方。
アローハ! ハワイかな?
博士枠はククイとハラ、どっちだろう?
御三家はモクローニャビーアシマリ
モクローは新技このはを覚えてる。
伝説はライオンとコウモリモチーフ。
ドラゴンに戻らなかったのは偉い。
発売日は11月18日。
妖怪ウォッチ3の3か月後にぶつけてきたかあ。
賢明な判断だとは思うけど、
横綱相撲を避ける弱気さを感じる。

DQMJ3に全てのモンスターに乗れる、
って部分を先行されてしまいましたが、
サンムーンにもあっと驚く仕様があるのか、
はたまたXYの焼き直しか、
動画を見た感じだといつもの低燃費運行な気がしますが、
後発でDQMJ3にすら迫れてなかったら
これだけ散々引っ張っておいてあまりにも悲しすぎる。

日本版映像の姿勢に顕著に表れてますが、
ゲームは面白いさでしかユーザーを掬えないのに、
意識高い感動ポルノで掬おうとしてるあたり、
お前らはどこを向いて商売してるのか?
としか言えないというか。
なにが「ジブンを超えよう」だバカらしい。
お前らが妖怪やDQを超えろよ。

かつての驚きとワクワクをもう一度見せて欲しい。



2016/04/29
妖怪三国志クリア。

ポケナガとそっくりなゲームでしたが、
じゃあポケナガ2かと言われるとそんなことはなくて、
ポケナガを進化させたい、という気持ちと
子供に優しいポケナガを、という気持ちが一つになって、
シミュレーションとはなんぞ?
というシロモノが爆誕してしまった、というか…。

まずポケナガとの一番の大きな違いは、
ポケナガはチーム単位でターンが廻ってきますが、
妖怪三国志はユニット単位でターンが回ってくる点。
ポケナガがファイアーエムブレム型なら、
妖怪三国志はタクティクスオウガ型でしょうか。
ユニットの行動順位がすばやさ依存なのも
すばやさが高いと同ユニットが何度も行動しちゃうのも
タクティクスオウガと同じ。
ポケナガを進化させようとした結果、
順当にシミュレーションRPGの
進化の足跡をたどった感じなんでしょうが、
種族単位ではほぼ横一列なステータスだからこそ
そこに戦略性が生まれるシステムを、
妖怪単位でステータスがバラバラ、
しかもランク制というカースト世界に持ち込んだ結果、
使える妖怪と使えない妖怪の明暗がくっきりとしてしまい、
しかもすばやさと移動力が大体比例してることもあって、
本来タンクの役回りであるゴーケツ族なんかは
戦線まで移動できず行動順位も回ってこず、
ポケナガの移動2マスユニット以上に悲惨な様相に。
しかもチーム単位で動かすシミュレーションRPGと異なり
先読みでユニットを配置せねばならない等、
SLGとして戦略性を高める仕様が
「子供には難しい」と判断したためか、
「おすすめ移動」というシステムが導入され、
要はAボタン押すだけで
もっとも効率のよいだろう場所に移動させ
行動させるシステムなんですが、
強くてすばやい妖怪が正義の世界に
この仕様を放りこんだ結果、
相性のよい強くてすばやい妖怪を配置したら
あとはひたすらAボタンを連打するだけの
ゲームになってしまったという…。

シミュレーションとはなんぞ?

ポケナガを進化させたかった、
という気持ちは伝わるんだけどなあ。

ただし今までの妖怪ウォッチにはなかった
ポケモン的なタイプ相性が導入されたため、
相性の悪い妖怪をぶつけてしまうと
A連打では勝てなくなり、
そこらへんが「難易度が高い」と言われてる
所以なのかもしれません。
イサマシ・ゴーケツ>フシギー・ニョロロン>プリチー・ポカポカ
>ブキミー・ウスラカゲ>イサマシ・ゴーケツ>…という、
ポケモンなんかよりはるかに単純な相性図なんですが、
これまでのシリーズにはなかった設定だけに
どれだけ単純でもなかなか浸透しないみたいで、
長年設定を大事にしてるから受け入れられてる仕組みを
思いつきで導入しちゃうとこうなるんだなあ。

他には、向きの概念はなくなりました。
これはまあ子供向けとしては良調整ですが、
側面背面攻撃がなくなった上に
命中回避がすばやさと紐付されてることもあって、
攻撃がスカるスカる。
「リスクが嫌なら背中から殴れ」
みたいなのは理解できるけど
そういうのがなきゃただの運ゲーでしかないわけで
向きを削るなら命中率も100%固定にしといたほうが
子供向けとしてはよかったんでないかなあ?

挟んで大ダメージは子供向けとしては良仕様。
やっぱり将棋は挟み将棋からだよな。

移動歩数はせまい(3マス)、ふつう(4マス)、
ひろい(5マス)の3種類。
流石に2マス移動はポケナガで反省したっぽい。
でも上記仕様のおかげで
移動せまいの妖怪に出番はありません。

戦闘MAPで敵ユニットの移動範囲は
個別には確認できない仕様となってます。
確認できるのは敵全体の移動範囲のみ。
攻撃範囲は含まれないので
どこにユニットを配置すれば安全かは
一々目視計算しないと分かりません。
何年前のシミュレーションRPGだよ…。
子供向けっていうより
子供相手だからそんな機能いらないよね?
って姿勢が丸見えで、
コーエーがそんなんだから
シミュレーションが廃れるんだよ。
Aボタン連打で十分なゲームとは言え、
真面目にシミュレーションしようとしても
SLGとして基本的な部分がことごとく
ポケナガより劣化してんだよなあ。

妖怪といえば憑りつくのがお仕事ですが、
ボス相手に悪い憑りつきは一切かかりません。
行動不能系の憑りつきが強力すぎるんで
そんな仕様なんでしょうが、
結果ボス相手ぐらいにしか使い様のない
スリップダメージ系憑りつき、
デバフ系憑りつきも全滅。
一方良い憑りつきは憑りつくだけで
悪い憑りつきを上書きしてくれる神仕様。
妖怪カースト社会がますます加速するな。
ちなみにオンライン協力プレイは
ボス系妖怪しかいません。
何が憑りつきバトルだよ馬鹿らしい。
悪い憑りつき主体の妖怪が全然息してないじゃないか。
具体的には花子さんが全然息してないじゃないか。
レベルファイブもバスターズの後に
よくこんなゴミ仕様にOKだしたなあ。

ストーリーについては、
企画段階ではそれなりのものだっただろう
面影は見られるんですが、
途中で力尽きたらしく
急遽打ち切り路線に変更したとしか
思えない展開に唖然とします。
話を強引に変更した弊害か、
エンマ大王の役割をオロチが担ってたり、
そのことをオロチ自身が忘れてたり、
キーアイテムを連続でバラまいたり
終盤イベント加入する妖怪のレベル
本来のストーリー進度が察せられたり、
OPにデデーンと登場する妖怪が
ただの障害物だったり
クリアするまで影も形もなかったり、
終盤は設定の統合性すら取れておらず
途中まではそこそこ楽しいストーリーだっただけに
とても残念です。
打ち切りストーリーでもそれなりに形にはなってるんで
つまらないとは言わないけど、とても残念。
完全版を遊びたかったなあ。
3ヵ月後には 妖怪ウォッチ3が発売なんで
これ以上発売を伸ばせない
大人の事情は致し方ないにしても。

まあ妖怪集めが楽しい人には
いつもの楽しい妖怪ウォッチです。
妖怪消失バグあったけどな!
すごい力技で修正したけどな!




2016/04/16
地震のせいで寝れない。><


妖怪ウォッチ3公式サイト来ました。
SUSHIとTENPURAかあ。
ゲーム連動特典が凄いことになってるなあ。
妖怪ウォッチ2みたく図鑑ド真ん中の通常妖怪を
特典にされるよりはマシっちゃあマシなんですが。
メダルの位置も特典枠は図鑑最終ページの方に
まとめといて欲しいものです。
戦闘システムは全く新しいシステム(自称)に。
以前のオートバトルシステムのまんま、
円陣がタクティクスメダルボードに
差し替わっただけに見えるのは
気のせいなんだろうなあ、うん。
正直バスターズがやりたい。
あと妖怪ウォッチUとはなんだったのか
妖怪メダルとの連動もますますアレになってて
もしかしたらQRを読み込めばよかった時代は終わっちゃう?
あのお手軽さがポケモンに勝ってた部分だっただけに
そこを厳密に締め上げてどれだけのユーザーがついてくるか
気になるところではあります。



今年のポケモン劇場版スクリーン配布は
ポケモン総選挙1位のポケモンらしいです。

とりあえずキルリアに1票。



2016/04/02
妖怪三国志げちっと。

どこかで見たことがあるようなゲームですが、
どこかで見たことがあるようなゲームですが、
どこかで見たことがあるようなゲームですが、
どこかで見たことがあるようなゲームだからといって
買わない理由にはならないよなー、ってカンジで。
さすがにどこかで見たことがありすぎだろうとは思いますが。

とりあえずジバニャンでプレイ開始。
今回はニックネームをつけると
三国志ネームまで消えてしまうのはアレだなあ。




2016/03/22
PokemonGoプレイ動画
ポケモンARサーチャーかな?




真女神転生WFINAL、絆ルートクリア。

ダグザ戦前の超展開にはドン引きしましたが
それでもヴィシュヌ戦で終わっておけば
綺麗にまとまってたんじゃないかなーって印象。
ラスボス戦までの下りは、
胡散臭いおっさんの口車に乗せられて、
特にちょっかいをかけられたわけでもないのに、
将来脅威になるからという理由で、
本人嫌がってるのに無理矢理押し掛けて、
学級会の吊し上げみたいなノリで悪人に仕立てあげて、
殺害しちゃった感じ。
「絆」言っとけば免罪符になるウェーイ系たちの物語、
と言われれば納得できなくもないですが、
「うちらの世界」の絶対的正義を見せられた気分で、
「絶対的正義など存在しない」
という鈴木大司教の思想から
随分遠い世界にたどり着いちゃったなあ。

まあ突っ込みどころは多かったですし、
メガテンとしては言いたいことも多い作品ではありましたが、
前作に比べれば遥かに面白かったです。
快適に操作できる、ってのはそれだけで大分違うなあ。
フリーズが多いのと、
「ここから先に進みたければ金払え」系のDLC
本当糞だと思いましたが。



2016/03/13
ボルケニオンは前売り券特典みたい。
持ち物はいかりまんじゅう
温泉ポケモン?
劇場配布は色ジガルデかしら?


ポケモンコマスターというスマホゲーも出るみたい。
ポケモンバトルフィギュア思い出すなあ。
スマホゲーはやる気がしないんで
これもポケモンGOも多分やんないけども。


ポケモン公式でポケモン歴代OPムービー集が公開。
BWだけ露骨に違うゲームだなあ。
色々思い切って冒険して
でやっぱあかんかったと
B2W2で元の路線に戻した感じ?




2016/02/27
というわけで第七世代、ポケモンSMの発表でした。

いつも通りの新作発表で、それ以上の特に驚きはなし。
VC版ポケモンをバンク経由でSMに連れていけるみたいですが
セレクトバグ残してるのに大丈夫なのかしら?

完全にバグらせたデータは無理にしても
正常なデータに戻す方法もあるんで
バグらせて通常覚えない技を覚えさせてから
正常なデータに戻す、
なんてのも可能なんですが、
SM対戦ではセレクトバグ必須の
環境になったりしないだろうなあ。



2016/02/26
海外で話題の何か
新作時期恒例のコラか、
それともマジネタか。




2016/02/25
2月27日、ポケモンダイレクトが放送されるみたい。
5分間らしいので第七世代ポケモンのPVかしら?
ここまで徹底して情報を隠してきたのに、
マギアナの事前公開で片鱗を見せてしまったため、
いつもの新作発表PVならば衝撃度は低めですが、
いつも通りの新作発表ではない、
更なる驚きがあると信じて。




真4F徳川曼荼羅を解除したあたり。
今のところ楽しみながら遊んでます。
ただこれ真女神転生というよりP3以降に近いな。
LNCを代表する各キャラクター、
みたいな単純な構図でなく、
個性溢れる仲間達が影響しあったり反発しあったり、
複雑に絡みあう人間模様が見ててちょっと楽しい。
アライメントも単純にLNCではなく
Nでもいくつかの道がある様子。
個人的にはパートナーの数+1だけ
エンディングがあればいいなーと思ってますが、
ここらへんはクリアしてみないと分からないな。
テキストは所々怪しいところもありますが、
真4ほどは破綻してはないです。
テキストが大分改善されたことで
ボイスも前作ほど気にせず聞けるように。
ストーリーは相変わらず強引ですが、
前作の酷さが際立つだけに大分マシになった印象。
「なにこの展開…」みたいな部分もあるんですが、
ちゃんと理由も用意されてるかもしれないんで、
ここらへんの評価は全部終わってからかなあ。

悪魔合体周りは前作より素晴らしく快適になって楽しい、
というか単にSJの頃に戻っただけですが、
つまりはSJぐらい楽しいです。
スキルの選択と並び替えが出来る点はSJ以上かな?
ただやっぱり御霊合体がないのが不満点。
スキル変更したくなったら1から作り直せ、
って一度SJの快適さを体感した後じゃ
不満要素にしかならんよなあ。
「御霊合体残したらステカン悪魔ばっかりになるから」
つーてもDLC購入すればこんなんなっちゃうわけで
「DLC売るためにあえて不便にしました!」
で従来のファンをどんどん逃がしてるんじゃ話にならんよ。

あとアプリシステムは前作から進化どころか
一部レベル解放のせいで前作よりさらに酷い有様に。
アプリをたくさん用意したけど
ポイントリセットがない上に
いつ必要なアプリがくるか分からないので
山のようにあるアプリを色々試せず
ポイントを溜め込むしかない、
って本当にアホな仕様だと思う。
いきなり解放させたくないなら
SJの付け替えアプリシステムでよかったのに。
んでこれまたDLC購入すればこんなんなっちゃうわけで
「DLC売るために後戻りできない不便システムにしました!」
で従来のファンをどんどん逃がしてるんじゃ話にならんよ。

インデックスからは抜け出せたけど、
過去作で評判の良かった要素を別売りして大儲け、
ってところからは抜け出せなかったのは
ちょっと残念ではあります。
まあFE覚醒みたいにDLC前提のバランスでなく、
DLCを購入するとバランスが崩壊する、ってカンジなので、
公式が販売してるPARを買うか買わないか、って話であって
買わなきゃどうしようもない、って話でないだけマシか。


あーあとバグ多い。
めっちゃ多い。
課金DLCなんかより修正パッチはよ。




2016/02/11
今年の劇場版ポケモンで新ポケモン、
マギアナが登場するそうです。
このタイミングの公表だと
ポケモン20周年記念の目玉は
第7世代ポケモンの発表かしら?
しかし今第7世代出しちゃったら
Zの発売タイミングは完全に逃しちゃうなあ。
あるいは第6世代仕様Zは売れないと見切って
第7世代2本目にZを持ってくる気なのかも。
ポケパルレにしてもポケトレにしても
もうお腹いっぱい、って感じだろうしなあ。


真女神転生WFINALげちっと。

システムもストーリーも世界観も酷かった
真女神転生Wの続編ですが、
アトラスがインデックスの呪縛から逃れた
ご祝儀みたいな感じで一応。
いきなりエラー発生したりで不安感は尽きませんが、
前作で不評だった要素は一通り修正されてる様子。
スキルが自由に並び替えできるようになったのは嬉しい。
ナジャが序盤から登場するようになったので
最強ナジャ作りたいなあ。
主人公はとりあえず力技速高めのバランス型で。
でもすでに魔速型でいいような気がしてきてる。




2016/02/04
名探偵ピカチュウが遊べるようになりました。

で、大体3時間ぐらいでご覧の有様。

1500円なんである程度は覚悟してましたが、
それにしてもボリュームがスカスカすぎる。

ゲームとしては逆転検事に似てなくもないですが、
逆転検事のようなゲーム性は皆無で、
お使いで証言や証拠品を集め、
アタリが揃えばクリア、みたいな感じ。
ハズレの証言や証拠品はただのハズレで
使われることすらないただのリストのゴミです。
例えば、飼い主に嫌いな木の実を
食べさせられるのを嫌がるポケモンがいて、
事件の被害者が木の実を握りしめていて、
証拠品としてその木の実を入手できますが、
これらは正解ではないので
捜査線上には一切出てこない、みたいな感じ。
ブラフとしてすら使われません。
アタリを選ぶ際の選択肢ぐらい?
他にも容疑ポケモンの同期として
名前の挙がるポケモンと同じポケモンを連れた
いかにもな人物が登場するのですが、
彼らも正解ではないので
捜査線上に一切出てこない、みたいな。
後々の伏線なのかもですが。
探偵モノですが推理の余地はなく、
お使いでひたすらアタリを引くまで
行ったり来たりさせられるだけです。

ストーリーは破綻してます。
ぶっちゃけると3話しかないため
展開がかなり強引です。
警察が2ヵ月かけて何の進展も
得られない事件の証拠品が
主人公が行くと普通に落ちてたり、
その証拠品から関係施設を引き当てる推理が
ただの言いがかりでしかなかったり。
街の住民やポケモンたちは一々紹介されますが、
それっきりでその後の関わりはほぼありません。
アニポケピカチュウのシーンはPVので全てです。
そこだけしかないならPVで全部流すなよ…。

動画としての出来はいいです。
ピカチュウはいい感じにおっさんですし、
街のポケモン達もいい感じに表現されてます。
テッシードの演出はかなり好み。
ピカチュウのショートムービーは
結構種類がある様子で、
これを全部見るために
何度もプレイさせる仕様なのか、
と思いきや、
スタッフロール後放置してれば
ランダムで全部流れるので、
QTEの成功パターン、失敗パターンだけ見れば
あとはプレイする必要もなさそうです。


全何作で完結するのか分かりませんが、
正直全部入ってる完全版が出てから
フルプライスで購入したがいいと思うです。




2016/01/27
名探偵ピカチュウPVが公開されました。
3DS、DL専用ソフトで
2016年2月3日配信開始だそうです。
20周年記念には合わせないのね。
価格は1500円ですが、
1月27日〜2月29日まで1200円だとか。
ピカチュウの例の表情知ってると
やっぱ買っちゃうよなあ。

「いっしょにたびしてるそのあいぼうにつたえてくれ。
ユメはいつかホントになるってな」
「ピカチュウ!(そう信じて19年目なんですけど!)」




2016/01/19
ポケモンスクラップまたやるんだそうです。
妖怪に大分シェアを食い荒らされてたにせよ、
それなりのファンを繋ぎとめてた
デコキャラ市場を踏み荒らしてまで
ゲームデータにいくらでも突っ込む
廃ユーザーを釣り上げようとした結果、
食品コーナーからポケモンパンそのものを
一掃しちゃった感のある前回のスクラップでしたが、
幻販売から色違い販売に餌を落として、
今回はどこがコラボするんでしょうね。
いい加減ソシャゲ的ぼろ儲けの夢を諦めて、
キャラ商売の基本に立ち返って欲しいもんです。

本来魚を誘き寄せるための撒き餌を
金で売ってホクホク顔で
「儲けた♪」と喜んでる裏で
魚がどんどん逃げていってるのが
今のポケモン界隈だと思いますし、
魚がいなくなりゃ撒き餌すら
売れなくなると思うんですけどね…。




2016/01/14
尿液晶の件でサポートに問い合わせてみた結果
まあいつものニンテンドーサポートでした。
神対応なんてまとめブログなんかでしか見ないや。
それにしても3連続地雷ハードは流石に心がささくれる。




2016/01/12
MHX、表シナリオクリアしました。
村が危機を迎えそれを救ういつもの展開どころか
一面識もない研究員を助けるだけの
ありふれた依頼をこなしたら
突然EDが流れだしたのにも唖然としましたし、
ラストフィールドが決戦場ですらなく、
一番最初からいけるキャンプ使い放題の
通常マップだったのにも唖然としましたし、
発売大分前から4大モンスターとして
発表済の既出モンスターの中の1匹が
ラスボスだったのにも唖然としましたが、
一番唖然としたのがこれ。

にゃんにゃん♪
いやまあ一面識もない研究員を助けたことで
村中の皆から感謝される様子を
ムービーで流してもピンと来ないだろうなあ、
ってのは分かるんですが、
だからといってこれはどうなんだろう…。

恐らく村ラスボスはオストガロアだったのを
集会場に回しちゃったせいで
本編のストーリーが破綻したのを誤魔化すために
京アニ風ダンスムービーでも流すしかなかったんでしょうが、
MH4Gからたった1年で続編発売して
製作時間が足りなくなって本編を薄めるぐらいなら
あと1年ぐらい時間かけて
ちゃんとしたものを作って欲しかったなあ。
ニャンターなんて性能にしても装備にしても
まともにテストすらしてないような適当さだし…。
1年後にはMHXGあたり出してきそうですが、
4Gの件もあるしフルプライスだったらもう買わんぞ。




2016/01/06
初期型3DSのRボタンが反応したりしなかったり
いい加減安定しないのに限界を感じ
new3DSを購入してしまいました。

クラニンポイントの新しいサービスや
新型new3DSが出るまで待ちたかったんですが、
Rボタンが安定しないMHXは流石に心が折れた。

保護スクリーン貼りに珍しく成功し、
データ引っ越しも無事に済んで
喜んだのもつかの間、
new3DSが尿液晶すぎて辛い。

左が初期型3DS、右がnew3DS。
まさかここまで酷いとは思わなんだ。
尿液晶は世界標準なんだよーって声もありますが、
青白なモニターのnew3DSも混在してる以上、
望まぬものを掴んでしまったユーザーに
我慢を押し付けるための
都合のいい物言いにすぎないと思うわけです。
こっちの色合いが好きなユーザーもいる、
ってんなら、買う前に好きな方を選ばせてこそ
正しい取引なんじゃないかしら。



2016/01/04
新年あけましておめでとーございます(・ω・)ノシ

妖怪の宿敵はポケモンでなく6つ子だったなあ、
とtwitterを眺めてて感じた去年末でしたが、
ちみっ子達は相変わらず妖怪に夢中な様子で、
正月に集ったちみっ子6人の割合は、
4:1:1で妖怪:ポケモン:MHXでした。
小学生がモンハンに興味持つもんだなあ。
そして未だ潰えてなかったポケモン勢のためにも、
今年こそはポケモンZでなんとか頼むよ。

しずえさんから干支の置物・申をいただきました。

フルコンプまであと8年!

そんなカンジで今年もよろしくですよー。






新旧ゲオ統合とかで、下記のアドレスも使用できるようになりました。
http://www.geocities.jp/noshibeya/




■更新履歴■
2015/01/08
時々日記#51デルタの考察とワタクシを追加。



LINK
[イラスト]
PEARL MODE
INS mode
ジャブロー2丁目
東国彩都
組合アナドラム
湘南工房
天使の狂詩曲
ひみめいん
アブノーマル34
MY STYLE
FLOWER CAT

dicca
ブログSabotage
I'm スリーピー.
Blue Starlit Sky
MASK-12
ぴかっと館
248ペリカ
とうかしん
猫ノ見ル夢
EmptinesS
藍の鳥
ポケモンプレイ日記

迷羊亭
木陰野屋
のーぷろぶれむ
ニ尺足ラズ
☆みき★ Memory
Sunset Avenue
ひたした檸檬
フラジャイルボックス

[テキスト]
つれづれ雑記
超電導思考回路
ikd's room
B●●K M▲RK

[ポケモン]
ラルキルサーお絵描き板
サーナ美術館
ポケショ
鰓日記ASTRAY
マサポケ図書館

[声系]
0.5

[ヌコ]
落花生と班員

[企業]
有限会社筒井塗装

[素材]
ザ・マッチメイカァズ

0039.com


[ニュース]
イイ・アクセス
かーずSP
ホタテプロダクツ
FLA板観測所

魔界都市日記
変人窟
朝目新聞
moetron

[FLASH]
保健所
なにかがだめぽ
ねずみのろうか
Lance王国
ヘッポコムービーズ
てとらぽっと
Clairvoyance
私的似非ベジタリアン
あいすぼっくす
512kb.net
Pinbani!
弱腰戦士マカァー
すなふぇ谷
SaaDake
のほほん
N-GRAVITY
BondeFlashForest
こしあん堂
scq
三茄子
K.Y FACTORY
RZ-温泉郷
wOzBox
Otomania.net
塩分控えめ
Teru's World
接着剤.sub
適当で行こう!
ゴチャマゼ堂
蚤様部屋
ホットウェルタンク

rumparo-tita
弥栄堂
スタジオイピョウ
skybee
微量
ありさんとくらげさん
砂糖水
ていていた〜のスペース
碇家。
電影駄目虫超
ふらうさぢごく
NEXT FRAME(!)
ワシの部屋
アンタイトルFLASH仮倉庫
GODFLASH.com
チョータ式
俺様シネマ(仮)
C@UTION110%




バナー大(200×40)


バナー小(88×31)